Daily SBI EXPRESS

  • ¥0

    無料

SBIグループのオンライン専業証券、SBI証券より毎日の指標や市況コメント、当社の最新情報等をお届けします。DailyとWeeklyあわせてどうぞ。

著者サイト
   
 

このメルマガは現在休刊中です

 
メルマガ名
Daily SBI EXPRESS
発行周期
日刊(平日)
最終発行日
2010年02月26日
 
発行部数
0部
メルマガID
0000038895
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
マネー > 株式 > 投資情報

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

メールマガジン最新号

━━━━━━━━━━━━━━━━ Vol.2,448(2010年2月26日発行) ━━━
 SBI証券の提供するメールマガジン【Daily SBI EXPRESS】
 毎日の市況・最新情報をお届けします。 http://www.sbisec.co.jp
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 本日をもちましてメールマガジンのサービスを停止させていただきます。
これまでご愛読いただいた皆様に厚く御礼申し上げますと共に、
今回のメールマガジンサービスの停止に対し、寛容なるご理解をいただければ
  幸いに存じます。
引き続き当社をどうぞよろしくお願い致します。

  目次
☆------------------------------------------------------------------☆
 1 本日の市況概要(国内株・為替・NY市場)
 2 個別銘柄動向
 3 本日の国内市況&明日の戦略/今晩の為替&NY市場
 4 商品・サービス案内
 5 オンライン・支店セミナー情報!
 6 窓(ギャップ)による買い(転換・継続)、売り(転換・継続)銘柄一覧

―――――――――――――――――――――――――――――――――――
 1 ☆本日の市況概要(国内株・為替・NY市場)
―――――――――――――――――――――――――――――――――――
 ・日経平均株価 10,126円03銭 (+24円7銭)
 ・日経225先物 10,100円
 ・TOPIX   894.10ポイント           (+2.69)
 ・日経JASDAQ平均 1,211円5銭 (+3円6銭)
 ・出来高概算 15億7,611万株
 ・売買代金概算 1兆1,529億37百万円
 ・時価総額概算 299兆2,043億円

 ※日経225先物の現在値は16:57現在のものです。
 詳細はこちら http://search.sbisec.co.jp/v3/ex/market_index.html
----------------------------------------------------------------------
【26日の主なテクニカル指標(日経平均株価ベース、カッコ内は前営業日)】
 ・騰落レシオ(25日平均)=74.61%(75.62%)
  ――下落、中立ゾーン

 ・RSI(14日平均)=52.30%(42.83%)
  ――上昇、中立ゾーン

 ・25日線とのカイ離率=-0.96%(-1.48%)
  ――マイナスカイ離是正、中立圏に接近

 ・サイコロジカルライン=7勝5敗・58.33%(6勝6敗・50.00%)
  〇〇●〇〇〇●〇●●●〇
  ――中立ゾーン

  
 各種テクニカル指標の用語説明・計算式はこちら
 http://search.sbisec.co.jp/v2/popwin/info/home/pop6040_mailyougo.html
----------------------------------------------------------------------
【SBI証券出来高ランキング】
 
 【買い】
 順位 銘柄               市場 出来高
 1 川崎汽船                東証 10,843,100
 2 アプラス                 大証 7,000,500
 3 アイビーダイワ               JQ      6,300,000
 4 ジーエス・ユアサ コーポレーション    東証 5,964,108
 5 明電舎                   東証 4,986,010

 【売り】
 1 アイビーダイワ      JQ  16,404,001
 2 川崎汽船              東証 13,214,000
 3 アプラス            大証   7,202,000
 4 ジーエス・ユアサ コーポレーション      東証 6,621,205
 5 明電舎         東証 4,974,000

出来高ランキング詳細はこちら
 http://search.sbisec.co.jp/v3/ex/et_quantity.html
----------------------------------------------------------------------
 【為替】

 ・ドル/円 89.31 (+0.18)     (17:10現在)
 ・ユーロ/円 121.16 (+0.42)   (  〃  )
 ・ポンド/円 136.19 (+0.15) (  〃  )
 ・豪ドル/円 79.26 (+0.12) (  〃  )
 ・NZドル/円 61.94 (+0.31) (  〃  )
 ・南ア・ランド/円 11.4664 (-0.0049) (  〃  )
 ・ブラジルレアル/円 48.9640 (+0.0990) (  〃  )
 ・ロシアルーブル/円 2.9714 (+0.0020) (  〃  )
 ・トルコリラ/円 57.6501 (+0.2727) (17:18現在)

 ※前日比は終値の午前6時15分を基準値としております。
詳細はこちら http://search.sbisec.co.jp/v3/ex/market_exchange.html

----------------------------------------------------------------------
 【NY市場】
 ◇S&P500先物   1106.00ポイント(+3.75)  (16:00現在)
◇ナスダック100先物 1818.00ポイント(+4.50)   (16:00現在)
 
 
 ※ご参考(2/25終値) NYダウ 10,321.03(-53.13)
----------------------------------------------------------------------

―――――――――――――――――――――――――――――――――――
 2 ☆個別銘柄動向 2月26日(金) 提供:モーニングスター(株)
―――――――――――――――――――――――――――――――――――

 ●8267 イオン 914円 +26円
 反発。ゴールドマン・サックス証券では25日付で、投資判断を「ニュートラ
 ル」(中立)から「Buy」(買い)へ引き上げた。小売セクターを取り巻く環
 境について、マクロ経済の回復や子ども手当効果などで、力強さはないもの
 の今後消費が底入れすると予想。割安専門店とイオンへの投資を推奨すると
 している。

 ●8801 三井不 1,500円 +10円
 反発。クレディ・スイス証券が25日付で、三井不を取り上げたことを材料視。
 同証券では、同社について、不動産を購入するための資金余裕があるうえ、
 3つのJ-REIT(不動産投資信託)のスポンサーになっていることから、「J-
 REITへ物件を売却することでキャピタルゲインの計上が期待できる」として
 いる。

 ●9684 スクエニHD 1,785円 +18円
 反発。ゲームソフト大手で、26日に会社側が、ニンテンドーDS用ソフト「ド
 ラゴンクエスト9 星空の守り人」を今夏に北米・欧州・豪州で発売すると発
 表したことを材料視。国内では昨年7月に発売されたドラクエ9は、出荷数415
 万本を突破するメガヒットとなっている。

 ●9766 コナミ 1,666円 +47円
 続伸。メリルリンチ日本証券が26日付で、同社の投資評価を「アンダーパ
 フォーム」から「中立」へ、目標株価は1,500円から1,700円に引き上げ。10
 年3月期の大幅な下方修正リスクが縮小したことが主要因。11年3月期は増益
 転換が予想され新作プロモーションの本格化など話題性も多くなると指摘。

 ●6701 NEC 247円 +6円
 反発。25日、中期経営計画を発表した。13年3月期に連結売上高4兆円(10年
 3月期計画は3兆6,600億円)、営業利益2,000億円(同600億円)、純利益1,000
 億円(同100億円)を見込む。クラウド・サービス関連の事業拡大を図るほ
 か、収益体質強化に向けた取り組みを行う。13年3月期連結売上高目標4兆円
 のうち、海外で25%の1兆円の売上を計画している。ただ、市場では、中計
 の目標値達成への可能性に対する疑問がある。シティグループ証券では25日
 付で、投資判断「2H」(中立/高リスク)、目標株価を300円を継続した。
 同証券では、ITとネットワークを軸とする、海外での売上成長を追求する、
 通信とITが融合する新分野に事業機会を求めるなど、明確な戦略が打ち出さ
 れた点については好印象と評価。半面、数値目標はリスク含みと指摘してい
 る。野村証券では26日付で、投資判断「2」(中立)、目標株価279円を継続
 した。同証券では13年3月期連結売上高4兆円という目標数値に対して、「半
 導体事業を連結から外すため年率売上成長率は8%、11年3月期を起点にする
 と実質年率12%の売上成長が必要」と判断。「過去の実績などから判断して
 現実的な数値目標とは思えない」として、「成長を急ぎ過ぎるリスクを指摘
 したい」としている。

 ●7202 いすゞ 223円 +5円
 続伸。シティグループ証券が26日付で、同社の投資評価を「2H」(中立・高
 リスク)から「1H」(買い・高リスク)へ、目標株価は200円から310円に引
 き上げ。需要が激減していたトラックが、09年秋からアジアなどでは需要回
 復の兆しが見え始めてきたと指摘。特にタイ子会社の収益拡大は大きなプラ
 ス材料と。


―――――――――――――――――――――――――――――――――――
 3 ☆本日の国内市況&明日の戦略
☆今晩の為替&NY市場 提供:モーニングスター(株)
―――――――――――――――――――――――――――――――――――
 【東京市場】

 26日の東京株式市場で、日経平均株価は前日比24円高の1万126円と
 4日ぶりに反発。

 3日続落の反動や、円相場の落ち着きを反映し、買いが先行した。一巡後は
 小高い水準でもみ合い、動意の乏しい展開が続いた。業種別では、全33業種
 中24業種が上昇。ゴム製品、石油・石炭製品、証券、小売、輸送用機器など
 が業種別値上がり率上位。保険、精密機器、電力・ガス、電気機器、パル
 プ・紙などが値下がり率上位。日経平均株価プラス寄与度上位はトヨタ、セ
 コム、ソフトバンク、コナミ、ブリヂスなど。マイナス寄与度上位は京セラ、
 ファストリテ、ガイシ、電通、キヤノンなど。売買代金上位はトヨタ、三菱
 UFJ、三井住友、GSユアサ、日産自など。

 25日の米国株式市場は、NYダウ、ナスダック総合指数とも反落。米週間の新
 規失業保険申請件数が49万6,000件と市場予想の46万件から悪化。足元の雇用
 の厳しさを嫌気し、NYダウは一時180ドル以上下落する場面がみられた。た
 だ、引けにかけて、ハイテク株を中心に買い戻され下げ幅を縮小した。
 
 来週(3月1日-3月5日)の東京株式市場は、円相場にらみに小動きか。日経
 平均株価の上値は25日移動平均線、下値は200日移動平均線が意識される。来
 週は国内外とも雇用や個人消費に関わる経済指標が多い。米国については
 「1-2月は豪雪の影響がでる」(国内投信)ため、過度の期待は持ちにくく、
 欧州ではソブリンリスクが引き続き警戒される。円相場は高止まりしており、
 円の上昇基調が続くようなら、日経平均は1万円割れの可能性が高い。

 足元の日本株は市場関係者の多くが指摘する「1万-1万500円」のレンジ内に
 納まっているが、26日は24円高の1万126円と上げ幅も小幅で、月足チャート
 では2カ月連続の陰線を形成。海外勢とみられる買いに市場が沸いた1月初旬
 とは空気が変わり、上値の重さをうかがわせる。


--------------------------------------------------------------------
 【為替市況】

今晩のNY為替の読み筋
  ――ユーロの下値めぐり見方割れる、「ドル買い、円買いはいったん調整
    局面迎えた可能性」

 26日のNY外国為替市場では、週末のポジション調整を中心とした動きとなり
 そうだ。米経済指標などの結果を受けて各通貨ペアが上下することはあって
 も、「さほど大きな方向感は出ない」(大手証券)とみられる。ドル・円に
 ついては、引き続き88円台では底堅いとの見方が優勢だ。NY時間には、1月
 中古住宅販売、2月シカゴPMIなどが発表される。ただ、「最近はその時々の
 センチメント次第で、弱い指標に反応してみたり強い指標に反応してみたり
 と方向が定まっていない」(大手邦銀)といい、来週末の2月米雇用統計の発
 表を前に大きな流れは生まれにくいだろう。

 ユーロの下値をめぐっては、引き続き強弱対立した見方が聞かれた。「ギリ
 シャのソブリンリスクをめぐる問題は材料として陳腐化している。ユーロ・
 ドルは1.34ドル近辺、ユーロ・円は119円台60銭近辺がひとまずの底とみて
 いいのではないか」(FX会社)との声が複数あった。その一方で、「相変わ
 らず何が飛び出るか分からない状況。26日NY時間も材料次第ではユーロがさ
 らに売り込まれる展開もありうる」(前出の大手邦銀)と警戒する声も聞か
 れた。

 ここまで、米国のファンダメンタルズの相対的な底堅さや欧州圏でのソブリ
 ンリスクなどを背景にドル高トレンドが続いてきた。前出のFX会社では、こ
 うしたドル高の流れが基調としては今後も続くと予想する一方、「いったん
 調整の局面に差し掛かった可能性がある」とみている。ユーロ・ドルは1.34
 ドル近辺、ポンド・ドルは1.50ドル近辺がその分岐点となる可能性があると
 いう。リスク回避の局面で買い進まれてきた円についても同様の見方ができ、
 ドル・円は89円割れの水準、ユーロ・円は119円-120円の水準がポイントと
 の見解を示した。


 --------------------------------------------------------------------
 【NY市場】

 今晩のNY市場の読み筋=ダウは底堅い展開か、為替動向などに留意、経済指
 標は1月中古住宅販売件数に注目

 26日の米国市場で、NYダウは底堅い展開になると予想する。ギリシャ問題を
 受けた欧州市場・為替相場の動きを背景に、経済指標の結果を睨んだ流れと
 なろう。

 ギリシャ問題では、前日の信用格下げ観測報道に加え、ギリシャが次に発行
 する国債をドイツの大手行が購入しないと伝えられるなど、関連報道が相次
 いでいる。ギリシャ政府が財政再建に向けての具体的な実施計画を提出する
 3月中旬までは、米国市場も不透明要素を抱え続けた状況を余儀なくされる
 とみている。

 経済指標では、1月中古住宅販売件数が注目される。市場予想平均は、季節調
 整済みの年率換算で550万戸(前月は545万戸)。2月CB消費者信頼感指数(23
 日)、1月新築住宅販売件数(24日)が市場予想を下回ったほか、週間の新規
 失業保険申請件数(25日)も悪化するなど、直近、景気回復期待の後退につな
 がりかねない指標が続いている。1月中古住宅販売件数も下ブレた場合には、
 格好の売り材料となるだろう。

 ただ、その場合でも下値は堅いだろう。バーナンキFRB(米連邦準備制度理事
 会)議長の議会証言で低金利政策の継続が確認されたことが下支え役を果た
 すと予想されるためだ。前日のダウが売り一巡後に下げ渋ったことも、その
 表れとみている。
 (日付は現地時間)


―――――――――――――――――――――――――――――――――――
 4 ☆商品・サービス案内
    【即時口座開設】思い立ったその日から株式取引ができる
―――――――――――――――――――――――――――――――――――

 ☆全国の支店、金融仲介業者の店舗でSBI証券の口座を開設いただけます☆
  
  現在74店舗(2010/2月現在)
  順次店舗網を拡大していきます!


 [サービス概要]
  SBI証券では、支店及び金融商品仲介業者の一部店舗での即時口座開設が
  可能です。(大手ネット証券初)

  口座開設日当日より株式注文も可能で、「一般簡易サイト」をご利用いた
  だくとリアルタイム株価をはじめ豊富な情報の確認ができます。
 

 [口座開設お申込みの際にご用意いただくもの]
  1.お届け印
  2.振込先金融機関口座
  3.本人確認書類


 
         ▼詳細についてこちらから▼
    http://search.sbisec.co.jp/v3/ex/home_shop.html

―――――――――――――――――――――――――――――――――――
 5 ☆オンライン・支店セミナー情報!
≪新宿≫3/13 「激動の世界経済と株式市場の注目テーマ」
(主催:株式会社SBI証券)/
IRセミナー(主催:パラカ株式会社)
―――――――――――――――――――――――――――――――――――

■第1部 激動の世界経済と株式市場の注目テーマ(主催:株式会社SBI証券)

毎朝のモーニングレポートでおなじみの当社投資調査部長鈴木による
株式相場セミナー!

毎朝聞いているSBIモーニングレポートの講師のセミナーを生で聞きたい!
激動の予感がする2010年の世界経済をわかりやすく知りたい!
鈴木が注目するテーマと銘柄を知りたい!
そんなあなたにオススメのセミナーです。


気になる来年の相場見通しと注目テーマについて生で聞いてみませんか?

■第2部 IR会社説明会(主催:株式会社パラカ)

当社は、いわゆる「100円パーキング」「コインパーキング」と呼ばれる
駐車場を、全国で1,000カ所以上、1万台分の駐車スペースを持っています。

駐車場は、道路と同じく社会に無くてはならないインフラです。
「日本の駐車場不足を解消し、快適なクルマ社会を実現する」という経営
理念のもと、1997年の創業以来一貫して駐車場の開発・運営のみを行って
参りました。

2009年9月期は、リーマンショックに続く100年に一度の大不況という厳し
い事業環境にもかかわらず、売上高、経常利益共に過去最高を記録するこ
とができました。

コインパーキングビジネスは不況のさなか、1992年に生まれました。
その後、不況の度に大きく成長してきた業界です。なぜなら、不況下では
駐車場の利用は減少するものの、土地の暫定利用のニーズが増し、駐車場
の供給を増やすことができるからです。
逆に、景気が良くなると、土地が駐車場以外の用途に利用されるため駐車
場の供給は減少しますが、駐車場利用は促進されます。

このように、景気の波に合わせて戦略をとることにより景気に左右されず
に事業を拡大することができるのです。それでは、駐車場ビジネスの最大
のリスクは何でしょうか。

それは景気回復時の「土地オーナーからの解約」です。この解約リスクを
低減するために当社がとっている施策は何か。

皆様のセミナーのご参加を心よりお待ち申し上げております。


 ■開催日時 2010/3/13(土) 13:00~15:00 開場12:30

 ■会場   SBI証券新宿支店(SBIマネープラザSBI証券新宿店)

 ■プログラム
  第1部 13:00~13:50 「2010年の相場見通しと注目テーマ」
            (主催:株式会社SBI証券)
            講師:当社投資調査部長 鈴木英之

  第2部 14:00~15:00 IR会社説明会(主催:パラカ株式会社)
講師:代表取締役 内藤亨 氏


 ■定員   130名 ※定員になり次第締切らせていただきます。


             ▼詳細はこちら▼
   http://search.sbisec.co.jp/v3/ex/home_seminar_100313.html
  SBI証券新宿支店(SBIマネープラザSBI証券新宿店) 03-3342-2711(代表)


―――――――――――――――――――――――――――――――――
 6 ☆ 窓(ギャップ)による買い(転換・継続),売り(転換・継続)銘柄一覧
                   提供:(株)マーケットバンク
―――――――――――――――――――――――――――――――――
<買い転換>  
  コナミ(9766),いちよし証券(8624)

<買い継続>
  科研製薬(4521),デサント(8114),ミツミ(6767),いすゞ自動車(7202)
  エムティーアイ(9438),JFEHD(5411),芙蓉総合リース(8424)

 <売り転換>
パイオニア(6773),T&Dホールディングス(8795)

 <売り継続>
クボテック(7709),NECエレクトロニクス(6723),CSKHD(9737)
住友大阪セメント(5232),ニプロ(8086),日本製紙グループ(3893)
 
(コメント)
昨日は欧州連合(EU)財務相理事会による財政再建計画承認を受けてひとまず
沈静化したかにみえたギリシャ財政への懸念が再び拡大し,ユーロが急落す
ると同時に円が全面高となった。
25日の米ダウ平均は一時,190ドル安まで売られたが53ドル安の1万0321ドル
で終えることが出来た。
 日経平均株価は米ダウ平均が急速に戻し,東京外為市場でユーロが買われ円安
 に戻った安心感から反発したが勢いはない。一時は1万0085円まで売られ,200
 日移動平均の1万0025円を意識する場面があった。

 米株式市場は予想を下回る経済指標が発表されても下落は限定的で底固さを
 感じる。大手銀行バンカメは昨日も上昇し,この8日間上昇基調が続いている。
 今晩は米国で2月の米消費者態度指数,10~12月期の米実質国内総生産(改定値),
2月の米シカゴ購買部協会景気指数,1月の米中古住宅販売件数と言った重要な
経済指標が発表される。その内容を好感してダウ平均が2月19日に付けた戻り
 高値(10438ドル)を一気に超えれば強い上昇基調が続く可能性が高い。
 米国株高⇒ドル高⇒円安⇒ユーロ高⇒欧州株高⇒日本株高というような好循環
 に期待したい。
 ただ,ヘッジファンドはユーロは絶好の売りチャンスと捉え,1ユーロ=1ドルと
 言った声も聞こえる。為替市場にせよ,株式市場にせよ投機筋やヘッジファンド
 の影響力が非常に強く個人投資家にはやり難い市場になってきた。

  買い継続のJFEホールディングス(5411)に注目 株価3305円
  2月17日以降株価は上昇基調で推移している。中国株式市場が3日間堅調に
  推移している事も支援材料となっている。先高感が高まってきた。
                              (岡 山)
=== PR ==============================================================
マーケットバンクの無料メルマガ☆簡単登録で役立つ投資情報が毎日配信!
     本日で終了になります!! 登録はお早めに!!
∞──∞────────────────────────────∞─∞
 弊社が掲載させていただいているSBI証券無料メルマガですが、
 本日26日をもって終了となります。
 
 引き続き弊社からの銘柄・マーケットコメントをご希望の方は、
 弊社の無料メルマガ「マーケットバンク通信」にご登録ください!!
 役立つ情報や、自信を持って推奨する個別銘柄など満載です!お楽しみに☆

 ↓↓アドレスを入力するだけなので簡単!ご登録は下記ページから↓↓
     http://www.marketbank.jp/mailmagazine/index.html
∞─∞────────────────────────────∞─∞
 ●○無料セミナー土曜日(3/6)開催!!気になる見通しを岡山が解説○●
日本初の資産運用コンテスト「第一回S1グランプリ」優勝者の相場観
    
  3月6日(土) 14:30~ ↓↓<お申し込みは>↓↓
   https://secure.marketbank.jp/smns/ey.cgi?w=2010013012375321  
 ∞─∞────────────────────────────∞─∞
●○●○● ↓↓ 無料トライアルをお試しください ↓↓ ●○●○●
         http://marketbank.jp/standard/index.html 
 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
発行:株式会社マーケットバンク http://marketbank.jp
〒111-0041 東京都台東区元浅草2-7-5モダンビル2階 TEL:03-5807-6655
金融商品取引業者 登録番号:関東財務局長(金商)第1059号
加入協会:(社)日本証券投資顧問業協会  会員番号011-00908
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=
 メールマガジンへのご意見・感想・質問等をお待ちしております。
 頂きましたコメントはより良いメールマガジンの提供に利用させて頂きます。
 http://search.sbisec.co.jp/v3/ex/q_sbi_express.html
-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 お客様は、SBI EXPRESSで提供される情報をお客様自身のためにのみご利用
 するものとし、第三者への提供、再配信を行うこと、独自に加工すること、
 複写もしくは加工したものを第三者に譲渡または使用させることはできませ
 ん。本情報の内容については万全を期しておりますが、その内容を保証する
 ものではありません。また、これらの情報によって生じたいかなる損害につ
 いても、当社および本情報提供者は一切の責任を負いません。SBI EXPRESS
 に掲載されている事項は、証券投資一般に関する情報の提供を目的としたも
 のであり、勧誘を目的としたものではありません。投資にあたっての最終判
 断はお客様ご自身の判断でお願いします。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ※当メールへのご返信によるお問い合わせは受付いたしておりませんので、
 下記URLをご利用くださいますようお願い申し上げます。

■SBI EXPRESSの登録事項の変更・配信停止
 ○弊社WEBサイトよりご登録された方
 http://search.sbisec.co.jp/v3/ex/home_mail.html
 ○まぐまぐよりご登録された方
 http://www.kaijo.com/
 注)SBI EXPRESSのご登録メールアドレスは、SBI証券の口座に登録してあり
 ますメールアドレスと異なります。口座登録のメールアドレスを変更される
 場合は、当社WEBサイトでログイン後、「口座管理」にてご変更下さい。

■弊社サービス等に関するお問い合わせ
 http://search.sbisec.co.jp/v3/ex/home_support.html
 (インターネットでのお問い合わせ/お問い合わせフォーム)

■リクエストフォーム(ログイン後)
 http://search.sbisec.co.jp/v3/ex/requestform.html
 弊社の取扱商品・サービスに関するリクエストや改善のご要望等はこちらま
 でお寄せください。

■口座開設キットのご請求
 <WEBサイト>
 http://search.sbisec.co.jp/v3/ex/home_sogoaccount.html
 <24時間自動音声応答ダイヤル> 0120-995-104
 ※携帯電話、PHSからもご利用いただけます。

-----------------「手数料等及びリスク情報について」-------------------
 本案内に記載のセミナーでは、セミナーでご紹介する商品等の勧誘を行うこ
とがあります。
当社の取扱商品は、各商品毎に所定の手数料や必要経費等をご負担いただく
 場合があります。また、各商品等は価格の変動等により損失が生じるおそれ
 があります。各商品等への投資に際してご負担いただく手数料等およびリス
 ク情報につきましては、SBI証券WEBサイトの当該商品等のページ及び金融商
 品取引法に係る表示並びに契約締結前交付書面等の記載内容をご確認くださ
 い。
 金融商品取引法に係る表示はこちらよりご覧ください。
 http://search.sbisec.co.jp/v3/ex/pop6040_torihikihou.html
======================================================================
 株式会社SBI証券 金融商品取引業者
 http://www.sbisec.co.jp
 TEL.0120-104-214(フリーダイヤル・トーシニイーヨ)
 携帯・PHSからは 03-5562-7530にご連絡ください。
 営業時間:年末年始を除く平日8:00~18:00
住所:〒106-6019 東京都港区六本木1-6-1 泉ガーデンタワー19F
 登録番号:関東財務局長(金商)第44号
 加入協会:日本証券業協会、(社)金融先物取引業協会
======================================================================
メルマガ全文を読む
 

▲ページトップへ

▲ページトップへ