ジンギスカンWebニュース~肉の東洋~

  • ¥0

    無料

創業昭和3年老舗の羊肉専門店。ジンギスカンを北海道よりお届け致します。各種羊肉・加工製品も取り扱い

著者サイト
 

メールマガジンを登録(無料)

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。
※ 各サービスで登録しているメールアドレス宛に届きます。

メールマガジンを解除

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
 
 
メルマガ名
ジンギスカンWebニュース~肉の東洋~
発行周期
不定期
最終発行日
2017年10月07日
 
発行部数
392部
メルマガID
0000044621
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
グルメ・レシピ > お店からの情報 > お取り寄せ・通販

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

メールマガジン最新号

【ジンギスカンWeb】仏産ラム・サブールオクシタニーは生でお届け可能&10月の目玉ワイン発表!■第700号



     -肉屋の若旦那がお届けする羊肉専門通信-
┌─┬─┬─┬─┬─┬─┬─┬─┬─┬─┬─┬─┬─┬─┐
│ジ│ン│ギ│ス│カ│ン│W│E│B│★│N│E│W│S│ Vol.700
└─┴─┴─┴─┴─┴─┴─┴─┴─┴─┴─┴─┴─┴─┴─────
 2017/10/07          http://www.29notoyo.co.jp/


 ………………………………………………………………………………………
  このメールマガジンは当店HP、または御注文時に、
     メルマガ登録して下さった皆様にお届けしています
 ………………………………………………………………………………………


 いつもご購読を有難うございます。


 今週2度目のメールマガジン失礼いたします。
 月初というものは色々と新しいものが入ってくるタイミング。


 今回も凄まじいのですが、
 連続メルマガなので手短に失礼いたします(^^)


 まさか、連休だったともつゆ知らず・・・


 でも、ぜひお見逃しなく。 
 最後までお付き合い頂けましたら幸いです。




 ●━{今号の内容です}━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━●


  > ○【羊】仏産ラム・サブールオクシタニーは生でお届け可能!

  > ○【ワ】10月の限定BOX発表!&新入荷発表!

  > ○【話】若旦那からの一言


 ●━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━●




┌───────────────────────────┐
│【羊】仏産ラム・サブールオクシタニーは生でお届け可能!│
└───────────────────────────┴──────
 http://www.29notoyo.co.jp/French_lamb.html



 前回は7月9日に輸入し、
 早いもので3ヶ月も待っていたサブールオクシタニー。


 それもナカナkのお買い得具合になって再登場です(^^)
 この価格なら・・・って思って下さるはず!



 世界遺産ロカマドゥールで有名なケルン地方を中心とした、
 フランス南西部のオクシタニー地域圏で育まれ、


 生育場所や餌の産地などの理由でケルシーIGPと
 ラベルルージュに満たない為オクシタニーを冠しています。


 が、品質を可能な限り同等に保つべく育てた
 お得感のあるアニョー。


 生産者は繁殖から餌、
 肉の生産に至るまで一括して行っているのはラベルルージュ同様。


 授乳期間は生後70日、
 この間は母羊と一緒に暮らし、
 それ以降150日程度まで飼育されます。


 秋のBBQにもおすすめですし、
 まだお召し上がり頂いて居なかった方には、
 お求めやすくなっておりますので是非とも!


 大凡ですが部位により1割以上は、
 前回の入荷よりもお求めやすくなっています(^^)



 -----------------------------


 10月15日(日)ご指定分まで「生」のままお届け可能です。
 消費期限は10月17日迄

 日にちを指定せず空欄でご注文頂ければ最速で出荷致します。
 ※最速の出荷日は10月9日(月)です。
 ※北海道以外は10月11日(水)着が最速となります。

 -----------------------------


 特集ページはこちらです!
 http://www.29notoyo.co.jp/saltbushlamb.html






┌───────────────────────────┐
│【ワ】10月の限定BOX発表!&新入荷発表!     │
└───────────────────────────┴──────
 http://www.29notoyo.co.jp/wine.html


 沢山入荷する月初はワインも同じく。
 とんでもなく魅力的なボトル達が到着します!!!!


 実は来週、当店でも絶大な人気を誇るワイン生産者


 Shobbrookのトム・ショブルックが来日致します。
 http://www.29notoyo.co.jp/wine_item_118.html


 そして、もう一人ヨーロッパに住むトム。
 Matassaのトムルッブ。
 http://www.29notoyo.co.jp/wine_item_or004.html


 の二人が来日します。


 東京・名古屋・大阪・広島・佐賀・熊本とJAPANツアーを
 繰り広げるわけですが、そんな彼らに敬意を表して
 10月の特別セット(送料無料)はこちら!

 
 それぞれの価格にHPにてチェックして下さい!


 ちなみにいつもご紹介するこれらのナチュラルワイン。
 私の愛のようなものですから・・・


 送料無料をやるとボトル1本分以上の利益は
 軽く吹っ飛ぶので(今は送料が非常に高いのでもっともかな)、
 みなさんは大変お得です(笑)


 それでも飲んで頂きたい「飲み手」の心意気!
 をどうぞお楽しみ下さい!



 -------------------------------
 【送料無料】10月の限定BOX(1)・・・限定5セット
 -------------------------------

 トムショブルックの新作を軸に、
 マタッサのトムルッブが醸す珠玉!

 このセットはイベントに行かれる方にはマストですね。

 そして今回も少量入荷の(汗)
 忘れちゃならない大御所ルーシーマルゴー!


 ・ショブルック・サムシングエルス

 ・ショブルック・クラロット

 ・ショブルック・トミーフィールド

 ・マタッサ・クーム ド ロラ ルージュ

 ・マタッサ・ルージュ

 ・ルーシー マルゴー・ルナティック




 -------------------------------
 【送料無料】10月の限定BOX(2)・・・限定3セット
 -------------------------------

 トムショブルックの新作を軸に、
 ショブルックやルーシーマルゴーに続く第三世代として


 先日来日を果たしたフレデリックスティーブンソン!
 イベントに行かれた方にはマストのセット。


 ・ショブルック・サムシングエルス

 ・ショブルック・クラロット

 ・ショブルック・トミーフィールド

 ・フレデリック スティーヴンソン・リースリング

 ・フレデリック スティーヴンソン・ロゼ

 ・ルーシー マルゴー・ルナティック



 -------------------------------
 【送料無料】10月の限定BOX(2)・・・限定2セット
 -------------------------------


 最後は定番の御三家!
 今月も御三家が入ってきてただただ嬉しい私です(^^)


 ・ショブルック・サムシングエルス|価格: 5,184円

 ・ショブルック・クラロット|価格: 4,320円

 ・ショブルック・トミーフィールド|価格: 4,860円

 ・ヤウマ・シーヴュー バージー カベルネ フラン|価格: 6,372円

 ・ヤウマ・ピーカーブー|価格:価格: 4,536円

 ・ルーシー マルゴー・ルナティック|価格: 4,320円







 この3つの送料無料セットは、
 単品ボトルやお肉を追加でも変わらず送料無料(冷蔵品のみ同梱可)です。



 ならば、更に本日入荷が決まった以下のボトル達。
 あ~、すごい、うれしい、幸せ。


 ため息がでます。
 本日の入荷分をまとめてご案内致します!



 ※それぞれ仕入れられる本数が決まったボトル達です。
 ※アクセス時には完売の可能性も御座いますが、
 ※何卒ご理解とご寛容をお願い致します。






 -------------------------------
 ショブルック・サムシング エルス|Something Else
 -------------------------------
 http://www.29notoyo.co.jp/wine_item_118.html


 完全なる新作!父と母がケアを続けて来たショブルック一族肝入りの
 畑から収穫したSyrahをトム独自の解釈で"Something Else"=
 「何か他のもの」と名付けた通りに既成概念の範囲に留まるSyrahの
 イメージとは掛け離れた軽やかなスタイルに仕上げています。


 -------------------------------
 ショブルック・クラロット|Clarott
 -------------------------------
 http://www.29notoyo.co.jp/wine_item_118.html


 Merlotを憎むかの様に忌み嫌って来たトムが唯一リリースする
 例外的ワイン。品種に顕著なピーマンの様に鼻を刺激する
 メトキシピラジンは、これまで通り鳴りを潜めており程好いタンニン
 とプラミーな個性は魅惑的なジューシーさのお陰で
 「人気が底に落ちてしまった」この品種を救ってくれる
 のではないかとさえ感じてしまいます。


 -------------------------------
 ショブルック・トミーフィールド|Tommy Field
 -------------------------------
 http://www.29notoyo.co.jp/wine_item_118.html


 過去にロマネタフとしてリリースしていたSyrah100%のクラシック。
 フランスから「原産地呼称を持たない君にはそのワインをリリース
 する資格が無い」とお達しがあり、トラブルが起きる前に名前を
 変更しました。グラマラスなマウスフィールとラズベリージェラー
 トの様にチャーミングなフルーツ感は彼が「料理を作る様にワイ
 ンを作る」哲学だからこそ生まれる傑作と心の底から感じさせます。


 -------------------------------
 ショブルック・ディディエ サミオン|Didier Sammion
 -------------------------------
 http://www.29notoyo.co.jp/wine_item_118.html


 入荷数が少なかったためにセットには入れませんでしたが、
 旨味が深く溶け込んでいるのにしっかりとしたミネラル感を
 感じさせてくれるのは相変わらずのショブルック節。


 -------------------------------
 フレデリック スティーヴンソン・リースリング|Riesling
 -------------------------------
 http://www.29notoyo.co.jp/wine_item_144.html


 彼のバックグラウンドがあるからこその白眉。
 心根が非常に真摯であり、同時にその姿勢がワインボトルの中で
 素直にリフレクトされている事を感じます。
 元々Pike's【パイクス】で修行していた事から幸運に
 もウォーター ヴェールからフルーツを収穫出来ているんです。
 このエリアで生まれるリースリングとしては稀有な事に補酸ゼロ。


 -------------------------------
 フレデリック スティーヴンソン・ロゼ|Rose
 -------------------------------
 http://www.29notoyo.co.jp/wine_item_144.html


 フレッシュ感に満ちており、唾液を引っ張る様なライブ感溢れる酸が
 非常にユースフルで躍動する生命を意識させてくれます!
 彼の作品は「危うさ」が無いんですね。人間としても非常に聡明だし、
 機知に富んでいる。まだ30代に突入したばかりだと言うのにも拘らず、
 このステージに到達している事は非常に驚かされてしまいます。


 -------------------------------
 ヤウマ・ピーカーブー|Peek a Boo
 -------------------------------
 http://www.29notoyo.co.jp/wine_item_96.html


 グルナッシュの薄馬(旨)ピンクww
 これ本当ガブガブ飲めてしまいます。とはいっても数は極小...
 堪忍やで...ピチャピチャとか言う次元では無く、
 これは飲み込んだ意識さえ薄れてしまうと言いますか。
 一陣の爽やかな疾風ですね最早。
 色は炎のシュレンですが味わいは風のヒューイであります。


 -------------------------------
 ヤウマ・シーヴュー バージー カベルネ フラン
 |Seaview Birdsy Cabernet Franc
 -------------------------------
 http://www.29notoyo.co.jp/wine_item_96.html


 いよいよ味わいが乗って来ました!!
 海の見渡せるシーヴュー地区の畑から生まれたカベルネ フラン。
 力強いタンニンとインクや野生の花を思わせる魅惑的アロマに溢れる、
 この果実を使ってワインを作る事は足掛け5年に渡るヤウマの挑戦でした。


 -------------------------------
 パトリック・サリヴァン・アマゾン ピノ ノワール
 |Amazon Pinot Noir
 -------------------------------
 http://www.29notoyo.co.jp/wine_item_110.html


 昨年に子供が生まれてからのパトリックサリヴァンの変化を十分に
 感じて頂ける事でしょう!もちろん良い意味で驚くはずです!
 2015年産を発売した時「間もなく子供が生まれるPatは2016年に
 ドラスティックなスタイル変更を試みました。詳細は近い将来お伝
 えしますが、その信じられないほどの劇的変身振りに皆さんの身体
 に鳥肌が浮かんで来るに違いありません。」

 とお伝えした答えがここにあります。
  アマゾン ピノ ノワールはヤラ ヴァレー産のブドウを使用します。


 -------------------------------
 パトリック・サリヴァン・ヴォルカン スプリングス ピノ ノワール
 |Volcan Springs Pinot Noir
 -------------------------------
 http://www.29notoyo.co.jp/wine_item_110.html


 上記同文ですが、師匠であり、友人でもあるWilliam Downie
 【ウィリアム ダウニー】の様に生産地の個性を反映したワインを
 作りたいと強く願って生まれたシリーズで、
 モーニントンペニシュラ産のブドウを使用します。



 -------------------------------
 パトリック・サリヴァン・マフルーツ オブ ザ スカイ ピノ ノワール
 |Fruit of the Sky Pinot Noir
 -------------------------------
 http://www.29notoyo.co.jp/wine_item_110.html


 上記同文ですが、師匠であり、友人でもあるWilliam Downie
 【ウィリアム ダウニー】の様に生産地の個性を反映したワインを
 作りたいと強く願って生まれたシリーズで、
 ギップスランド産のブドウを使用します。


 -------------------------------
 ルーシー マルゴー・ルナティック|Lunatic
 -------------------------------
 http://www.29notoyo.co.jp/wine_item_92.html


 今月も割り当ては多く無く(というか少ないです)。
 アントンの新作はPinot Noirブレンド。
 「主にPinot Noirを使ってるって事以外は公表して欲しくないんだ よ」、
 「正直に言えばPinot GrisとMerlotが入っているけどやっぱり
 テーブルワインとして飲んで貰いたいって気持ちが強いんだよな 」
 っとのことですので、何も言わず飲んでやって下さい(アントンより)ww




 以上、今月も暑い熱いラインナップ!
 どうぞお見逃しなく!!



 それと・・・これは買って置かないとと思うのです(^^)



 -------------------------------
 九能ワインズ・ペラルゴニウム
 |Pelargonium・ Riesling Petillant Naturel
 -------------------------------
 http://www.29notoyo.co.jp/wine_item_157.html


 あと4本で終了ですm(__)m







 ★━【最新情報バックナンバー】━━━━━━━━━━━━━━━━★



  【羊】フランス産「アニョー デュ ケルシー I.G.P. 」!
   http://www.29notoyo.co.jp/French_lamb.html


  【羊】利きラムロール肉! 
   http://www.29notoyo.co.jp/rolls.html


  【羊】大人の羊スモークド・レバー完成!!
   http://www.29notoyo.co.jp/smokeriver.htm


  【グ】タスマニアからナチュラルで素敵な贈り物!
   http://www.29notoyo.co.jp/gourmet.html


  【羊】あのタレを知っていますか?GKS!入荷!
   http://www.29notoyo.co.jp/GKS.html


  【羊】「行者ニンニク入り羊のスモークウインナ」!
   http://www.29notoyo.co.jp/gyo_u.htm


  【羊】羊の干し肉(東洋のじんたれ風味)
   http://www.29notoyo.co.jp/sheepz.htm


  【羊】最早定番のGKZ(ジンギスカン・ザンギ)
   http://www.29notoyo.co.jp/GKZ.html


  【羊】世界唯一のラムサラミ!  
   http://www.29notoyo.co.jp/sheep_salami.html




 ★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★



┌──────────────────────────┐
│若旦那からの一言                  │
└──────────────────────────┴──────

 
 いつもご購読を有難うございます!


 頻度の高いメ―ルマガジンがどうも苦手で、
 自ら出すのも憚られるのですがご寛容下さいませm(__)m


 なにせ、これらが入ってきてしまったら
 お知らせを出さないと逆にお叱りを受ける場合が多々御座います(^^)


 内容ごとに発行し分ける技術は御座いませんので、
 気になるものが無ければぜひスルーを(笑)



 さて、明日は定休日で且つ何週間ぶりかのお休み。
 且つ末っ子のお誕生日の日曜日。


 なので休みのような、
 違うような感じなのですが、
 来週に備えて英気を養う定休日です(^^)


 来週は毎年恒例の某専門学校で羊肉の授業を担当したり、
 都内でスパイス&羊肉のイベントがあったりと盛沢山。


 沢山の方にお会いできる事を楽しみにしております!



 再来週には発表致しましたように、
 トム&トムの来日があり、


 私は佐賀で彼らとコラボイベント!
 道産子は佐賀まで行って、
 ついでに熊本まで行こうと思っております(笑)


 そういえば今回でメルマガも700号目。
 日記を数日分さえ書いた事が無い私が・・・www


 今号は以上です、
 次回の701号メールマガジンをどうぞお楽しみに!!




 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ・ジンギスカンWeb、製品とサービス,メールマガジンへのご意見,ご要望は
 「お問い合わせ窓口」よりお送りください。
  http://www.29notoyo.co.jp/toi.htm

 ・メールマガジンの配信開始・中止はホームページ
  http://www.29notoyo.co.jp/mag.htm
  より、お手続きをお願いします。

 ・RSSはhttp://www.29notoyo.co.jp/rss/index.rdf

 ・GKSのFacebookページで出来ました!
  https://www.facebook.com/GKS29


 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
         担当はジンギスカンWeb-羊肉専門店
      わかだんな@東澤 壮晃(HIGASHIZAWA MORIAKI)です

   【インターネットとジンギスカンで結ばれたご縁に感謝致します】

 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


 ┏━お問合せ先━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
  株式会社 東洋肉店 ジンギスカンWeb 責任者:東澤 壮晃
   郵便番号096-0011 北海道名寄市西1条南6丁目22-2 
   電話:01654-3-5511(毎週日曜日定休/AM10:00~PM5:00)
 ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
   Copyright (c) 1988-2017 NIKUNO-TOYO Corp. All rights reserved.

メルマガ全文を読む
 

▲ページトップへ

▲ページトップへ