武道通信かわら版

  • ¥0

    無料

著者サイト

日本人の魂の在り処を武を通して探る『武道通信』

 

メールマガジンを登録(無料)

※ご登録いただいたアドレスは大切にお預かりし、まぐまぐ!メールマガジン配信にのみ利用します。

他のサイトIDでメルマガを登録する

※ 各サイトのリンクをクリックすると認証画面に移動します。
※ メルマガはサービスでご登録したメールアドレス宛に届きます。

このメルマガを解除する

メールマガジンを解除

他のサイトIDでメルマガを解除する

※ 各サイトのリンクをクリックすると認証画面に移動します。

 

メールマガジン最新号

================================================================
─────■─■─■■─────────【武道通信かわら版】
────■■■■■■■■────────5/20 2017 通算335号
───────■─■──────────
─────■─■■─■─────────インターネットで読む
─────■─■───■────────『武道通信』
────■■■■■■■─■───────サブマガジ
==============================================================
http://www.budotusin.net        東京都 国立市東3-4-8
 sugiyama@budotusin.net       杉山頴男(ひでお)事務所
                   042-580-6428 
////////////////////////////////////////////////////////////////

某女優の[一般人」のフィアンセは
ニュースになってからは[有名人]
恐れながら
眞子さまのフィアンセの[一般人」は
ニュースになってからは[有名人]

   報じるメディアは[一般人][有名人]の格差の理由を云わない
            デキの悪い中学生は
      [一般人][有名人]の線引きに迷ってしまう

     メディアが云わない[有名人]とはテレビに出る人
    メディアが云わない[一般人]とはテレビに出てない人
 
           デキの良い中学生は
         正しい身分格差を模索している
            [国民][非国民]
              線引きは
      人としての自然権を放棄しない人、放棄する人

        …………………………………………


1 お知らせ
2 北朝鮮の弱点を狙え! ……加藤 健
  ◎次の国連制裁で北朝鮮スパイを潰せ! いまチャンス!
3 英米の罠から目を醒ませ、日本人よ! …… 鎖帷子剣士
  ◎資本主義と共産主義の左右両極限は一致する──その2
4 忙中閑あり  ……杉山頴男
  ◎自衛権
     ──兵頭二十八を[おさらい]する

■お知らせ───────────────────────────


1 お知らせ
2 北朝鮮の弱点を狙え! ……加藤 健
  ◎北朝鮮への投資推奨を禁止させよう!
3 英米の罠から目を醒ませ、日本人よ! …… 鎖帷子剣士 
  ◎タイ国駐屯軍司令官・中村明人(あけと)中将の示した武士道
4 忙中閑あり  ……杉山頴男
  ◎自衛権を放棄する[一般人」[有名人]
     ──兵頭二十八を[おさらい]する

お知らせ───────────────────────────

一、 兵頭二十八ネット私塾「読書余論」
     5月期(131 回)は5月25日配信 
     目次は告知版 http://p.tl/fy2P
     兵頭二十八 私塾・読書余論
     http://www.budotusin.net/yoron.html

二、 第41回 全日本戸山流居合道連盟全国大会
    5月21日(日) 東京都町田市サン町田旭体育館アリーナ
    https://www.city.machida.tokyo.jp/bunka/sport/sport/sport08.html
    午前9時から受付開始 部外者でも観戦できます。
    
       ………………………………………………


■北朝鮮の弱点を狙え! ご協力の呼びかけ《165》─────────

              加藤 健

北朝鮮投資を煽ってきた世界的投資家ジム・ロジャーズとケンカしていま
す。北朝鮮を援助する者は、日本の敵です。近く告発キャンペーンを開始
します。

 ◎北朝鮮への投資推奨を禁止させよう!

★ 反省なきジム・ロジャーズ!

在宅ロビー活動にご参加いただいている皆様、腹立たしいお知らせがあり
ます。私のほうで、CNN等で北朝鮮投資を強く推奨してきた世界的投資
家ジム・ロジャーズに直接接触し、「投資推奨は誤りだったと公表しろ」
と迫ったものの、ケンカになって終わりました。ロジャーズはこちらの揚
げ足を取ろうとするばかりで、まったく反省の色を見せませんでした。
ロジャーズに対し、「貴殿が北朝鮮にもたらした外貨で、アメリカ本土を
狙う核ミサイルが作られている。貴殿の行為は反逆罪(treason)同然だ!」
と最大級の表現で非難し、これからアメリカ政府、上下院議員、マスコミな
ど数百ヶ所に告発の手紙を送ると警告しましたが、逆に「恥を知れ!」と
反撃してきたのです。
投資推奨を取消し、被害拡大を防止するなら告発は見送ってやろうと思っ
ていたのですが、やむを得ません。ロジャーズはアメリカ人であるにも関
わらずアメリカの敵を支援したと、要所に訴えていきます。

ロジャーズは金正恩にとって、最もありがたい外国人かも知れません。19
70年代に10年間で3365%(33倍!)のリターンを記録した伝説的投資家で
ある彼が、何度も何度もテレビに出て、北朝鮮投資を強く薦めていたので
す。
その表現も凄いです。2015年に出演したCNNの下記番組では、「そう!
北朝鮮に興味津々だ。もし全財産を北朝鮮に投資できるなら、実行するつ
もりだ」とまで言っています。
http://money.cnn.com/2015/05/04/investing/jim-rogers-north-korea-russia-china/
これを聞いた中国人投資家は、ガソリンに火をつけたように金銭欲を燃え
上がらせたことでしょう。そして「必ず儲かる!」と信じた中国人の前で
は、国連制裁は無力です。ロジャーズの推奨の結果、何百億円、何千億円
もの外貨が北朝鮮に流入したはずです。
北朝鮮に核ミサイル資金を提供する者は、日本の敵、そして世界の敵です。

ロジャーズに最初に接触したのは2013年でした。「アメリカ人の貴殿が北
に投資すれば、39号室との取引を禁じた大統領令違反で20年以下の禁固刑
を食らうぞ!」と警告しました。そうしたら本人から直接返答がきて「法
律は知っている。犯すつもりはない」とのことでした。
ところがそれに続けて、
「北朝鮮は極めて前向きな変化を遂げている最中だ。35年前の中国、25年
前の旧ソ連、5年前のキューバ、2、3年前のミャンマーと同じだ。ほとん
どの人は気付いていない」
「南北は数年以内に統合する。大きな変化が起きようとしている」
と、北朝鮮投資への熱い情熱を語っていました。

やはりというか、ロジャーズは北朝鮮に投資していました。北朝鮮内で銀
行を経営する香港企業ユナフォルテの株を、15万株分取得していたのです。
手元に証拠書類があります。そこで私のほうで昨年9月、北朝鮮政府・朝
鮮労働党当局者との取引を禁じた大統領令13687号に違反したとして、ア
メリカ財務省に刑事告発しました。サンデー毎日さんが記事にしてくれた
通りです。
http://mainichibooks.com/sundaymainichi/international/2016/11/13/post-1221.html

今回ロジャーズに直接質した反逆行為(敵国支援)は、アメリカ人の価値
観で、制裁破りとは比べものにならないほど重大な罪です。アメリカと北
朝鮮の間で戦端が開かれれば、ロジャーズがもたらした外貨で作られた兵
器が、大勢のアメリカ人を殺すことになります。ロジャーズに反逆行為告
発を行うと警告すれば、反省して投資推奨を取り消すだろうとチャンスを
与えたのですが、武士の情けを理解しなかったようです。仕方ありません。
告発するまでです。


★ 国連制裁を改正しよう!

ここで皆様にお願いがあります。ロジャーズが行ったような北朝鮮投資推
奨を禁止できるよう、国連安保理に訴えていただきたいのです。次回の決
議で、なんらかの禁止条項に入れてもらいましょう。

例文の最後に、「制裁破りを引き起こす、または幇助する、または教唆す
る行為は、禁止する必要があります」と書きましたが、実はこの文章は、
カナダの対北朝鮮制裁法第9条の引用です。カナダ制裁法は第2条から第8
条で禁止行為を列挙したあと(輸出入・投資の全面禁止を含む)、第9条
でそれらを教唆する行為を禁じています。欲に火がついた者を止めるのは
難しいので、教唆犯も取り締まる必要があるのです。

例文をコピーするだけなら1分です。ぜひ理事国の国連代表部にメールを
お送りください。よろしくお願いします。


送り先(多数に送っていることが分からないよう、宛名に自分のメールア
ドレスを入れ、BCCに下記をコピーしてください)
press@russiaun.ru, france@franceonu.org, uk@un.int, USUNPolFax@state.gov,
missionboliviaun@gmail.com, egypt@un.int, pr.egypt@un.int, ethiopia@un.int,
info.italyun@esteri.it, archives.italyun@esteri.it, p-m-j@dn.mofa.go.jp,
japan.mission@dn.mofa.go.jp, kazakhstan@un.int, pr.kazakhstan@un.int,
senegal.mission@yahoo.fr, sweden@un.int, uno_us@mfa.gov.ua,
uruguay@urudeleg.org, uruguay@un.int, urudeleg@mrree.gub.uy

例文
件名: Instigation of sanctions violation
本文:

Your Excellency,

I am writing to respectfully urge the Security Council to take measures
against irresponsible investment recommendations that has been instigating
North Korea sanctions violations.

For example, one of the most famous and influential investors in the world,
Mr Jim Rogers, has been strongly recommending investment in North Korea. On
May 2015, Mr Rogers told CNN: “Yes! I'm very excited about North Korea. If
I could put all of my money into North Korea, I would. Massive changes are
taking place there. I would not have invested in Kim Jong Un's father or
grandfather by any stretch of the imagination, but that's like saying that
in 1980 you shouldn't invest in China because of Mao Zedong. Mao was dead
and Deng Xiaoping was making huge changes. They are making huge changes in
North Korea. The kid is making astonishing changes.”
http://money.cnn.com/2015/05/04/investing/jim-rogers-north-korea-russia-china/
I believe Mr Rogers’ guarantee has resulted in hundreds of millions -
possibly billions - of dollars of investment to North Korea and funded the
country’s nuclear and missile programmes.

On 11 February 2016, Mr Rogers acquired 150,000 shares of Unaforte Limited
in Hong Kong that has established the First Eastern Bank in North Korea.
Paragraph 221 of 2017 Panel of Experts report warned prospective customers
of the First Eastern Bank: “The Panel notes that foreign nationals holding
accounts in banks of the Democratic People’s Republic of Korea would be a
violation under resolution 2321 (2016). … The Panel wrote to China on all
the above cases and continues its investigation.”
https://www.un.org/sc/suborg/en/sanctions/1718/panel_experts/reports

Greed is the main cause of financial crime, and any action that causes,
assists or promotes sanctions violation needs to be prohibited.

Thank you for your consideration.

Yours truly,
(あなた様のお名前)


翻訳文
大使閣下
国連安全保障理事会に、北朝鮮制裁破りを引き起こしている無責任な投資
推奨への対策を講じていただきたく謹んで要請します。
例えば、世界で最も有名で影響力ある投資家の一人であるジム・ロジャー
ズ氏は、北朝鮮投資を強く推奨してきました。2015年5月にCNNに出演し、
「そう! 北朝鮮に興味津々だ。もし全財産を北朝鮮に投資
できるなら、実行するつもりだ。あの地で大いなる変革が行われている。
金正恩の父親や祖父の代に投資することは想像もできなかったが、それは
1980年に毛沢東がいたから中国に投資するなと言っているようなものだ。
毛沢東は死んでいて、鄧小平が巨大な変革を引き起こしている最中だった。
北朝鮮で大いなる変革が行われている。あの子(金正恩)は驚くべき変化
をもたらしている」
(CNN記事URL)
ロジャーズ氏の太鼓判は数億ドル、場合によっては数十億ドル単位の投資
を北朝鮮にもたらし、核・ミサイル計画の資金源になっているはずです。
2016年2月11日にロジャーズ氏は、北朝鮮でファースト・イースタン銀行を
設立した香港企業ユナフォルテの株を15万株分取得しています。2017年度
国連専門家パネル報告書はパラグラフ221で、「当パネルは、北朝鮮に銀行
口座を保有する外国人は決議2321号(2016年採択)違反になりうると注意
喚起する。(中略)当パネルは上記事案すべてについて中国に照会し、調
査を継続している」
(国連報告書ダンロードページURL)
金融犯罪の主たる動機は、過剰な欲望です。制裁破りを引き起こす、また
は幇助する、または教唆する行為は、禁止する必要があります。
ご検討ありがとうございます。



■英米の罠から目を醒ませ、日本人よ! 《53》──────────

  鎖帷子剣士


 ◎タイ国駐屯軍司令官・中村明人(あけと)中将の示した武士道

★「子どもの頭をなでてはならない」

 筆者が飛行機を降りてから、今年の冬で早や10年となります。
 現役を離れて、最近懐かしく思い出されるのは、航空自衛隊での単発機の訓
練を終えて、双発機に移行した早々のカリフォルニアでの飛行訓練と、ジェッ
ト機に移行して、初めての有償の旅客を乗せての国際線訓練で降りた、夕方の
スコールがあがった、虹の中のバンコックの水田風景なのです。
 45年前の米国は、ヴェトナム戦争が長引き、あちこちの田舎の飛行場で、
徴兵を受けたのであろう、多くの新兵の集団を見かけましたが、戦争の影とは
別に、見るもの聞くもの食べるもの、全てが物量そのものの、リッチでゴージ
ャスな、豊かな富める国の印象でした。

 それに比して当時の東南アジアは、おしなべて経済発展の途上であったので
すが、なぜか我々日本人には心休まる穏やかな、少年時の故郷を彷彿させるよ
うな田園風景が残っており、巨大高層ビルやハイウエイなどは皆無でした。
 路線訓練を受けるにあたっては、必ず社内指定の先輩乗員が、いわば「兵要
地誌」に相当する、その国の人情風俗から外出時の注意点や、治安上の心得な
どのブリーフィングを実施してくれるのですが、バンコックにおいては、「繁
華街を含め危ない場所は避けるように。この間も米兵が酒を飲んで地元のタイ
人と乱闘になり、彼らはキックボクシングの心得があり、米兵はコテンパンに
のされた」ことや、「子どもが可愛いからといって、日本でするように安易に
頭をなでたりはしない方がよい。一概には言えないが、タイ人は頭部は神が宿
る神聖な場所と心得ている風がある」などとブリーフィングを受けた覚えがあ
りますが、その先輩も既に故人でありましょう。

 「子どもの頭をなでてはならない」などは、少年時の石田三成が、ある武将
から頭をなでられ、「愚弄するか」と激怒いたして腰の短刀に手をかけ、武将
はあわてて陳謝したなどの故事を思い出し、日本もタイも似ているなあなどと、
その時は感じた次第でした。
 その後、タイと日本との大東亜戦争時における両国関係などを読むにつけ、
極東で白人達の植民地にされず独立を保持し得たのは、日本とタイのみであり、
小国の立ち位置の難しさを、他国と陸続きでありながら、良く政治外交で乗り
切った見事な外交上手と知りました。

★タイ国から敗戦日本軍への復員の御餞別

 タイは王室を中心として、政府与党と野党の意図的対立を、協働して外交に
上手に使い、大東亜戦争の緒戦においては、国境通過を求める日本軍に形ばか
りの実力抵抗を示し、日本軍進駐後は日本に協力し、英米に宣戦布告をするか
たわら、終戦時には「戦勝国」側の一員として見事に返り咲く、手品師のよう
な外交上手であり、しかも今も変わらぬ親日国家なのです。
 この国ではミュージカル「王様と私」は上演禁止であり、白人優越の嘘の戯
曲など、決して許さない誇りの高さを持っています。
 インド生まれのイギリス人女性家庭教師よりも、タイの王様の方がはるかに
優雅で、知性も教養も品格も上であり、西洋文明による近代化の恩恵をこうむ
り進歩した、元野蛮人などでは決してないのです。
 以下は、タイの外交上手と、それに立派に応えた日本陸軍の名将の話です。

 大東亜戦争は日本の敗戦で終わり、タイ国駐屯の日本陸軍も武装解除され
帰国の復員船を待つ日本軍宿営地に、続々と幌をかけたタイ国軍の軍用トラ
ックが武装兵士と共に入ってきます。
 これは何事かと、危機的予感に身構える日本軍兵士を前に、トラックの幌
が跳ね上げられるや、中には重機関銃かと思いきや、満載された白米にスコッ
プを手にしたタイ人兵士が待機しています。
 タイ国軍指揮官の口上は、「これはあなた方、日本軍へのタイ国からの心
ばかりの餞別である。わが国は知ってのとおり貧乏国であるが、米だけは沢
山とれる、これを日本にお持ち帰りいただきたい。勝敗は兵家のつね、また
御国も、いつか必ず再起復興される日がくるでありましょう!」と述べ、日
本軍兵士の背嚢に雑嚢に、背負い袋にリュックサックに、また飯盒に、めい
っぱいのタイ米を入れてくれ、御蔭でタイからの復員兵士だけは、帰国後の
日本で、当面飢えることはなかったと聞きます。

 一般的に、南方からの復員兵士たちは着の身着のままで、持ち帰る物も少
なく、これに対して寒冷の北満地方から、ソ連軍の抑留を運よく逃れ、無事
に復員できた兵士たちの持ち帰った毛皮の軍用外套や軍用毛布、ラシャ地の
軍服が、終戦の年の暖房もない寒い冬を、小家族揃って乗り切る生活の助け
となったケースは多かったのです。
 革の将校用図嚢入れは、子供のランドセルに代わり、軍用水筒は一家の水
の汲み置きになり、冬は湯たんぽにもなりました。
 極度に物のない貧困な時代だったのですが、皆がそうでしたから貧乏は恥
ずかしいことではありませんでした。

★泰緬鉄道工事現場で発生したビンタ報復殺傷事件

 なぜタイ国軍は、敗戦のタイ駐屯日本陸軍に、このような好意で報いてく
れたのか?
 それは、かの有名な泰緬鉄道(事実とは異なる問題映画・「戦場にかけ
る橋」で知られる)の工事で発生した「バンボン事件」、すなわち日本兵
がタイ人労務者にビンタをふるった暴力事件がきっかけで、タイ人労務者
たちが日本人に夜襲をかけ、日本軍将校以下数名が死亡した事件との深い
かかわりがあります。
 本事件に関して、タイ国駐屯軍の上級司令部である南方軍は、首謀者の
極刑を要求してきますが、当地に赴任してきて間もない、中村明人中将は
南方軍を説得してそれを取り下げ、タイ国外務省に賠償金を要求します。

 武力を背景とした日本軍の意向には逆らえず、泣く泣くタイ側は賠償金
を支払いますが、中村中将は、即刻その金を全額タイの孤児院に寄贈して
います。驚いたタイ側の問いに対して『今回の事件で死亡した日本軍兵士
たちは、決して虐殺されたのではない。彼らは戦死したのである。日本で
は戦死者の遺族に対しては、遺族年金が支給されるのであり、後顧の憂い
はない、しかし、戦死した者の命はもはや帰らぬ。ならばこの金は、生き
とし生ける生霊のために使ってこそ、意義あるものと思う。
 タイ国駐屯の全軍に布告せり、「今後、タイ国人の頭部に決してふれて
はならない」、以上である。』
 これが、復員日本兵に対する、持ち切れぬほどのタイ米の御餞別の返礼
になったのだと、聞き及びます。

 当時の泰緬鉄道の工事区域は人跡未踏のジャングル地帯であり、将来の
インド独立のための軍事支援物資の輸送のために完成日時を命令された、
軍用鉄路開削であり、日・印独立義勇軍にとっても重要な工事だったので
す。しかし一帯は、獰猛な野獣が生息し、名にしおうマラリア蚊や伝染病
原菌の瘴癘地帯であり、マラリヤ予防の特効薬であったキニーネ錠は日本兵
にとっても高価で貴重な薬でした。
 ただし、非常に苦い薬でタイ人労務者は苦さを嫌い、折角の薬を配給され
ても飲んだふりをして、地面に吐き出す現場をたびたび目撃してきた日本兵
がこれに怒り、ビンタをはったわけです。
 当時の日本兵にとってビンタの一発位、大した罰直ではなくとも、文化の
違いを深刻には自覚していなかった可能性があります。
 筆者が戦後25年にして受けたバンコック路線のブリーフイングの裏には
こんな事情があったことを、後に知ったのです。

★現地の実態を知らない戦後の我々
 
 こういう事件には必ずお決まりの反論が出てきます。曰く、日本軍による
タイ人労務者に対する強制労働への反抗暴動だと。
 日本軍はちゃんと労賃を支給しており、労働環境の劣悪は、タイ人のみな
らず、イギリス軍捕虜、日本軍兵士にも共通にのしかかっています。
 日々の給与も貧弱な中、イギリス軍捕虜には主計科は牛を多数買い取り、
支給に努力しています。
 将校は労働免除、使役に対しては相当の賃金を払うことなど、たとえジュ
ネーブ条約を批准していなくとも、日本軍法務将校にとっては常識であり、
現地指揮官にとっても、赤十字精神を意識するなど当然のことです。
 
 それでも現地に補給が途絶えれば、理想通りには行きません。
 日本軍兵士の犠牲者も、現地派遣人員の一割にも及びます。このような損
耗率を、占領者である米欧ソの軍隊が出すことは、あり得ないでしょう。
 奴隷制度の経験のない日本軍兵士にとって、タイ人労務者と共に汗を流し
工事の進捗に積極的に助力する兵士が出現したとしても、不思議ではありま
せん。
 筆者は、日本も犠牲を出したから許せ、などとは言っておりません。
 戦場の理不尽を一身に負い、戦後に戦犯として処刑や、禁固刑を受けた人
々も多数いるのです。我々にできることは、死者に対して、感謝と慰霊の思
いを伝えることであり、彼らのことを忘れないことです。
 
 戦後、中村中将はさらにタイ国人に報いています。
 それは、戦時宰相として、日本軍に協力せざるを得なかったピブン首相が
戦犯容疑で、タイ国内で裁判に付された時、いかにピブン氏が日本に対して
非協力的であったかを強調して弁護し、ピブン氏の有利に働きかけます。
 中村明人中将こそ、タイ駐屯軍司令官に選ばれた、仏心と共に、知(陸大
34期卒業の恩賜)情、意の備わった日本陸軍の誇る、武人でありました。
 昭和41年(1966年)9月、77歳で没。
 


■忙中閑あり《356》───────────────────────

      杉山頴男

 ◎自衛権を放棄する[一般人」[有名人]
    ──兵頭二十八を[おさらい]する


 17年前の「武道通信」九ノ巻の「戦争論」で藤原稜三は末尾に一筆記
した。
《また専守防衛に徹するというのであれば、目睫{もくしょう}の間にせ
まっているサイバー戦争も講じておかねばなるまい。》

 17年前の霞ヶ関はろくに策を講じていかったと察する。ならば最近の
ハッカー集団騒ぎでやっとこさ法整備。
 「現在、政府によるサイバー手段での反撃は不正アクセス禁止法で禁止
されているため法改正が必要になる見通し」。この体たらくさ。
 70年前、日本列島ではじめて生息した自衛権を投げ出した遺伝子は、
霞ヶ関から日本列島へ拡散されてつづけてた。

《およそ自然権(自衛権)のない自由な独立人ではあり得ぬ。自然権(自
衛権)がない国家も、そもそも独立国ではない。これは近代西欧法精神の、
いたって初歩的な話だからだ。
「マック偽憲法」は、明瞭に、日本国が自衛権を放棄すると謳わせてい
た。外国軍に占領されていた国家の政府が、その国民の安全をすべて外国
人(具体的な米国政府)に委ねたい、と誓わされた。
 おのれの政府に、<国としての自然権を放棄せよ>と、日本の人民は誰
も追って契約した覚えはないのである。
 政府が自国の自衛権を放棄すると外国に対して誓約するような<憲法>
はさいしょから近代法たり得ず、「違憲」である。それが、自然の筋であ
り、一時は古代ローマ法研究のメッカとなり、日本人より近代精神という
ものを長く考究してきたドイツ人は、連合軍による投獄や死刑をもってい
いくら脅かされようとも、そのような誘導や圧力は拒否した。マッカーサ
ーが一九五一年に米国連邦会議で<ドイツは大人だった。日本人は十二歳>
と証言したのはそこ指す。》
 『北京は太平洋の覇権を握れるか』(2012年刊)

 ドイツは連合国の占領政策に国防の権利と教育制度はガンと手をださせ
なかった。国防と教育は国家の骨幹である。大人と子供の差である。

《だが、篠原(喜重郎)以下、昭和二十一年の天皇の官僚らは、それら一
切合切を承知でマック偽憲法を丸のみすることにした。外務官僚には、わ
くわくするような打算があったのだ。
 すなわち、これからはアメリカ合衆国政府様が日本の「一なる神」とな
るであろうから、「一なる神」が英語で下される<十戒>の解釈権と国内
強制権をわれら日本外務省が一手に握ってしまうことにすれば、外務省こ
そが再興日本民族の「モーゼ」(神の声の伝達者)となり、旧陸軍になり
代わって日本の最高権威官庁におさまり、この「偽憲法」が奉斎されるか
ぎり、朝野に長く君臨できるであろう、と思ったのである。》

 霞ヶ関を震源とする自然権(自衛権)の放棄は[一般人」も[有名人]
にも震動していった。
 軍学者は旧帝国軍部を<反近代>をキーワードにメッタ斬りしてきたが、
返し刀で敗戦後の文官官僚も<反近代>でメッタ斬りする。
 「明治維新は継続中である」が軍学者の持論。

 なぜに一夜にして武士は<近世>の幕を斬り捨てられたのか。
 武士は近代を萌芽してた。いや、受胎していた。源平の世の武士から。
強烈な個人主義者であった。近代的自己の持ち主であった。江戸幕府の武
士必須の朱子学で劣化したが、尊厳ある武人(軍人)を輩出したのは源平
の世の武士からの遺伝子、近代的自己である。 
 日本刀を見ればわかる。コレ、拙者の持論。
 
 
 ////////////////////////////////////////////////////////////////
メルマガ全文を読む
 
 
メルマガ名
武道通信かわら版
発行周期
月2回
最終発行日
2017年05月20日
 
発行部数
1,009部
メルマガID
0000036568
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
スポーツ・アウトドア > 格闘技 > その他

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

 

▲ページトップへ

▲ページトップへ