お気楽株式投資倶楽部ニュース

  • ¥0

    無料

創刊19年の株式情報専門メルマガです。毎日の株式市場の動きや株式投資の参考になる企業ニュースなどをタイムリーにお届けいたします。ヒット銘柄の発掘には定評があります。毎日数十銘柄のリポートが見られますので、是非参考にして下さい。 購読登録をお待ちしております。

 

メールマガジンを登録(無料)

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。
※ 各サービスで登録しているメールアドレス宛に届きます。

メールマガジンを解除

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
 
  • 殿堂入り
 
メルマガ名
お気楽株式投資倶楽部ニュース
発行周期
毎日
最終発行日
2017年07月28日
 
発行部数
10,080部
メルマガID
0000003015
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
マネー > 株式 > 投資情報

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

メールマガジン最新号


◆◇==========================◇◆

お気楽株式投資倶楽部ニュース 2017年7月28日(金)

★★★★創刊21年★★★★

◆◇==========================◇◆

・日経平均株価 1万9959円84銭(-119円80銭)
・高値2万56円16銭/安値1万9926円60銭
・TOPIX 1621.22(-5.62)
・値上がり807/値下がり1087/変わらず128
・新高値112/新安値11
・出来高 20億2809万株
・売買代金 2兆7735億円
・マザーズ指数 1162.94(-21.92)

お気楽です。

28日の東京株式市場で日経平均株価は3日ぶりに反落し、前日比119円80銭(0.60%)安
の1万9959円84銭でした。27日の米国市場でハイテク株が下落し、国内市場でも
半導体関連銘柄などが売られています。

また週末で午後に手じまい売りが加速し、下げ幅は150円を超える場面がありました。

(詳細は後ほど)

◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆

●●●結果報告●●●

★「お気楽 注目銘柄」が2銘柄です。
(VIP会員様には今朝配信済み。VIPルームには昨日掲載済みです。)


■ダイトーケミックス <4366> :4-6月期(1Q)経常は26%増益
・上期計画を超過。

623円 前日比+100(+19.12%)


==============================


■ゴールドクレスト <8871> :4-6月期(1Q)経常は9.2倍増益。

2,584円 前日比+6(+0.23%)

◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆


◆ 本日の株価材料 ◆(マイナス材料も含まれています)
★VIPルームには昨日掲載済みです。★

■デジタルアーツ <2326>4-6月期(1Q)経常は4.6倍増益。

■コア <2359>: 4-6月期(1Q)経常は2.3倍増益。

■プラマテルズ <2714> :4-6月期(1Q)経常は2.6倍増益。

■ティーライフ <3172> :28日付で貸借銘柄に選定された。

■日立化成 <4217> :4-6月期(1Q)税引き前は50%増益。

■野村総合研究所 <4307>:上期最終を一転23%増益に上方修正、
通期も増額。発行済み株式数(自社株を除く)の5.20%にあたる
1300万株(金額で500億円)を上限に自社株買いを実施する。
そのうち1150万7400株を28日朝の東証の自己株式立会外買付
取引「ToSTNeT-3」で(買い付け価格は27日終値の4345円)を
買い付ける。

■Jストリーム <4308> :4-6月期(1Q)経常は7.9倍増益。

■ダイトーケミックス <4366> :4-6月期(1Q)経常は26%増益
・上期計画を超過。

■花王 <4452> :上期税引き前が12%増益・4-6月期も10%増益。

■日華化学 <4463>:上期経常を一転32%増益に上方修正。

■ロート製薬 <4527>:新潟大学と日本初の肝硬変を対象とした
他家脂肪組織由来幹細胞製剤「ADR-001」の治験開始。

■大塚ホールディングス <4578>:プラント(植物由来)ベース食品
の開発・販売を手掛ける米デイヤ社を約361億円で買収。
デイヤは植物由来の原料からチーズやヨーグルトなどの
代替品を展開する高成長企業。

■ラクオリア創薬 <4579> :旭化成ファーマとの新規疼痛
治療薬の創出を目指した共同研究で、マイルストーンの
達成に伴う一時金を受領する。

■ポーラ・オルビスホールディングス <4927>:上期経常を
23%上方修正、通期も増額。

■リプロセル <4978> :分担企業として参加するヒトiPS細胞に
関する研究開発課題が、日本医療研究開発機構(AMED)が
公募する事業に採択。

■デクセリアルズ <4980>:上期経常を57%上方修正、通期も増額。

■東洋鋼鈑 <5453> :4-6月期(1Q)経常は12倍増益
・上期計画を超過。

■大同特殊鋼 <5471>:4-6月期(1Q)経常は2.4倍増益。

■日立金属 <5486>: 4-6月期(1Q)税引き前は45%増益。

■日立建機 <6305> :4-6月期(1Q)税引き前は12倍増益。

■富士電機 <6504>:上期経常を41%上方修正。

■MS-Japan <6539> :「通勤講座」などインターネット通信
教育講座を開発・販売するKIYOラーニングと資本業務提携。

■オムロン <6645> :4-6月期(1Q)税引き前は80%増益。
発行済み株式数(自社株を除く)の2.34%にあたる500万株
(金額で200億円)を上限に自社株買いを実施する。

■セイコーエプソン <6724>:今期税引き前を13%増益に上方修正。

■アルプス電気 <6770>:上期経常を39%上方修正、通期も増額。

■アルパイン <6816>:親会社のアルプス電気 <6770> が
株式交換によって完全子会社化。19年1月1日付で同社株
1株に対し、アルプス株0.68株を割り当てる。

■キーエンス <6861>:4-6月期(1Q)経常は678億円。

■フタバ産業 <7241>:今期経常を39%増益に上方修正。

■小糸製作所 <7276>:今期経常を4%増益に上方修正
・最高益更新へ。

■エクセディ <7278>:4-6月期(1Q)経常は62%増益。

■テイ・エス テック <7313>:4-6月期(1Q)税引き前は82%増益。

■キヤノン <7751>:今期税引き前を21%上方修正。

■東京エレクトロン <8035> :4-6月期(1Q)経常は2.3倍増益。

■日立ハイテクノロジーズ <8036>:上期税引き前を10%上方修正。

■菱洋エレクトロ <8068>:ottaが提供するIoT見守りサービスの
展開でアイ・オー・データ機器 <6916> を含む3社で協業。

■エイチ・ツー・オー リテイリング <8242>: 4-6月期(1Q)経常は
2.2倍増益。

■三井住友トラスト・ホールディングス <8309>:発行済み株式数
(自社株を除く)の0.52%にあたる200万株(金額で90億円)を上限
に自社株買いを実施する。買い付け期間は7月28日から8月31日まで。

■ジャフコ <8595>:発行済み株式数(自社株を除く)の31.6%に
あたる1400万株(金額で638億4000万円)を上限に、28日朝の
東証の自己株式立会外買付取引「ToSTNeT-3」で自社株買い
(買い付け価格は27日終値の4560円)を実施する。

■だいこう証券ビジネス <8692>:発行済み株式数(自社株を除く)の
2.20%にあたる56万5000株(金額で4億円)を上限に、28日朝の
東証の自己株式立会外買付取引「ToSTNeT-3」で自社株買い
(買い付け価格は27日終値の632円)を実施する。

■ゴールドクレスト <8871> :4-6月期(1Q)経常は9.2倍増益。


◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆
本日のレーティング
◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆

★VIP会員様には配信済みです。


銘柄 機関 格付 目標株価

SFOODS <2292> 岩井コスモ A 4000→5000
エムスリー <2413> 野村 買い 4800→5000
信越化 <4063> 岩井コスモ A 12700→12800
四国化 <4099> 野村 買い 1450→1650
栄研化 <4549> 野村 買い 4000→4500
CTC <4739> シティG 買い 4500→5200
日電産 <6594> 野村 買い 13600→14300
日電産 <6594> GS 買い 12900→13200
日電産 <6594> UBS 買い 12500→13500
ソニー <6758> GS 買い 4600→5400
アドテスト <6857> 野村 買い 2568→2647
アドテスト <6857> マッコリ 強気 2295→2455
任天堂 <7974> 野村 買い 41000→42000
ホテルリート <8985> GS 買い 92600→95000


◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆

(大引け)

・日経平均株価 1万9959円84銭(-119円80銭)
・高値2万56円16銭/安値1万9926円60銭
・TOPIX 1621.22(-5.62)
・値上がり807/値下がり1087/変わらず128
・新高値112/新安値11
・出来高 20億2809万株
・売買代金 2兆7735億円
・マザーズ指数 1162.94(-21.92)

■日経平均は85円安と3日ぶり反落、2万円割り込む、円強含みで
下げ幅広げる場面も=28日前場

28日前場の日経平均株価は前日比85円10銭安の1万9994円54銭と
3日ぶりに反落。2万円台割れは取引時間中で25日以来3日ぶり。27日
の米国株式が高安まちまちなど手掛かり材料が乏しいなか、利益確定売り
が先行した。円相場が強含むとともに下げ幅を広げ、一時1万9963円96銭
(前日比115円68銭安)まで下押す場面があった。その後の戻りは鈍く2万円
近辺で推移した。本格化する主要企業の決算発表を見極めたいとの空気や、
週末の持ち高調整売りの動きも重しとなった。

 東証1部の出来高は9億2791万株、売買代金は1兆2041億円。騰落
銘柄数は値上がり766銘柄、値下がり1098銘柄、変わらず156銘柄。

 市場からは「為替がなかなか円安に向かわず、きょう引け後に決算発表
ラッシュを迎え、やりにくい状況だ。日経平均2万円以上では売りたい向きも
あろうが、一方で決算を見ながら個別で動いている」(中堅証券)との声が
聞かれた。

 業種別では、第1四半期(17年4-6月)の連結決算で純利益21.1%減
の大和証G<8601>や、野村<8604>などの証券商品先物株が下落。任天堂
<7974>、タカラトミー<7867>などのその他製品株や、王子HD<3861>、日本紙
<3863>などのパルプ紙株も売られた。空運株では、ANA<9202>が安い。
半面、HOYA<7741>、セイコーHD<8050>などの精密株が堅調。JT<2914>、
サントリBF<2587>などの食料品株や、東北電力<9506>、四国電力<9507>
などの電気ガス株も買われた。

 個別では、第1四半期(17年4-6月)の連結決算で営業利益40.0%減
の新光電工<6967>が大幅安。第1四半期(17年4-6月)の連結決算
(IFRS基準)で赤字転落のアンリツ<6754>や、戸田工<4100>、東芝<6502>
(監理)、日立金属<5486>などの下げも目立った。

 半面、アルプス<6770>が株式交換により完全子会社化して経営統合する
アルパイン<6816>が一時ストップ高。ジャフコ<8595>も一時ストップ高。
18年3月期第2四半期(17年4-9月)および通期の連結業績予想を
上方修正したフタバ<7241>や、18年3月期第2四半期(17年4-9月)
および通期の連結業績予想を上方修正したデクセリアル<4980>も上伸し、
システナ<2317>、小松精練<3580>などの上げも目立った。なお、東証業種別
株価指数は全33業種中、19業種が下落した。


■日経平均は119円安と3日ぶり反落、利益確定売りに2万円割れ、
米株先物安も重し=28日後場

28日の日経平均株価は前日比119円80銭安の1万9959円84銭
と3日ぶりに反落。2万円割れは25日以来3日ぶり。前場は、手掛かり
材料が乏しいなか、利益確定売りが先行した。円相場が強含むとともに
いったん下げ幅を広げ、前引けにかけて2万円近辺で停滞した。後場は
一段安となり、一時1万9926円60銭(前日比153円04銭安)まで
下押す場面があった。週末要因に加え、Globex(シカゴ先物取引
システム)での米株価指数先物安も重しとして意識され、持ち高調整
売りの動きとなった。その後下げ渋ったが、戻りは鈍く大引けにかけて
安値圏でもみ合った。

 TOPIX(東証株価指数)の浮動株比率見直しに伴うリバランス売買
により、東証1部の出来高は20億2809万株、売買代金は2兆7735
億円と膨らんだ。騰落銘柄数は値上がり807銘柄、値下がり1087銘柄、
変わらず128銘柄。

 市場からは「週末で利益確定売りが出やすく、東エレク<8035>、
ソフトバンク<9984>など指数寄与度の高い銘柄の下げも重しと
なっている。決算発表が相次ぎ、個別株物色の色彩が強まってくるが、
コンセンサスが良すぎて売られるケースも見受けられ、定着すると嫌な
感じだ」(準大手証券)との声が聞かれた。

 業種別では、第1四半期(17年4-6月)の連結決算で純利益
21.1%減の大和証G<8601>や、野村<8604>などの証券商品
先物株が下落。任天堂<7974>、タカラトミー<7867>などのその他
製品株や、JAL<9201>、ANA<9202>などの空運株も売られた。
郵船<9101>、商船三井<9104>などの海運株も安い。半面、東北電
<9506>、四国電<9507>などの電気ガス株が堅調。HOYA<7741>、
ニコン<7731>などの精密株や、JT<2914>、キッコマン<2801>などの
食料品株も買われた。

 個別では、第1四半期(17年4-6月)の連結決算で営業利益
40.0%減の新光電工<6967>が大幅安。8月1日付で東証2部に
降格の東芝<6502>(監理)や、第1四半期(17年4-6月)の連結
決算(IFRS基準)で赤字転落のアンリツ<6754>も下落し、富士紡HD
<3104>、戸田工<4100>、サイバー<4751>などの下げも目立った。

 半面、ジャフコ<8595>がストップ高。アルプス<6770>が株式交換に
より完全子会社化して経営統合するアルパイン<6816>(前場に
一時ストップ高)や、18年3月期第2四半期(17年4-9月)および
通期の連結業績予想を上方修正したフタバ<7241>は大幅高。18年
3月期第2四半期(17年4-9月)および通期の連結業績予想を
上方修正したデクセリアル<4980>や、システナ<2317>、IDEC<6652>
などの上げも目立った。なお、東証業種別株価指数は全33業種中、
18業種が下落した。



提供:モーニングスター社
http://www.morningstar.co.jp/


◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆

★全市場株価「値上がり率」
http://info.finance.yahoo.co.jp/ranking/?kd=1&tm=d&mk=1

★全市場株価「値下がり率」はこちらでご覧下さい。
http://info.finance.yahoo.co.jp/ranking/?kd=2&mk=1&tm=d&vl=a


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


「VIP会員 お申込み」:http://www.ops.dti.ne.jp/~glass/vip.htm
「お気楽 公式 ブログ」:http://plaza.rakuten.co.jp/okirakukabu/
「お気楽公式Twitter」: https://twitter.com/oklucky
無料メルマガ「当たり屋は誰だ」:http://www.mag2.com/m/0000026729.html
「お気楽 太陽光発電倶楽部」:http://okirakusolar.blog.jp/


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■本情報の内容については万全を期しておりますが、その内
容を保証するものではありません。
また、これらの情報によって生じたいかなる損害についても、
当方および本情報提供者は一切の責任を負いません。
投資にあたっての最終判断はご自身の判断でお願いします。■


■「お気楽株式投資倶楽部」のサイトはこちらです。

URL :
http://www.ops.dti.ne.jp/~glass


◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆
メルマガ全文を読む
 

▲ページトップへ

▲ページトップへ