つるの式コミュニケーション・メソッド

  • ¥0

    無料

自分の名前で仕事をしていきたい人のための実践ビジネス対人要領&自己演出マーケティング講座。独立・起業・経営、就職・転職・留学に使える! 話し方と伝え方。コンサルタント、広報宣伝・営業担当者、経営者必読。これで自分ブランド構築!

著者サイト
   
 

このメルマガは現在休刊中です

 
メルマガ名
つるの式コミュニケーション・メソッド
発行周期
ほぼ週刊
最終発行日
2011年08月31日
 
発行部数
0部
メルマガID
0000023445
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
ビジネス・キャリア > マーケティング > その他

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

メールマガジン最新号

人脈ひろげ味方をふやす、実践ビジネス対人要領&自分マーケティング講座。
───────────────────────────────────

■「つるの式コミュニケーション・メソッド」■  Vol.55

───────────────────────────────────
発行: 2011年8月31日(月) http://www.kohoman.com/blog/
----------------------------------------------------------------------
■ 提供: 鶴野充茂 @ 自己演出プロデューサー
■■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 「人」の面白さに気づいて以来、ずっとコミュニケーションを
 テーマに仕事をしてきました。うまい話し方、伝え方、
 コミュニケーションにはちょっとしたコツがあります。

 このコツを知らずに損をしている人が世の中にはたくさんいます。
 あなたの中の輝きを、仕事につながる武器にしよう!
 それが、つるの式コミュニケーション・メソッドです。

 物は力で動く、人はコミュニケーションで動く。
 力を抜いて、楽しく「自分の名前で仕事をしていくスキル」を
 育てていきましょー!

----------------------------------------------------------------------

[ 本日のテーマ ] とっさにコメントを求められた時の対処法は?

----------------------------------------------------------------------

■ コメントはその場への貢献

 「○○さん、どうですか?」

 会議などのみんながいる場で、突然、自分にふられる質問。

 「どうですか?」って言ったって、何を聞かれているのか曖昧すぎて
 答え方に困るのですが、そんな困惑を感じた経験があるのは
 私だけでしょうか?

 しかし、同時にこんなことも思い出すのです。

 夏休みなどの帰省シーズンのニュース映像で、「どうだった?」
 という問いかけに、子どものコメントはいつも、「たのしかったー」。
 レストランの紹介番組で、若い女性レポーターがアップになって一言。
 「おいしいですぅ~」。

 あれを見るたび、もっと気の利いたコメントはないのか、と思って
 きました。

 だって、聞いている方には、何もプラスのないコメントですよね。
 新しい情報がまったくない。本当に楽しんだのかどうかさえ疑わしい。

 自分のことはあえて棚にあげますが、改めて考えると、
 「○○さん、どう思いますか?」と聞かれて、「いいと思います」
 という人も、これに近いものを感じます。

 確かに特に言いたいことがなければそういうコメントになるのかも
 しれないけど、そんな思いつきの言葉をそのまま言っても
 ダメなんじゃないか、と思うのです。

 そんなことから、効果的な答え方、コメントの仕方について
 考えてみました。


 コメントを求められた時に、適切でキラリと光る一言を言える人は、
 間違いなく活躍の機会が増えます。

 コメントが認められれば、それを見ている人たちから声がかかりやすく
 なるからです。少なくとも、気の利いた一言が言えれば、自分の存在を
 認めてもらいやすくなります。

 だから、できるだけ良いコメントをした方がいいんです。

 その上で、もう一度冒頭の質問「どうですか?」「何かありますか?」
 に対して、「面白かったー」「おいしかったー」がコメントとして
 最低なのは、なぜなのか。

 それは、・・・・


(↓ 続きはこちらをどうぞ ↓)
http://www.kohoman.com/blog/archives/2011/08/55.html




━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

編集後記 『 つるの式、リニューアルします 』

----------------------------------------------------------------------
・ここ数年、半年おきに、まぐまぐから「廃刊するよ」の脅しに背中を
押される形で続けてきたこの「つるの式コミュニケーションメソッド」、
今回を節目にリニューアルしていこうと思っています。

 思えば、1998年に私的生活報告「つるつる通信」でスタートしてから
13年。つるの式コミュニケーションメソッドになってからも55本の
コラムを書いてきました。ソーシャルメディアが広がる昨今は、
ブログ記事自体も更新できずにきましたが、全体を見直してそれぞれの良さを
もう一度活かす形を考えています。

 このメルマガも名前は変えるかもしれませんが、そのまま継続配信して
いく予定ですので、引き続きお付き合いをいただければ嬉しいです。

 フェイスブックやツイッター、メールでもお気軽に声をかけてください。
本も書き、講演セミナーもあちこちでやっていますので、皆さんとお会い
できる機会も楽しみにしています。これからもどうぞよろしく!


・私の最新動向はTwitterとFacebook、USTREAMでチェックできます。

●他愛もないつぶやきも含めて追っかけたい方はこちら
http://twitter.com/mame3

●講演、執筆、セミナーなどの情報はフェイスブックが最も早いです
http://www.facebook.com/mitsushige.tsuruno
http://www.facebook.com/m.tsuruno

●ソーシャルメディアでコミュニケーションをもっと面白くを実験中
 まめさんテレビ http://mame3.tv

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●『つるの式コミュニケーションメソッド』、毎日コミュニケーションズの
「毎日キャリアナビ」に連載していた『「最高の仕事」獲得プロジェクト』を
一日一話ずつメールで配信しています。
完全無料、イヤになったら途中で配信解除もできます。

登録はこちらから⇒ http://www.beanstar.net/ms/

●この「つるの式コミュニケーション・メソッド」は@ニフティ・ビジネスで
「毎日がプレゼン!」というタイトルで連載しました。

⇒ http://business.nifty.com/articles/bean/

●さらにこの「つるの式コミュニケーション・メソッド」は本になりました。

「つるの式 伝える技術 新常識」鶴野充茂(著)小学館
http://tinyurl.com/yf564z3

合言葉は「伝わらなくてもうまくいく!」です。

___________________________________
□──────────★ 鶴野充茂の最近の本 ★──────────□
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

御礼20万部突破のベストセラー
・「頭のいい説明 すぐできるコツ」(三笠書房・知的生き方文庫)
 続けて出ている「頭のいい質問」「頭のいい人間関係」も自信作です。

・「仕事が速い人の文章術 ムダなくしっかり書くための40のコツ」
・「iPad仕事術」「要領がよくなる40の法則」その他いろいろ

いろいろ出ます出てます 鶴野充茂 の本 ⇒ http://tinyurl.com/47yplz8


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

「つるの式コミュニケーション・メソッド」

編集長   : 鶴野 充茂 ●自己演出プロデューサー
発行元   : ビーンスター株式会社
お問い合わせ: mailto:mm@kohoman.com
ブログ   : 「つるの式」自己演出コミュニケーション
        http://www.kohoman.com/blog
ビーンスター株式会社 http://www.beanstar.net/
ツイッター : http://twitter.com/mame3
フェイスブック: http://www.facebook.com/mitsushige.tsuruno

USTREAM「まめさんテレビ」: http://mame3.tv

----------------------------------------------------------------------
[筆者略歴]大阪府堺市出身。筑波大学(心理学)、米コロンビア大学院(国際
広報)卒業。在英国日本大使館、国連機関、米系PR会社、ソニーを経て、
ビーンスターを設立。独自の方法論「自己演出マーケティング(登録商標)」
と言う名の「自分の名前で仕事をする」スキルと情報発信を教えている。
餃子とLAVAZZAのコーヒーが好物。副業はラテンパーカッショニスト(休業中)
夢は馬で通勤すること。将来の目標は立派な大人になること。趣味はドラマを
見ながら次のセリフを当てること。信条は「志は高く腰は低く」。
----------------------------------------------------------------------
メールマガジン登録・変更・解除はこちらから
●まぐまぐ  http://www.mag2.com/m/0000023445.htm
───────────────────────────────────
Copyright(C) 2005-2011 Beanstar Corporation.








メルマガ全文を読む
 

▲ページトップへ

▲ページトップへ