• オービス裁判を追っかけるうち、傍聴マニアになってしまった、15年前のことだ。以来、事件数で7700件以上を傍聴してきた。「司法に国民の常識を」とか言われ、裁判のことがよく報道される。だが、裁判所で日々どんなことが起こっているか、ほとんど何も伝えられてない! 裁判が公開なのは司法を国民に監視させるため。そこを忘れず、かといってあら探しとかじゃなく、こんなレポートは俺にしか書けないっ! 月半ばからの購読登録でも、その月の発行号は全部読めます。ぜひ試し読みを。あそうそう、もっぱら交通以外の事件をレポートしてます。
  • 【月額108 円(税込)】
  • 【発行周期】毎週 火・木・土曜日(年末年始を除く)

今井亮一の裁判傍聴バカ一代 バックナンバー

2016年12月
  • 2016/12/30
    第1829号 特殊詐欺の末端は、捕まるまでの使い捨て

    被告人は背が高く手足の長い黒人男性。仲間(氏名不詳者ら)と共謀してクレカ詐欺をやり、捕まって刑務所へ。出てまた仲間に誘われ、また被告人だけが捕まり…。在留資格は完全になくなる。傍聴席で、かっちりしたキャリアウーマン風の日本人女性(たぶん妻)が暗く見守り…。

  • 2016/12/29
    第1828号 誰も主張しなかった観点から原判決破棄!

    覚せい剤の常習累犯者。原判決破棄。なぜ? 最高裁の主席調査官もやったエリート裁判長が述べるには、原判決は要するに、行為責任主義を外れて一般情状を重くみすぎたんだという。再犯を生む行為責任主義がこんな形で現れるのを俺は初めて傍聴したよっ。

  • 2016/12/27
    第1827号 クレプトマニアの娘さんに再度の執行猶予!

    万引きで執行猶予中にまた万引きをやった若い女性。病気なのだと両親もはっきり認識し、入院させ、治療は効果を上げてるそうだが、んなこと関係ない、実刑に決まってる。と傍聴してみたらなんと再度の執行猶予! その理由は…。

  • 2016/12/26
    第1826号 結婚間近の25歳消防士が突如命を奪われ

    アメリカの塗装工ら4人が短期滞在で来日し、渋谷のセンター街あたりでスプレー缶で落書きしまくった事件。  プラス、指にタトゥーのある21歳が、自分のセルシオを無免許の19歳に運転させ、危険ドラッグによるカタレプシーで126キロを超える速度で対向車線へ。結婚間近の25歳消防士を死亡させ…。

  • 2016/12/23
    第1825号 母娘が共謀して「省庁」の職員にストーカー

    「ストーカー行為等の規制等に関する法律違反」の被告人は同姓の女性2人。非常に珍しい。法廷は20席。傍聴するための俺の苦労談(笑)。関係者と思しき女性は、ぎっしり満席の傍聴席を前に立ち尽くし…。

  • 2016/12/22
    第1824号 それは裁判官の人には分からないですよ!

    両親を知らず四国の施設で育ち、中学を卒業して6年ほど工場勤務。それから北陸で結婚したがうまくいかず、盗みをくり返して離婚。あてもなく上京。ホームレスとなって万引きをくり返した40代女性の「常習累犯窃盗」。負けず嫌いな性格がちらちら見えて…。

  • 2016/12/20
    第1823号 あなたを心から本当に大切にしてくれる人が

    出会い系アプリ経由で女性を自宅へ招き、マニュアルに固執して「強姦」。前科なしで懲役3年6月、未決50日算入。自閉症スペクトラムを思わせる被告人は、親から虐げられ学校へ行けず、職場ではイジメられていたんだという。室橋雅仁裁判長の説諭が!

  • 2016/12/19
    第1822号 完全でっち上げがバレたのに推定無罪?

    被告人に恨みを持つ者が原付バイクのメットインに大麻を仕込み、警察官が令状請求の疎明資料(参考人調書)をでっち上げた事件。なぜバレたのか。大麻を仕込んだ男が良心の痛みに耐えかね自首したのだった。しかし検察官は公訴を取り下げず、判決…。

  • 2016/12/16
    第1821号 LSM-300の導入を前に検察が方針を変更!

    第1820号の続き。バレエスタジオの経営者を証人尋問。報道されない事件の経緯、被害の深さ。弁護人は被告人をどんな人物として描こうとしているのか、見えた気がした。  編集後記は、レーザー式の新型オービスLSM-300の全盛に備え、オービス否認はすべて地検が扱うことにしたらしいという話。

  • 2016/12/15
    第1820号 バレエ教室で指切断事件、被害者尋問!

    第1799号「たがねと金づちでバレエ講師の指を切断」事件の第2回公判。ビデオリンクで被害女性を証人尋問。バレエとある楽器演奏に人生をかけ、幼い頃から努力を重ねてコンクールで賞もとったのに…。1人でレッスンの準備をしていたスタジオへ被告人が突然侵入、内側からドアのカギを。そのへんで俺は吐き気の予感が…。

  • 2016/12/13
    第1819号 夫のゴルフの鞄からコンドームがぽろり

    今日は横浜地裁。不可解な罰則の「無差別大量殺人行為を行った団体の規制に関する法律違反」を横目に、民事の「慰謝料請求事件」の本人尋問をちらり傍聴。原告は妻、被告は夫の不倫相手。妻と夫の職業は、もしや…。  編集後記は佐川急便の身代わり出頭事件について。

  • 2016/12/12
    第1818号 女学生、時速126キロ以上で渋滞車列へ!

    第1814号とはまた別の、運転未熟な19歳女子による交通死亡事故。片側2車線、制限60キロのトンネル(アンダーパス)へ126キロ以上の速度で突っ込み! 同乗者が「危ない、ブレーキ!」と何度も言ったのに無反応だったそうな。死亡被害者の若い妻の意見陳述が…!

  • 2016/12/11
    第1817号 犯罪史に残る事件、いずれ映画になるかも

    不正なカードを使って全国のコンビニATMから一斉に総額18億円以上を引き出したというあの事件。次々コンビニを回る際の運転、出し子の監視、現金を上位者へ渡す役割を分担した男の判決。なるほど、そんなふうにシステマチックにやったのか~。

  • 2016/12/08
    第1816号 孤独な69歳、親友は幸せそうに孫の話を…

    元女優さんですか! というくらい美人な69歳女性は、痩せてやつれて被告人席に。生活保護を受給し始めた頃から万引きが止まらなくなったのだった。明らかに病的と思えるのに、検察官も裁判官もそこは触れず、「今度こそ懲りた、二度としません」と涙ながらに固く誓う被告人…。嗚呼、きっとまたやる!  編集後記は、オービスに関する危ないネット情報。

  • 2016/12/07
    第1815号 交通違反、信義に反するからと公訴棄却!

    赤信号無視、罰金9千円を大阪高裁が逆転公訴棄却に。その判決理由に全国の検察官、裁判官は腰を抜かしたろう。最高裁、警察庁は許せないだろう。交通違反マニア歴34年、裁判傍聴マニア歴14年の俺が詳細解説! ちなみに“反則切符受領拒否罪”なんてありまっしぇんから。

  • 2016/12/04
    第1814号 違反・事故が検察と裁判所を支えてる?

    「過失運転致死」の被告人は事故時19歳の女子短大生。おそろしく初心者だったらしい。青信号の横断歩道を横断中の被害者(76歳)に気づかず衝突し…という典型パターンの事故。責める女性検察官も初心者で…。  編集後記は、事件数と起訴率について10年前と比較。すごいことになってるょ。

  • 2016/12/01
    第1813号 検察官の論告が「然るべく」って、ひぃ~!

    被告人に恨みを持つ者がでっち上げ、警察官が文書を偽造して令状逮捕、検察官がまんま乗っかり、そして全部バレた、おそるべき事件。なぜバレたのか、へぇ~! なのだった。この希有な論告のシーン、俺がレポートしなければ埋もれ消えてしまうだろうことに、なんか震撼する。

2016年11月
  • 2016/11/29
    第1812号 前科11犯のコンビニ強盗、なぜ恐喝に?

    現金約4万円と保護カードを持って新潟刑務所を、出たのは休日。役所は休みで保護施設へ入れず。飲酒し、公園で野宿。1週間後、所持金が約千円になりコンビニへ強盗に。ところが起訴罪名は「建造物侵入、恐喝未遂」。その国選が東京地高裁の名物弁護人というべき中堅で…。

  • 2016/11/28
    第1811号 7年前、自慰行為用に撮ったわいせつ動画

    リベンジポルノ的「強要未遂」。被告人いわくそのわいせつ動画は、AVとかでオナニーするよりも、と交際相手が撮らせてくれたんだという。なるほど~。別れて7年、その動画を大切にしていた被告人は、ある夜、酒を飲み過ぎ…。  編集後記は、美濃加茂市長、逆転有罪の裁判長が村山浩昭さんであることについて。

  • 2016/11/28
    第1810号 酒で凶獣に変身したというべき楽天社員

    大酒が前頭葉の何かを壊すのか、突然狂犬に変身し、という事件はよくある。本件は凶獣に変身したというべか。41歳男性の顔部に重傷を負わせて逃げ、約2カ月後、今度は21歳女性の顔部に重要を負わせ。いずれも全く些細なことをきっかけに。その判決は…!

  • 2016/11/24
    第1809号 国選弁護人が告訴取下げを強要した事件!

    若いホストによる女性客に対する傷害等の事件、を担当した国選弁護人が、告訴を取り下げるよう「強要」したとして逮捕された。その逮捕から1年半ほどたって、元弁護人を被告人とする刑事裁判が始まった。開廷前、なぜか警備の職員がわらわら集まり…!

  • 2016/11/24
    第1808号 女児への強制わいせつ否認、勾留理由開示

    今年任官したばかりの若い裁判官による、勾留理由開示の裁判。通行中の女子児童に背後から近寄り、胸を触る等したという「強制わいせつ」。しかし犯人性を真っ向否認。捜査はとっくに終わってるのに勾留を続ける理由とは?

  • 2016/11/22
    第1807号 77歳女性、詐欺被害の次は財布をすられ

    法廷へ出てくるのは3度目の婆ちゃん。クレプトマニアかと思いきや、スリなのだった。被害者である77歳女性は、財布の中に警察官の名刺を入れていた。特殊詐欺の被害にあったとき警察官からもらったんだそうだ! スリや特殊詐欺に限らず、今や犯罪者たちが狙うのは高齢者なのだ、という話。

  • 2016/11/21
    第1806号 鉄板で執行猶予の速度違反に弁護人が2人!

    84キロ超過の速度違反は、原則として罰金では済まない。正式裁判のほうに起訴されて懲役刑を求刑される。でもそれが初めてなら100%鉄板で執行猶予だ。なのに本件は弁護人が2人も。意味ないじゃん。この被告人、もしや芸能人?

  • 2016/11/18
    第1805号 9歳女児、痛かったと言って示した部分は

    「強制わいせつ」、被害者は9歳の女児だった。女児は被告人の身内だが続柄は秘匿。被告人氏名も秘匿。具体的にどんな被害を受けたか、検察官は人形を使って聞き出し…。被告人のあの表情は、被害者意識から…?  編集後記は、エロ裁判の傍聴人に対して裁判所がおこなった異例のお知らせ!

  • 2016/11/17
    第1804号 光電式30キロ超過が無罪! その理由は

    万引きの判決。クレプトマニア(万引き病)が疑われるのに誰もそれを言わない…。  編集後記は、さいたま地裁、速度30キロ超過(光電式)の無罪について。警察官がウソをつきとおせば軽々有罪のはずなのに、なぜ? 疑問を解きたくて弁護人に電話してみたら…。

  • 2016/11/14
    第1803号 渋谷でチンコを出したホームレスの矜持!

    26歳女性に対し、渋谷区内の歩道で67歳ホームレスがチンコ出し。「公然わいせつ」ではなく、なんと条例違反なのだった。その理由とは…! チンコ出しでありながら、検察官にへこへこせず己の矜持を保ち続ける被告人に、俺は感動したのだった。  編集後記は、AKB48卒業生・高橋みなみさんのラジオ番組で下手こいた件の速報(泣)。

  • 2016/11/13
    第1802号 過失運転致傷アルコール影響等発覚免脱

    飲酒運転(1時間35分後の検査値は0.62mg)で、70~80キロの速度で前車に追従…。そこまでは札幌地裁で懲役23年とされた危険運転致死傷を連想させる。しかし本件は、脇見して前車に追突、傷害を負わせて逃げたという事件。新法の「発覚免脱」について解説しつつ。

  • 2016/11/10
    第1801号 お年寄り弁護人のびっくり弁護に遭遇の件

    万引きを重ね、量刑相場の階段を上り続けて法廷へ出てきた、女性被告人(たぶんキャバ嬢)の万引き。白髪で痩身のお年寄り弁護人が、いや熱心な良い人に違いないとは思うのだが、その弁護が凄くてもうっ! 拘置所の刑務官の仕事内容も垣間見え、味わい深い裁判だった。

  • 2016/11/08
    第1800号 自動車部品工場の頭部粉砕骨折、逆転有罪

    一審無罪の「労働安全衛生法違反」。人間の注意力には限界があるから、身体の一部を挟まれることがないよう、機械的措置を講じる義務がある。なんとまともな言いぶり。この考え方が交通事故にも適用されれば集団登校の小学生たちも守られるのだが。

  • 2016/11/07
    第1799号 たがねと金づちでバレエ講師の指を切断

    バレエ教室の若い女性講師を執念深く恨み、首を絞めて失神させ、用意してきたたがねと金づちで…。手錠・腰縄姿で入廷した被告人は、顔面をのけぞり角度にして傍聴席を鋭く見回すのだった。

  • 2016/11/04
    第1798号 勃起が継続せず強姦は断念、そのかわり…

    深夜に独り歩きの女性を襲って神社へ連れ込み、着衣を脱がせて持参のスカートをはかせ、そこに自己の陰茎を押しつけ、陰部に押し当て…口内射精で終えたので中止未遂が成立すると主張。  また別の男は、何度も痴漢していた女性を尾行し、女性の勤務先ビル8階のトイレで…!

  • 2016/11/03
    第1797号 ATM18億円事件、高収入のバイトと聞いて

    友人の保証人になり、築き上げてきたすべてを失った歯科医は、万引きが止まらなくなった。病者に下された判決は…。  コンビニATM全国一斉18億円引出事件。続々と出てくる末端者の裁判。オレオレ受け子では考えられない破格の報酬!

  • 2016/11/01
    第1796号 陰茎を露出して手淫、射精して精液をかけ

    つい先日、下着泥棒が逮捕されたと全国報道があった。俺は同姓同名の前刑と前々刑の裁判を傍聴してる。「認知の歪み」を超えて病気と思われた。しかし日本国は、せっかく始めた治療から引き離し、矯正施設と称する刑務所へブチ込んだ。ゆえに当然にというべきか、出所して今回また…。

2016年10月
  • 2016/10/31
    第1795号 歯科医の心に生じた闇から万引きの悪魔が

    1年半前から突如、万引き常習犯になった歯科医(年配男性)。いったいなぜ? 有名大学を卒業して歯科医になり、やがて開業、20年ほど続けて順風満帆だったのに、友人の「保証人」になってすべてを失い…。

  • 2016/10/28
    第1794号 生き霊に取り憑かれ高級化粧品を万引き!

    事件番号的には昨年の夏前に起訴されたはずの「窃盗」を、初めて傍聴してみた。うわ~、なんだそれ!  編集後記は、登校中の小学生に87歳運転の軽トラックが突っ込んだ事件。テレビ番組のロケ取材に同行した俺は…!

  • 2016/10/27
    第1793号 無罪確実、負けゲームに投げやりな検察官

    警察官が録取した調書が虚偽だと分かり、検察官が求刑を放棄すると報じられた大麻事件! 放棄に至る前に、裁判官が念入りに被告人質問、そして証人尋問。事件の概要がおぼろげに見えてきて…! 編集後記は、欅坂46がナチスに仮装したとされる件…。

  • 2016/10/27
    第1792号 女性下着への強い執着、下着モンスター

    好みの女性を尾行して住居を突き止め、あとで下着を盗みに入るのが常習の男。屋上からベランダへ侵入しようと隣のマンションへ飛び移ったり。今回は、履いてる下着を見たくて女性のズボンを下げようと背後から…。

  • 2016/10/25
    第1791号 探し求めて何千里、幻の秘宝事件を発見!

    東京地裁(本庁)と東京簡裁は完全に棲み分けができてる。超過速度が80キロ未満(罰金求刑)は簡裁、80キロ以上(懲役求刑)は地裁。そうして簡裁で否認はよくあるが、地裁では否認は完全に皆無だった。ところがっ!

  • 2016/10/24
    第1790号 電車内痴漢、周りは助けてくれそうもなく

    朝の満員電車内で痴漢被害に遭った女子高生。助けてほしくて周りを見たが…。そこで勇気を出して自分で痴漢犯の手首をつかみ…。しかし被告人は否認!  編集後記は「どこでもドア」ならぬどこでもオービスの件。

  • 2016/10/21
    第1789号 警察のヤリ放題を司法は屁論法で追認か

    シャブで執行猶予中にシャブをやり実刑判決を受けた男性が、保釈され、依存症治療に通院するとともに、更正のため裁判傍聴を続けている。今やシャブ中毒について誰より詳しいはず。その男性の控訴審判決に、司法の本質が見えたような気がして。

  • 2016/10/20
    第1788号 「執行猶予の取消請求」ってどんな裁判?

    無欲な修行僧のようにも見えるが、覚せい剤で保護観察付き執行猶予中にまた覚せい剤で捕まり、今度は一部執行猶予(=大部分実刑)に。上訴すれば前刑の猶予期間が満了する。そこで保護観察所長は…。角田由佳(奥田由佳)裁判官は目が大きくアイドルのようで…。

  • 2016/10/17
    第1787号 出会い系、不倫、20万円、性交写真、脅迫

    リベンジポルノ的な恐喝的な事件。正直、なんだそれ…と呆れた。無理に教訓をひねるなら、外見の良い男は出会い系等々でヤリ放題、その相手となるのは騙されやすい女? そういう男女の事件が続々と法廷へ出てくる。

  • 2016/10/14
    第1786号 控訴の趣意は量刑不当、なのに逆転無罪!

    上品セレブな老婦人の、万引きで執行猶予中の万引き。原因は脳疾患、前頭側頭葉変性症、いわゆるピック病。それでも相場どおり刑務所へ送るのが当たり前なのだが…。  編集後記は表題の件。すんごいことをやってのけたね~!

  • 2016/10/13
    第1785号 頭顔部礫過で脳破裂、最高裁から差戻し!

    無罪→逆転有罪→最高裁が差戻し、の控訴審。なんと検察官は、一審二審の認定をひっくり返す予備的訴因を追加。いったん起訴したら後戻りできない検察の哀れさよ。控訴審では珍しく、付近店舗の監視カメラ映像を法廷で再生、だが…。

  • 2016/10/11
    第1784号 ヒップホップ、大麻を飲み込み任意で排便

    プロモーションビデオの撮影にメンバーらとアメリカへ渡航。スタジオ代のためにと、初めて会った黒人男性から渡された大麻18袋を飲み込み…。ブツは昔の杏ジャムのような…。  プラス、裁判員裁判の判決がどうやら重すぎたらしい「強盗致傷等」、原判決を破棄して…。

  • 2016/10/10
    第1783号 まさか実刑判決になるとは思わなかった?

    判決は実刑の可能性が高いと分かってただろうに、その直前に大規模農地を借りて人を雇い、判決の1カ月後に子どもが産まれ…。明るく前向きに突き進む若者、ともいえるけれども裁判的には…。  編集後記は、韓国の素晴らしい法律の話。

  • 2016/10/10
    第1782号 横断歩道へ飛び出して重傷事故、悪いのは

    夜間、片側1車線、左側は下りの土手、右側は上りの土手、前方に横断歩道、その横断歩道へ走って人が飛び出してきた! 制限速度は40キロ。被告人運転の普通乗用車の速度は60~70キロ。回避措置が間に合わずハネて重傷を負わせたら、さてどっちがどんな理由で悪いと思う?  編集後記はあの事件の女性のツイッター。

  • 2016/10/07
    第1781号 触ったり臭いを嗅いだりして自慰行為を

    強姦未遂等の服役前科もある常習下着泥棒。その被害女性の“選び方”と、忍者のようなスパイダーマンのようなおどろくべき手口。  編集後記は、60歳以上の女性の年齢層別人口の推移と、万引き検挙人員の推移との関係について。

  • 2016/10/06
    第1780号 不正送金ウイルス、少年のフルネームが!

    札幌の15歳少年から頼まれ、不正送金ウイルスの動作確認をした音大非常勤職員26歳。報道では少年は当然匿名だったが…。  プラス唖然、呆然の悪らつ結婚詐欺師、求刑は懲役7年。その判決は…。

  • 2016/10/03
    第1779号 万引きでダブルの執行猶予中にまた万引き

    万引きで執行猶予中に万引きをした女性。普通はさくっと実刑だが、万引きは病気だからと保護観察付き執行猶予に。その猶予中にまた万引き。  万引きも他の刑法犯も昔と比べて3割ちょい減っている。ところが女性の万引きの年齢別検挙人員を見ると顕著な偏りと変化が!

2016年09月
  • 2016/09/30
    第1778号 刑務所へ入る覚悟で来たんだろうけど

    万引きで執行猶予中の万引き。初めてクレプトマニアと診断され万全の治療態勢を整えても「やったことの責任は取ってもらう」と実刑にするのが当たり前なのに、そんな事情は一切ない本件が、なんと再度の執行猶予! いったいなぜ!

  • 2016/09/29
    第1777号 赤信号で突っ込み、右折車に衝突したら

    右折四輪と直進二輪、双方とも赤信号無視。直進二輪は重傷。これどっちの過失が大きいと思う? 判決は交通社会の常識的ルールに反して…。  プラス、服役してもしても出所すればまた同じ手口の詐欺をくり返す男…。  編集後記は「殺人」被害者の年齢別・性別認知件数。どんなシチュエーションの殺人が多いのか見えてくる。

  • 2016/09/27
    第1776号 未成年者誘拐、破滅へと向かう少女の恋

    グループチャットで知り合った男に少女は「強い恋愛感情」を持ち、とんでもないことがあった挙げ句、「勝手にすれば」と言った男について深夜に新宿へ。これが誘拐に当たるのかどうか。一審は無罪! その差戻後の控訴審判決は…。

  • 2016/09/26
    第1775号 猶予期間の満了狙いを阻み、直ちに判決

    微量の大麻所持。娘が「がん」と診断され、大麻の医療効果を知って購入を思いついたんだという! 前刑(詐欺)の執行猶予期間はあと4カ月ほどで満了する。弁護人は引き延ばしを図ったが…。

  • 2016/09/23
    第1774号 だまされたふり作戦、未遂と既遂と共謀と

    オレオレ詐欺の受け子は前科なしの若者。122万円をまんまと受け取ったが、被害者が気づいて警察に通報、1時間半後に逮捕された。122万円は被害者へ戻った。示談成立。さてこの判決、どうなると思う? そして福岡地裁と名古屋高裁で、現金受取役の無罪が続々と…。

  • 2016/09/22
    第1773号 極悪結婚詐欺師、女性に喜んでもらいたく

    結婚とか将来のことを考えて婚活パーティに参加したと言うのだが、最初っから医師を虚偽詐称して偽名を使い…。どこからどこまでウソと裏切りで固めた結婚詐欺師、「女性に喜んでもらいたかった。結果的に騙すことになってしまった」と長々語り…!

  • 2016/09/20
    第1772号 痴漢モンスターは広汎性発達障害だった…

    塾帰りの少女を狙い、路線バス内やエレベータ内で太ももを触り続ける男。単に痴漢モンスターかと思いきや…。しかし司法は、障害とか関係なく量刑相場の階段をのぼらせるのだ。  編集後記は、キラキラネームと被告人について。

  • 2016/09/19
    第1771号 “リアル湾岸ミッドナイト”の判決2件

    首都高湾岸線、死者も出て大きく報じられたリアル湾岸ミッドナイト事件。共同危険行為等の判決。報道をご記憶の方には意外な判決かも。  プラス、通天閣などの爆破予告で逮捕されたあの被疑者はなんと…。

  • 2016/09/16
    第1770号 陰惨な猫殺し、ルールを報せないゲーム

    自宅アパートで猫3匹に熱湯をかけ、ニッパーで爪を根本から切ったりペンチで歯を折ったりし、壁や床に叩きつけて殺した事件。悪質だがこれこれの情状を酌んで今回に限り執行猶予と裁判官は述べたが、俺らは知ってる、それはウソだ…。  プラス、俳優・高畑裕太さんの事件に関連して、警察内の点数制度、「警察威信の昂揚」の話。

  • 2016/09/15
    第1769号 覚せい剤裁判を誰より知る伝説の男とは

    有名芸能人が覚せい剤でパクられ大騒ぎになったとき、検察官はどこを攻めるか、多くの者はどんな弁解をして何を後悔するか、判決はどうなるか等々、彼ほど詳しく語れる者はいないはず。 プラス、袴田事件で「ズボンの共布」を発見した元警察官の驚きの証言!

  • 2016/09/13
    第1768号 忍者の如き下着ドロ、マンション10階から…

    あるマンションの女性宅へ侵入し「窃盗、準強姦未遂」。事件は住民に周知されなかったのか、同じマンションへまた侵入して「強姦未遂」。被害女性2人に200万円と400万円を支払って示談したが、判決は…!

  • 2016/09/12
    第1767号 妄想者の集うサイトが4人殺害を生んだ?

    幼稚園のモンスターペアレントの事件と聞いて傍聴した「傷害」。被害者夫婦はボイスレコーダーで録音しており、しかし被告人夫婦は「改ざんがある」と真っ向否認。  プラス、自転車事故の真っ向否認。 表題の件は編集後記に。

  • 2016/09/11
    第1766号 強姦未遂等、600万円支払って示談したが

    駅のホームの監視カメラの録画記録が法廷で再生された。わいせつ性は認められず不起訴でもおかしくない事件。それを警察はわいせつ犯で逮捕し、若い検察官は試験エリートの歪んだ正義感から? とばりばり感じさせる、非常に不可解な事件…。

  • 2016/09/09
    第1765号 わいせつ目的を自白させようと必死に攻め

    制限80キロの首都高速を平均時速117.8キロ、最高時速231.7キロで7台がかっ飛び、1台が重大事故を起こして死亡、“リアル湾岸ミッドナイト”とも呼ばれた事件。その求刑は…。  プラス、国家が国民の自由をどう考えてるか、ありありと見えるエピソード。

  • 2016/09/08
    第1764号 かっ飛ばしても事故らない、根拠なき過信

    制限80キロの首都高速を平均時速117.8キロ、最高時速231.7キロで7台がかっ飛び、1台が重大事故を起こして死亡、“リアル湾岸ミッドナイト”とも呼ばれた事件。その求刑は…。  プラス、国家が国民の自由をどう考えてるか、ありありと見えるエピソード。

  • 2016/09/05
    第1763号 みかじめ料、俺のケジメで300万にしてやる

    傍聴席はヤクザと思しき男たちが多くを占め、被告人は小指が2関節、薬指が1関節ないのだった。身内同士のトラブルを警察が恐喝事件に仕立てた?  プラス、「フラワーライフ」の巨額詐欺、お花であふれた理想郷を女社長は語り…。

  • 2016/09/02
    第1762号 罰金は不服と正式裁判を請求して禁錮刑!

    交通事故、略式命令(罰金の支払命令)に不服だと被告人が正式裁判を請求した事件。簡裁から地裁へ移送され、検察官の求刑はなんと禁錮刑。その理由とは!

  • 2016/09/01
    第1761号 いじめ自殺、自分の中ではじゃれあいでした

    公立の小中一貫校で、凄絶ないじめの果てに中1男子が自殺。その民事裁判。午前に引き続き、いじめたとされる元生徒を尋問。パーティション(遮蔽板)の向こうから聞こえる声は、普通にマジメそうなのだが…!

2016年08月
  • 2016/08/31
    第1759号 14歳、16歳の少女と性交等してスマホで

    20席の傍聴席はとっくにぎっしり満席。なのに外に20人近い行列が。そうして始まった“エロ裁判”は、2人の少女と合意で性交等し、性交、口淫、陰茎を握らせる姿態の児童ポルノをスマホで製造、保管したというものだった。合意だったのになぜ発覚したのか、そこがちょっとびっくりで。

  • 2016/08/30
    第1760号 中1いじめ自殺裁判、同級の女生徒を尋問

    大きく報道された公立小中一貫校でのいじめ自殺、その民事裁判。午前は当時の同級女生徒を尋問。パーティション(遮蔽板)の向こうから聞こえる声は、普通にマジメそうな女子の声なのだった。「ふざけていたので、ふざけ半分で…」と。  プラス高知東生被告人の傍聴券抽選に並んだ話。

  • 2016/08/29
    第1758号 上品セレブな老婦人が万引をくり返す理由

    また出てきた万引で執行猶予中の万引。あんなに気をつけていたのに、なぜまた! 意を決して医療機関へ。4カ所目で「前頭側頭葉変性症」と診断された。「恐ろしい病気なんでしょうけど、原因が分かってほっとしました」と老婦人は泣いた。

  • 2016/08/26
    第1757号 高畑裕太は冤罪かもという視点の欠如

    飲み過ぎて「ちょっと気が大きくなり」深夜に4階の自宅ベランダから手すりを伝って隣室へ侵入。目を覚ました女性が悲鳴をあげると、被告人は土下座して謝り…という「住居侵入」。  表題の件は編集後記に。「強姦」の不起訴は嫌疑不十分が異様に多いこと等…。

  • 2016/08/25
    第1756号 愛と感動の常習累犯窃盗、ついに判決!

    第1677号「クレプトマニアの過食嘔吐は脳内麻薬!?」、第1678号「サタンが万引きをさせるのだと母は言い…」、第1735号「クレプトマニア、私以外にもこんなに…!」、第1737号「前科5犯の、あんたはシンデレラですか!」などでレポートしてきたあの事件、裁判官が言い渡した判決は…。

  • 2016/08/22
    第1755号 東京地裁に大異変っ! 「漂流法廷」か?

    ジャニーズの某グループの元メンバーと同姓同名の覚せい剤事件。被告人のアパートでなんと女性が変死! そんな審理の途中、男女中学生のグループがどっと出た。傍聴席20席中11席が空いた。この法廷、次はエロ裁判だ。ドアをバッタンガッタン鳴らして続々と傍聴人が…と思いきや、あり得ないことが起こったのだった!

  • 2016/08/19
    第1754号 女性下着に射精、そのままタンスに戻し?

    マンションの改修工事の現場監督が、そのマンションの住民女性の居室に侵入、タンスの下着を物色し、下着で陰茎をこすって自慰行為、射精、精液が付着した下着をそのままタンスへ戻した、と若い検察官は言い張り…。

  • 2016/08/18
    第1753号 全国報道された超過111キロの出頭拒否

    オービスに111キロ超過と撮影され、複数回の出頭要請を拒否して逮捕、と全国報道された事件。悪質に思えるが、実際にはぜんぜん様子が違うのだった。裁判官も俺と同感だったようで…。じゃあなぜ報道は如何にも悪質そうだったのか、その理由。

  • 2016/08/16
    第1752号 護身用の催涙スプレー、最高裁で逆転無罪

    仕事上、多額の小切手等を銀行へ運ぶ男性が、上司にも報告して催涙スプレーをアタッシェケースに。たまたま深夜、自転車で運動に出かける際、思いついて護身用にそのスプレーをズボンのポケットに入れた。一審は科料9千円。控訴したが棄却。ところがっ! 有罪と無罪の理由は何か。

  • 2016/08/15
    第1751号 激レア裁判、駐車違反、罰金1万5千円!

    俺が裁判傍聴マニアになったのは2003年。当メルマガの創刊は2009年12月。創刊前にも珍しい事件を傍聴していたはず、と探してみたらあった! 「すぐ動きます」などと貼り紙して駐車したのを、交通巡視員が取り締まった事件。貼り紙の存在を裁判長は認めたが…。

  • 2016/08/12
    第1750号 栃木の女児殺害事件、もしや無罪にっ?

    「強盗殺人(認定罪名:窃盗)、傷害、窃盗、覚せい剤」、検察控訴の控訴審判決は、事実誤認で原判決破棄、千葉地裁へ差戻し。訴訟手続きの法令違反は容れなかった。その理由にびっくり。栃木のあの事件の控訴審がこの裁判長のところへ出てきたら、無罪かもっ!

  • 2016/08/11
    第1749号 証拠の写真は編集不能なワームカードで!

    1年前、病的万引きの女性が「二度としません」と誓って執行猶予判決に。万引き病の場合、その誓いは再犯の宣言を意味するんだよなぁ…。と思ってたら、なんてこった、またやって法廷へ出てきた。こういうのを弁護人、検察官、裁判官はどう扱うか、見張るのが俺の役割のひとつかと。

  • 2016/08/10
    第1748号 陰茎が十分勃起せず膣の位置が分からず

    軽自動車へ14歳少女(性経験なし)を連れ込み、なんとしても強姦しようと正常位、後背位、騎乗位、七転八倒頑張ったが果たせず、自慰行為をして果てた、という「強姦未遂」。傍聴席の女性3人が体を揺すって笑いをこらえ…。

  • 2016/08/09
    第147号 勾留の正当性を言い張るための懲役求刑

    前号からの続き。検察庁と裁判所の地下の「同行室」で拷問のような待ち時間。形ばかりの勾留質問。起訴後も勾留は続き、次々と替わる同房者との交流。罰金刑で決まりの事件なのに、検察官はなんと懲役刑を求刑。逮捕・勾留の正当性をアピールするためとしか…。

  • 2016/08/08
    第1746号 速度60キロ超過、理由のない令状逮捕

    オービスによる60キロ超過。測定値に争いはなかったが、どうせ罰金を払うなら正式な裁判を受けてみたい、と思ったタクシー運転手の事件、の前編。現在はジャーナリストなんぞが知ることのできない検察書証の一部、警察が逮捕状を請求したときの書面、そこに書かれていたことは!

  • 2016/08/04
    第1745号 痴漢&盗撮、有罪方向の解釈で有罪に

    有名デザイナーが、無実の痴漢で逮捕され、そのストレス等から盗撮をやったという事件。真実がどうか知らないが、もしも被害者とされた女性が虚偽告訴の被告人だったら、同じ証拠をもとに裁判官は真逆の認定をしていただろう…。 編集後記は、俺の大腸内ポリープとC型肝炎陽性の話。結論だけいえばどっちもセーフ。

  • 2016/08/02
    第1744号 難聴の被告人、余罪立証を拒む弁護人

    ひどい難聴のお婆ちゃんの万引き。  プラス、今日は山本正光氏の論告・弁論が予定されてた日。1週間ほど前に亡くなったが、最終陳述をしに東京地裁内を魂魄が彷徨ってるんじゃないかと俺は…。

  • 2016/08/01
    第1743号 書籍『殉愛』側は長女に330万円を支払え

    横浜地裁から東京地裁へハシゴ傍聴。偶然、やしきたかじん氏の長女氏が百田尚樹氏の著書『殉愛』で名誉を毀損された等の民事の判決に遭遇。裁判長は「骨子」を述べた。ありがたいっ。  プラス、ストッキング等を履いた女性の足に欲情するという「強制わいせつ致傷」の判決。

2016年07月
  • 2016/07/29
    第1742号 首都高の走り屋、事故ったときの約束は

    首都高速を走り屋の改造ベンツとか7台が、最高速約230キロでかっ飛び、1台が事故って死亡した事件。うち4人の裁判を横浜地裁で傍聴。監視モニターや他車のドライブレコーダーの映像が再生され…!  編集後記は手術のご報告。

  • 2016/07/28
    第1741号 田母神さんの都知事選、1億円を集め…

    猪瀬さんの辞職でマスコミが熱狂。その祭りに、田母神俊雄さんと周辺者らが乗っかって踊った、祭りが終わって酒が余ったのでみんなに配った…そんなものを俺は感じた。  編集後記は新時代の新型オービス最新情報。

  • 2016/07/26
    第1740号 医療大麻の山本正光氏、検察に殺された!

    大きな目を泣きそうに見開き、あからさまに痩せた女性。摂食障害でクレプトマニアの、万引きで執行猶予中の万引き。病者がまた1人、刑務所へ送られていく。  編集後記は、医療大麻で被告人とされた山本正光さんが論告・弁論を待たずに亡くなった件。検察、裁判所が最も望んだ結末…。

  • 2016/07/25
    第1739号 LINEに爆破予告、釈放後の努力に感動!

    LINEのアプリがどうとかで対応に腹を立て、6回にわたり爆破予告、LINE側は全社員出社停止の措置をとるなど…。犯行自体は「悪質」とされたが、しかしその後の頑張りに俺は感動。こんな被告人、滅多にいないょ。

  • 2016/07/22
    第1738号 大好きな父親を死なせてしまった息子

    久しぶりに裁判員裁判の新件を傍聴。事件名は「傷害致死」で争点は量刑のみだが、裁判員裁判でなければ弁護人は「重過失致死」を、あるいは無罪を主張したのでは? 裁判員裁判はどんなふうに進行するか、解説を交えつつ。

  • 2016/07/21
    第1737号 前科5犯の、あんたはシンデレラですか!

    前号からの続き。夫の父母、だから被告人の義父母を尋問。その覚悟の決めっぷり、愛情の深さは、まるで感動ドラマを見てるかのよう。現代のシンデレラ物語か。相場どおり懲役3年6月を求刑する女性検察官の哀れさよ…。

  • 2016/07/21
    第1736号 それを全部を無駄にしてしまうのが刑務所

    前号からの続き。被告人の夫を尋問。結婚を間近にして妻(被告人)が万引きで逮捕・勾留され、結婚式はキャンセル。ところが夫は、何ら躊躇することなく妻を守ると腹を決め、結婚式の予定だった日に婚姻届を出し…!

  • 2016/07/18
    第1735号 クレプトマニア、私以外にもこんなに…!

    クレプトマニアの万引き事件は多い。だが本件は、こんなの見たことねーよっ! という事件なのだ。前回から5カ月近く経ての審理。専門病院に入院しており、10日ほど前に退院したという被告人(38歳女性)は語るのだった…。

  • 2016/07/17
    第1734号 ギャンブル狂いの検察事務官が証拠金を

    横浜地検の検察事務官が、証拠品として保管されていた現金の封筒から、100万円、200万円を抜き取った事件。その判決をたまたま傍聴。横浜地裁の傍聴券抽選は、東京地裁とはだいぶ異なり…。  編集後記は、パーメとパーチケの知らないと損するマニアックな話。

  • 2016/07/14
    第1733号 医療大麻、末期ガン患者のまさに死闘!

    前号からの続き! いやはや本当にとんでもない事件だこれは。公判後の報告会にテレビ朝日「報道ステーション」のカメラが入った。しかしその夜、「予定していた医療大麻の放送は後日に」という趣旨のテロップが。都知事選ですっ飛んだのか。そんなのよりよっぽど重要と俺は思うけど…。

  • 2016/07/12
    第1732号 医療大麻、生きる方法はそれしかなかった!

    重い副作用と高額の医療費に耐えて治療を続けてきたが、ついに余命宣告された末期ガン患者。ネットで調べて大麻が効くことを知り、使ってみた。劇的な効果があった! ところが医療用でも大麻は違法だと逮捕され…。今日はいよいよ被告人質問。司法、いや現時点では検察に対する信頼が深く崩れる事件といえる!

  • 2016/07/11
    第1731号 香港で荷物を開けたら大量の女性下着が

    大学の設立に関して1700万米ドルを受け取る仕事を依頼され、日本へ。出発前に「贈り物」としてスーツケースを渡された。経由地の香港でスーツケースを開けてみた。そしたら大量の女性下着が。あなたならどう思う? 日本の裁判所はどんな論法で刑務所へ送るか、勉強になった。

  • 2016/07/09
    第1730号 人気雑誌モデルのストーカー、今回も実刑

    ストーカー犯は実刑判決を聞きながら、やや口を尖らせ、のけぞって横目で天井を見たり…。  プラス、81歳、セレブ風老婆がマツモトキヨシでヘアカラー830円を万引き。ハキハキよくしゃべるのに、認否は留保。裁判官は文句を言わず…。こりゃあ、ややこしい事件か?

  • 2016/07/09
    第1729号 体の骨がなくなったようにぐにゃぐにゃに

    大行列の「わいせつ略取、集団準強姦」を頑張って傍聴。被告人は3人とも11月生まれの21歳。渋谷区内のクラブで21歳の女性2人に睡眠薬入りの酒を飲ませ、車に乗せて江戸川区内のラブホで順番に強姦。その犯行状況の詳細。ただし1人は否認!

  • 2016/07/08
    第1728号 結婚詐欺師、クレカを盗んで他の女性らと

    婚活パーティで知り合った30代女性から新居の購入費だと700万円を詐取した事件、の追起訴。女性のバッグから盗んだクレジットカードでレンタカーを借り、別の女性らと鬼怒川へドライブ。さら追起訴があり続行。  プラス、整体師が鬼畜連続わいせつ犯だった事件、の控訴審判決。懲役20年の原判決を破棄し…。

  • 2016/07/07
    第1727号 あなたの話を聞いてて、あ、危ないな~と

    「覚せい剤取締法違反」、前科がなければ執行猶予が鉄板。けど本件被告人の、「もう絶対やらない!」という気持ちの強さそれ自体が、再犯必至を感じさせ。裁判官が長々と説教。被告人の心にどれだけ届いたか。  プラス、好みの女子高生がいたので口淫させようと背後から襲った事件…。

  • 2016/07/03
    第1726号 刑務所で再犯防止はできないと医師が明言!

    「強制わいせつ、公然わいせつ等」で執行猶予中の「公然わいせつ」。保釈され、抗男性ホルモン剤等で治療中。その医師が証人出廷し、刑務所での矯正教育はほとんど又は全く効果がないと断言! それでも執行猶予中ゆえに実刑とせねばならぬ検察官のみすぼらしさょ。

  • 2016/07/01
    第1725号 当然の弁護人立証に検察がとことん抵抗

    また横浜地裁へ。今度はレーダー式のネズミ捕り、超過31キロの否認。夜の事件なのに、見通し状況を立証する警察の写真は昼間のもの。弁護人が夜の写真を出そうとしたら検察官が徹底抵抗。理由は、夜だけれど季節が違うから。唖然呆然、バカですか(笑)。

2016年06月
  • 2016/06/30
    第1724号 明らかに不慣れな若い女性弁護人、だが…

    横浜地裁で「過失運転致傷」を傍聴。右折車と直進オートバイの、典型的な右直事故だった。弁護人は新人女性、高級クラブのホステス風。検察官による被告人質問に対し、やたら「異議あり!」を連発。関西弁の中年検察官は、明らかにナメてる風。しかし熟練の傍聴師(笑)である俺は思ったよ、このお姉ちゃんの正義感は大したもんだ。将来大物になるかも。

  • 2016/06/30
    第1723号 医療大麻、世界では当たり前の処方って!

    末期がんで余命宣告され、医療用大麻を自ら栽培して使用、疼痛緩和ばかりでなくがんのマーカー数値が驚異的に下がった! ところが日本では大麻は一律禁止だと逮捕された事件。この日は医師を証人尋問。その内容が驚き。大麻の一律禁止に合理的理由など一切なく、諸外国では医療用大麻は当たり前なんだという。こういう尋問における検察官のみすぼらしさよ!

  • 2016/06/27
    第1722号 “無知な子羊”は人生を破壊されるのだ!

    首都高速で超過84キロ。もう鉄板で懲役3月、執行猶予が2年か3年の事件だ。そうなれば被告人は解雇され、奨学金500万円は返済できず、結婚は破談になるんだという。でもそんなこと関係ない。裁判官は鉄板相場を守るに決まってる。なのにゲシュタポ風検察官がガチガチに責め、弁護人は手抜き風で…。

  • 2016/06/24
    第1721号 ストーカー、弁護人に正当化されて再犯?

    ギャル系雑誌の有名モデル嬢に対する執拗なストーカー。有能な弁護人が無罪主張を正当化することで、被告人は「自分こそ被害者」との思いを強固にし、被害女性への恨みをつのらせる…。来年、ヤバイことになるかも! と思わせる事件だった。

  • 2016/06/23
    第1720号 渋谷区議、刑務所へ行く覚悟はあるのか!

    若いときに当選し、ちやほやされて調子にのり、陳情者から3500万円を詐取。情状証人はただ事じゃない美女! いったい何者なのか、あとで分かった…。裁判的には執行猶予の事件なのに「刑務所へ行く覚悟はあるのか」と裁判官は責め…。

  • 2016/06/21
    第1719号 横浜地裁、たかが道交法違反で合議って!

    レーダー式、30キロ超過、否認という、東京地裁ではまず見られない超レア事件を傍聴に、久しぶりの横浜地裁へ。なんと合議! 編集後記は、舛添要一・元都知事は「地雷を踏んだ」のかって話。

  • 2016/06/20
    第1718号 一部執行猶予の制度に見る“司法心理学”

    港区内の高級飲食店に元従業員が侵入し、高級酒を多数窃取。「被害額が高すぎる」と争ったため、仕入価格と販売価格が明らかに…。ほ~。  プラスNHK「うたのおにいさん」のシャブ判決。マニア的に「なんだそれ!」な部分があり…。

  • 2016/06/17
    第1717号 もしや検察官も逆転執行猶予を望んでる?

    「さと婆」より1つ年下、83歳の小柄なお婆ちゃん。徒歩圏内に商店のない田舎にもクレプトマニアが。万引きで執行猶予中の万引きで、原審は懲役10月。控訴審は和やかに進み、なんと検察官が逆転執行猶予を望んでる気配! これは見届けねば!

  • 2016/06/16
    第1716号 アパホテルに396回電話、死刑にしてくれ!

    ひとの話を聞かない、それが特徴の59歳。とにかくしゃべりまくるのだった。モンスタークレイマーかと思いきや、どうもそうとは限らないような。急成長業者の背後でブラック企業に搾取され続けた男たちの代表者?

  • 2016/06/15
    第1715号 「歌のお兄さん」、あぁこの日がきたなと

    NHK「おかあさんといっしょ」で長く活躍したあのお兄さんの「覚せい剤取締法違反」。被告人の供述はいちいち肯ける部分が多く、証人出廷したダルクの人もお見事だった。アイドル女子風の新人検察官と、俺がゲシュタポ判事と呼んでる裁判官が、うすっぺらに見えて。役割上しょーがないわけだが。

  • 2016/06/12
    第1714号 伝説の女スリ「デパ地下のさと婆」の人生

    昭和7年生まれ、伝説の女スリ師は、よたよた歩きの小柄なお婆ちゃんだった。生活に不自由などないのに、チャンスがくれば「手が出ちゃうんです」。完全に病気だ。しかし検察、裁判所は治療させず刑務所へ送り込み続ける。成人後の人生の半分くらい刑務所で暮らしたんじゃないか。

  • 2016/06/09
    第1713号 キャバ嬢の足を180度開かせ強姦未遂

    「強姦致傷」の控訴審判決。強姦は未遂だったそうだが、「致傷」の部分は股関節。なんちゅうことするねん!  編集後記は、日弁連から除名処分を受けて法律事務所の事務員になった元弁護士の…。

  • 2016/06/07
    第1712号 両親を殺して放火、疑わしいけど無罪!

    裁判員裁判で無罪とされた「殺人、非現住建造物等放火」の控訴審判決。裁判員裁判の“心中説”を否定し、“殺害説”を認定。しかし結論は無罪維持。いかにも不可解なこの裁判、真相は…?

  • 2016/06/06
    第1711号 大麻で救われた末期がん、検察は許さない

    被告人はとびきりお洒落なおじさん。しかし末期がん。医師から見放され大麻に救われた。それを検察は「大麻取締法違反」で起訴。仮病の被告人等は、法廷を出ると急にしゃっきり元気になるのだが、このおじさんは…!

  • 2016/06/05
    第1710号 性交写真、昭和の臭いのリベンジポルノ

    事件名は「私事性的画像記録の提供等による被害の防止に関する法律違反」。2014年10月27日に公布された、いわゆるリベンジポルノ防止法だ。しかし被告人は40代、被害女性は50代、ネットは使わず写真を路上等にバラ巻き…。

  • 2016/06/02
    第1709号 オービス86キロ超過、懲役2月って!

    鉄板相場を打ち破る激レア判決、マニアックにレポート。  編集後記は、清原和博さんに対する運転免許の停止処分、あれは「危険性帯有に係る処分」というのだが、やりすぎではないのか。警察はこうして、大騒ぎされた事件で既成事実を積み上げていくのか。

2016年05月
  • 2016/05/31
    第1708号 テレビドラマになりそうなシルバー事件!

    「90歳認知症女性から預金窃盗の78歳女性…本人も認知症で「覚えてない」」と報じられた窃盗。うわぁ、そんな裏側があったのか!  編集後記は清原和博さんの判決について。世間も清原さん本人もこういう幻想を抱くんだろうな、という話。

  • 2016/05/30
    第1707号 執行猶予中、アルコールが出たら刑務所だ

    酒を飲んで物損事故を起こして逃げた若者は「詐欺」で執行猶予中(懲役3年、執行猶予5年)の身。ここで捕まったら刑務所行きだと必死に逃げ、ここで逃がしたら重大事故を起こすかもと巡査部長は…!  プラス、日本橋で解体工事現場のフェンスが倒れて通行人が圧死した事件…。

  • 2016/05/29
    第1706号 ストーカーの自尊心、プライド、被害者意識

    もともと相手には彼氏がいて、セックスだけの関係だったのに、なぜそれほど執拗に? おそらくは多くのストーカー犯の心の奥底にあるものを、裁判官は掘り起こしていくのだった。

  • 2016/05/27
    第1705号 痴漢冤罪のストレスからスマホで盗撮?

    有名デザイナーの痴漢&盗撮。なんと、無実の痴漢で逮捕、勾留されたことによるストレスから、盗撮をやったんだという! 盗撮は自白、痴漢は否認。聞いてて思った、確かに無実かも。

  • 2016/05/26
    第1704号 息子の不登校、家庭内暴力に母は心を病み

    ぶらり傍聴してみた簡裁の「窃盗」。また若いクレプトマニア女性の、万引きで執行猶予中の万引きかと思いきや、ちょと珍しい事件なのだった。検察官、裁判官は「病気のせいにするな」といつも言うけれど…。

  • 2016/05/25
    第1703号  2.5倍の業務を負わされ重大居眠り事故!

    一昨年の8月の、三重県内での重大死傷事故が、東京地裁の法廷へ出てきた。居眠り運転の原因は、もしかしてブラック証券会社での過重労働?  編集後記は、Windows10のバカ野郎~、の件。

  • 2016/05/23
    第1702号 御用医師は否定方向にのみ捉え、裁判所は

    2人の専門医は、万引きをくり返す原因は前頭側頭型認知症と診断。検察側は御用医師を引っ張り出したが、裁判所は「直接診察しておらず否定方向にのみ捉えているきらいがある」と退けた。しかし判決は実刑維持。なぜ?

  • 2016/05/22
    第1701号 少女買春、どうして処女が好きなのですか?

    未婚の中年家庭教師、スマホの出会い系サイトで処女を募集。応じた17歳の女子高生らと次々性交。1人については性交や口淫等の姿態を撮影して児童ポルノ製造。どうして処女が好きなのか、なるほどぉ~。

  • 2016/05/20
    第1700号 金融流れのレクサスを117キロで運転し

    早朝、猛スピードで高級車を運転してガードパイプに激突、新聞配達のベトナム人学生に重傷を負わせて逃げた若者。危険運転は適用されず、ひき逃げも適用されず…。  編集後記は、逆転無罪かと思われた長野のあの重大死亡事故…!

  • 2016/05/19
    第1699号 清原シャブ裁判の日、裁判所で異変に遭遇

    プロ野球の元スーパースター、清原和博選手の、日比谷公園で傍聴券祭り! その陰でひっそり行われた、パラリンピックの正式種目の、元日本代表選手のシャブ裁判。午後、裁判所内に異変が起こった…。

  • 2016/05/16
    第1698号 「どうして今になって騒ぐの?」と痴漢犯

    痴漢のメッカといわれる埼京線電車内で、痴漢で前科3犯、服役前科もある男が、43歳女性に対し、触り、膣に指を入れ、自己の陰茎を露出して触らせ、そして新宿に着いたとき…!  編集後記は、新型レーザーパトの驚きの測定方法!

  • 2016/05/13
    第1697号 不倫を続けるなら被害届けを出さないと…

    ちょと気になって傍聴してみた「傷害」は、単なるDVかと思いきや、ややこしい展開の事件なのだった。不倫相手と妻の間で揺れ動いた男は…。  編集後記は、パトカーの屋根に搭載する新型速度取締装置の契約書、仕様書、操作説明書!

  • 2016/05/12
    第1696号 逆転無罪の殺人、一審有罪は裁判員ゆえ?

    歌舞伎町のホストがタクシー相手に当たり屋行為をくり返したという事件。報道された以上に悪質で…。  その裁判と同時刻にあった「殺人」、なんと逆転無罪だったと後で知った。一審は裁判員の負担を軽くするため談合で有罪にした?

  • 2016/05/10
    第1695号 読売新聞、月額240円でOKという詐欺

    安くするからと新聞購読料を詐取、それを2千件やったと報じられた事件。都営団地の住人ばかり狙った理由は?  プラス、第1629号「モデルを夢見る女子がまた事務所の毒牙に」でレポートした「強姦」の控訴審第1回。これは原判決破棄となるかも。

  • 2016/05/09
    第1694号 盗撮カメラに映っていたのは職場の上司で

    ある検事と同姓同名の「住居侵入」。まさか! と傍聴してみた。別人だったが、奇妙な一致部分のある、盗撮目的の女性宅侵入だった。その被告人の正しい情報も、なんと被害女性の情報も、ネット検索でヒットし…。

  • 2016/05/05
    第1693号 「特段の事情がない限り」という便利な論法

    陸自医官のも含め、薬物の否認事件の判決2件。「違法と知らなかった」とか、「男性同性愛者の店で勧められた缶酎ハイに薬物が入ってたんだろう、自己使用の認識がない」とか、その種の主張を退けるテンプレート。

  • 2016/05/03
    第1692号 手を出したら負けと我慢した側が逮捕され?

    「傷害」の勾留理由開示を傍聴。ある男(キャバクラの客?)からボコボコに殴られ蹴られ、しかし我慢して無抵抗でいたら、10カ月後、自分が男を暴行したと逮捕され、すぐ釈放されると思って我慢していたら勾留が続き…。悔しいと被疑者は泣くのだった。

  • 2016/05/02
    第1691号 どっかんどっかん2万発の花火の真下で

    事件名は「船舶安全法違反」。東京湾で潜水艦が何かとぶつかったのか? と傍聴してみたら…! その「船舶」に同乗していた「交際相手」には、一生の思い出になったろうね~。  編集後記は、5月2日から始まった裁判員裁判の期日の公開について。怪しい事件を発見!

2016年04月
  • 2016/04/30
    第1689号 満員電車内で好奇心からチンコを出してみた

    下着ドロ目的で無施錠のドアから侵入、下着を盗み、見つかって女性に危害を加え、その数カ月後、電車内でチンコを出した事件。出した理由が、他の同種事件とはだいぶ違うのだった。  編集後記は、YouTubeのあのオービスネタ、警察はあえて見逃すかもって話。

  • 2016/04/29
    第1690号 クレプトマニア、まさかの逆転執行猶予!!

    万引きで執行猶予中の万引き。一審の弁護人立証は完璧。それでも実刑だった。その控訴審判決、棄却に決まってるけど、司法の無残な姿を見届けねば、と傍聴したらなんと…! こんなの報じるのは俺だけってとこが、いやはやなんとも。

  • 2016/04/29
    第1688号 視覚障害者の覚せい剤使用、どうやって?

    パラリンピックの正式種目でもあるスポーツの、元日本代表選手の覚せい剤事件。目が不自由なのに、どう入手し、どう使ったのか。被告人いわく、なかなか大変だったそうだ。  編集後記は、第1673号と第1682号(いずれも4月レポート分)の事件の判決公判。

  • 2016/04/28
    第1687号 ベイビーギャング、男前芸人の判決、詳報

    所属事務所(よしもと)解雇を受けて、やっぱり弁論再開、被告人質問が行われた。解雇され芸人としてアウトになったことを、裁判官は酌んだか酌まなかったか、俺の読みは…。プラス、前刑の執行猶予はどういう理由でどうなるかって話。

  • 2016/04/24
    第1686号 15歳のアイドルとゴムなしセックス3回

    「年少リング」ほかタトゥーがあり、少なくとも100人と性体験があるという若者の、今回の交際相手の仕事は「アイドル」で、15歳未満だった…。  プラス、オレオレ詐欺の受け子、求刑より下げての執行猶予! これは珍しい。

  • 2016/04/22
    第1685号 なんか俺チャリ投げちゃったんだよねと…

    いわゆる六大学のひとつの学生君が、学園祭の打ち上げで飲酒して23時過ぎ、自転車を投げてJR中央快速線をストップさせた事件。俺は痛感したょ、「酒で失敗」という事件は多いのに、世間は無知&無防備なんだなぁと。

  • 2016/04/21
    第1684号 超絶美女は自らに青汁と美容液を注射して

    ちょと変わり種の薬物事件。あくまで個人的印象だが、被告人の美女ぶりが常軌を逸してる! スカウトされないはずがない、と思ったら…。

  • 2016/04/19
    第1683号 イケメン結婚詐欺師、参謀役とともに実刑!

    第1回公判からレポートしてきた極悪結婚詐欺。その判決は…!  プラス、裁判員制度とほぼ同時に始まった、裁判記録を薄く薄くしようとする傾向について。  編集後記は「ベイビーギャング」のあの人の事件に関して。

  • 2016/04/18
    第1682号 ブラック保育園の虐待労働に保育士が壊れ

    報道=警察発表をもとにネットで誹謗中傷祭りがあった事件。傍聴してみたら、話がぜんぜん違うじゃーん! しかし裁判的には、被告人を悪く悪く見せねばならず、新人風の女性検察官は頑張り…。

  • 2016/04/17
    第1681号 ウソをついていいという権利はありません

    3年前、法廷前で発泡酒のロング缶を飲んでたホームレス氏(もとTVマン)の再犯。TVマン時代には報道をやってたそうで、じつに良いことを言うのだった。が、検察官や裁判官は屁とも思わないだろう…。

  • 2016/04/14
    第1680号 有名芸人、無免許で執行猶予中の無免許!

    明かせば誹謗中傷のネタ祭りに火種を与えることになりそう。衝撃の中身についてはメルマガの中で。

  • 2016/04/12
    第1679号 万引き病、食べ吐きが心の支えだったと

    前号、前々号からの続き。俺はこの種の裁判を狙ってだいぶ傍聴してきたが、こんなの初めて! 資料的価値が大きいと思われ3号にわたって詳細レポートした次第。クレプトマニア、窃盗癖者、万引き病のご本人、ご家族、弁護人は是非ご一読を。

  • 2016/04/11
    第1678号 サタンが万引きをさせるのだと母は言い…

    前号からの続き。万引き病者の、人格崩壊しての万引きは、はは~、そういうふうに行われるのかと! この事件、いわゆるカルト宗教が背景にあり…。

  • 2016/04/08
    第1677号 クレプトマニアの過食嘔吐は脳内麻薬!?

    摂食障害&万引き病の裁判は、うんざりするほど傍聴してきたが、こんなの初めて! 食べ吐き(過食嘔吐)の知られざる真実へと、お洒落で誠実そうな女性弁護人が静かに突っ込んでいき…。

  • 2016/04/07
    第1676号 おかしな「目撃者」が事件をかきまわした?

    この週、3日連続で傍聴した無罪の1件。激突交通事故、被告人はまともそうな若い女性。「利害関係のない目撃者が虚偽を述べて被告人を陥れるはずがない」というテンプレートの危うさょ。

  • 2016/04/05
    第1675号 ネット的に「神」な男の強制わいせつ、無罪!

    出会い系的サイトで知り合っての「強制わいせつ」。そうした事件の否認には「同意があったから無罪」というのがよくある。本件はまさしく…! しっかし出会い系って何なの。

  • 2016/04/01
    第1674号 愛人契約に吊られた女性らにも軽率な面が

    出会い系サイトで愛人を募集、パチンコ店多数経営の資産家と称して金品を詐取した事件。その判決は、求刑は重すぎると言及して…。  プラス出会い系サイトにびっくりなことを書いてる男のひったくり…。

  • 2016/04/01
    第1673号 マンションの内覧案内、女性1人はヤバイ!

    不動産業者は真剣に考えないと、そのうち取り返しのつかない事件が起こるかも。  プラス元箱根駅伝選手で国税局職員の「まるで自滅するかのよう」なエロ事件。  編集後記は交通事故における高齢者の致死率。

2016年03月
  • 2016/03/31
    第1672号 中1女子の陰部に義父はバイブを押し当て

    とんでもない結婚詐欺の、今日は情状証人と被告人質問。はは~、そういう背景もあったのか、と。  プラス妻の連れ子が小学生の頃からわいせつ行為をやり、中学1年になる頃には…という事件。娘や義理の娘を姦淫するオヤジはときどきいる…。

  • 2016/03/31
    第1671号 病者を刑務所へ送ってどこが温情判決か

    過去に傍聴した「窃盗」のおばさんが今度は「常習累犯窃盗」の被告人として法廷へ出てきた。完全に病気。しかし治療には触れず相場どおり実刑。そのかわり酌量減軽。何も知らない学生君とかの目には「温情判決」と映ったんだろうねぇ…。

  • 2016/03/27
    第1670号 被告人が2人の死亡事故、求刑と逆の判決

    被告人が2人の「過失運転致死」。なんで2人? うわ~、な事件だった。判決は、検察官の求刑に反して…。  プラス東京地裁の開廷表が人だかりでなかなか見られないことの驚きの理由。

  • 2016/03/24
    第1669号 女生徒が満員電車内で男の股間を触った?

    判決4件。「住居侵入、強姦」は懲役12年が破棄され懲役11年10月へ。なぜ2月減らした?  「道路交通法違反、道路運送車両法違反、自動車損害賠償保障法違反」は、なんと「危険運転致傷」で執行猶予中の無免許、無車検、無保険運行、しかも…。  「死体遺棄」は、お洒落で上品で可愛い、たぶん箱入り娘の…。  「強制わいせつ」は女生徒の右手をつかんで自分の陰茎に押し当て勃起したという事件。その否認主張が…。

  • 2016/03/24
    第1668号 無理な言い分を書き連ねるのが刑事弁護?

    中国人向け観光バスの過酷な業務、これはその果ての死亡事故か。  プラス仮眠中の女性への「強制わいせつ」。被告人は約20年前に女生徒へのわいせつ行為で懲戒免職になった元教諭?  編集後記はあるTV番組の生放送に出演しちゃった話。

  • 2016/03/24
    第1667号 てんかん医師のベンツ暴走、5人死傷事件

    繁華街の歩道暴走事件、当初は「居眠りが原因か」と報じられた。だが、その車が地下駐車場から出るときの係員は…。出てから間近で目撃した人は…。生々しい供述!  編集後記は「罪種別 被疑者の精神障害等の有無別 検挙人員」について。

  • 2016/03/21
    第1666号 殺人の被害者、「面識なし」はたった11%

    「強盗殺人」の無罪は、まさか一事不再理を利用した完全犯罪? プラス裁判的には狙ってくれといわんばかりの「強制わいせつ」。 プラス殺人事件を被疑者と被害者の関係で見たデータ。

  • 2016/03/18
    第1665号 殺人犯、ウソで揺さぶられ自白に転じた?

    第1663号の続き。取調可視化の録音録画記録媒体を法廷で再生。確たる証拠はおそらくないのに、あると言われ自白に転じちゃった瞬間。裁判長がエリートか非エリートかで異なることは…。

  • 2016/03/17
    第1664号 警察官らは誰1人として説明できず無罪!

    立川支部でシャブ無罪。単なる無罪を超え、でっちあげが疑われると裁判官。警察も悪いけど、こんなの起訴して有罪主張を維持し続けた検察に呆れかえるです。

  • 2016/03/14
    第1663号 5歳の息子がいない、13階の窓は全開で…

    「殺人未遂、殺人」の裁判員裁判。寝ていた息子を抱き上げ母親が窓から落として殺した事件。元夫(息子の父親)の証人尋問。「私の小指をぎゅっと握りしめました。まだ生きていると思いました」、そう言って父親は泣いた。

  • 2016/03/14
    第1662号 鬼畜結婚詐欺師、もっと取って逃げちゃおう

    第1661号の続き。2人の被害女性から搾り取った大金を、詐欺師たちはある“ブラックホール”へ吸い込ませ続け…。  編集後記は、市街地の交差点死亡事故、信号機ありとなしとどっちが多いか。驚きのデータ。

  • 2016/03/11
    第1661号 婚活利用の結婚詐欺、とことん搾り尽くして

    結婚詐欺の第2回公判。追起訴。きりり誠実そうなイケメンが、暖かい家庭とニューヨークでの事業の夢を語り、女性をとことん食い尽くしていくリアルな過程…。

  • 2016/03/10
    第1660号 コーヒー浣腸事件、報道と話が違うじゃん!

    とんでもないインチキ健康食品を売りつけてた婆さんらが逮捕された! 大報道から受けるそんな印象とはぜんぜん違い、不起訴でもいいような形式犯なのだった。

  • 2016/03/07
    第1659号 ヤクザの恐喝、逆転有罪。一審はなぜ無罪に

    原審の無罪を破棄して懲役3年6月。原審はナマの被告人及び被害者を見てナマの話を聞き、無罪にしたろうに、控訴審は裁判的レトリックで有罪に…。

  • 2016/03/04
    第1658号 気持ちのいい若い被告人とベテラン弁護人

    泥酔して暴れ警察官をどついたという、いちばんありがたちな、そして俺が大嫌いなパターンの「公務執行妨害」を、珍しく最後まで傍聴。弁護人は元裁判官のあの人で…。  編集後記は無罪になりそうなあの事件。

  • 2016/03/03
    第1657号 芸能系2大事件の傍聴券抽選に俺も参戦っ

    傍聴券抽選、“キンコメ高橋”被告人の「建造物侵入、窃盗」は13時締切。百田尚樹氏が証人出廷する民事裁判は13時10分締切。両方に参戦してみたら…。  編集後記は、世間が知らない、裁判員裁判で補充裁判員が倒れた事件の続報!

  • 2016/03/03
    第1655号 介護福祉士が担当の高齢者宅で現金を窃取

    お婆ちゃんの現金が度々なくなるので、家族が監視カメラを設置。録画を再生してみると、すらり美人な介護福祉士が…。高齢者が被害者になったり被告人になったり、シルバー事件がどんどん法廷へ出てくる。

  • 2016/03/01
    第1655号 血みどろ殺人未遂、また裁判員が倒れたっ?

    久しぶりに裁判員裁判の第1回をちらっと傍聴。家事も育児もしない妻の言動や姿に長年不満と疑問を感じ続け「もう限界!」と叫んでナイフで…。あとでその法廷(休廷中)の前を通りかかると、救急隊員らが入って行くのだった。どしたっ?

2016年02月
  • 2016/02/29
    第1654号 キラキラネームの若い被告人、やるじゃん!

    キラキラネームの若者は先輩から大麻を教わり、後輩に吸わせたり譲ったり。しかし後輩から金は一切取らず、所持で捕まったとき「全部自分のものだ、後輩たちは何も知らない」と警察官に。お~。 プラス、10歳未満の女児2人に執拗なわいせつ行為をした高齢者…。

  • 2016/02/26
    第1653号 うさぎ飼育用ケージで3歳男児を拷問殺人

    虐待殺人の末、遺体を遺棄したという事件の、マスコミ大注目の第1回公判。高倍率の傍聴券抽選を見事クリアしたJazzyさんから券をいただき、途中からちらっと傍聴。あとで気づいた、俺はこの被告人の前刑の裁判を傍聴してるのだった!

  • 2016/02/25
    第1652号 あの破棄差戻事件の弁護人が被告人に!

    「売春防止法違反」の公判に証人として出廷予定の誘客に対し、被告人とともに弁護人が「強談威迫」し、弁護人自身も被告人に。じつはその弁護人はヤメ検で、あの破棄差戻事件の弁護人でもあったとは!

  • 2016/02/23
    第1651号 ヤナセ人事部長と大御所デザイナーの息子

    ヤナセの人事部長が共済会の預金3050万円を詐取。そして某有名デザイナーの息子氏の「強盗未遂、銃刀法違反、強盗」。後者は真っ向否認。足跡鑑定のエキスパートを尋問。

  • 2016/02/22
    第1650号 超異例の「住居侵入」、やっぱりあの事件で!

    東京簡裁が傍聴席42席の法廷を使うという。これは超異例。傍聴してみた。どうやら10年前のあの事件の被告人なのだった。被害者はその妻。息子が証人出廷し、母親を軽蔑すると…。

  • 2016/02/18
    第1649号 工学博士も無罪証言、切羽詰まった検事は

    重大死亡事故。前回の証人=医学博士は、死亡被害者とされる若者が運転していた可能性が高いと証言。今回の証人=工学博士も同様に証言。検察、ピンチだ! 切羽詰まった検事は…。

  • 2016/02/16
    第1648号 中核派の「免状不実記載」、あれあれっ?

    傍聴人より警備職員&公安刑事のほうが何倍も多い、中核派の事件。たまにはそんなのもと傍聴してみた。あらびっくり、どうやらムチャクチャな逮捕だったらしい。警察、検察、裁判所のチームはそんなこともやっちゃうんだぁ…。

  • 2016/02/15
    第1647号 重大死亡事故、警察は運転者を間違えた?

    飲酒、猛スピードの激突死亡事故。一審は懲役2年6月。控訴審の審理を傍聴してびっくり、法医学が専門の鑑定人は、運転席にいたのは死亡被害者である可能性が高いと! これは追っかけねば。

  • 2016/02/15
    第1646号 女優似の盲目女性が虚偽通報で礼拝妨害

    「威力業務妨害、礼拝妨害、ストーカー行為等の規制等に関する法律違反」という刺激的な事件名、しかも被告人は女性。なんと盲目なのだった。 いったいなぜ、どうやって?

  • 2016/02/12
    第1645号 極東会の発砲事件、共謀共同正犯を認めず!

    裁判所が傍聴させたくないことがありあり見える「銃砲刀剣類所持等取締法違反、建造物損壊」。かえって意欲がわき、傍聴してみた。検察主張を退け、幇助犯にとどまると!

  • 2016/02/11
    第1644号 万引き病を認めず「習癖の発現」と斬り捨て

    「二度と許さん。今度やったらずーっと刑務所にいろ、お前は死ぬまで刑務所にいろ」と、万引きで4回服役して夫から言われていた高齢女性が、またも万引き。官僚司法とは何か、まさに浮き彫りになる事件…。

  • 2016/02/08
    第1643 クレプトマニア、検察側の専門家って誰っ?

    お洒落で美人な妊婦は、弁護人いわく、クレプトマニアで摂食障害で脳機能障害。弁護人の真摯な主張・立証に対向して、検察官も学者を呼ぶんだとか。御用学者は何を言うのか、是非是非聞きたいっ!

  • 2016/02/05
    第1642号 泥酔、暴走、7人死傷、車両提供罪と同乗罪

    飲酒運転の「周辺者三罪」の、全国初の適用例。泥酔男性は、本件被告人(女性)と双方の子ども合計6人をニッサン・グロリアに乗せ、制限30キロの道路を約80キロで暴走! その女性の判決は…。

  • 2016/02/04
    第1641号 同乗罪で検挙され、キャバクラで無銭豪遊

    岩手で酒を飲み、さらに飲みたくて、幼なじみに運転させて宮城の居酒屋へ。その要求依頼同乗罪で捕まってから上京。上野のキャバクラで無銭豪遊。あまりの気前良さを怪しんだ店長が…。

  • 2016/02/02
    第1640号 自衛隊のMEDUSAに教唆されて覚せい剤を

    裁判を仕切るのは検察官かょ、と思えるシーンのあと、被告人がびっくりなことを供述した。自衛隊のなんちゃら機構が開発した「メデューサ」に教唆され覚せい剤を使った、ネットに記事があると。うわぁ、やっぱ社会はそっち方向へどんどん…。

  • 2016/02/01
    第1639号 連続色情犯は元駅伝選手で国家公務員だった

    箱根駅伝の元選手で東京国税局職員の「強制わいせつ未遂、住居侵入、器物損壊、邸宅侵入、窃盗未遂」、追起訴続々。 プラス、停止した電車の窓から線路へ出て暴れ、仕事も退職金も失った元会社員…。

2016年01月
  • 2016/01/31
    第1638号 違法な連行、所持品検査を合法とする論法

    シャブ裁判の被告人(保釈中)が、更正のため他の同種裁判を傍聴に通ってるという、極めて異例な事件、の判決。司法の役割ってものがよぅく見えた気がした。こんなこと、世間の誰も知らないんだろうなぁ…。

  • 2016/01/29
    第1637号 婚活利用の極悪結婚詐欺、殺してやりたい

    報道された結婚詐欺。期日を調べて傍聴した。被害女性が老後のためにこつこつ貯めた大金をすべて騙し取り、さらに…! 極悪非道な詐欺師、なのだが、その容貌は、柔らかきりりの誠実そうなモテ顔で…。

  • 2016/01/28
    第1636号 法務省サイバー攻撃事件、狙って傍聴したら

    逮捕時は「中国のスパイだ!」とネットが盛り上がったこの事件、狙って傍聴した一般人は俺のみか。被告人は普通っぽい若者で、情状証人はその妻…。

  • 2016/01/26
    第1635号 土屋アンナさんに責めに帰すべき事由はなく

    アンナさんの稽古不参加のせいで舞台公演がナシになったから賠償せよ、等の民事訴訟の判決。裁判長が珍しく判決理由の要旨を述べた! アンナさん完全勝訴じゃん!  プラス強姦動画に刺激された有名ボート選手のあの事件(求刑は懲役7年)の判決。

  • 2016/01/25
    第1634号 シンドラーのエレベーターは故障だらけ?

    シンドラーの社員がエレベータをわざと停止させ、マンション住民女性を閉じ込める等した「監禁、威力業務妨害」。この日の傍聴券抽選は、裁判所による偽計傍聴妨害?

  • 2016/01/21
    第1633号 根幹の重要証拠をスルーしたと破棄差戻し!

    「脅迫」の被害者はあの有名弁護士!  プラス、原審が裁判員裁判のシャブ密輸(懲役12年等)の控訴審、原判決破棄、差戻し、その理由がびっくり。 編集後記は、先日のテレビ収録における俺個人の裏話(笑)。

  • 2016/01/19
    第1632号 採尿容器の封緘紙に被疑者の署名がない!

    ジャーナリスト・寺澤有さんから情報を得て、東京地裁・立川支部でシャブの否認事件を傍聴。そんなんで有罪にできないっしょ! と常識的には思うけど、これは裁判なのだ。いったいどうなるのか。

  • 2016/01/18
    第1631号 万引き否認の女性は昭和のあの有名人?

    昭和の元トップモデルが万引き病に罹患、服役をくり返し、という事件があったが、今回の「窃盗」の被告人は、もしかして■■解放運動の元女性闘士? 女性弁護人はその元同士? これは追っかけてみよう。

  • 2016/01/17
    第1630号 袋危険ドラッグ暴走、まさかの八掛け判決

    脱法ハーブが危険ドラッグと呼ばれるようになったきっかけの「危険運転致死傷」。無罪でおかしくないと俺は思ったが、しかしこれは裁判だ、有罪は決まりだろ、と傍聴してみたら…。

  • 2016/01/15
    第1629号 モデルを夢見る女子がまた事務所の毒牙に

    この種の事件が続々と出てくる。暗数はもっとあるんだろう。モデルや女優を夢見る女子は、事務所の男に食われるのが定めなの?  プラス、前頭側頭型認知症、つまり脳の機能障害により万引きが止まらないおばさん…。

  • 2016/01/14
    第1628号 シャワーを浴びる女性のお尻が見えました

    間違えて傍聴した「建造物侵入」は、ビジネスホテルでの女風呂覗きだった。被告人は寄る辺なき孤立者。裁判は、いつものテンプレートにしたがって進み…。  プラス成年後見人弁護士が認知症女性から4千万円を横領した事件、第390等でレポートしたあのとんでもない男の再犯。

  • 2016/01/11
    第1627号 詐欺とは知らなかった、被告人も被害者も!

    オレオレ詐欺が猛威をふるってると、あれほど新聞、テレビで報じられてるんだから、詐欺との認識はあったはずだ、と検察官は受け子ばかりを責め…。

  • 2016/01/08
    第1626号 バレエ教室での強制わいせつ、逆転無罪!

    否認なのに、一審、二審とも被害女性がどうしても証人出廷しなかった事件。これで有罪は無理と思ったが、ほんとに無罪とは! ただ、無罪の理由は訴訟手続きの法令違反(第321条第1項第2号)じゃないのだった。そしてその閉廷後…! ※現時点で報道なし。

  • 2016/01/07
    第1625号 女生徒の自転車は無灯火で右側通行だった

    トラックのひき逃げ死亡事故。逃げた理由は、異種前科で執行猶予中だったから。一審は実刑。二審は棄却(実刑維持)。でも2日後に前刑の猶予期間は満了するのだった。再び手錠・腰縄を付けられ去るイケメン被告人を、傍聴席の美人女性が涙ぐんで見送った。

  • 2016/01/05
    第1624号 稲荷神社の賽銭ドロ、巫女を殴って懲役3年

    新年といえば初詣、お賽銭、そして賽銭ドロ。賽銭箱に入りきってなかった2千円に手を出し、23歳の巫女を殴って「強盗致傷」。交通違反の罰金以外に前科なし。しかし…。 プラス1月の注目事件の期日。

  • 2016/01/04
    第1623号 認知症女性、冬の夜、7時間半の徘徊の果て

    奈良地裁で傍聴した「自動車運転過失致死」。長年無事故の慎重なトラック運転手は、冬の未明に車道を歩いていた人影に気づかなかった。なんと被害者は、前夜から行方不明になっていた認知症の女性だった!

 
  • ご購読希望の期間を入力ください。
  • ジャーナリズム
  • ビジネス・経済
  • エンターテイメント
  • ライフ
  • スポーツ