必勝合格 2級建築士

  • ¥0

    無料

国家資格、二級建築士学科合格に向け、例題と解説、計画、法規、構造、施工の例題を1問ずつ、週4回配信いたします。受験情報なども逐次お知らせします。 発行:「建築士.com」

著者サイト
 

メールマガジンを登録(無料)

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。
※ 各サービスで登録しているメールアドレス宛に届きます。

メールマガジンを解除

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
 
 
メルマガ名
必勝合格 2級建築士
発行周期
週 4回
最終発行日
2018年02月23日
 
発行部数
2,921部
メルマガID
0000018275
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
語学・資格 > 土木・建築系資格 > 建築士

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

メールマガジン最新号

■□■ 必勝合格2級建築士 NO.18-056 ━━━━ 発行:2921部 ■□■

◇必勝合格2級建築士 No.18-056 2月23日号をお届けいたします。
◇ご購読ありがとうございます。購読のお申し込みに従いまして貴方のメール
 ボックスにお届け致します。購読は無料です。
◇このメールマガジンを転載して公開することは禁じます。
◇発行:建築士.com http://www.kentikusi.com/

■□■ 目次     ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■□■

1.建築士試験スケジュール
2.建築士ブックス
3.二級建築士学科例題 施工14 基礎工事
4.製図練習課題NO.7
5.建築遺産ギャラリー
6.購読中止について

■□■ 建築士試験スケジュール ━━━━━━━━━━━━━━━━■□■

☆二級建築士試験の日程は例年3月頃に発表されますが、試験は毎年ほぼ同じ
 時期です。ホームページには実施された試験日程を掲載していますので、
 学習計画を立てる際の参考にしてください。また、建築士.comの主要な
 学科・製図コンテンツのアップロード予定も掲載しています。
 http://www.kentikusi.com/2k/2schedule.htm

■□■ 建築士ブックス ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■□■

○2級建築士試験学科ポイント整理と確認問題 平成30年度版 総合資格
 http://www.kenchiku-web.net/book/2k.htm

 確認問題の流れで理解度チェック、初学者も多い2級建築士の学科試験におい
 ては、必要な知識を体系的に理解しておぼえていくための、効率的な学習を
 行うことが必須になります。

■□■ 今日の例題「施工」基礎工事 ━━━━━━━━━━━━━━■□■

◇施工14例題◇

土工事及び基礎工事に関する次の記述のうち、最も不適当なものはどれか。

1.基礎工事までの作業を、地業→根切り→山留め→基礎の順で行った。

2.比較的良好な地盤に、切込砂利を用いて砂利地業を行った。

3.敷地に余裕があったので、山留め壁や支保工を用いずに、法付けオープン
  カット工法を採用した。

4.工事現場が住宅地で地下水位が高いので、山留め工事として、ソイルセメ
  ント柱列山留め壁工法を採用した。
 
5.山留め壁に加わる側圧が十分に切ばりに伝わるように、腹起しを連続して
  設置した。

-----------------------------------
■回答は?■
-----------------------------------
                 ↓
                 ↓
                 ↓
                 ↓
                 ↓
                 ↓
                 ↓
                 ↓
-----------------------------------
             ■回答 1 です■
-----------------------------------

◇施工14解説◇

地業とは、地盤に対して行う作業で、基礎を支える杭、割ぐり、捨てコンクリ
ート等の部分をいいます。設問のように地業が最初になるのは不適当で、一般
には、根切り→山留め→地業→基礎の順になります。

他の選択肢は適当です。

2.比較的良好な地盤に、切込砂利を用いて砂利地業を行った。

3.敷地に余裕があったので、山留め壁や支保工を用いずに、法付けオープン
  カット工法を採用した。

4.工事現場が住宅地で地下水位が高いので、山留め工事として、ソイルセメ
  ント柱列山留め壁工法を採用した。
 
5.山留め壁に加わる側圧が十分に切ばりに伝わるように、腹起しを連続して
  設置した。

-----------------------------------
☆二級建築士WEB問題集 施工05土工事・基礎工事
 http://www.kentikusi.com/cgi-bin/2kweb18/2web_sek05/tqindex.cgi

 土工事・基礎工事においては、次に上げた項目について具体的に学んでくだ
 さい。

 ●根切り工事における、掘削、排水
 ●砂利地業、割栗地業、捨てコンクリート地業など、各種地業の施工方法
 ●既製コンクリート杭、鋼杭など、杭工事の種類と施工方法
 ●法付けオープンカット工法、ソイルセメント柱列山留め壁など、山留め
  工法の種類と施工方法

★上記ページのGoogleカスタム検索で”割栗地業”を検索しよう。

■□■ 製図練習課題NO.7 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■□■

■製図練習課題NO.7
「吹抜けのある居間をもつ専用住宅(木造2階建)」
 http://www.kentikusi.com/2-k/2rensyu07_m/2rk-1.htm

 この課題は建築士.comが独自に作成し、2003年の二級建築士製図対策室
 に公開した実践課題を再編集したものです。

■□■ 建築遺産ギャラリー ━━━━━━━━━━━━━━━━━━■□■

☆東洋建築史
 ワット・アルンは、タイ王国のバンコクにある寺院です。アルンは暁の
 意味です。 http://www.kenchiku-gallery.com/orient/005.htm

「建築遺産ギャラリー」は建築史の学習に最適です。

■□■ 購読中止について ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■□■

◇『まぐまぐ』アドレスを記入し解除ボタンをクリックすると解除されます。
  http://www.kentikusi.com/2k/2malmaga.htm 

■□■ 配信     ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■□■

◇メールマガジン『必勝合格2級建築士』 since 1.10.1999 
◇発行:建築士.com HP-URL: http://www.kentikusi.com/ 
◇Copyright(C)1999-2018 建築士.com All rights reserved.

■□■ 次回配信は2/27 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━■□■
メルマガ全文を読む
 

▲ページトップへ

▲ページトップへ