京都たべあるき~グルメの穴場と口コミ~

  • ¥0

    無料

著者サイト

京都市内の中心部にある和食、イタリアンやフレンチ、中華料理、居酒屋、洋食店をピックアップ(オープン・リニューアル情報あり)また、増刊号には取材時の裏話のほか、バーやカフェ、甘味処などの情報も掲載しています/予算5,000円まで※超える場合は明記

 

メールマガジンを登録(無料)

※ご登録いただいたアドレスは大切にお預かりし、まぐまぐ!メールマガジン配信にのみ利用します。

他のサイトIDでメルマガを登録する

※ 各サイトのリンクをクリックすると認証画面に移動します。
※ メルマガはサービスでご登録したメールアドレス宛に届きます。

このメルマガを解除する

メールマガジンを解除

他のサイトIDでメルマガを解除する

※ 各サイトのリンクをクリックすると認証画面に移動します。

 

メールマガジン最新号

嵐山の心地よい夕風に吹かれてビールで乾杯!
RANDEN EKI-BEER 2017
嵐電[京福] 嵐山駅 はんなり・ほっこりスクエア
6月24日(土)~9月24日(日)
→ http://www.keihan.co.jp/group/topics/beer/kyoto/randen.html

今年は嵐電オリジナルラベル純米吟醸酒「らんでん」が新発売されるそうで、
土日祝には「昼飲み」も楽しめますよ〜


※引用する場合を除き、一部もしくは全文の転載は、ご遠慮願います

●● 京都たべあるき〜路地と穴場グルメと口コミ〜2017.6.21増刊号
→ http://glist.biz/


こんにちは!

今号は、祝1周年のお店を1店舗だけ、
取材ノートからの情報が多めの構成になっています。


●● 祝1周年@すいば蛸薬師室町店さん


六角富小路、四条河原町に続く、立ち飲みの3号店。

お客さんの年齢層が、ちょっと高めかなというくらいで、
メニュー構成や価格帯には、それほど違いはない感じ。


京町家を改装してあって、2階を含めると50席はあるだろうから、
グループでの利用も可能というのがいいところ。


なお、オープンしてから1年を迎えるにあたり、
期間限定(6/30・7/1)で1ドリンクサービスとのことですよ〜


京都市中京区蛸薬師通室町西入ル北側
(地下鉄・四条駅から5分ほど、中華 風枝さんの斜め向かいあたり)
→ http://www.suiba.jp/store/#store03


●● 取材ノートから@洋食おがたさん


仕事先の方々に、ご馳走になりました。

前菜はシェアして、メインは各自ということで、
キャベツの和風マリネとポテトサラダ、ローストビーフとクレソンのサラダなど。

ミンチカツと迷いつつ、ハンバーグを選択。


サイズこそ小さいのですが、褐色で味に深みを感じるデミソース、
付け合わせのマッシュポテトの全体で、完成された一品だと思いました。


京都市中京区柳馬場押小路上ル東側
→ https://fb.com/1516729548645661/


●● 喫茶ナスさん


ぜひ食べせたいと、営業さんの車に乗せてもらって行ってきました。

外観は、どこにでもありそうな感じながら、
店内に入ると渋い雰囲気で、大半の席が埋まっている状態。


カレーが名物とのことでしたから、チキンカツ追加でお願いしたら、
大きいのがどーんと、それにルーの盛り付けも独特。


見た目には何の変哲もないのに、鼻に抜けるスパイス、
後からじわじわと押し寄せる辛さと旨味に、ファンが多いのも納得ですね。

(ちなみに、コーヒーは、サイフォンによる抽出)


京都市京都市下京区七条通七本松東入ル南側
(JR丹波口駅から10分くらい)
→ お店のサイトはないようです


●● 中国料理 東北家 とうほくやさん


蒸し鶏の山椒だれ、春巻、羽根つき餃子、茄子の唐辛子炒め。
どれもビールに合いますね。

あ、そうだ、酢豚も食べたんだった。


ここは、混んでいることはないんだけど、
どの時間帯でもほどほどに席が埋まっているんですよね〜


京都市左京区東大路通三条上ル東側、長谷川ビル1階
(地下鉄・東山駅から5分かからず)
→ お店のサイトはないようです


●● Mr.ラム&Mrs.サラダ ベジョータ・ムチョ室町店さん


リニューアルに伴って、イベリコバル→Mr.ラム&Mrs.サラダに。

来店の機会がなくて取り上げていなかったのですが、
さっき調べてみたら、昨秋のことだったんですね。


これまでのメニューに、ラム料理が追加になったような構成で、
炭火で香ばしく焼き上げられて出てきます。


ものによってはニンニクたっぷりなので、注意が必要。
(翌日も仕事だというのに、やらかしました)


女性のお客さんばかりだなと思っていたら、
飲み放題90分500円という女子会プランがあるからなのかも。

※全店にて、6月末まで実施


京都市下京区仏光寺通室町西入ル北側
→ http://www.bellota.jp/muromachi/


●● カヌレさん


前回がいつか分からないほど、久々の来店でした。

それで、復活したばかりだというコーヒーゼリーを注文してみると、
つるんとした舌触りに、バニラアイスとホイップという具合。

あの感じなら、食後のデザートにもいいと思いますよ。


京都市中京区河原町通二条北東角、JOYビル5階
→ https://fb.com/canneles1


●● Cafe Kocsi カフェコチさん


会合後に食事、その流れで出向きました。

夜道は半袖だと寒いくらいだったのに、
店内は、やや蒸しっとした感じで、それは、先客の皆さんも同じようで、

他のテーブルを見渡すと、ビールやモヒートが置かれてありました。


京都市中京区富小路通姉小路南東角、黄瀬ビル2階
→ https://twitter.com/cafe_kocsi 更新されていないようです


●● ロトス洋菓子店さん


お見舞いの品を訊いたら、ロトスさんのケーキというリクエスト。

ミルフィーユやマンゴープリン、シュークリームなどを持っていくと、
カトル・カール(パウンドケーキ)が、特に気に入った様子でした。

ルバーブのタルトが始まったみたいなので、また買いに行かねば。


京都市下京区烏丸通高辻下ル、1筋目を東へ入った先、バインオークサーティーン1階
(因幡薬師さんの正面側あたりにあります)
→ https://fb.com/487120274672238/


●● ひつじドーナツさん


こちらのラスクが好きだと言っていたのを、
たまたま前を通りがかった友人が思い出し、持って来てくれました。


前身である荒神口hohoemiさんの頃からの人気商品で、
久しぶりに食べましたけれど、やっぱりおいしいですね。

ちなみに、キャラメル味のラスクです。


京都市中京区夷川通富小路北西角
→ https://fb.com/361742430621952/


●● 最後に、モスバーガー烏丸御池店さん


行くまで知らなかったんですが、
こちらは、「モスバル」実施店でした。

※モスバル:生ビールやワイン、おつまみを午後3時から提供


誰もが飲んでいるという感じではなかったけれど、
ハンバーガーと生ビールというお客さんが、ちらほらいらっしゃいました。


京都市中京区御池通釜座南西角、イーグルコート烏丸御池ル・シエル1階
→ http://mos.jp/shop/detail/08079/


----


長らく読んでいただいていたら分かることなんですが、
以前は、祝1周年で紹介するお店は、それほどありませんでした。


今では、毎号に5店舗ほど掲載することもあるくらいだから、
増刊号のメインテーマとも言える感じに。


それだけ新しいお店が増えているってことなんでしょうけれど、

読者さんからもたくさんの情報が届くようになって、
これを参考に来店しては取材ノートに書き留めておく今日この頃です。


●● 京都たべあるき〜第1水曜日に定期号を配信
→ http://glist.biz/


定期号:各店の「おすすめの一皿」を紹介
増刊号:祝1周年や特集など(第2週以降の水曜日に配信)


定期・増刊号に共通

※京都市内の中心部にある飲食店の来店レビュー
※予算は5,000円まで(食事+軽く飲む)
※最寄り駅から徒歩で15分以内(市バスは利用しません)


----
メルマガ全文を読む
 
 
メルマガ名
京都たべあるき~グルメの穴場と口コミ~
発行周期
定期(第1水曜日)+増刊
最終発行日
2017年06月21日
 
発行部数
947部
メルマガID
0000043535
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
グルメ・レシピ > 口コミ情報 > レストラン

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

 

▲ページトップへ

▲ページトップへ