• 最新の世界経済・市場動向をさぐる「ブーケ・ド・フルーレット」(略称:Bdフルーレット)。この代表である馬渕治好が、めまぐるしく変化する世界の経済や市場の動きなどについて、高水準の分析を、わかりやすく解説します。馬渕が登場するTVや新聞・雑誌コラムなどと合わせて、当メールマガジンも是非ご覧ください。
  • 【月額1,620 円(税込)】
  • 【発行周期】毎週 日曜日(年末年始を除く)

馬渕治好の週刊「世界経済・市場花だより」 バックナンバー

2018年04月
  • 2018/04/29
    「世界経済・市場花だより」第357号 日米金利差拡大が素直に米ドル円相場に反映/米国で材料多いが波乱になるまい
  • 2018/04/22
    「世界経済・市場花だより」第356号 好悪材料が並びながら、世界的に株高気味/国内企業の決算発表は無難に通過か
  • 2018/04/15
    「世界経済・市場花だより」第355号 「大人の対応」をみせ、株価を上げた中国/米国からの為替牽制は厳しくなるまい
  • 2018/04/08
    「世界経済・市場花だより」第354号 暴走を続けるトランプ大統領だが、米ドル相場や日本株は底固い/国内では内需が注目か
  • 2018/04/01
    「世界経済・市場花だより」第353号 売られ過ぎから主要市場は持ち直しへ/材料多いなか、明るい基調続こう
2018年03月
  • 2018/03/25
    「世界経済・市場花だより」第352号 旧聞の材料を持ち出して騒いだ米国市場/材料に欠けるなか、心理悪と好実態の綱引き
  • 2018/03/23
    「世界経済・市場花だより」号外 新規材料なく大きく下振れした米国株/世界市場は再度底値圏形成から回復とみる
  • 2018/03/18
    「世界経済・市場花だより」第351号 米国から悪材料が投げ込まれるが、底固い世界市場/FOMCは波乱にならず?
  • 2018/03/11
    「世界経済・市場花だより」第350号 コーン辞任が懸念を加えたが、意外と堅調な市場/材料少なく、心理改善がカギ
  • 2018/03/04
    「世界経済・市場花だより」第349号 米政権の保護主義が世界市場の波乱要因に/不透明感強いが、底打ちから回復へ
  • 2018/03/02
    「世界経済・市場花だより」号外 足元材料の悲観視を進める米国株価/年内主要国株価は持ち直し基調との見解は変えず
2018年02月
  • 2018/02/25
    「世界経済・市場花だより」第348号 底打ち回復の流れのなかでの、短期波乱/パウエル証言が「おもちゃ」に
  • 2018/02/18
    「世界経済・市場花だより」第347号 日米株価は底入れした模様、いずれ米ドル円相場も/材料が少ないなか、明るい方向へ
  • 2018/02/11
    「世界経済・市場花だより」第346号 大波乱の世界市場、全面的な株安・円高/そろそろ底値「圏」
  • 2018/02/06
    「世界経済・市場花だより」号外 残念ながら予想通りの下落をみせた米国株価/日経平均は2万円の攻防を予想するが、先行き不透明
  • 2018/02/04
    「世界経済・市場花だより」第345号 今度の主役は米長期金利上昇/さらなる市場の波乱が懸念される
2018年01月
  • 2018/01/28
    「世界経済・市場花だより」第344号 米ドル安・円高と欧州通貨高が市場の主役/決算の内容より市場の反応が注目点
  • 2018/01/21
    「世界経済・市場花だより」第343号 何となく遠い24000円台定着/何かが投機売りの「口実」にならないか要注意
  • 2018/01/14
    「世界経済・市場花だより」第342号 米株高だが米ドル安・円高、その真因は?/材料少ないなか、神経質な展開か
  • 2018/01/07
    「世界経済・市場花だより」第341号 世界的な株高・外貨高だが、かえって危うい/反落のきっかけや時期は不透明
 
  • ご購読希望の期間を入力ください。
  • ジャーナリズム
  • ビジネス・経済
  • エンターテイメント
  • ライフ
  • スポーツ