Cinema Satellite-Mail Magazine Edition-

  • ¥0

    無料

試写で観た作品を中心にお届けする映画レビュウ。気楽に手軽に正直に、をモットーに書いてます。なかなか入手できないマスコミ向けプレスシートのプレゼントなんかもやってます。

著者サイト
   
 

このメルマガは現在休刊中です

 
メルマガ名
Cinema Satellite-Mail Magazine Edition-
発行周期
毎週金曜前後
最終発行日
2007年12月26日
 
発行部数
0部
メルマガID
0000027399
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
エンターテイメント > 映画 > レビュー・映画評

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

メールマガジン最新号

皆さん、こんばんは。仙道です。

気がつけばクリスマスも終わっちゃいましたが、いかがお過ごしですか。
仙道はケーキ食いました。
それもアレです、ホールって奴。
5号なんで大したことないですけど、
流石に一人だと食い出がありますなあ。。。
執念で完食しましたけど、
やっぱりホールは最後の方になると飽きますやね。
同じ数千円だすなら、違う種類のケーキを
何個か買った方がよいような気もしますが、
やはりホールで食うことに意義があるようにも思いますしね。
よくわかりませんが。



さて、今回配信したのは、
こんな与太話のためではありません。
既に御存知の方もおられるかもしれませんが、
現在仙道が参加している映画情報サイトINTROで、
「Hot Fuzz」という作品の
劇場公開を求める署名運動をしています。

http://intro.ne.jp/contents/hotfuzz.html

この作品は、評論家の町山智浩氏が
「2007年最高の映画!」と激賞しているのですが、
諸般の事情で日本での公開を見送られてしまった
不遇の作品なんです。
これをなんとか劇場で観たい、観せてくれ!
という消費者サイドの生の声を配給会社に届けるべく、
監督公認の元で署名活動を展開しているところです。

現在、賛同者数は1300を越えているのですが、
一人でも多くの賛同をお願いしたく、
このメルマガを利用させていただくことにしました。
まだご署名いただいていない方は、
ぜひぜひこの機会にご協力をお願いいたします。



えー、これだけだと恐縮なので、
本日INTROにアップされた
「ナショナル・トレジャー/リンカーン暗殺者の日記」
について、こちらでも簡単な感想をば。

この作品、基本的に中身が何もないんです(苦笑)。
シナリオに致命的な欠陥がある上、
マクガフィン?的な仕掛けによる演出もあるせいで
観終わっても大多数が
「なんでそーーーーなるの?!」
「アレってなんだったんだ!」
となっちゃうようなお話なので、
まぁ、お世辞にもよい出来とは言い難いんです。

でも、じゃあどうしようもないクソ映画なのかと言うと、
そこまで言いたくなるほどクソでもない。
勿論、飛び抜けて面白くもないのだけれど、
とりあえず2時間飽きさせないという意味では、
暇潰しとしては許してやれる出来、と言いましょうか。

前作に引き続いたキャラ関係など、
話自体は独立していても続き物として楽しめる余地も大きいので、
前作を楽しめた人なら今回もそれなりに楽しめるはず。
エド・ハリス、ハーヴェイ・カイテル、
ジョン・ボイトにヘレン・ミレンといった
無駄に大物過ぎる出演陣の絡みも嬉しいですし。
まぁ、今作から参加のエド・ハリスやヘレン・ミレンは
ちょっと仕事選べよと思わなくもないですが(苦笑)。

あと、前作に引き続き
妙にフッサフッサなニコラス・ケイジにも注目です!

もうちょっと内容に踏み込んだレビューは
http://intro.ne.jp/contents/2007/12/25_2101.html
の方でぜひ。



……というわけで
「ナショナル・トレジャー/リンカーン暗殺者の日記」、
激しく微妙な作品ですが、私は嫌いじゃないです。
なんか馬鹿っぽいので(笑)。

ちなみに「リンカーン暗殺者の日記」という邦題ですが、
原題は「BOOK OF SECRETS/秘密の本」。
これは作中で鍵を握ることになる
「大統領が代々継承すると噂されている
 歴史的機密満載の極秘本」のことで、
「リンカーン暗殺者の日記」ではありまへん。
「リンカーン暗殺者」云々というのは
話の掴み程度にしか出ないのになんでこんな邦題にしたのやら……。



さて、今年も残すところ一週間、
これから何かと慌ただしくなっていく人も多いと思いますが、
体調には十分気をつけて良い新年をお迎えください。
来年こそはぽつぽつと定期配信できるよう
なんとか頑張りたいと思いますので、どうぞ宜しくお願い致します!

仙道勇人
メルマガ全文を読む
 

▲ページトップへ

▲ページトップへ