• 科学者インタビューを主たるコンテンツとするメールマガジンです。若手大御所、ジャンルを問わず、様々な研究者の方の話ほか、科学に関するコンテンツをお届けします。
  • 【月額324 円(税込)】
  • 【発行周期】毎月 第1木曜日・第2木曜日・第3木曜日・第4木曜日(祝祭日・年末年始を除く)

サイエンス・メール バックナンバー

2018年04月
  • 2018/04/26
    サイエンス・メール 2018/4/26 鳴海拓志-11 人間は複雑なようで割と単純
  • 2018/04/19
    サイエンス・メール 2018/4/19 鳴海拓志-10 ルーティーンと「やる気スイッチ」はVRで一瞬で
  • 2018/04/12
    サイエンス・メール 2018/4/12 鳴海拓志-9 人の物差しは「自分の身体」が基本
  • 2018/04/05
    サイエンス・メール 2018/4/5 鳴海拓志-8 心に動かすために身体に働きかける
2018年03月
  • 2018/03/22
    サイエンス・メール 2018/3/22 鳴海拓志-7 バーチャル世界のバーチャル体験でも実際の行動が変わる
  • 2018/03/15
    サイエンス・メール 2018/3/15 鳴海拓志-6 引越し屋のダンボールが白い理由 拡張持久力
  • 2018/03/08
    サイエンス・メール 2018/3/8 鳴海拓志-5 人はイメージを食べている
  • 2018/03/01
    サイエンス・メール 2018/3/1 鳴海拓志-4 匂いは一定の時間幅を持って蓄積されていく感覚情報
2018年02月
  • 2018/02/22
    サイエンス・メール 2018/2/22 鳴海拓志-3 人はどうしてそういう経験をするのか
  • 2018/02/15
    サイエンス・メール 2018/2/15 鳴海拓志-2 世界と視点だけの関係に「身体」を持ち込むと「経験が上書き」される
  • 2018/02/08
    サイエンス・メール 2018/2/8 鳴海拓志-1 ただの棒が膨らんだり凹んだりし、丸い壁が真っ直ぐに変わる知覚
  • 2018/02/01
    サイエンス・メール 2018/2/1 岡田浩之-15 人が自分がやらなきゃいけないことをわからせてくれるシステム
2018年01月
  • 2018/01/25
    サイエンス・メール 2018/1/25 岡田浩之-14 人間が楽しく働けるシステム
  • 2018/01/18
    サイエンス・メール 2018/1/18 岡田浩之-13 インパクトのある家庭用サービスは存在するか
  • 2018/01/11
    サイエンス・メール 2018/1/11 岡田浩之-12 「人間と協調するシステム」としてのロボット WRS
  • 2018/01/04
    サイエンス・メール 2018/1/4 岡田浩之-11 ピアジェよりもシーグラーの「多重波モデル」
 
  • ご購読希望の期間を入力ください。
  • ジャーナリズム
  • ビジネス・経済
  • エンターテイメント
  • ライフ
  • スポーツ