小学校教師用ニュースマガジン

  • ¥0

    無料

小学校教育に役立つ情報満載。授業記録、研究論文、ホームページ情報、雑誌や書籍の紹介、公募情報、研究会情報などで構成。

著者サイト
 

メールマガジンを登録(無料)

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。
※ 各サービスで登録しているメールアドレス宛に届きます。

メールマガジンを解除

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
 
 
メルマガ名
小学校教師用ニュースマガジン
発行周期
ほぼ 週刊
最終発行日
2018年05月24日
 
発行部数
2,511部
メルマガID
0000016207
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
教育・研究 > 教育実践 > その他

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

メールマガジン最新号

───────────────────────────────────
□■□ MM小学校教師用ニュースマガジン □2350□阿部隆幸 
───────────────────────────────────

実務家教員トボトボ日記
その16 5月。大学授業も本格開始!GoogleClassroomの使用

              上越教育大学 教職大学院 阿部隆幸

春の一番の楽しみ、ゴールデンウィークも過ぎて、本格的に授業に取り組んでいるところ
でしょうか。わたしは、息子が受験準備期間を終えたので、久しぶりにキャンピングカー
を使っての金沢車中泊3泊4日の旅を楽しみました。まだその残像が残ってはいますが、目
の前の大学授業に本格的に取り組んでいるところです。

教職大学院対象でわたしが単独開講している科目に「協同的な学習実践論」というものが
あります。大学教員になり3年目になって開講を許可していただいた科目です。当初、10
人前後が集まってくれれば密度の濃い楽しい授業を展開できるだろうと思っていました。
結果、うれしいことに30名が集まり、毎回熱気ある教室の中授業を進めています。「協同
的」という名前がある以上、たくさんの参加者がいた方がより実感を伴った授業になりま
すからね。

この授業で本格的に使い始めたのが「GoogleClassroom」です。本大学では簡単に「Googl
eClassroom」が使えるようになっています。

「GoogleClassroom」のコンセプトを、わたしの解釈で説明するのなら、授業の課題を各
自教員に提出することができて、その各自提出した課題に関して提出者と教員がネットを
介してやりとり(SNSの会話のように)ができるというものです。

「GoogleClassroom」を使わない授業では、どの授業でも、最後に、出席の確認も兼ねて
リフレクションシート(A4判1枚)を提出してもらっていました。

でも、その後が、とても大変でした。個人差が大きいと思いますが、わたしの中で「文字
を手書きで行う」ということはもはや苦痛、いえ苦行といってもいいほど、避けたい行い
になっています。ですので、リフレクションシートがうん十枚も集まったときは、それを
読んで終わり……(つまり、学習者に返さない)ということもしばしばでした。それはひ
とえに「手書きが嫌だ!」という一点に(わたしの場合は)つきます。

授業を終えた後、「GoogleClassroom」にて本日の授業の感想を送ってもらうようにしま
した。その結果、学習者にその感想を読んだわたしの感想や考えをスイスイと返すことが
できています。もう、わたしのような人間にとってめちゃくちゃありがたいツールです。

「GoogleClassroom」は、ファイルの添付もできるので、学習者がICTを苦手とする人は自
分の手書きノートの写真を写真で撮ったものを送ってもらうことでよしとしています。Wo
rdのファイル、pdfファイルも送ることができます。また、その時にGoogleドキュメント
で書いたものを保存することで「GoogleClassroom」にアップすることもできます。わた
しがICTに偏っている人間だからと言って学習者(書き手)には一つの方法に強いないよ
うにできることもいいことだなぁと思っています。

ゼミではなく、それなりの人数が出席する大学授業では、なかなか学習者との結びつきを
感じることが難しいなぁと思っていたのですが、この「GoogleClassroom」のおかげで、
それぞれとの結びつきがグッと身近になった感じがします。

もう一つ、わたしが気軽に行いたいのは、学習者同士の情報交換です。「GoogleClassroo
m」のコンセプトだから仕方ないのでしょうが、「GoogleClassroom」は基本、課題を提出
するためのツールなので、そこに学習者同士の横のつながりを意識して作られていません。
「授業ツール」ではないのですね。
学習者同士の相互評価を加味したツールになってくれると、「GoogleClassroom」はもっ
と面白く、より使えるツールになると思います。



【PR1】<集会>授業づくりネットワーク2018in北海道?「表現」を大切にする授業・
クラスづくり?
日時:2018年6月10日(日) 9:30?17:00
講師:NPO授業づくりネットワーク理事(山崎正明、戸来友美、藤原友和、平山雅一、藤
倉稔、石川晋)
場所:北翔大学 724教室(069-0833 北海道江別市文京台23
会費:3000円(昨年3月発行以降の授業づくりネットワークを持参いただいた方は、
2500円。学生、Teach For Japan関係者は1000円)
概要: 授業づくりネットワークは、今年の4月で創刊30周年を迎える教育研究団体で
す。1990年代から、ワークショップ型授業やディベート、特別支援教育など、様々なテー
マに先進的に取り組んできました。大きな授業改革のうねりの中で、私たちのこれまでの
提案に注目が集まっています。
 今年度はこうした情勢を踏まえて、年間11回の研究会を企画しました。北海道はその
2回目です。6名の理事が集結し、理論と実践の行き来を大切にしてきた私たちらしく、
丁寧にみなさんのニーズに応える集会づくりをします。どうぞいらしてください。今回は、
ずばり学級&授業と表現の関わりを考える集会です。
■http://ow.ly/Urrw30jBCOt

【PR2】<新刊>「これで、国語科の『学び合い』は成功する!」
「これで、算数科の『学び合い』は成功する!」
「これで、理科の『学び合い』は成功する!」
「これで、社会科の『学び合い』は成功する!」
ここでは、国語科、算数科、理科、社会科の4教科に焦点を当てて、その教科だからこそ
の『学び合い』の考え方と進め方にこだわってみました。もちろん、「目標と学習と評価
の一体化」というところが根底にあります。本書の目玉は、「アクティブ・ラーニングデ
ザインシート」を教材研究、開発のよりどころにするということです。ぜひ、お読みくだ
さい。いかをクリックするとAmazonのホームページにジャンプします。
国語→https://amzn.to/2JftzbT
算数→https://amzn.to/2JftQeV
理科→https://amzn.to/2Jeg4cx
社会→https://amzn.to/2HR9Qjk

【PR3】あべたか研究室HP 毎日更新中!
わたしの個人ホームページを(ほぼ)毎日更新しております。毎日更新している「ブログ
部分」のアドレスが変わりました。以下です。どうぞいらしてください。
■http://ow.ly/SSDv30jBCFx




───────────────────────────────────

編集者の心に残った言葉

「GoogleClassroom」



 今回の原稿を読んで初めて知りましたが、私も阿部さんと同じようなことをしています。
 使っているのは、ウェブクラスというもので、どこのソフトなのかはわかりません。大
学が提供してくれるシステムで、1年目から使っています。
 私の授業は、事前課題提示、事前課題にもとづく小テスト、資料提供、授業後の感想、
院生への連絡などすべてウェブクラスを使用しています。
 院生同士の書き込みも可能な仕様になっていて、ウェブクラス内での院生同士の交流が
可能な点は優れものかもしれません。レポート提出後に、類似レポートのチェック機能と
いうものもありますが、使ったことはありません。
 琉球大学教職大学院では、私だけが使っていたのですが、一緒に講義を担当する先生も
気に入ったようで、今では私以上に活用されています。 

───────────────────────────────────
編集者ニュース 

『おいしい!授業─70のアイデア&スパイス+1 小学校1・2年』
   蔵満 逸司 (著), 家本 芳郎 (監修) 
 http://urx.mobi/JDkI アマゾンでの検索は「蔵満逸司」

 5月 島尻教育事務所・道徳   
 6月 北九州市小倉・道徳、宮古島・教育原理と教育心理、宜野湾市情報モラル 
    小学校校内研修・算数、バンコク 
 7~9月 免許更新講習 琉球大学、やんばる、石垣島他
 8月 鹿児島・研究会
 9月 島尻教育事務所・道徳、22沖縄・授業づくりネットワーク関係研究会
11月 23熊本市 未募集
     「主体的・対話的で深い学び」を考えるセミナー2018霜月in熊本」

◆高校向け出前授業 琉球切手で学ぶ沖縄 随時募集中(小6、中学でも可能)
───────────────────────────────────
発行基準日一覧 ※掲載は数日前後することがあります。ご了承下さい。
         ☆当月分発行済み
5月
☆07日 心を育てる道徳教育実践記 丸岡慎弥 
☆08日「放課後の職員室~中学校の風景~」 杉本直樹 
09日「今こそ本気で取り組もう!」学級づくり研究会「ちから」代表 川端成實
☆10日 子どもが大喜びで先生もうれしい!中村のネタ大放出!! 中村健一
☆12日 判決書事例で学ぶ安全教育 石巻専修大学 教授 新福悦郎
休14日 高学年女子との付き合い方 旭川市内小学校教諭 宇野弘恵
☆17日 沖縄のチャンプルーばなし 琉球大学 教職大学院准教授 比嘉俊
☆18日 世界のどこかで発見 こんなところに教材 熊本県小学校教諭 笹原信二
☆20日 正義と勇気を育てる学級&学年集団づくり 鹿児島県小学校教諭 内山義朗
☆22日 実務家教員トボトボ日記 上越教育大学教職大学院准教授 阿部隆幸
25日 学級通信『きらきらひかる』が紡ぐ物語 札幌市立小学校教諭 大野睦仁
26 若手教員の役立ち 学級経営のアイディア 静岡県小学校教諭 森竹高裕
27日 三重大学30年 ~教員養成の仕事を振り返る~ 佐藤年明 
28日 教材開発の極意 旅する教師 熊本県小学校教諭 村上浩一

───────────────────────────────────

3月と8月はお休みです。

───────────────────────────────────
2018/5/22 藏滿逸司(琉球大学)編集発行 
  tabibito99+@yahoo.+co.jp (+は抜いてください)
───────────────────────────────────

メルマガ全文を読む
 

▲ページトップへ

▲ページトップへ