お魚よもやま情報

  • ¥0

    無料

著者サイト

お魚のことをもっと知りたい、食べたい、料理したい、そんなお魚好きのあなたに贈るお魚の雑学辞典です。ちょっとタメになって面白い、お魚よもやま話とプレゼントクイズを<ハマの魚河岸>からお届けします。________ 無料 mail magazine

   

メールマガジン最新号

*********************************************************

 □■□ お魚よもやま情報 2008年10月号 □■□

*********************************************************

一ヶ月のご無沙汰です。秋本番、朝晩の空気に冷たさを感じるようにな
ってきました。紅葉前線もどんどん南下しています。
さて、今月のお題です。当メルマガのタイトルは「お魚」ですが、今回
は少々枠を拡げて「海の生物」、それも「地球上最大の動物」の話をお
届けします。それは古くは「勇魚(いさな)」と呼ばれた、クジラの話
です。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
>> 目 次 <<
1.地球上最大の動物の話
2.お魚よもやま情報資料館10月号
3.読者の皆さんの広場で〜す!
4.横浜市場まつり2008のお知らせ
5.プレゼントクイズ9月号当選者発表
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

1.地球上最大の動物の話
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
店頭で見かけることがめっきり減ってしまいましたが、根強いファンに支えら
れて、クジラは今日も日本の食卓に登場しています。そのファンとは主に「戦
争を知らない子供たち」以前の世代、今やお父さん、お母さん、あるいは若い
おじいちゃん、おばあちゃんから上の世代です。その次の世代になると人気・
知名度はぐっと下がります。「えっ、クジラって食べるの?可愛そう・・・」
と、真剣な眼差しで問われるかも知れません・・・(^_^;)。

▼クジラってこんな動物です・・・
 大洋を悠然と泳ぎ回るクジラ、その巨体は太古の恐竜を凌ぎ、地球上最大の
 動物と言われます。海に生息しますが、もちろん魚類ではなく哺乳類です。
 テレビや水族館でお馴染み、人気者のイルカは、クジラとは別種と思われが
 ちですが、同じクジラ目に分類される同じ種類の動物です。しかも、その名
 前の境目が判りにくいのです。成長しても全長が4m以下の小型鯨類をイル
 カと呼んで区別しているに過ぎません。

 クジラはその特徴から「ヒゲ鯨類」と「歯鯨類」に大別されます。
 ヒゲ鯨類には歯がなく、上あごに密に並んだヒゲ板によって主にオキアミ類
 などの動物プランクトンを濾し取って食べます。シロナガス鯨、ザトウ鯨、
 セミ鯨、ミンク鯨など11種がいます。
 歯鯨類は一生抜け替わらない歯を持ち、イカを始め様々な魚類を食べます。
 マッコウ鯨、ツチ鯨、ゴンドウ鯨類、シャチ、真イルカ類など69種が確認
 されいます。

▽クジラの大きさと寿命
 巨大で長寿と言われるクジラですが、その大きさをイメージできますか?
●シロナガス鯨:体長約25m体重約100〜120t 寿命は最長120歳
●ナガス鯨:体長約21m・体重約45〜75t 寿命は平均100歳以上
●セミ鯨:体長約13.5m・体重約40〜80t 寿命は定かではありませ
 んが、最近推定130歳のセミ鯨がアラスカで捕獲されたという報告があり
 ます。ちなみにその年齢測定は科学的なものではなく、1880年前後に製
 造された爆薬銛(もり)の破片が体内から発見されたからだそうです。
●ザトウ鯨:体長約12.9m・体重約25t〜30t 寿命は77歳
●ミンク鯨:体長約8m・体重約8t 寿命は約50歳
●マッコウ鯨:体長約15m・体重約45t 寿命は77歳
●ツチ鯨:体長約11m・体重約11t 寿命は83歳

 中でも最も巨大なシロナガス鯨の心臓は600kg、舌は2500kg以上
 もあり、大動脈の直径は20cm以上もあるそうです...<;O_o>
 また、クジラの寿命は、ヒゲ鯨類は耳垢栓の年輪のような模様で、歯鯨類は
 歯の成長層の年輪状の模様で測定します。

▽クジラの起源・・・祖先は?!
 約6500万年前、陸上で生活していたクジラの祖先は、次第に未知の海へ
 生活の場を求めていきました。生存競争に敗れて陸を追われたのか、豊富な
 食料を求めて自ら乗り出したのか、その動機は定かではありませんが、とに
 かく、海へ向かったのです。近年発見された化石の研究の結果、その祖先は
 ラクダやウシ、カバなどの偶蹄類から分岐したことが判りました。中でも、
 ラクダの祖先から分岐した可能性が高いという説が有力です。

▼生態
 クジラの行動範囲は種類によって様々です。大洋狭しと大回遊をする筆頭は
 ヒゲ鯨類のザトウ鯨です。1年に回遊する距離は、地球半周分に相当する2
 万kmを超えます。夏にはプランクトンが大発生し、オキアミや魚類などの
 エサが豊富になる極海へ。十分な栄養を蓄えると、冬には繁殖のため熱帯の
 海へと移動します。

 妊娠期間はヒゲ鯨類では約1年、歯鯨類はそれより長い傾向があり、マッコ
 ウ鯨では16ヶ月に及びます。シロナガス鯨はすべてがジャンボで、産まれ
 たばかりの幼児の全長は7m、体重は2.5t。毎日400〜500リット
 ルもの母乳を飲み、毎日100kgずつ成長すると言います。それもそのは
 ず、この母乳には人間の母乳の8倍ものタンパク質が含まれているのです。
 親クジラの食欲ももちろん旺盛です。冬の南極海では、1日に3.5tもの
 オキアミ類を平らげます。しかし、これは「食い溜め」で、他の期間には一
 切食事をしません。体内に巨大な栄養保存設備を備えているようです。

 乳幼児は普通、半年あまりで乳離れします。この頃には、体長14〜15m、
 体重20tに達しています。この後もしばらくは親と一緒に生活し、8〜1
 0歳で成熟します。

 一方、大洋規模の大きな回遊をしないで、一定海域で小規模な回遊をするク
 ジラたちもいます。日本近海には現在でも、ツチ鯨やゴンドウ鯨などの小型
 鯨類が回遊しています。

▽潮吹き!?
 クジラと言えば「潮吹き」。写真でもイラストでもお決まりの姿ですね。と
 ころで、吹いているものは本当に潮(海水)なのでしょうか。いいえ、実は
 あれは空気でした。クジラが呼吸のために吸い込んだ大量の空気を小さな孔
 から吐き出すために圧縮し、勢いよく吹き出した瞬間に膨張することによっ
 て、中に含まれた水蒸気が凝縮するために起きているのです。
 この潮吹きもクジラの種類によってパターンが違います。1本、2本、斜め
 45度などです・・・。興味のある方は調べてみて下さい(^^)。

▼名前の由来・・・クジラと日本人
 クジラと人間との関わりは、有史の遙か以前、洞窟壁画の時代にまでさかの
 ぼります。日本近海にもたくさんのクジラが生息していましたので、その付
 き合いは古いはずですが、確認されているのは縄文時代以降です。
 当時は、大きなクジラを捕まえることなどできようはずもありません。「寄
 鯨」と言って、死んだり傷ついたクジラが漂着したものか、「流鯨」と言っ
 て、沖に漂流しているクジラを引き揚げたものだけです。天の恵みのクジラ
 を食料や骨器の材料として利用しました。

 名前の由来は定かではありませんが、大きな口を持つことから「口広(クチ
 ビロ)」と呼んでいたのが訛ったとする説や、体色が黒と白であるることか
 ら「黒白(クロシロ)」が訛ったとする説などがあります。
 すでに古事記(712年)には「久治良」という魚が登場します。万葉集(
 759年)には、イサナという読みで鯨魚、不知魚、勇魚、伊佐魚などの表
 記が登場します。これは古代朝鮮語で大きな魚を意味します。もちろんクジ
 ラのことです。

▼漁法
 大型船の建造が禁じられ、鎖国が続いていた日本では、クジラ漁も長い間進
 歩しませんでした。それはクジラの利用方法が主に食用だったため、需要が
 少なかったことも大きな理由です。それが17世紀(江戸中期)に鯨油駆除
 法(水田の害虫防除)が発案され稲作の必需品として需要が増大し、一躍、
 脚光を浴びる存在になりました。船団を組んで組織だった捕鯨の始まりです。
 (和歌山県太地町の網元が考案)近海の資源量が豊富だったため、大いに成
 果を上げ、19世紀初頭にはピークを迎えましたが、「古式捕鯨」の域を出
 るものではありませんでした。気付いた時にはすでに、日本近海のクジラは
 米国を始めとする外国の最新鋭の捕鯨船団によって、捕り尽くされていたの
 です。

▽欧米の開国圧力・・・クジラ漁のため!?
 欧米での捕鯨の歴史は日本より遙かに古く、航海術や漁法の発達も目覚まし
 いものがありました。それは鯨油の需要が高かったためです。食用ではなく、
 ランプやローソク、後にはマーガリンの原料としての油を取るために捕鯨が
 必要だったのです。特にこの需要の高まりは、米国の西部開拓時代と重なり
 ます。これは石油が実用化されるまで続きました。
 幕末にペリーが来航し開国を迫った理由の一つは、捕鯨船のための補給基地
 の確保でした。

 産業革命後の汽船の著しい進歩に加え、1863年にノルウェーで捕鯨砲が
 開発されたことにより、捕鯨新時代が始まります。そして、1901年に南
 氷洋でクジラが発見されると、世界の捕鯨国が殺到します。日本の初出漁は
 1934年(昭和9年)のことでした。
 南氷洋でのクジラ乱獲は凄まじいもので、特に大型種はわずか50年あまり
 でほとんどを捕り尽くしてしまいました。

 国際自然保護連合のレッドリストで「絶滅危機種」に指定されているクジラ
 類はシロナガス鯨、ナガス鯨、セミ鯨、イワシ鯨などです。

▼くじら論争
 戦後の食糧難の時代以降、学校給食にもよくクジラが登場しました。日本が
 商業捕鯨を中止したのは1988年(昭和63年)のことですから、昭和時
 代に義務教育を受けていた世代は、給食で食べたことのある人が多いのです。
 そんな体験から「クジラは懐かしいもの。安くて美味しいもの」と記憶に留
 めているのでしょう。戦後復興期から高度成長期がクジラと重なっているた
 め、日本人にとってクジラは心情的にも特別なものになったようです。

 ところが、欧米人にとってはクジラは単なる「燃料」。効率の良い代替燃料
 が得られれば不要なのです。資源量の枯渇に直面した、かつての主要捕鯨国
 は次々と商業捕鯨から撤退し、折からの自然保護、動物愛護運動の高まりに
 乗り換えて、一斉に捕鯨反対を叫び出しました。
 取り残された日本は、世界から非難を浴びることになりました。
 本来、地球上の貴重な資源の一つであるクジラだけを倫理問題にすり替えら
 れたと日本人が受け取っているため、感情的なっている面もあるようです。
 もはや、資源量が復活したかどうかとは無関係になってしまいました。

 現在、国内で流通しているクジラは、国の管理の下、調査捕鯨と小型沿岸捕
 鯨で捕獲された合法的なものです。とは言え、これさえも反捕鯨国、団体か
 らは痛烈に非難されていますが。

▼クジラパワー全開!
 クジラの赤身が牛や豚、鶏肉と比べて高タンパク、低脂肪、鉄分やビタミン
 Aも豊富な優良食材であることは昔からよく知られていました。最近は特に、
 生活習慣病の予防にも様々な効果のあることが注目されています。また、食
 物連鎖の頂点にいるため、重金属等の蓄積が心配される面もありますが、南
 極海のミンク鯨は汚染物質がほとんどないことが、調査捕鯨で証明されてい
 ます。

▼エンジョイ・クッキング・・・
 刺身、すき焼き、ステーキ、竜田揚げ、汁物、鍋物、煮付け等々、各地の郷
 土料理も含めると、数知れぬほどの料理方法で昔から親しまれてきました。
 それも身肉はもちろん内臓から皮に至るまで、捨てるところがないと言われ
 るほど食されてきたのが、日本人にとってのクジラなのです。

----------------------------------------------------------------------
2.「お魚よもやま情報資料館」10月号
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
▼当メルマガで取り上げたお魚の中で、目にする機会の少ない「噂のお魚」の
 画像もご覧いただけます。

●画像:・市場に入荷したクジラ肉・加工品の画像4点
●レシピ:クジラの中華炒め・スープ・サラダ・揚げギョウザ
     http://fishpower.co.jp/form2/magazine0810.html

----------------------------------------------------------------------
3.読者の皆さんの広場で〜す!
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
前回も「魚介名当てクイズ」にたくさんのご応募と、コメントをいただきまし
てありがとうございます。その中からほんの一部を紹介させてもらいます。

▽<品川区:Yさん> 芝海老ですと、浅草に美味しい芝海老天丼を食べさせ
 るお店がありますよ。確か、2月までが生の芝海老が食べられると記憶して
 います。
▲シバエビのかき揚げは美味いですね!食べさせてくれるお店が少ないのが残
 念です。

▽<神戸市:Iさん> 結構 楽しみにしていたので、次号で最終とは かな
 り残念です。 なんとかなりませんか!
▲当メルマガの過去データを見ていたら、創刊間もないときにIさんの名前を
 見つけました。長い間、お付き合いありがとうございました<(_ _)>。
 
▽<静岡県:Sさん> 長い間、本当に有り難とうございました。クイズにも
 数回当たりご馳走になりました。残念ながら今回の勇魚は判りませんでした
 が、それよりも残念なのは次回で終了になること。これまでの情報は全てテ
 キストに保存してあり、時々再読しております。HPのURLはお気に入り
 に入れてありますので、続編を楽しみに期待して覗かさせていただきます。
▲こちらこそありがとうございました。どうぞHPの方もよろしくお願いしま
 す_(._.)_ 。

----------------------------------------------------------------------
4.横浜市場まつり2008のお知らせ
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 毎年恒例の<横浜市場まつり>が今年も開催されます。
▼タイトル:横浜市場まつり2008
▽メインテーマ:横浜市場から感謝を込めて
        おいしさ発信 安心・安全は横浜市場から
▼日時:平成20年10月19日(日) 9:00〜14:00
▽会場:横浜市中央市場本場水産物部 横浜駅東口より徒歩15分
▽イベント内容:
・マグロの解体実演即売・フレッシュバザー(・野菜・果物 ・鮮魚)
・青果模擬セリ実演・幸ヶ谷小学校鼓笛隊パレード・チャリティバザー 
・模擬店:魚河岸にぎり寿司・松茸ご飯・炭火焼さんま・横浜牛試食販売
・ちびっこランド(楽しい遊びがたくさんあります!)

----------------------------------------------------------------------
5.プレゼントクイズ9月号当選者発表
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
▽下記の当選者の方には、1週間以内にプレゼントを発送します。
(9月号の答えは「くじら」でした。)
【当選者】・日下様(札幌市)・北川様(金沢市)・市野様(神戸市)
     ・小林様(横浜市鶴見区)・丸山様(東京都練馬区)

------------------------------------------------------------------------
▲編集後記
蛇足ですが、ピノキオが飲み込まれたのはクジラですよね。ところが原作では
それはサメで、そしてサメの中で初めにあったのはおじいさんではなくマグロ
だったそうです(^_^;)。 ・・・「クジラの話」おしまい。

魚食大国である日本は、資源保護に対してもリーダーでなければなりません。
そういう意味では、痛切に反省しなければならない歴史がたくさんあります。
自然との共生が最重要のテーマですね。

長い間「お魚よもやま情報」を読んで頂きありがとうございました!
それでは、また当HP上でお会いしましょう。お元気で!(^.^)/~~~


eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeemail
メールマガジン:お魚よもやま情報
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeemail
<発行者>
〒221−0054
横浜市神奈川区山内町1番地
株式会社 進 航 会
発行責任者 宮井 正
TEL 045-461-6983(代)
FAX 045-461-5679
http://www.shinkokai.co.jp
e-mail magazine@shinkokai.co.jp
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeend
メルマガ全文を読む
 

このメルマガは現在休刊中です

 
メルマガ名
お魚よもやま情報
発行周期
月刊
最終発行日
2008年10月17日
 
発行部数
0部
メルマガID
0000037166
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
ニュース・情報源 > 雑学・豆知識 > 生活

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

 

▲ページトップへ

▲ページトップへ