データマイニングで宝物を見つける

  • ¥0

    無料

各企業に蓄積されているあらゆるデータの活用と分析を、特に情報活用能力の高い経営者・管理職の方はもちろん、企業の新入社員の方や、企業に日々蓄積されるデータ・情報を扱おうとする方、統計・データマイニング(データ分析)を習得したい方に超お勧め!

著者サイト
 

メールマガジンを登録(無料)

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。
※ 各サービスで登録しているメールアドレス宛に届きます。

メールマガジンを解除

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
 
 
メルマガ名
データマイニングで宝物を見つける
発行周期
ほぼ 月刊
最終発行日
2017年12月15日
 
発行部数
1,473部
メルマガID
0000041942
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
ビジネス・キャリア > 経営 > コンサルティング

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

メールマガジン最新号

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

データマイニングで宝物を見つける! No.289

 ~ メルマガ放置の反省のつもりが ~

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

配信解除・配信先変更: http://www.mag2.com/m/0000041942.html
  ★まぐまぐ 読者ヘルプ「どうしても解除できないので、助けてほしい」
   http://help.mag2.com/000017.html


==========================================================================
      セミナーのお知らせ
==========================================================================
 
●Excelベースで回帰分析を理解する
2017年12月25日(月)13:00~@東京・茅場町
http://www.kinyu.co.jp/cgi/seminar/292433.html

●Excelベースで時系列データの分析
2018年1月29日(月)10:30~@東京・大井町
http://www.johokiko.co.jp/seminar_medical/AA180173.php
 
==========================================================================
       インターネット番組を始めています
==========================================================================
 
今年(2017年)3月から、インターネット番組を始めました。
いずれ動画の生配信や録画の講座の自主開講、Youtubeでのコンテンツの
アップロードなどをできるようにするため、そのノウハウの蓄積として、
継続しています。

そして12月で40回を超えました。

番組名は「伝えるch.」
「伝えるチャンネル」と呼びます。
略して「ツタチャン」です。

毎週水曜日20時から、毎回お客様をお迎えする対談形式の番組です。
(配信日は変わる場合があります)
 
UstreamとFacebookライブ動画で配信中です。
配信を通じても、お目にかかりましょう。

水曜8時はぁ~、伝エル~ L(^^)

 Ustream:
 http://www.ustream.tv/channel/XqWaPSkNpzs

 Facebookライブ:
 https://www.facebook.com/tsutaeru.ch/

 
==========================================================================
      大人が覚えたい「割合」と「確率」の区別
==========================================================================


「アンタ!ミュージシャンで有名になりたいだなんて、そんなんで有名になってるのは、
ほんの一握りだよ!」



良くある会話ですね。
例えば(稼ぎの大きさは別として)ミュージシャンになった人が1万人いて、そのうちの
1人が大スターになった場合、「1万分の1」という数で表わすことができます。



これは「ミュージシャンになった人」のうち「大スターになった人の『割合』」です。


しかし「ミュージシャンで大スターになれる『確率』」は1万分の1ではありません。


本人の実力や意識、運などによって、確率は大きくも小さくもなるでしょう。




そうだ。将来、子どもが望むなら、大スターになれる可能性をより大きくできる、
そんな力になれる大人でいたいなぁ。

(まぁ大スターも、大きな苦労はりますがねぇ)


========



なお箱の中に10個のボールがあり、1個だけ「アタリ」のボールがあるとき、
「アタリ」のボールが含まれる『割合』も、「アタリ」を引く確率も10分の1で
間違いはありません。


なお箱の中からボールを1個取って、取ったボールは毎回箱に戻すとき、
この10分の1は、「10回ボールを引けば必ず1個はアタリが出る」とは限りません。


ただしこれを1万回や10万回と、回数を大いに増やせば、アタリのボールが出る割合は
10分の1に近づきます。

========


「ほんのひと握りだ」というのを、あたかも「それっぽっちの確率でしかない」と
同じ意味で遣う大人は少なくなく、俺もそう言われたことがあるんですよ。思い返せば。
 
だからこそ「言い方1つ」なだということだと思うのですが、その「言い方1つ」を
実現できるためには、確率と割合を正しく使い分けましょう、というのが、今回の
主旨でした。 

 
==========================================================================
            編集後記
==========================================================================


メールマガジンをかなりおろそかにしており、まるで「久しぶりにメールが来た」
レベルになっていますが(^^;、そろそろ本腰を入れて、メールマガジンも
復活しないといけないですね。

しかし次号は、いつ何を配信するか、まだ何も決めていません。
良くないですねぇ。

まぁ、まずは、できることは何でもやる、と。
 

あ、ここで宣言しないからダメなんですね。
では、まず年内にもう1回は配信します。
来年のことは、また来年考えます(^^;。

というわけで、今年1通目のメルマガ、お読みくださり、ありがとうございました(^^;


==========================================================================

発行: 米谷 学
     ハロー!データマイニング(旧・上田データマイニング塾)
                   http://www.datamining.jp
     池田データメーション研究所 http://www.datamation.jp
 
  「ハロー!データマイニング」問い合わせフォーム:
    https://kuron-datamining.ssl-lolipop.jp/toiawase/form.cgi
    (回答にお時間をいただくことがございます。予めご了承ください。)
 
 
   Twitter: manab7
   Facebook: https://www.facebook.com/manabuyoneya
 
 
配信解除・配信先変更: http://www.mag2.com/m/0000041942.html
  ★まぐまぐ 読者ヘルプ「どうしても解除できないので、助けてほしい」
   http://help.mag2.com/000017.html
 
==========================================================================
 
 記載の内容について転載等をされる場合は、出典を明記していただくよう、
 お願い申し上げます。
 例: 米谷学メルマガ「データマイニングで宝物を見つける! No.289」


 
 
 
 
 
 
メルマガ全文を読む
 

▲ページトップへ

▲ページトップへ