Ryuzu+【リューズPlus】

  • ¥0

    無料

1999年9月25日創刊のココロ・チューニングマガジン、Ryuzu+【リューズプラス】 「Ryuzuは竜頭」 日々を自分らしく暮らせるためのヒントになる言葉をデイリーでお届けしています。 毎朝1分で自分らしさを確認できる!と好評です。

著者サイト
 

メールマガジンを登録(無料)

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。
※ 各サービスで登録しているメールアドレス宛に届きます。

メールマガジンを解除

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
 
 
メルマガ名
Ryuzu+【リューズPlus】
発行周期
日刊
最終発行日
2018年07月13日
 
発行部数
2,391部
メルマガID
0000018082
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
アート・文芸 > 文芸 > エッセイ

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

メールマガジン最新号

これより上は、まぐまぐさんによって自動挿入されている広告です。
++・━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

● <<ココロ・チューニングマガジン>>

● Ryuzu+【リューズplus】 ~ ユニークなテーマ ~

○   [vol. 6880 2018/7/13]
○◆
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━・+



・・・ コトバで感じる ・・・




◆─────-- - 今日のRyuzu+フレーズ No.09937 --─────◆


よく「ユニークなテーマ」という言い方をする。
テーマ設定には独創性が欠かせない。
そんなイメージが根強くある。
ところが、これから何かを書こうとするとき、
誰もが一度は立ち止まり、しばし途方に暮れるのは、
あらゆるテーマがすでに書き尽くされているのではないかと
思えてくることだ。

『調べる技術・書く血術』
野村進 著/講談社現代新書 刊
https://www.amazon.co.jp/dp/4062879409


◆─────-- - - - - - -─────◆



☆これは!と思ったフレーズがあれば、シェアしてください♪
→ phrase@ryuzu.net





+─+─+─+─+─+ Ikuo's view +─+─+─+─+─+

今年の11月に出展する展示会の打ち合わせがありました。

展示ブースのデザインのみならず、お客様への
プロモーションをかれこれ10年以上手伝ってもらっている
業者さんとのキックオフミーティングでした。

今回の展示会でターゲットとする顧客層や
伝えたいメッセージとそれに対応する展示機械の
説明を行い、今後の進め方などを確認しました。

一つ面白いなと思ったことは、来場者へのアンケート
についての話でした。

展示会は、勿論自社の製品をPRする場であることに
間違いはないのですが、同時に来場したお客様から
ユーザーの立場としての意見を伺う機会にしたいと
常々思っていました。
集めた情報を基に次期の新製品の開発につなげるのが
狙いです。

でも型通りのアンケートでは、希に将来の商談の
ネタつながるようなものが有ったりしますが、
お客様との対話につながりませんし、お客様の声を
引き出すこともできません。

アンケート用紙から脱却して、対話を通して、
思いもよらなかった意見や情報を引き出すには
どうすればよいか。

今日の打ち合わせでいろんな意見をぶつけ合いましたが、
具体的にはこれからです。
如何にお客様との対話を促進できる仕掛けを作るか、
今回の展示会の成功を左右する大きなポイントだと
感じています。

<ikuo>
さすらいの営業マン、、、千葉の次は京都だ!
ikuoの詳しいプロフィールはこちら
→ http://ameblo.jp/ryuzu/entry-11598308786.html





☆あなたが今、パワーを注いでいることはなんですか?
→ info@ryuzu.net



◆編集者 tomomiのつぶやき ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
まだ7月だというのに、こんなに暑くていいんでしょうか。。。(--;)
++・・・━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━・・・++
Published by:Ryuzu+【リューズPlus】Project(info@ryuzu.net)
Blog:http://ameblo.jp/ryuzu/
Facebook:http://www.facebook.com/ryuzu.jp
Editor:tomomi@Hyogo
Chief Editor:Yasuko Kato(ryuzuyasu@gmail.com)
Managed by:COLLAGE, Inc. http://collage.co.jp
++・・・━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━・・・++
This magazine was first published on 9/24/1999 by Takashi Sato.
○10年前の今日のバックナンバー
→ https://archives.mag2.com/0000018082/20080713090000000.html
○リューズPlusこれまでの歴史
→ http://ameblo.jp/ryuzu/entry-10848491832.html
++・・・━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━・・・++
メルマガ全文を読む
 

▲ページトップへ

▲ページトップへ