京都たべあるき~グルメの穴場と口コミ~

  • ¥0

    無料

京都市内の中心部にある和食、イタリアンやフレンチ、中華料理、居酒屋、洋食店をピックアップ(オープン・リニューアル情報あり)また、増刊号には取材時の裏話のほか、バーやカフェ、甘味処などの情報も掲載しています/予算5,000円まで※超える場合は明記

著者サイト
 

メールマガジンを登録(無料)

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。
※ 各サービスで登録しているメールアドレス宛に届きます。

メールマガジンを解除

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
 
 
メルマガ名
京都たべあるき~グルメの穴場と口コミ~
発行周期
毎月1日に定期号/臨時号あり
最終発行日
2018年07月01日
 
発行部数
930部
メルマガID
0000043535
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
グルメ・レシピ > 口コミ情報 > レストラン

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

メールマガジン最新号

※引用する場合を除き、一部もしくは全文の転載は、ご遠慮願います

●● 京都たべあるき〜路地と穴場グルメと口コミ〜2018.7.1定期号
→ https://glist.biz/


こんにちは!

蒸し暑い日が続いています。
祇園祭が始まって、鱧の季節が到来しました。


●● ブランカさん


「電車の遅延で間に合わないから、どこかで待っていてほしい」と連絡があり、
待ち合わせ場所から近い「ブランカさんにいる」と返す。


これは以前から書いていることですが、和気藹々とした雰囲気の、

ジャンルとしては、沖縄料理〜中華〜東南アジアと、
大雑把にいえば、エスニック系といったところで、お気に入りのひとつ。

小皿に盛り付けられているため、ひとりで来店されるお客さんも多いです。


1時間ほど経過していたでしょうか、迎えに行くつもりでいることなど、
隣席の方々と話していたら入って来たので、席を作ってもらい、みなさんと乾杯。


注文したのは、定番の水餃子、パクチーとピータンの白和え、水茄子茗荷、
蒸し鶏と無花果、ゴーヤチャンプルに、鱧のブラックビーンズ炒め。


それから、苦手なので口にしませんでしたが、鶏肝焼きがおいしかったみたいで、
シナモンで香りづけした焼き鳥のタレに辛子が添えられてありました。

献立には全体的に、茗荷や葱、大葉、三つ葉、パセリ、パクチーなど、生の香草が盛りだくさんです。


京都市中京区御幸町通三条上ル東側
(地下鉄・京都市役所前駅から10分かかりません)
→ お店のサイトはないようです


●● 上海バンドさん


怪しいと何度も書くから、逆に連れて行ってというリクエストが届くのか…

四川料理の定番「雲白肉 ウンパイロウ/茹で豚のニンニク醤油だれ」で勢いをつけ、
水餃子、棒々鶏、ピータン冷奴、自家製腸詰を前菜にビールを飲む。


主菜に、麻婆豆腐、羊肉とセロリのクミン炒め、牛アキレスの煮込み、
豚足の姿煮、豚ヒレ肉の黒酢炒め、油淋鶏などなど、

〆に注文した蒸し鶏の汁そばも、パクチー多めでおいしくて、汗をかきつつ食べました。


百万遍界隈では知られたお店で、今年、確か15周年だったはず。

この夜は、先客は常連さんらしき方だけで、「さっきまで暇やなと思ってたのに」と、
ご主人が話しておられましたが、その後からお客さんがどんどん入ってこられて、

食べ終わって席を立つまで、休むことなくずっと調理されていました。


京都市左京区田中里ノ内町26
(東大路通の田中里ノ前交差点を西に入った北側、叡電・元田中駅から5分くらい)
→ お店のサイトはないようです


●● 出町うさぎさん


6月から、ランチ営業を取り止め(予約があれば対応可)
夜もアラカルトがなくなってコースでの提供となりました。

これが実にいい感じだということで、今度は一緒にとのお誘いでいざいざ。


おばんざいとドイツ料理というのは、これまでと同じで、
どうやってコースに仕立ててあるのかと楽しみにしていたら、

ド→和→和→和→ド→和→ドみたいに織り交ぜてあるんですよ。


それがなんというか、違和感が全くないので、
この献立よく考えられてあるよね〜なんてことを話しながら完食。


今回は、おまかせでお願いしたのですが、
先に伝えた予算のわりには品数が多く、満足感ありありでした。


京都市左京区田中下柳町1-12
(京阪・出町柳駅から5分くらい)
→ http://sj2379.wixsite.com/demachi-usagi


●● 酒場エビスさん


レモンサワーが看板の居酒屋さん。

近頃はレモンサワーが注目されているんだそうで、
ハイボールのような流行になりそうな気配さえあるとか。


表の看板に「名物」と書かれてあるくらいだから、もちろん特別なもの。
店内には、焼酎に国産のレモンを皮ごと漬け込んだ容器が並んでいます。


サワーを注文すると、グラスの中には切ってから凍らせたレモンがたっぷりで、
蜂蜜でほんのりと甘みをつけてあるけれど、口当たりとしてはドライ。

グラスはそのままで良ければ、なんと2杯目からは「半額」


それから、近江牛をメインに、近場で栽培されている野菜など、
旬のものが日替わりで献立に入っています。


京都市中京区十軒町橋通木屋町西入ル南側
(木屋町通側からは鉄板道場さん、河原町通側はフレッシュネスバーガー四条河原町店さんの角から入ります)
→ http://sakaba-abs.business.site/


●● 読者さんからのメールより、西冨家コロッケ店さん


学生の頃に暮らした京都に、久々に来られたとのこと。

メルマガから何軒かピックアップして巡回されたようで、
その中でも一番だったと、書いてくださっています。


コロッケは、バジル、ブルーチーズ、奈良漬とレモンピール、新生姜。
それからイチジクバターが白ワインによく合ったとも。

小さなお店で、お客さん同士の距離が近く、お話しできて大変楽しかったです、と。


京都市下京区松原下ル東側
(阪急・河原町駅から15分くらい、京阪・清水五条駅から10分くらい)
→ https://fb.com/nishitomiya/


●● まつはさん


おばんざいの定食をメインに提供されているのですが、
中休みがなく、お昼時を過ぎていたので喫茶での利用です。


チョコレートのパウンドケーキがいい仕上がりだと聞き、
注文してみたら、しっとり、そして濃厚で、これは確かにという感じでしたね。


今くらいの時期は、中庭に出る扉が開け放たれているから、
心地よい風が入ってきて、ほっとするひととき。

薄暗かったので居眠りしてしまいそうになりました(笑)


京都市中京区二条通富小路東入ル南側
(地下鉄・京都市役所前駅から10分くらい)
→ https://www.matsuha225.com/about1


●● 取材ノートから@菓子・茶房チェカさん


プリンか、それとも苺ミルフィーユか。

お店に向かう途中から、下調べをしてきた同伴者が迷っており、
選ばなかったほうにしようかと思っていましたが、期間限定の「日向夏」に。


先のふたつは、濃厚な蜜+絶妙なトッピング。

対して日向夏は、ピールの甘みと苦み、別添えのジュースで酸味が加わるという、
果実味を生かしたシンプルな味わい。暑い日にぴったりですよ。


京都市左京区二条通岡崎道東入ル北側
(地下鉄・蹴上駅から15分くらい、京都市動物園の北側にあります)
→ https://fb.com/kashicheka/


----


休業中だったボンモルソーさんが移転オープンしました。

店頭には、道路まで溢れるほどの花が並べられてあって、
知人の話では、非常に賑やかな初日だったようです。


また、これまでのランチ・ディナーに加え、
午前8時から朝食も提供されるようになったみたいです。

またの機会に、改めてレビューしたいと思っています。


Cafe Bistro AUX BONS MORCEAUX

京都市中京区姉小路通木屋町西入ル南側、ステラム1階
(河原町通側からは、朝日会館さんの北側から入ります)
→ http://www.bonsmorceaux.jp/ ※旧店舗の情報のまま


●● 京都たべあるき〜毎月1日に定期号を配信
→ https://glist.biz/


※京都市内の中心部にある飲食店の来店レビュー
※予算は5,000円まで(食事+軽く飲む)
※最寄り駅から徒歩で15分以内(市バスは利用しません)

現在、増刊号の配信を中断していますので、
お伝えすべきことがあれば、臨時号を配信します。


----
メルマガ全文を読む
 

▲ページトップへ

▲ページトップへ