クリエイターへ【日刊デジタルクリエイターズ】

  • ¥0

    無料

デジクリ、本名「日刊デジタルクリエイターズ」は、現役クリエイターたちの多彩なコラムで構成されています。仕事に役立つ実用記事から、ショートストーリー、最新中国事情、まるで役立たない雑学や超アナログな話まで、なんでもありのカオスなメルマガです。

著者サイト
 

メールマガジンを登録(無料)

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。
※ 各サービスで登録しているメールアドレス宛に届きます。

メールマガジンを解除

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
 
  • 殿堂入り
  • まぐまぐ大賞2017受賞
 
メルマガ名
クリエイターへ【日刊デジタルクリエイターズ】
発行周期
ほぼ 日刊
最終発行日
2018年06月15日
 
発行部数
6,014部
メルマガID
0000005757
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
ニュース・情報源 > 業界ニュース > IT

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

メールマガジン最新号

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
【日刊デジタルクリエイターズ】 No.4586    2018/06/15.Fri.12:00.発行
1998/04/13創刊                    http://dgcr.com/
情報提供・投稿・広告の御相談はこちらまで     mailto:info@dgcr.com
登録・解除・変更・FAQはこちら           http://bn.dgcr.com/
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■


      《おいおいそれでハッピーエンドはないだろう》

■はぐれDEATH[52]
 はぐれが経験で語る刃物の扱い方
 藤原ヨウコウ

■晴耕雨読[43]
 ロシアンエンディングとハリウッドエンディング
 福間晴耕


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■はぐれDEATH[52]
はぐれが経験で語る刃物の扱い方

藤原ヨウコウ
http://bn.dgcr.com/archives/20180615110200.html
───────────────────────────────────

「キチガイと刃物」というネタではないので悪しからず。かなりマジメな(?)
ネタである。

●一番危険なのはカッター

「刃の進行方向に手を置かない」というのは基本中の基本のはずなのだが、刃
物を日常的に使う人にこの基本が身についていないという現実を見ると、「ど
ないなってんねん?」と思わざるを得ない。

こんなもんは小学校の鉛筆削りや、図画工作の版画、家庭科の時間の包丁の使
い方で、本来は小学校卒業レベルで身につけておくべき心得だと思う。

ボクもそうだったが、おねえちゃんはこの辺を幼児期に徹底的にしつけた。

保育園で包丁を使う機会が増えたのを契機に、4歳のお誕生日にまずセラミッ
ク包丁を与えた。包丁の使い方は保育園でしっかり教えて下さったみたいだ。

小学生になってから地域のイヴェントで、親子お料理体験なるものに参加した
ことがあるのだが、他の同学年ぐらいの子達よりも明らかに早く、お野菜をキ
レイに、じゃんじゃん切っていたのには正直驚いたのだが、安心したのはちゃ
んと指を切らないような、使い方が身についていた点だ。

もっとも、おねえちゃんのスピードと正確さに周りが付いていけなかったので、
お野菜は結局、全部おねえちゃんが切ってしまった(笑)

本人は「楽しいやん♪」と言っていたので、ボクがどうこう言うつもりはない。
おねえちゃんが満足すればそれでいいのだ。

小学校入学時には肥後之守を与えた。もちろん鉛筆削り用である。こっちも少
し教えただけで、時間はかかったがきちんと使えるようになった。

ここまでのレベルでは、「器用だから」とか「不器用だから」という言い訳が
通用しないのは言うまでもあるまい。何しろボクとおねえちゃんは、徹底した
不器用なのだ。

だから時間を掛けて訓練(?)する。不器用な上に「痛いのはイヤ!」という
のがあるのだが、やり始めるとできるまで延々やってしまう性格なのが幸いし
ているのだが(もちろんデメリットも沢山あります)、こと刃物に関してはこ
れでよかったと思う。

一番危険なのはカッターである。もちろん大小を問わない。

ご存じのように包丁や肥後之守などよりも鋭利だし、ヘタに身体を切ると(ま
ぁ大抵、指や手ですが)結構深く入ってしまうので要注意なのだ。

定規を併用してカッターを使う時は、特に危険度が高い。定規を持っている方
の指を切りやすいからだ。これはボクも散々やったが、大怪我をしたことはな
い。こちらに向かってくるカッターに殺気を感じるからだ(笑)。

だから定規を持つ方の手に注意が向く。おかげで定規で切るのはめちゃめちゃ
下手クソである(爆)

これはデザイナーとしてはどうしようもない部類なのだが、ヘタに力があるの
で、どうしてもカッターを深く入れてしまうのだ。何かの拍子にカッターが勢
いよくこっちに向かってくる。

そんな経験がある人は少なくないと思うが、これが怖いので、よけい定規を持
つ手に注意が向く。もっとも、会社員時代に矯正はしましたが。

カッターを浅く入れて何度も同じ所を切る、というただそれだけのコトなのだ
が、ボクの不器用さはここでも見事に発揮される。定規を当てているにもかか
わらず、見事に同じラインをなぞることができない……。

これは完全に、定規を持つ手に意識が行き過ぎているせいである。

ちなみに、さっきから「定規を持つ手」と書いているが、以前にも書いたよう
にボクは両利きなので、カッターを持つ手も状況に応じて、右にいったり左に
いったりする。だから定規を持つ手も左右両方だ。

定規を併用する時は、カッターの進行方向は自分に向かってくるし、そもそも
カッターは(もちろん包丁やナイフというヤツは)大抵こうした使い方になっ
ている。鉛筆削りに代表されるような、刃の進行方向が自分の身体から遠ざか
る場合、カッターはもっとも危険度を増す。

もちろん、「刃の進行方向に手や他の部位を置かない」という基礎が身体に叩
き込まれていればリスクは激減するのだが、この基礎が身についていない人が
想像以上に多いのには驚いた。

先にも書いたが、日常的に刃物を使うにもかかわらず、である。

●副業先の言語道断あれこれ

つい最近、副業先で目の当たりにした例では、切られる物を左手で「握って」
カッターを使っていた時に、ちょっとした拍子にカッターが勢いよく抜けてし
まい、左手親指の付け根を思いっきり切ってしまった現場に出くわしたことが
ある。

なんと、3針も縫うコトになったのだが、その後の作業に支障をきたしたのは
言うまでもあるまい。

鉛筆のような細いものならともかく(ちゃんとした持ち方はもちろんあります)
そもそも切るものを握るなど、言語同断である。

安定した場所に置いて、あくまでもブツが動かないように、斜め下方向に空い
てる方の手で力をかける。もちろん、切る場所から可能な限り離れたところに
手を置くのが鉄則である。

ところが、これを日常的にしていないので、上記したような気の毒なことにな
ったのだ。もう40歳を過ぎているようだし、それなりの経験もあるはずなのに、
矯正されていないところを見ると、今後も同じようなコトを繰り返すのは目に
見えている。

実際、本人に聞いたのだが、「割とよくやる」とあっさり返答があり、心の中
で「救いようがないな」と思ったことは、正直に白状しておく。

ここの現場では、カッターだけでなく彫刻刀やノミなども使うのだが、やっぱ
り使い方がおかしい。それで、またまた同じような事故を起こすのだ。職場で
これは、正直いかがなものかと思う。

彫刻刀はともかく、ノミに関して言えば、鉾立の時に本職の大工さんが使うの
を見ているのだが、彼らはこんなアホなコトを絶対にしない。そもそも、ノミ
の手入れのレベルが桁違いなのだ。

刃物は程度こそあれ、よく研ぎ澄ませておかないと事故の元になる。刃がすっ
と入れば、予期しない変な動きは大抵回避できるのだ。

その上で、刃の進行方向に絶対身体を置かず、削るモノをきちんと固定する。
ベテランの大工さんは本当に何気なくやっているのだが、見ていて怖い思いを
したことは一度もない。もちろん、ものすごくキレイに削るし。

こういう場面を30年以上見ているこっちとしては、副業先での刃物の使い方は、
もうほとんど狂気の沙汰である。

会社の備品である刃物はもちろん、個人が持っている刃物ですら、まともに研
いでいるようには見えないのだ。

カッターは刃を折ればすぐに鋭利さが復活するが、彫刻刀やノミはそうそう簡
単にはいかない。日々使った後に点検して、手入れをしておかないと事故の元
になる。ところが、どうもこのような形跡が見えない。せいぜい、使っている
途中で荒っぽく研いでお終いである。

ノコギリは目立てなどまったくされていないし、ほとんど使い捨てに等しいよ
うなものしか置いていない。交換する気配すらない。もうお手上げである。

ちなみにボクは、自分のモノを持っていく気には到底なれなかったので、会社
の備品を使っていたのだが、使う前に入念に研ぎを入れる。

使用後も一通りチェックするし、鈍くなっているようならまた研いで元の場所
に戻すのだが、しばらく使わずに置いておくと、キレイに研いだはずの刃がボ
ロボロになっている。

それが日常茶飯事である。むしろボロボロになっているのがでふぉだ。

正直「一体どんな指導をしてんねん」と思い、周囲に注意を向けていたのだが、
どうもこの手の事に関しては、まったくの野放し状態なようだ。私物の道具で
すらかなり怪しいし……。

だから、この職場での「刃物注意勧告」は右から左に聞き流した。ボクの場合、
実態を伴わない説教など、余計なお世話を通り越して、侮蔑の対象にしかなら
ない。

鉾立の大工さんはちゃんとしているから、ボクが変なコトをして怒鳴られても、
ちゃんと言うコトとを聞くし、同じコトを繰り返さないように注意もする。

まぁ怒鳴られることはほとんどないのですが、それでも「そんな所持ってたら
危ないぞ」と言われれば、素直に言うコトを聞くし、大工さんの言う通りにす
る。おかげで鉾立の現場で、大きな怪我をしたことは一度もない。

こういう経験があるから、副業先での危険極まりない作業だって自分で回避で
きたようなもんで、経験がない人がこの現場に入れば怪我をし続けるだろうし
(正しい指導がないんだもん)、同じコトを繰り返しては、大怪我もしたりす
るのだろう。

自分でもどうかと思うのだが、刃物一つでこれだと、他のまったく関係のない
ことで色々注意されても、マジメに聞く気にはなれない。

経験上、作業上の注意点が一部だけが破綻しているということは、ほとんどな
いのだ。あくまでも総合的に注意しておかないとロクなコトにならないし、一
部が破綻してるとすれば、それは他の工程でも何がしかの間抜けなコトをして
いる可能性が高い。

刃物の手入れのことを書いたが、これは道具全般にも言える。使った後にきち
んと掃除して、手入れをしておかないといけないはずなのだが、とにかくとこ
とんルーズなのだ。

ボクは掃除と手入れについては相当気をつかったし、きちんとやっていたのだ
が、新参という理由だけで、他の誰かが疎かにした手入れの不備がボクのせい
にされることが度々あった。

まぁ、この手のアホな言いがかりには慣れているので、言い訳や文句を言うこ
となく黙々と手入れをして、一月半で周囲を完全に黙らせた(笑)。相手にす
るのもアホらしいし、面倒くさいというのももちろんあったのだが。

筆の手入れも酷いもんだった。詳細は省く。ボクがエカキだというコトもある
し、ボクの筆はイイ状態を長持ちさせるために、めちゃめちゃ手入れをしてい
るのだが、ここの現場では手入れ以前の問題だった。

人力で使う道具に限った話ではない。電動ノコギリだのサンダーだのドリルだ
の、大小とりまぜとにかく色々ある。手入れはもちろん、刃物同様である。こ
こまで手入れが行き届いていないのには、エラそうなコトを言われた怒りより
も先に呆れてしまう。

何しろ、こっちは鉾立の大工さんの道具を見ているだけでなく、使っていると
ころも間近に見ているのだ。更に言えば、母校の工房の道具の方がよっぽど手
入れされていただけに、ガックリ倍増である。道具に対する認識そのものが、
ボクとは明らかに違いすぎる。

ワケが分からないのは、こうした道具を使えばド素人でもそれなりにキレイに
仕上げることができるのに、ナゼかバイトには人力を求める。こっちの方がハ
ードル高いのですぞ。

楽して便利に使えるようにしたのが電気系の機械だし、ここの人達はこれらの
道具しか普段は使っていないのだ。おまけに無駄に種類が多い。

こんな状態なら、刃物の手入れが出来ないのは当然と言えば当然なのだが、ド
素人のバイトにゴリゴリの人力作業を強いるコト自体が、既に狂っているとし
か思えない。バイト用の道具を準備しておけばよさそうなものの(それこそ使
い捨ての安もんでいいのだ)、ケチるから妙なことになる。

契約が終わりに近づいた頃、外で鋼管を使った骨組みの作業をしていたのだが、
まぁボク以下だ。まず重いものを持ち上げられない。ボクも大抵非力なのだが、
それ以上に非力なのにはびっくりした。

どうにも使えそうにない人ばかりなのがすぐに分かったので、力仕事はボクが
全部することにした。待っているといつ終わるか分からん。

おまけに、「まだ試行錯誤なので」と言いだした時は、腰が抜けそうになった。

試行錯誤とはいえ、同じようなコトは既に何度かしているのだ。鋼管の強度や
実際に必要な量などは、多め多めに見積もれば大抵どうにかなるのだが、ここ
でまた見通しが甘いというか、せこいことをするから、後からの作業が大変に
なる。この程度の推測すらできないようでは話にならん。

経験値の低さ云々の話ではない。少ない経験から最大限のリスクを予測して、
然るべきコトができていないのだ。初めてブツを見たボクが「これはあかんわ」
と思ったぐらいである。程度はしれてる。

他にも得体のしれない蘊蓄を散々聞かされたが、笑顔で聞き流したのは言うま
でもあるまい。まぁ、悶々としながらも契約期間は全うしましたが、二度と行
く気はない。

●日々の手入れ

刃物と言えば、ボクはダイバー・ナイフと、刃は付いていないものの日本刀を
持っている。

ダイバー・ナイフは最近、専ら鉾立の時に使うのだが、もちろんきっちり研ぎ
上げている。休憩中に大工さんに研ぎ講座もしてもらった。懇切丁寧に、ちゃ
んと教えてくれるので実にありがたい。

刃がついていない日本刀とはいえ、十分に危険である。切っ先は尖っているの
だから、切ることはできなくても、突いたら大怪我の元どころか、死に至るこ
とだってある。

それでなくても、きちんと手入れをして、刀身には椿油を薄く引いているのだ。
鞘から抜けやすいとか、刀身保護はもちろんだが、この措置だって切っ先が人
に向けば物騒この上ないことになる。

道具の手入れ具合は、刃物を見れば大抵全体が分かってしまうもんである。
何しろデリケートだし。

手入れをしないのは論外にしろ、無駄に神経質に研いでもダメなのだ。ちゃん
とした着地点はあるし、日々手入れをしていればさほど面倒なことではない。

研ぎというより、ほとんど磨き程度で刃先はキレイになる。逆に無駄に研げば
すり減るスピードが早くなるだけで、刃物の寿命を短くするのである。

と、まぁ色々書いたが、こんなコトがネタになるとは正直夢にも思っていなか
った。ボクにとっては当たり前すぎることばかりだし、おねえちゃんだってで
きる程度のコトなのだ。

「あんたの家が特殊やねん」と言われてしまえばそれまでなのだが、まさかこ
こまで世間様とずれているとは……。

この調子だと、ボクが思っている以上に世間様とずれていることは多いんだろ
うなぁ。


【フジワラヨウコウ/森山由海/藤原ヨウコウ】
YowKow Fujiwara/yoShimi moriyama
http://yowkow-yoshimi.tumblr.com


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■晴耕雨読[43]
ロシアンエンディングとハリウッドエンディング

福間晴耕
http://bn.dgcr.com/archives/20180615110100.html
───────────────────────────────────

最初資料を当たって書こうかと思っていたのだが、さすがに元ネタを忘れそう
なので、防備録代わりに書いておくことにする。

映画などのエンディングでも、お国柄を感じると思ったことはないだろうか。

その思いを強くしたのは、テレビアニメやその映画化でお馴染みの「フランダ
ースの犬」が、ハリウッドで実写映画化され、そのストーリーを知ったときで
ある。

ネタばれ承知で原作のエンディングを書いてしまうが、子供心に主人公ネロと
愛犬パトラッシュの死に、当時はひどくショックと理不尽さを覚えたものだ。
とはいえ、いくら子供心にショックでも、原作を改ざんして「ネロもパトラッ
シュも死ななかった事」にしてしまうのはまずいだろう。

しかも嫌らしいことに上映国に合わせて、しっかりハッピーエンド版とバット
エンド版の二つが用意されているらしい。

さらに皮肉なことに(私は見てないものの)このハッピーエンド版、エンディ
ングに向けてきちんと構成されていて、それはそれで良い映画になっているら
しいのが困ったところである。

この何が何でもハッピーエンドというのは、ヤンキーのノリなのか、「フラン
ダースの犬」のように対象年齢が低い話ならまだ分かるものの、「ディープブ
ルー」(今やっているドキュメンタリー映画ではなく、人工的に知能を強化さ
れた鮫によるパニックホラーものの方)や「トゥルー・ライズ」のエンディン
グともなると、思わず「おいおいそれでハッピーエンドはないだろう」とつっ
こみを入れたくなってしまうのは、私だけではないだろう。

特に「ディープブルー」では、主人公のいた海洋研究所は建物ごと全滅、ヒロ
インは死亡と、惨憺たる幕切れなのにもかかわらず、生き残った主人公のナイ
スガイと人の良さそうな黒人のコック2人で、足を海にひたしてばしゃばしゃ
やりながら「今回はなかなかハードな戦いだった(意訳)」とにこやかに談笑
する下りにいたっては、ここまでやられてしまうと逆に妙な爽快感を共感して
しまうぐらいである。

逆にロシアの映画を見ると、どうも連中は悲劇が好きなようで、記憶にある数
少ないロシア映画でハッピーエンディングの話を見たことがない。

なにせ、あの「チェブラーシュカ」でさえ、ストーリーはともかく挿入される
曲は、どれももの悲しいメロディのものばかりというお国柄の国である。

一見コメディー風な演出の「鬼戦車T-34」は、第二次世界大戦下、ナチス・ド
イツの収容所に捕らえられていたソ連軍捕虜たちが、標的用に使われるはずの
ソ連T-34戦車を奪取して脱走し、敵陣を突破するというストーリー。

前半は右往左往するドイツ兵を、奪った戦車で蹴散らしながら脱走するという
話で「おっ、珍しくロシアで痛快な話が」と思っていると、エンディングで衝
撃を受けるという罠が待っている。

案外救いのないストーリーで、有名なゲーム「DRAG-ON DRAGOON」あたりを持
って行くと、売れるのではないだろうかと思うくらいである。

そういいつつも、私も結構アイデンティティはロシア人に近いものがあるのか
も知れない。少々ひねくれているせいかもしれないが、ゲーム「フロントミッ
ション」や「ダブルキャスト」で、わざわざバットエンディングを見に行った
のは内緒の話である。


【福間晴耕/デザイナー】

フリーランスのCG及びテクニカルライター/フォトグラファー/Webデザイナー
http://fukuma.way-nifty.com/

HOBBY:Computerによるアニメーションと絵描き、写真(主にモノクローム)
を撮ることと見ること(あと暗室作業も好きです)。おいしい酒(主に日本酒)
を飲みおいしい食事をすること。もう仕事ではなくなったので、インテリアを
見たりするのも好きかもしれない。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
編集後記(06/15)

●八幡和郎「『立憲民主党』『朝日新聞』という名の“偽リベラル”」を読ん
だ(ワニブックス/2018)。本と雑誌の知を再発見と銘打った、「LITERA」と
いうネットメディアがある。いい本あるかなと見に行ったら、看板は大ウソで、
左翼プロパガンダ満載ではないか。まさしく下品な朝日新聞という趣きだった。

そこで「この1年、安倍サマをかばいまくった安倍政権御用ジャーナリスト大
賞! 2017年」を発表していた。「櫻井よしこや百田尚樹、小川榮太郎などカ
ルト極右思想のアベ友は相手にしない」と最初から除外だって。ヘタレじゃの
う。八幡和郎もめでたく9位にランクされた。1から順に名前を挙げてみよう。

1.田崎史郎 2.松本人志 3.長谷川幸洋 4.阿比留瑠比 5.三浦瑠麗 6.有本
香 7.須田慎一郎 8.岩田明子 9.(3名)高橋洋一・岸博幸・八幡和郎 10.
(2名)八代英輝・恵俊彰 番外.山口敬之 この記事を見て「リテラの記事が
初めて役に立った」「信用できるジャーナリストとして最高」と人気沸騰だ。

八幡はネットメディア「アゴラ」で蓮舫の二重国籍問題の追及を始め、産経系
のメディアが後追いし、ついには蓮舫の民主党代表辞任まで追い込んだ。その
間、地上波のテレビでは一切発言させてもらえなかったが、潰されることもな
かった。地上波や全国紙が扱わないテーマも、ネットメディアを通じればすぐ
拡散するので、「自称」リベラル派メディアも統制がとれなくなっている。

旧民主党には、偽リベラルというべき人が多い。その偽リベラルのせいで、本
当の意味のリベラル政党が日本で成立しない。若い人は偽リベラルに騙されて
いない。読売と早大政治経済研究所が2017に行った世論調査によれば、40代以
下は自民党と日本維新の会を「リベラル」な政党、共産党や公明党を「保守的」
な政党と捉えている。若い人ほど自民党を「リベラル」と感じている。

一方、50代以上は、偽リベラルが支配する既存メディアからしか情報を得られ
ず、共産党を「リベラル」だと捉えるなど、大きな断層が生じている。そうい
う中にあって、筆者は安倍首相は保守の枠内ながら、リベラルな色彩の濃い政
策も、時代が要求するものであれば採り入れるなどよく頑張っているし、難し
いトランプ大統領の時代に、日本の国益を奇跡的に守っていると見る。

やがて日本は安倍ロス現象に悩まされる。アメリカが民主党のリベラル大統領
になれば、別の問題も出てくる。世界的な諸問題に力強く取り組めるような政
治家が現れないと、日本沈没である。恐ろしいことに、安倍の次の首相をまっ
たくイメージできないのだ。安倍やめろ、とプラカードや横断幕を持つひまな
年寄りよ、じゃ誰が日本の首相をやればいいいと思っているのか問い詰めたい。

筆者は、保守だけでなく、中道やリベラル、場合によっては穏健左派を排除し
ない保守・中道二党論を待望している。「ただ、そこに立憲民主党が入る余地
はありません」と断言する。日本の今の平和は、憲法第九条によってではなく、
アメリカと自衛隊の軍事力に守られているのだ。夢から覚めよ日本人。(柴田)

八幡和郎「『立憲民主党』『朝日新聞』という名の“偽リベラル”」
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4847096576/dgcrcom-22/


●そういや親に躾けられたわ。包丁では、切る物の上に指を軽く曲げて添える。
第一関節と第二関節の間の平らなところが、包丁に並行になるように。指先を
出さない。

彫刻刀では、手前から奥に一方向に滑らせる。反対の手はお腹側に添えて、軌
道上に出さない。

ヨウコウさんに叱られるが、研いだことがない。いや、何度かあったが研ぎが
下手すぎて、なまくらに……。YouTubeの研ぎノウハウを見て試そうともした
が、なまくら化の記憶が甦る。そういや、しばらく包丁を研ぎに出していない
なぁ。続く。                      (hammer.mule)


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
発行 デジタルクリエイターズ   http://dgcr.com/

編集長     柴田忠男  mailto:shibata@dgcr.com
デスク     濱村和恵  mailto:zacke@days-i.com

情報提供・投稿・プレスリリース・記事・コラムはこちらまで
                         mailto:info@dgcr.com
登録・解除・変更・FAQはこちら  http://bn.dgcr.com/
広告の御相談はこちらまで    mailto:info@dgcr.com

★等幅フォントでご覧ください。
★【日刊デジタルクリエイターズ】は無料です。
お友達にも是非お奨め下さい (^_^)/
★日刊デジクリは、
まぐまぐ http://mag2.com/
melma!  https://melma.com/
のシステムを利用して配信しています。配信システムの都合上、
お届け時刻が遅くなることがあります。ご了承下さい。

Copyright(C) 1998-2018 デジタルクリエイターズ
   許可なく転載することを禁じます。
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
メルマガ全文を読む
 

▲ページトップへ

▲ページトップへ