• 聖地と聖地を結ぶ不思議なネットワーク"レイライン"を長年追い続けてきたレイラインハンター内田一成が、聖地の成り立ちから、人と聖地の関係、聖地の科学を解説。聖地の作り方まで考察していきます。「パワースポット」という現象も、主観にとらわれず、多角的に分析していきます。また、各回、実際のフィールドワークのこぼれ話などもご紹介します。
  • 【月額216 円(税込)】
  • 【発行周期】毎月 第1木曜日・第3木曜日
2017年05月
  • 2017/05/18
    聖地学講座第118回「世界宗教の成り立ちと聖典 その2」
  • 2017/05/04
    聖地学講座第117回「世界宗教の成り立ちと聖典 その1」
2017年04月
  • 2017/04/20
    聖地学講座第116回「いわきの聖地に込められた意味」
  • 2017/04/06
    聖地学講座第115回「人と大地との感応」
2017年03月
  • 2017/03/16
    聖地学講座第114回「錫杖を持つ十一面観音」
  • 2017/03/02
    聖地学講座第113回「経験科学としての東洋占術」
2017年02月
  • 2017/02/16
    聖地学講座第112回「霊力を表す言葉」
  • 2017/02/02
    聖地学講座第111回「魂振りと呪物信仰」

    【聖地学講座第111回】
    --------------------------------------
     ◯魂振りと呪物信仰
     ・魂振りの呪物
     ・水鳥と魂振り
     ・見る力と魂振り
    --------------------------------------
     春といえば花見。毎年、各地の桜の名所では賑やかな宴が催されますが、この花見は、「魂振り(タマフリ)」という神聖な意味合いを持っていることをご存知でしょうか? 魂振りとは生命力や霊力を意味する「タマ」を振り動かして活力を与える呪術を意味します。古来、春に花見をしたり、初夏に新緑の燃え立つ山を見る「山見」をすることは、自然の生命力をもらっ
    て「自分の生命力を躍動させる=魂を振り動かす」意味を持っていたのです。

2017年01月
  • 2017/01/19
    聖地学講座第110回「土地との縁……近況と2017年の予定」

    【聖地学講座第110回】
    --------------------------------------
     ◯土地との縁……近況と2017年の予定
     ・黒瀬川が結ぶ土地
     ・富士北麓
     ・四国レイライン
    --------------------------------------
     年が明けて、早くも20日近くが経ってしまいましたね。もう、みなさんいつもどおりの生活に戻り、仕事にも邁進されていることと思います。私も、昨年の後半から動きはじめた諸々のプロジェクトがいよいよ本格的な稼動状態に入り、気を引き締めて動き始めています。今回は、そんな私の近況とともに、今年の聖地観光研究所としての取り組みなどをご紹介したいと思います。

  • 2017/01/05
    聖地学講座第109回「石の信仰 その2」

    【聖地学講座第109回】
    --------------------------------------
     ◯石の信仰 その2
     ・魔除け石と神の石
     ・行道岩と巡り行道
    --------------------------------------
     石に霊が宿るとか、石にそこであった出来事が記録されたり、石に触れた人の想いが保存されると、石の持つ力に人は畏敬の念を抱いてきました。本講座の86回でも「石の信仰」をテーマにして磐座と道祖神について考察しましたが、今回は「石の信仰」の第二弾として川原石などの身近にある石に聖性を認める例と、修験道の修行における特徴的な岩(石)の役割を考察します。

 
  • ご購読希望の期間を入力ください。 
  • ジャーナリズム
  • ビジネス・経済
  • エンターテイメント
  • ライフ
  • スポーツ