八ケ岳通信

  • ¥0

    無料

八ヶ岳のペンションと宿泊施設、観光情報、地域情報のメールマガジン。ペンションオーナーが共同で作っています。

著者サイト
 

メールマガジンを登録(無料)

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。
※ 各サービスで登録しているメールアドレス宛に届きます。

メールマガジンを解除

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
 
 
メルマガ名
八ケ岳通信
発行周期
月刊
最終発行日
2017年12月22日
 
発行部数
1,492部
メルマガID
0000007455
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
旅行・おでかけ > 国内 > 甲信越

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

メールマガジン最新号

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

 八ヶ岳通信・12月号 [Yatsugatake News] 第231号 2017.12.22

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

               20th anniversary

         〜2018年・やつねっとは20週年を迎えます〜

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

 東日本大震災ならびに福島第一原発の放射能災害のために避難生活を続けて
 おられる皆様。熊本の地震で被害を受けた地域の皆様。
 すべての皆様に、一日も早く平安な日々が戻ることを祈っております。

 「八ヶ岳通信」は、八ヶ岳ネットワークが、無報酬で取材、編集、発行する、
 八ヶ岳高原の地域と観光の情報誌です。 月刊で、購読は無料です。
 現地からの生情報としてお役立てください。
 以下のホームページもご利用ください。
 ●やつねっとホームページ     http://yatsugatake.net/
 ●メールマガジン八ヶ岳通信    http://yatsugatake.net/magazin/
 ●やつねっとのFacebookページ  http://www.facebook.com/yatsunet

 ★ご挨拶★
  1998年に「八ヶ岳ペンション通信」としてスタートして以来続けてきた観
  光情報中心の内容でしたが、単なる観光情報から、地域との繋がりの中で
  の地域を知る情報や楽しむ情報が自然と増えてきていました。
  2016年より全体構成を見直し、従来の「特集」「トピックス」という括り
  ではなく、私たちスタッフの八ヶ岳ライフを知っていただくことで、読者
  の皆様にも八ヶ岳により親しんでいただけるような内容を目指しています。
  もちろん観光情報が無くなるわけではなく、観光客と地域在住者や移住者
  という隔てを取り払ったメルマガになっていければと思います。

【コンテンツ】

  1. Nakaのアウトドアライフ
     八ヶ岳のアウトドアガイドがお届けするお薦めアウトドア情報。
     ・22回 この冬は期待満々『ウィンタースポーツの季節】到来!!
  2. 多賀屋の八ヶ岳与生(タイトル変更)
     「余生」ではなく「与生」を加齢に・あ、華麗に楽しむ四方山話
     ・やつねっと20周年に思う。
  3. 風路の見・味(みみ)より情報
     ペンションの主が集めた新鮮情報です。
     ・アイリッシュパブの年末年始
     ・高福寺の除夜の鐘と108の鐘
  4. 森のキコリ日記
     家造りのプロ、キコリが感じた設計・施工の内緒の裏話等々。
     ・八ヶ岳南麓の家の建て方(20)
      「農地に家を建てる場合」
  5. こどもと暮らす八ヶ岳
     ただいま絶賛子育て中!八ヶ岳南麓で子供と暮らすあれこれ。
     ・第23回 住いをリフォームする話
  6. 八ヶ岳鉄分強化研究所
     地域の鉄道を知ると地域の歴史や文化が見えてくる。
     ・中央線各駅停車 42 中央線「梁川駅」
  7. ろんちーの八ヶ岳移住日記
     北杜市高根町に定住して5年半。ここに至る移住の記録を。
     ・申し訳ありません。今月は休載させていただきます。
  8. はからずも生涯現役(ペンションの日々)
     最初の目論見とは違い、はからずも現役をしています。
     ・ワンコとの生活(その1)
  9. こり庵のコリコリ日記
     八ヶ岳に憧れ続け、流転の果てに住み着いた指圧師「こり庵」
     ・第9回 ペンションでバイト?その2
 10. 八ヶ岳いろいろリンク集
     歩いたり婚活したり何でもありのリンク集です。
 11. スタッフの勝手にPRコーナー
     記事を書いているスタッフの本業も少しは知ってくださいな。
 12. クイズ・ここは何処でしょう その161
     好評連載中! ちょっと難しくなったかな?
 13. 編集部から      本紙記事の転載について
              コンピューターウイルスにご注意を
               やつねっとへの連絡方法

【Nakaのアウトドアライフ】

   八ヶ岳のアウトドアガイドがお届けするお薦めアウトドア情報。
   道具は二の次。でも、北海道生まれのNakaがこの八ヶ岳で生きている様
   がアウトドアライフなんだということで、読んで頂ければと思います。

 ■この冬は期待満々『ウィンタースポーツの季節】到来!!

   この冬は12月に入ると連日の氷点下。八ヶ岳も南アルプスも山の頂き
   は連日雪雲に覆われ、しっかりとした標準的な冬の日々か続いています。
   そして間もなくクリスマス、今年ことはホワイトクリスマスになりそう
   な感じ?
   八ヶ岳に住んでいて「雪は勘弁」なて言ってはいけません。これほどの
   山々に囲まれ、標高も1000m近くあるのですから、雪が無いのがお
   かしい。。
   つい10年前までは清泉寮でホワイトクリスマスは当たり前、12月末に
   は立派にソリ遊びが出来ていたんですが。。。もう皆さん地球温暖化に
   よる暖冬が当たり前になってしまったのではありませんか・・・??

   ということで来週26日からスノーシューツアーが開幕です。麓にはまだ
   雪がありませんが、連日雪雲がかかっている標高2000m位より上は期待
   満々です。この冬も真っ白な雪原に動物達の足跡、冬ごもりした木々や
   自然の有様が目前に見られます。そして何よりこの上もない位の青空を
   堪能できるんです。『八ヶ岳ブルー』という言葉はもう聞きななれた言
   葉になってきましたが、まさにこの『八ヶ岳ブルー』を真っ白な雪原の
   上で体験出来るんです。

   なぜこれが凄いって?? 雪はふつう日本海側に多いですね。日本海側の
   冬はいつも鉛色の雲に覆われ、めったに太陽は覗きません。たとえ週一
   くらいで太陽が出ても、雲が無いってことはなく、放射冷却で日中も寒
   いんです。
   ここ八ヶ岳は太平洋岸式気候に属しますので、東京と同じくらい晴れる
   んです。でも夜のうちに雪が降るんです。ですから、冬の晴天率は70〜
   80%と言われています。これは雪の降る地域では有り得ない特筆すべき
   事なのです。

   この冬、八ヶ岳の麓のスキー場は全て予定通りにオープンしました。
   富士見パノラマスキー場はすでに3000mのロング滑走が可能です。
   雪は全てを真っ白に消し去ってくれます。そして心の中もリセットして
   くれます。そしてそんな雪原で楽しむウィンタースポーツ。
   私も昨シーズン数年ぶりにスキーを滑りました。スピード感が取り戻せ
   ず困惑しましたが、この冬も負けじとまた滑りに行きたいと思っていま
   す。
   そしてスノーシュー、このスノーシューを使えば動物しか入り込めない
   森の中へも自由自在に歩けます。八ヶ岳の南麓は南に太陽と富士山が見
   ながら、西に南アルプスの山々と夕陽を仰いで楽しむ事が出来る素晴ら
   しいロケーション。雪は音も吸収し、ちょっと離れた森の中は誰もいな
   い神秘の世界。そんな未知の体験が出来るのがスノーシューの魅力。
   是非この冬はスノーシューを履いて真っ白な雪原に踏み出して見ません
   か?大人も子供も皆が童心に帰って楽しめる素晴らしい体験となること
   をお約束します!
   さあ、みんなで雪原にレッツゴーー!!!!

   八ヶ岳deスノーシュー by Naka-Outdoors
   詳細はホームページ http;//naka-soto.jp 
                               (Naka)

【多賀屋の八ヶ岳与生】 

   〜「余生」ではなく「与生」を加齢にあ、華麗に(^^;楽しむ四方山話〜

 ■やつねっと20周年に思う。

   このMMを配信している「八ヶ岳ネットワーク」が20周年だという!
   思えば遠くへ来たもんだ。最初は「八ヶ岳ペンション通信」だった。
   メンバーも何人か入れ替わった。「やつねっとカフェ」という掲示板が
   賑わい、全国的に有名になった(!)という時期もあったように記憶し
   ている(夢か?)。
   小海線を貸し切って何度も様々なイベントを開催した。自転車で小諸や
   軽井沢まで走るイベントも何度も開催した。
   MMが縁で八ヶ岳に移住してきた、という方々も何人になるのだろう。
   それなりに、社会的な影響力もあったように感じつつ、それを我らも楽
   しむ体力と心の余裕があった。

   17年前に「やつねっとカフェとれいん」を発車させた時に、車内から同
   時中継しようと、大騒ぎであれこれ工夫したことがつい昨日のようだ。
    http://yatsugatake.net/train/train01/netlive/index.html
   今ならスマホでだれでもできる(^^; 隔世の感ありです。
   あの時一緒に参加した娘が、私が最近スマホでUPするやつねっとの仲
   間たちの写真を見て「あ〜皆老けたな」と感じているのだとか。
   そりゃそうだよね。そういう娘は今年年末に結婚する。
   皆それぞれに「成長」しているのです。

   ん?「成長?」 ハハハ。われらは成長しているのだろうか(#^.^#)
   やつねっと20周年ということは、つまりやっと成人式ではないか!
   われらは「遠くに来た」のではなく「スタートライン」に立っただけ
   だった。
   還暦は過ぎたが、成人式がきた(^^)/ 体力は無くなったが、ヒマな時
   間はできた(残された時間はそう多くないが)。
   しかしこれはチャンスではないか。次に何をなすべきかもう一度考える
   良いきっかけをくれた、ということだ。
   よ〜し、きたるべき新年にむけて、とりあえず酒でも飲みながらじっく
   り考えてみよう。
   幸い先日、年始用の酒も大量に届いた。フフフ。
   皆様も、よいお年をお迎えください。(来月号は初夢特集か?)
   メリークリスマス & ハッピー ニューイヤー
                           (文責 S・多賀)

【風路の見・味(みみ)より情報】

   小淵沢のペンションの主が集めた新鮮情報をどうぞ。

 ■アイリッシュパブの年末年始

   甲斐大泉にあるアイリッシュパブ「ブル&ベア」。
   初めて訪れる人は、こんな林の中に本当にお店があるの?とびっくりす
   るくらいですが、なんといつもにぎわっています。
   12月31日はみんなでカウントダウン。
   乾杯用のハーフパイントをプレゼントしてくれるそうです!
   そしてなんと1月1日も営業!
   お休みのところが多くて行くところが無いと困っている方はぜひパブで
   新年をお祝いしてみてはいかがでしょう♪

 ■高福寺の除夜の鐘と108の鐘

   小淵沢の高福寺では大きな鐘の他に、小さな108つの鐘があり、順番
   に叩けば、心が癒されしあわせになると言われています。
   大きな鐘も順番に突くことができます。
   檀家の方たちがおでんや甘酒をふるまってくれるそうです。

【森のキコリ日記】

   「森のキコリ日記」のコーナーでは、川崎市から30年程前に移住してき
   た私こと「キコリ」が普段感じた事や仕事であるログハウスや木造建築
   の設計・施工の裏話等を赤裸々に(笑)お話ししていこうと思います。

 ■八ヶ岳南麓の家の建て方(20)「農地に家を建てる場合」

   八ヶ岳南麓の里山には多くの農地があります。近年、高齢化が進み休耕
   田となっている所も多く、売りに出ている畑や田圃も多くあります。
   農地は日当たりが良く景色も開けている所が多いので「ここに家を建て
   たい」と思う方も多い事と思います。
   しかし、注意しなくてはいけない事もありますので知っておいて下さい。

   (1) 農地法:
   畑や田圃は基本的に農業用地として国から保護されており一般の方は購
   入出来ません。ではどうするか?
   まず、この農地が将来的にも農地として存続される事が難しいという手
   続きが必要となります。具体的には農業振興地域としてのエリアから除
   外して貰う「農業振興地域の除外申請」の手続きを行います。

   これは簡単な手続きではなく時間もかかります。一般の方が購入を考え
   るなら 既に農業振興地域から除外されている農地を探す方が良いと思
   います。具体的には不動産屋さんに聞いて探す方が得策です。

   (2) 農地法5条申請:
   (1)でも述べましたが農地は一般の方は購入出来ない事になっています。
   購入できるのは農家の方で現役で農作物を出荷している実績を証明出来
   る方、もしくは農家の後継者の方等に限られています。

   その中でも「農振」が外れている場合には購入出来る可能性が出てきま
   す。じゃあどうすれば良いかと言うと、現在の農地の持ち主の方と購入
   希望者の方が連名で「私はこの畑で将来とも農業を続けていく意志がな
   いので購入希望者のこの方に売りたいと思います。ついてはこの様な計
   画を考えています」という申請をします。

   これが農地法5条申請と呼ばれるものです。
   この申請を農業委員会が審査して「こういう事情なら仕方ない、認めま
   しょう」という事になると許可が出て漸く購入する事が出来ます。

   (3)土地の名義変更と登記:
   農地の売買契約が完了して漸く自分のものになると思ったらそう簡単に
   はいかないのです。先程の農地法5条申請の許可証を添付しないと登記
   も出来ませんので注意して下さい。

   そして自分の土地になっても地目は農地のままです。このままでは困り
   ますので宅地に変換しなくてはならないのですがその為には「家を建築
   して間違いなく申請通りに完成しました。」と農業委員会に報告して確
   認して貰い初めて法務局に行って地目変更が出来るようになります。

   農地は八ヶ岳南麓では魅力的な土地ですが開けている分、風当たりも強
   く購入には十分検討が必要ですよ。
                              (キコリ)

【こどもと暮らす八ヶ岳】

   静岡から移住して11年。移住理由は八ヶ岳南麓が好きなのと、暑いの
   が嫌いだから。半主夫をしながら八ヶ岳ライフを満喫中。
   ただいま絶賛子育て中の私”KAN”が八ヶ岳南麓(特に北杜市)での
   子供と暮らす中での思ったこと、感じたことを書き綴っていきたいと思
   います。

 ■住いをリフォームする話

   12月に入り雪が降ったりして、すっかり八ヶ岳は冬模様です。
   ここ最近は、子どもに言うことを聞かせるのに、もっぱらサンタさんを
   引き合いに出して「サンタさんはそういう子は好きじゃないかもなあ」
   とか言って子どもをコントロールしていますw
   我が家では、サンタさんはクリスマス前から大活躍です。

   最近我が家では部分的なリフォーム&修理を行いました。
   床の再塗装、屋根の修理、屋根裏部屋の断熱工事、その他もろもろ。
   全面的なリフォームではないので何百万も掛けたわけではないですが、
   行政のサービスで実費の半額以下ですることが出来ました。これは北杜
   市の子育て応援事業の一環で、夫婦がそれぞれ50歳未満でリフォーム
   面積が50平米以上で中学生以下の子ども(胎児も含む)と同居している
   ならば、上限を100万円として半額を補助するというものです。
   さらに中学生以下の子ども一人につき+10万円の補助費が出るという
   ものです。うちは子ども2人なので+20万円でした。おかげさまで非
   常にリーズナブルにリフォームできました。
   ただ、僕は今月で50歳になるので工期や書類は最後は少々ドタバタし
   ましたが、何とか間に合いました。(関係者の方々に感謝しています)
   細かい制約はありますが、上手く利用すれば非常に助かるサービスです。

   この他にも、新築住宅の購入費の10%で上限を200万円まで補助し
   てくるサービスなどもあります。
   これから子供連れで北杜市に移住しようかと考えている方は、市のHPを
   ご覧になるといろいろと耳寄りな情報を得られるかもしれません。
                              (KAN)

【八ヶ岳鉄分強化研究所】

   八ヶ岳鉄分強化研究所は、所長(Shimizu)の趣味的な鉄道ネタです。
   鉄道というものは昔から地域の発展や地域外との交流など、色々な面で
   地域との繋がりがとても強いものです。
   鉄道を知っていくことで、地域の歴史や文化、地域そのものを知ること
   になるし、地域での暮らしを楽しむことになるのではないでしょうか。

   既に、小淵沢駅から長野方面は篠ノ井線の松本駅まで、辰野支線を含め
   た全駅のご紹介が済み、現在は上り列車に乗っています。

 ■中央線各駅停車 42 中央線「梁川駅」

   甲府から東京方面に向かって14駅目の梁川(やながわ)駅です。
   1949(昭和24)年に開業した駅です。

   山梨県大月市梁川町にあるのでこの名前となっています。
   梁(やな)とは、梁(はり)であり、橋梁(きょうりょう)の意味でも
   あります。
   また、相模川上流の桂川(かつらがわ)での梁漁(やなりょう)が盛ん
   に行われていたのも地域名の元であったかもしれません。
   「柳川」ではないので気をつけてください。

   1990(平成2)年11月に過激派による放火事件があり駅舎が焼失してし
   まいましたが、1992(平成4)年4月に小さなログハウス風の木造駅舎
   が建てられました。
   2016(平成28)年にそれも建て替えられ、現在の和風の雰囲気がある
   現代建築の駅舎となりました。

   無人駅で、自動券売機と簡易Suica改札機、トイレが設置されています。
   島式1面2線のホームと側線があり、駅舎から跨線橋で結ばれています。
   一日の平均乗車客数は200人余りです。

   国道20号沿いの斜面上にあり、周辺の民家は少ないが、国道より下の
   地域に住宅が多いようです。

   梁川駅の写真が下のURLにあります。(改築中で駅舎がなかった時)
    http://kumapapa.jp/blog/?p=15519

   次回は四方津駅をご紹介します。
                            (T.Shimizu)

【ろんちーの八ヶ岳移住日記】

  ■申し訳ありません。今月は休載させていただきます。

【はからずも生涯現役】

   73歳、老老の身、そろそろ卒業したいがまだ現役でペンション頑張っ
   ている。ほんの少々のプライドを保つためには少々は働かねばならぬ。
   それではペンションの日々の出来事などを面白半分で記してみましょう。

  ■ワンコとの生活(その1)

   愛犬「ココア」と暮らしています。
   14歳2か月、ミニュチャアダックスとアメリカンコッカースパニエルの
   ミックス犬です。
   顔はミニュチャアダックス、体はアメリカンコッカの中型犬、13キロ
   くらいです。
   今はもう家族の一員、「ココア」のいない生活は考えられません。

   犬嫌いの私(子供の頃犬に噛まれた)が娘の強い願いでワンコ飼い始め
   たのはしぶしぶでした。60歳になった時でした。
   生まれて間もなくまだ小さかった。
   最初は子犬なのに触るのはおそるおそるでした。
   娘の興味が少し去ると、面倒は私がやり始めました。
   餌やりからお散歩、おしっこ、うんち・・・いろいろ。
   「ココア」は徐々に私に懐いて来ました。
   愛情を注げばそそぐほど応えてくれます。

   そのころ私は長年のスポーツ(テニスやサイクリング、山登り、スキー
   ・・・)のやりすぎで膝痛のうえに転んで足を骨折しておりました。
   激しいスポーツが出来ない。
   スポーツが出来ない日々、と言うよりペンションの仕事、ベットメイク
   や階段の上り下りさえ苦痛でした。
   そういう時、一番の心の慰め、安らぎは「ココア」の存在でした。
   小さかった「ココア」もだんだん成犬に育って来、お散歩はリハビリに
   好都合でした。
   「ココア」がいなかったらリハビリの散歩は楽しくなかったでしょう。

   偶然「ココア」を飼った幸せを感じました。
   神様に感謝したと言ってもよい。

   犬が嫌いな時は犬に近づくと逃げてゆきます。
   だいいち、犬が私に近づきません。
   それがどうでしょう。
   今は他所のワンコもワンコの方から私に近づいてきます。
   利口なワンコは分かっているのです。
   この人間はワンコが好きかどうかを。

   当時、まだワンコを泊めるペンションは少なかった。
   旅行好きな我らにとってはそれが悩みです。
   最初は「ココア」をペットホテルに預けて旅行しました。
   しかし帰ってきてペットホテルに近づくと相当遠い所から私の気配を感
   じ吠えました。
   私にはそれが悲しい悲しい叫びに聞こえました。
   それで遠出するときは必ず「ココア」と一緒に行くことにしました。
   目的の場所にワンコOKのペンションが無い時は遠くの宿屋に泊まりま
   した。
   そういうこともあり我がペンションをワンコOKのペンションにしまし
   た。
   次回もワンコとのお話しです。
               (田島/ワンコと泊まれるペンション時計館)


【こり庵のコリコリ日記】

   八ケ岳南麓の訪問マッサージ「こり庵」こと岡幹也です。
   なぜ八ケ岳で・・というお話を書いています。

 ■第9回 ペンションでバイト?その2

   さてさて先月からの続きです。
   八ヶ岳南麓に引っ越して来たきっかけに成るペンションTIPーTOP
   でのバイトです。
   それは安易に考えていたものとは大違いでした。
   朝から晩までそれはそれは大忙しです。
   ですがそれ成りにこなし夜ひと段落したら大好きなドライブに出かけて
   いました。

   当時私はまだ22歳でしたので車の運転が大好きでしたので仕事が終わる
   と毎晩ペンションから乗り出して未だ舗装されてなかった泉ラインを大
   泉の駅方面に行くんです。
   砂利道なので山の中をまるでラリーに参加してるかの様に車のお尻を流
   しながら走って大泉からは天女山に向かって登り八ヶ岳横断道に出てか
   らは清里に向かいアクセル全開で走りそのまま141号線に出て右折、須
   玉方面に下り長沢の信号を右折してペンションに戻って来ると言うルー
   トを毎晩タイムアタックしてました。

   バイトに来る時に新調したピレリP6のタイヤがたった2カ月でツルツル
   に成ってしまいました。
   その時に乗っていた車はトヨタの車で新車で購入したカローラIISRと言
   う車でした。
   後輪駆動の車でとっても乗りやすかった車でした。
   そういえば初めてペンションに来た時は赤い日産フェアリディーZT46年
   式でした。
   弾丸ミラーで車高も落として(暴走族車では有りません)八ヶ岳横断道で
   214キロ出したものでした。
   今では怖くてそんなスピード出せません。
   そんなバイト生活が今この八ヶ岳南麓に引っ越してきたキッカケになっ
   てくれた事は間違い有りません。

   あ〜も一度あの時の車に乗りたいな〜。
   と言った所で次回お楽しみに。(⌒-⌒; )
                            (こり庵/岡)

【八ヶ岳いろいろリンク集】

 ■八ヶ岳フォトフェスタ
  恵まれた自然を有する八ヶ岳周辺は、移住先、旅行先の候補としても注目
  される場所となっています。しかし同時に環境に関わる色々な問題も発生
  しています。写真コンテストやワークショップを通じ、あらためて八ヶ岳
  周辺地域の環境の良さを確かめ、世界に向けて発信するきっかけにしたい
  と思います。
   http://photo.yatsugatake.net

 ■婚活de八ヶ岳推進委員会
  「本気×気楽」「幸せ創生」を合言葉に年間約40回の体験型婚活プログラ
  ムを実施しています。「八ヶ岳に移住したいから」という参加動機も最近
  増えてきており、日本中から応募があります。
  地元の方も地元でない方も、一緒に幸せを創生していきましょう。
   http://konkatsu8.com/

 ■八ヶ岳歩こう会
  八ケ岳の山麓・里山を中心に歩くウォーキングの会です。原則として予約
  無しで参加できます。プログラムを見て集合場所・集合時間通りに来て下
  されば、どなたも歓迎です、一緒に里山ウォーキングを楽しみましょう。
  参加費は基本500円。雨具・お弁当・飲み物をご持参下さい。
   http://ywa.jp/

 ■そろんそろんフットパス
  5km程度の短い距離を、ガイド(道守)さんの案内で歩きます。
  月に1〜2度の開催で、どなたも参加できます。「町歩き・里歩き」が趣旨
  ですから思わぬ郷土発見・地元発見があり、案外知らなかった身近な「宝」
  に出会うことが多いです。
   https://www.facebook.com/soron.footpath


【スタッフの勝手にPRコーナー】

   メルマガの記事執筆や編集をボランティアでやっているやつねっとの
   スタッフですが、それぞれいろいろな本業を持っています。
   何をしているのかな? ちょっとPRさせていただいてもいいですか?

 ●デザイン、写真、画像、ウェブ制作、サポート、KUMA GRAPHICS
  http://kuma.graphics (やつねっとカンパニー/清水=くまぱぱ)

 ●婚活企画・運営、フットパス企画・ガイド、余生相談・万引受
  http://www.pairhat.jp/(多賀屋/多賀)

 ●八ヶ岳でのアウトドア体験。夏はサイクリング、ウォーキング、トレッ
  キング、冬はスノーシュー。 森の中とっておきの秘密の場所へお連れ
  しますよ。 http://naka-soto.jp/ (Naka Outdoors/中川)

 ●ログハウス・木造住宅の設計、施工管理、リフォーム等
  八ヶ岳移住、万相談なら「森のすまい工房」へお気軽にどうぞ。
  http://yatsugatake-assist.jp (アシスト/畠中)

 ●八ヶ岳南麓小淵沢の小さな宿。B&B(1泊朝食)素泊歓迎。夕食も可。
  http://p-furo.net/(ホームページ)
  http://kazemiti.exblog.jp/(ブログ) (ペンション風路/風路)

 ●わんちゃん大歓迎のペンション。ご一緒泊OK。当宿にも愛犬がいます。
  http://pension.or.jp/~tokeikan/ (ペンション時計館/田島)


【クイズ・ここは何処でしょう】

 ■連載その163
     ----今月は、今までになく難しいですよ!!----

  1枚の写真から、その場所をあてる。いたって簡単なクイズです。正解
  率90%は下らないと思われる場所から正解率3%も行かないと思われる場
  所まで、毎月1箇所選んで、出題します。
  正解も同時にUPしますので解答を応募するには及びません。
  ホントは応募してもらい正解率を出したいところですが、正解者に差し上
  げる景品の予算がありませんので悪しからず (〜_〜;)

  読者諸兄の「ここは何処でしょう」の写真もお待ちしております。
  「自分の別荘の写真」とか「ポチの好きな場所」なんかダメですよ。
  八ヶ岳ファンとして面白い場所ならメルマガに掲載させて頂きます。

  ではさっそく今月のココドコをお送りいたします。
  こちらへアクセス→ http://yatsugatake.net/kokodoko/no163/


【編集部から】★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

 ■本紙記事の転載について
  本誌掲載の情報は基本的に転載可能です。
  ただし、記事の著作権まで放棄している訳ではありませんし、記事の中に
  登場する施設や人物の権利もございます。
  転載を希望される場合には必ず事前連絡をいただくことを条件とさせてい
  ただきます。

 ●八ヶ岳ネットワークのFacebookページを公開しています。
  メルマガ八ヶ岳通信の記事に関連した写真やリンクも掲載します。
   http://www.facebook.com/yatsunet をご覧ください。

 ■コンピューターウイルスにご注意を
  最近のウイルスの特徴として、送信者、感染者の特定を困難にするために
  感染者のパソコン内にある任意のメールアドレスを送信元アドレスとして
  詐称するという点があげられます。
 ・先ずはご自分のパソコンのウイルスチェックをしてください。
 ・ウイルス対策は、インターネットを使う全ての人の義務です。
  感染すると自分が被害者であるだけでなく加害者になってしまいます。
 ・ウイルスソフトは古い状態のままチェックしても意味がありません。
  必ず最新のウイルスデータにアップデートしてからチェックしてください。
 ・詳しい操作方法や情報はウイルスソフトのメーカーのホームページなどを
  見てください。
   http://www.symantec.com/ja/jp/norton/security_response/index.jsp

 ★八ヶ岳通信では掲載情報を募集中です。 価値ある情報は無料で掲載させ
  ていただきます。 地元観光施設の方もぜひご利用ください。
 ★プレゼント用商品などの提供スポンサーは、常時募集しています。


【購読の申込と中止・アドレス変更の方法】★★★★★★★★★★★★★★★

 下記ホームページで購読の申込と中止ができます。 購読料は無料です。
 バックナンバーもご覧いただけます。

  http://yatsugatake.net/magazin/

 ★読者アドレス変更の場合は、やつねっとでは代行できません。
  上記のサイトにアクセスし、ご自身で変更可能です。
  「八ヶ岳通信を購読する」をクリックすると、登録と解除が出来るフォー
  ムが出てきます。
  古いアドレスを解除してから、新アドレスを登録してください。

 ★アドレス変更を編集部にご依頼される方が、時々いらっしゃいます。
  大変申し訳ございませんが、メルマガ発行の「まぐまぐ」では、発行者に
  代理登録の権限はありませんので、ご自身でお願いいたします。

 ■やつねっとへの連絡方法
  1. 八ヶ岳通信の発行アドレスであるmagazin@yatsugatake.netは送信
    専用アドレスとなっております。
  2. magazin@yatsugatake.netに送信されたメールは全て自動的に削除
    されてしまいますので、ご了承ください。
  3. やつねっとへ連絡したい場合は以下のURLにアクセスしてください。
     http://yatsugatake.net/mailform/form01.html
  4. なお、お問い合わせの際はご自分のメールアドレスを正確にご記入く
    ださい。間違えていると返事を差し上げられません。


【編集後記】★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

  冬の好天が続いている八ヶ岳です。
  素晴らしい八ヶ岳ブルーの空が広がっています。

  とは言え、朝晩の最低気温は当然のようにマイナスです。日中は結構
  温かい日も多いですが、何しろこういう時期は平地より2〜3枚多めに
  着るものを用意してきてください。
  特にアウトドアスポーツと言うほどではなくとも、ちょっと散策した
  りするだけでも、防寒だけはしっかり用意しましょう。

  忘れてならないのが車の冬支度です。
  雪が降らなくても路面凍結は当然ありますので、スタッドレスタイヤ
  の装着は必須です。冷却水のクーラント(不凍液)も古くなったり、
  濃度が下がっていると凍ってしまいますよ。
  詳しくない方は、行きつけの整備工場やガソリンスタンドなどで相談
  することをお薦めします。

  それと以外に知らない人が多いのが、ディーゼル車の冬対策です。
  何と、ディーゼル燃料は凍るのですよ。
  寒い地域のガソリンスタンドでは、冬季は凍結防止剤を入れた軽油を
  黙っていても給油してくれますが、暖かい地域のスタンドでは無理。
  ですから、ディーゼル車に乗っている人は、こちらに到着したら一晩
  経たない内に必ず給油をしてください。
  それをせずに燃料タンクからキャブレターへ向う燃料パイプを凍らせ
  てしまった車を見たことがありますが、先ず当分は走れません。
  燃料牌譜は車体の下側にあるので、お湯をかけることも出来ませんか
  ら、修理工場にレッカーするしかなくなります。

  準備を整え、安全第一で八ヶ岳へお出かけください。

  やつねっとの情報はFacebookページでも発信しています。
  Facebook会員でなくてもご覧になれますので、是非アクセスしてみて
  ください。 URLは https://www.facebook.com/yatsunet です。

                     (編集長・DEBBY SHIMIZU)

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

           編集・発行/八ケ岳通信編集部
    ご連絡は http://yatsugatake.net/mailform/form01.html

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■




 「八ケ岳通信」は、インターネットの本屋さん『まぐまぐ』を利用して発行
 しています。( http://www.mag2.com/ )
-------------------------------------------------------------------------------------

メルマガ全文を読む
 

▲ページトップへ

▲ページトップへ