京都たべあるき~グルメの穴場と口コミ~

  • ¥0

    無料

京都市内の中心部にある和食、イタリアンやフレンチ、中華料理、居酒屋、洋食店をピックアップ(オープン・リニューアル情報あり)また、増刊号には取材時の裏話のほか、バーやカフェ、甘味処などの情報も掲載しています/予算5,000円まで※超える場合は明記

著者サイト
 

メールマガジンを登録(無料)

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。
※ 各サービスで登録しているメールアドレス宛に届きます。

メールマガジンを解除

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
 
 
メルマガ名
京都たべあるき~グルメの穴場と口コミ~
発行周期
第1水曜日に定期号/増刊号あり
最終発行日
2017年12月13日
 
発行部数
933部
メルマガID
0000043535
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
グルメ・レシピ > 口コミ情報 > レストラン

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

メールマガジン最新号

京都府立植物園「観覧温室夜間開室とイルミネーション」
12月15日(金曜)から25日(月曜)
→ http://www.pref.kyoto.jp/plant/

同時開催「ポインセチア展」

恒例行事となって、北山駅付近の飲食店がどうしても混雑しますので、
帰りは正門を抜けて北大路駅へ向かう途中で食事というのもいいですね。


※引用する場合を除き、一部もしくは全文の転載は、ご遠慮願います

●● 京都たべあるき〜路地と穴場グルメと口コミ〜2017.12.13増刊号
→ https://glist.biz/


こんにちは!

仕事帰りに街を歩いていると、平日でも賑やか。
ボーナスが支給されて、忘年会シーズン真っ盛りですものね。


●● 酒処てらやまさん


ご主人は、路地裏の人気店「食堂おがわ」さんの出身。

すれ違うのは厳しいかなという幅の、全くもって怪しい路地を進み、
小さな木製の看板を目印に店内に入ると、L字のカウンター10席ほど。


お料理は和食というより、居酒屋寄りで、
いわゆる酒の肴を小皿に盛り付けてあるという感じです。


季節ものと定番の組み合わせで、その日のおすすめは黒板に、
酒処とあるように地酒ももちろんいいところが用意されています。

それから、炭火で焼く「和牛のサンドイッチ」が隠れ名物なんだとか。


飛び込みでも入店していただけますとのことだったけれど、

知人によれば「夜遅めで一人ならまだしも、大抵は無理」と、
平日でも予約が無難なようです。※深夜2時まで営業


また、メニューに価格が書いてありませんが、
お腹を満たして飲みほどほどで5,000円程度で収まります。


京都市中京区先斗町通四条上ル、25番路地の中程
(四条通と先斗町公園の中間あたり、木屋町通側からも入ることができます)
→ https://fb.com/Sakedoko/


●● 取材ノートから@京味菜わたつねさん


「飲んで待っているから、おいでよ」と誘ってもらい、
仕事終わりに慌てて駆けつけるも、すでに終盤という雰囲気。


ぱぱっと夕食を済ませようと、親子丼と粕汁を。

で、おつまみにと注文したという「自家製くるみ豆腐」が、
非常にいいお味で、熱燗にも合うと思いますよ。おすすめ!

お椀に溢れんばかりの量で出てきた粕汁は、冷えた身体を温めてくれました。


それから、お昼に提供されている「牡蠣ごはん」は、
小ぶりの身が10粒くらい入っていて、食べ応えあり。


京都市中京区柳馬場通三条上ル東側、綿常ビル1階
→ お店のサイトはないようです


●● 中国料理 東北家さん

「メルマガで知って訪問して以来、たまに行くようになりました」
「麻婆豆腐は辛めにお願いしてます」と、読者さんから。


この時は、よだれ鶏(ピリ辛ダレの四川風蒸し鶏)と水餃子、
豚肉と茄子の味噌炒め、エビ天、炒飯を注文されたそう。

メールを読んでいて、久しぶりに行きたくなりました。


京都市左京区東大路通三条上ル東側
(地下鉄・東山駅から3分くらい)
→ お店のサイトはないようです


●● sketch スケッチさん


「会社から近いので、月1くらいで行きます」と、こちらも読者さんから。

以前に紹介した際には、ラクレット、豚肉と野菜のロースト、
カルボナーラが看板のイタリアンレストランと書きました。


ある時期から、いつ行っても満席という状態になって、
雑誌などで立て続けに掲載されたことを知ったのは、しばらくしてから。


カルボナーラは、ボール状の器に入れられて、
表面にびっしりとブラックペッパーで覆われて出てきます。

その写真が記事に添えられていたと聞き、注目されたんだなと思ったのでした。


女子率高め、営業は夕方からで、
今でも(特に週末の早い時間帯は)予約なしでは入れないようですよ。


京都市下京区室町通綾小路南西角、福井ビル1階
(四条烏丸からすぐ、同じ建物にスパイスチャンバーさんがあります)
→ お店のサイトはないようです


●● SAKE Cafe ハンナさん


先月、6周年を迎えられたとのこと。

最近は足が遠のいていたのですが、仕事先の事務員さんと世間話をしていたら、
先輩と通ううちに常連さんと顔馴染みになって、今では一人でも行くんだとか。

周年のお祝いにも駆けつけたそうです。


さっきブログを見てみたら、
新酒(うすにごり)が続々と入荷している模様です。


京都市木屋町通四条下ル、高瀬川の於石橋を渡って路地の中程の北側)
(付近には食堂おがわさん、食堂ルインズさん、串揚げ専門店コテツさんがあります)
→ https://ameblo.jp/hannarihutatabi/


●● 和酒 美ずきさん


続いて、日本酒バーの美ずきさんが、2周年を機に
三条通衣棚から二条通河原町に移転されたとの情報が届いています。


「前よりも落ち着く」とは、常連さんの弁。
また、女子率が高めというところは、以前と変わらないですね。


京都市中京区二条通河原町西入ル南側、二条スカイビル1階奥
→ https://fb.com/1515029532120400/


●● マルシン飯店さん


お昼時に前を通ったら行列で、これは一体どうしたんだろう?と、
その話を知人にしたら、テレビで紹介されたんだそうです。

最近ずっと並んでいて、週末になったらもっとすごいとのこと。


一過性のものなんだとは思うものの、
常連さんは、きっと困っておられるでしょうね。


京都市東山区東大路通三条下ル西側
(地下鉄・東山駅から3分くらい)
→ http://marushinhanten.com


●● 最後に、おづ OZU maison du sakeさん


読者さんから「かき氷が絶品でした!」とメールあり。

なんとこれ、酒粕にコーヒーを混ぜ合わせたクリームとサツマイモのペースト、
日本酒とスパイスで漬けたドライフルーツと、盛りだくさんの内容。

調べてみたところ、「琥珀」という商品名で12月限定のようですね。


それから「八宝ぜんざい」というもの提供が始まったそうで、
「何種類もの豆を日本酒を入れて炊いてあって一風変わっている」と。

こちらも食べてみたいな〜


京都市上京区下長者町通室町西入ル南側
(地下鉄・丸太町駅出入口2番から10分くらいかな)
→ http://www.ozushop.jp/


----


前号で、メルマガを月1回配信に変更する旨をお伝えしたところ、

・短くして毎週届けてもらえたら
・単発でもいいので、定期号以外にも

などなど、いくつかの意見をいただきました。


無理をして続けて雑になるのだけは避けたいので、
1月から、毎月1日に定期号を配信という方針は変えないつもりですが、

何かあったら臨時号を、不定期ながらも増刊号を配信したいと思っていて、
今回のことでメールを寄せていただいたこと、大変うれしかったです。

個別に返信しましたが、改めて、ありがとうございました。


誌面・構成については、具体的にはまだ何も決まってなくて、
これまでより文章量が多くなるかもとは思っています。


●● 京都たべあるき〜第1水曜日に定期号を配信
→ https://glist.biz/


※京都市内の中心部にある飲食店の来店レビュー
※予算は5,000円まで(食事+軽く飲む)
※最寄り駅から徒歩で15分以内(市バスは利用しません)

現在、第2週以降の水曜日に増刊号を配信しています。


----
メルマガ全文を読む
 

▲ページトップへ

▲ページトップへ