AVANCE!

  • ¥0

    無料

AVANCE!は、”前向きに”というキモチとともにパリから発信されるお便りです。まぐまぐの中でも古株のマガジン。海外の事情・料理の話題・お薦め音楽・文具や各種電子ガジェットのウンチクなどなど。あなたの”考える種”として、そして”未来への視点”のために、AVANCE!(アヴァンス!)を、是非どうぞ!

著者サイト
 

メールマガジンを登録(無料)

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。
※ 各サービスで登録しているメールアドレス宛に届きます。

メールマガジンを解除

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
 
 
メルマガ名
AVANCE!
発行周期
季刊
最終発行日
2017年08月22日
 
発行部数
76部
メルマガID
0000001475
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
旅行・おでかけ > 海外 > ヨーロッパ

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

メールマガジン最新号

-----AVANCE!-----------------------------------
-----第241号--21/08/2017------------------------
------------------------------------------------
考える・行動する・何かできる・・そんな為のヒント
がこっそり詰まった、パリから届くお便りです。
------------------------------------------------
これが届いてびっくりなさったことでしょう。ご購読
下さり、どうもありがとうございます。発行が鈍りま
して、どうも済みませんでした。ヲトナになると、あ
れもこれもということができなくなりますね!皆さま
いかがお過ごしでしょうか。

この頃ハマっているレコーディング技術についてのド
キュメンタリですとか、パリで2017年11月まで開催中
の、とある画家の回顧展を、以下に紹介致します。

=============

*Sound Breaking (2016)
http://www.imdb.com/title/tt5359830/

録音の歴史を振り返った、楽しいながらも本格的かつ
長編の、見事なドキュメンタリ。出演者の誰もが実に
楽しそうに証言するところが特によいです。この作に
出てきてもおかしくない音楽家曰く「電気で音が大き
くなったこととマルチトラック録音は革命だった」と
のことで、この点は本作でも強く訴えられています。
楽しかったり力強かったりするロックやポップの楽曲
がどのように楽しさや力強さを身につけて来たのかが
わかります。


*Sound City (2013)
http://www.imdb.com/title/tt2306745/

ロック・ポップの名盤の録音がなされた、アメリカに
あったスタジオについてのドキュメンタリ作で、監督
は、かつてそこで仕事をしたロックスター。スタジオ
の話のようでいて、そこに思い入れのある監督の話に
なっているけれども、レコーディングにまつわるあれ
これが覗けて、観ていて楽しいです。エンタテイメン
トの世界で作品をどう作っているかというところを知
りたくて、観る気になったのでした。


*Lee Ungno 李應魯 (1904-1989)
19 Nov 2017まで
http://www.cernuschi.paris.fr/en/exhibitions/lee-ungno-man-crowds
http://www.expoleeungno.paris.fr/

パリには昔から、いろいろな人がいます。母国に諸事
情で居られなくなった文化人が住めた場所でもありま
した。この回顧展にて作を見られるほうではない、し
かしこの作家の盟友でられるもうひとりの美術家であ
る李さんもそのようなお一人で、生前、親しくお話で
きて恵まれていたと自分で思っています。彼らの人生
が波乱万丈であることは、幾分時代故のことでもあり
ましょうが、彼らが他人に優しく、他人の世話を親も
同然にみていたことは、時代の要請ではなく李さん達
の人徳故のこととしか思えません。このような人情話
とかけ離れた印象を与える、清潔で斬新な作が眩しい
です。


Mai@Paris拝
------------------------------------------
AVANCE!--考える種--
21/08/2017発行・第241号
発行:伴真伊--ima19_at_bigfoot.com

ご質問・ご意見・転載・引用・その他諸々は上記へ
連絡お願いします。

まぐまぐ!マガジンID:0000001475
バックナンバーは下記サイトをご覧下さい。
http://archive.mag2.com/0000001475/index.html
メルマガ全文を読む
 

▲ページトップへ

▲ページトップへ