長谷川雅一のハッピーライフマガジン

  • ¥0

    無料

リアルタイム投資情報サービス「LiveSignal24(ライブシグナルにじゅうよん)」の発行者、長谷川雅一がお届けするメルマガです。 投資(株/FX)、マネー、政治、経済、趣味、衣、食、住、遊、ライフスタイルなど、あなたがハッピーライフを築くヒントをお届けします。

著者サイト
 

メールマガジンを登録(無料)

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。
※ 各サービスで登録しているメールアドレス宛に届きます。

メールマガジンを解除

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
 
  • 殿堂入り
  • まぐまぐ大賞受賞
 
メルマガ名
長谷川雅一のハッピーライフマガジン
発行周期
ほぼ 平日刊
最終発行日
2017年09月28日
 
発行部数
14,358部
メルマガID
0000045495
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
マネー > 各種金融商品 > その他

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

メールマガジン最新号

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■長谷川雅一の Happy Life Magazine  2017年9月28日(木) No.180
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 お元気ですか?
 トレーダーズマガジン編集長の長谷川 雅一(はせがわ まさかず)です。

 今日、ニュースチェックをしていてビックリ。
「金融庁がFX取引のレバレッジを下げる検討に入った」とのこと。

 ええ? それは困る!
 ...というわけで、今日は、この件について書くことにします。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■PR■ 投資情報誌「トレマガ」を読もう!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 ◆毎日「濃~い」投資情報を配信中!

「トレーダーズマガジン」は、FX、株、CFD、ビットコインなどを網羅
する総合投資情報誌です。
「有料だけのことはある」という内容でお届けできるよう、日々、編集
長の長谷川雅一が、取材と執筆に全力で取り組んでいます。
 あなたの日々の投資に、ぜひ「トレマガ」をご活用ください。

「トレマガ」の詳細/お申し込みはこちらから
→ http://preco.co.jp/index.php?go=YGdIyN

・スマホ版のお申し込みはこちらから
→ https://ws.formzu.net/sfgen/S78721450/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 長谷川雅一の「相場雑感」:
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 ◆FXのレバレッジが10倍に?

 日経新聞によれば、金融庁が、FX取引のレバレッジを、現行の25倍か
ら10倍に下げることを検討している、とのことです。

 なんでも、「相場急変時の投資家の損失を防ぐため」だそうで、早け
れば来年(2018年)にも、「内閣府令」を改正して実施するのだとか。

 おいおい! ちょっと待ってくれよ!
 そんなことされたら、FX市場が死んじゃうよ。
 FX市場から、トレーダーがいなくなっちゃうよ。
 ...というのが、僕の率直な感想です。

 日経225先物だって、レバレッジは最高で25倍。
 FXだけ「目の敵」にするがごとく「10倍に落とす」というのは、ちょ
っと納得が行きません。

 ◆レバレッジが下がると破産リスクが増す

 実際にトレードをやっている者の「現場の感覚」で言えば、
「FX取引のレバレッジが下がれば、かえって破産リスクが増すのではな
いか?」と思います。

 たとえば、現在、米ドル/円を10,000通貨買うのに必要な証拠金は、
1ドル=100円として、4万円です。
 FXの取引口座に20万円の現金があった場合、米ドルを10,000通貨買う
と、証拠金で4万円が使われて、残りは16万円となります。

 10,000通貨のトレードの場合、米ドル/円が1円下がれば、1万円の
損失になりますので、口座に現金が16万円残っていれば、単純計算(強
制決済などのルールは度外視)で、16円までの下落に耐えられることに
なります。

 しかし、レバレッジが10倍になると、10,000通貨買うのに10万円の証
拠金が必要になり、残金は10万円となりますから、10円の下落にしか耐
えられなくなり、相場の急落があったとき、早い段階で破産してしまう
ことになります。

 要するに、同じ資金で、同じ規模のトレードを続けた場合、レバレッ
ジが下がると「破産リスク」が増すわけです。

 ◆レバレッジを下げても「投資家保護」にはならない

 前述のように、レバレッジの低下により、逆行時(評価損発生時)の耐
性が弱くなります。
 FX投資家は、これに対応するために、より多くの資金をリスクにさら
す(FX口座に入金する)必要に迫られます。

 つまり、レバレッジを下げることは、かえってリスクの増大につなが
るとも言えるわけです。

 僕は、レバレッジを下げても「投資家保護」にはならないと思います。
 投資家が不利になるだけです。

 ◆「抜け道」が用意される?

 現在、FX取引の最高レバレッジは25倍とされていますが、これは正確
な情報とは言えません。
 なぜなら、FXの「法人取引」なら「レバレッジ100倍」程度まで認め
られているからです。

 また、海外のFX口座を利用すれば「レバレッジ400倍」といった取引
も可能です。
 ただし、海外のFX口座を利用した場合、「出金できない」といったト
ラブルが多いのも事実です。

 今後、金融庁が「レバレッジ10倍」を実施しても、どこかに何らかの
「抜け道」が用意される可能性も高く、その意味でも、規制が狙い通り
の効果を発揮するかどうかは、わかりません。

 また、投資家が「ハイレバレッジ」を求めて、よりリスキーな行動を
取る恐れもあると思われます。

 ◆投資家の投資意欲が低下する

 レバレッジが25倍から10倍に下がれば、FXトレードの魅力である「ス
ワップ金利」の「利率」も、2.5分の1に下がります。
 これは、投資家の投資意欲を大きく減退させます。

 たとえば、現在、約4万円で米ドル/円を10,000通貨買った場合、国
内のある証券会社では、1日に約50円のスワップ金利が付きます。
 年間(365日)では18,250円。年利46.25%相当となります。

 しかし、レバレッジ10倍となれば、10万円に対して18,250円の年利で
すから、利率は、18.25%に下がってしまいます。

 もともとFX取引には大きなリスクがあります。
 この程度の利率になってしまえば、リスクを取ってまで、スワップ金
利を狙う意欲がなくなります。

 もしも「レバレッジ10倍」となれば、「店じまい」して、FX取引をや
めるトレーダーが続出するでしょう。

 ◆投資家はバカじゃない

 金融庁は「投資家保護」のために、いろいろなルールを策定するお仕
事をされているわけですが、「投資家保護」をお考えなら、
「FXはハイレバレッジで危険だから、投資金額を抑えなさい」と、くり
返し忠告していただければ、それで十分だと思います。

 金融庁の「投資家保護」は時に「行きすぎる」ことがあるように思い
ます。つまり、
「投資をやめなさい」と言われているように感じることがあるわけです。

 投資家はバカじゃありません。
「FXはハイレバレッジだから危ない」ということは十分承知の上で、リ
スクを調整しながらトレードしています。

 また、個人投資家の為替取引は、為替市場の流動性の向上に大きく寄
与しているはずです。

 ◆「投資家保護」か「締め出し」か

 かつて、FX取引のレバレッジが数百倍まで認められていた時期があり
ました。

 さすがに、数百倍はちょっと「高すぎる」と思いますが、レバレッジ
10倍となったら逆に「低すぎ」です。
 これを実行したら、「FX投資家を減らす」効果は「てきめん」でしょ
う。

 金融庁がレバレッジを下げる目的が、
「FX投資は危ないから、できるだけやらない方がいい。市場から投資家
を締め出して為替取引を不活発にしよう」というものであれば、それは
狙い通りの効果を発揮するでしょう。

 しかし、レバレッジを下げることが「投資家保護」につながるかどう
かは疑問ですし、むしろ投資家から「投資機会(チャンス)」を奪うこと
になりかねないと思います。

 金融庁にはぜひ、「レバレッジの引き下げ」を、再考していただきた
く思います。
 ...いえ、ハッキリ申しましょう。
「レバレッジの引き下げ(25倍から10倍へ)は、やめてください!」

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 編集後記:  by 長谷川 雅一
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 僕は株取引もビットコイン取引もやっていますが、メインと考えてい
るのはFX取引です。
 他の金融商品と比較検討したとき、最も魅力的だからです。

 そのFX取引の魅力の1つである「レバレッジ25倍」が見直され、「レ
バレッジ10倍」となってしまったら?
「うーん、だったらFX取引やめようかな」と思います。

 皆様はいかがお考えでしょうか?

────────────────────────────────
◇長谷川の動画と活動中のSNS◇
────────────────────────────────

 ◇活動中のSNS◇

・VALU
→ https://valu.is/radioyazi

・ツイッター
→ https://twitter.com/RadiOyazi

・YouTube
→ https://www.youtube.com/user/RadiOyazi/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 有料投資情報誌「トレマガ」:
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

「トレーダーズマガジン(トレマガ)」は、本誌(「ハッピーライフマガ
ジン」)を執筆している、投資アドバイザー長谷川雅一が発行する、有
料の投資情報誌です。
 毎日、深夜に発行します。「朝刊感覚」でお読みください。

 編集長の長谷川雅一が、独自の視点とテクニカル/情勢分析で、為替、
株、ビットコインなど、幅広い金融商品について、値動きの動向を予想
し、具体的なトレードプラン(発注例)を提示します。

 ◆「トレマガ」の特長

・マーケットの原動力である「為替相場」を独自手法で的確に分析。
・為替のトレードプラン(発注例)を具体的に提示。
※米ドル/円、豪ドル/円、ユーロ/円、ポンド/円に対応。

・日経平均の動向、今後の予想を毎日掲載。
・日経225先物、ETF、の「発注例」も毎日掲載。
・株の個別推奨銘柄を「発注例」付きで掲載。
※すべての「発注例」について約定後も追跡記事でフォロー。

・大きな値上がりが期待できる「10倍銘柄」コーナーが好評。
・「長谷川のトレード日記」では日々のFX実売買を赤裸々に公開。
・わかりやすい「特集」「連載」でプロ並の投資知識が身につく。
※現在は「VALUを知ろう!儲けよう!」を連載中。

 ◆「トレマガ」購読のご案内

「トレーダーズマガジン(トレマガ)」は、ポイント制の有料メールマガ
ジンです。
 新聞や雑誌と同じように、どなたでもお読みいただける電子雑誌です。

 購読料金は、約3ヵ月分(60ポイント)で、16,200円(税込)からです。
 お得な長期コースもあります。
 1通のメルマガが配信されるたびに、1ポイントずつ消化されるしく
みです。

 スマホで読みやすく編集した「スマホ版」もあります。
 1契約で、PC版とスマホ版の両方をお読みいただけます。(契約者ご
本人に限ります。)

 ◆「トレマガ」の詳細/お申し込みはこちら

「トレマガ」の詳しい情報、お申し込みは、以下のページからどうぞ。
→ http://preco.co.jp/index.php?go=YGdIyN

※スマホの方は↓よりお申し込みください。
https://ws.formzu.net/sfgen/S78721450/

────────────────────────────────
◇長谷川 雅一 のプロフィール◇
────────────────────────────────

 長谷川 雅一(はせがわ まさかず)。1959年生まれ。岐阜県出身、在住。
 投資情報誌「トレーダーズマガジン(トレマガ)」編集長。
 株式会社プレコオンライン、代表取締役社長。

 日本で初めて「株の自動売買」という言葉を使った本(『チャートと
自動売買で月3万円儲ける』)を出版し、日本に「自動売買」の一大ブ
ームを巻き起こした「仕掛け人」的存在として知られる。

 地元の高校を卒業後、クラシックギターの専門学校に進み、演奏と作
曲を学ぶ。(現在も、クラシックギターの作曲家、シンガーソングライ
ターとして、オリジナル曲も発表し続けている。)
 音楽学校を卒業後、地元に帰り、ギター教室、家庭教師、学習塾経営
など、教育関連ビジネスで起業。

 その後、2000年から自ら株式投資と投資の研究を始め、有料メールマ
ガジン、投資教室、投資用ソフトの開発販売など、投資関連のビジネス
を展開。

 また、投資関連書籍の執筆者として、デビュー作『長谷川式投資法な
らあなたも株で生活できる』以後、株式投資関連の単行本やムックを多
数上梓。月刊「ネットマネー誌」では5年間にわたり「ネット株大学」
で連載記事を執筆した。

 ネット上ではRadiOyazi(ラジオヤジ)として活動中。Twitter、YouTu
be、メルマガなどで、「進歩向上」「元気が出る」「新しい&ビックリ
&発見」「音楽&アート」「ビジネス&経済(お金を稼ぐ)」の5つのテ
ーマでコンテンツを発信中。

 現在(2017年)は「トレーダーズマガジン」を軸とする、電子出版会社
の立ち上げに挑戦している。
 2017年8月27日にVALUを公開。

 ◆取材、執筆のご依頼は...

 株式相場の現状と見通し、為替相場の現状と見通し、ビットコイン相
場の現状と見通し、VALUについて、賢い資産運用法、正しい投資法、間
違った投資法、投資家が陥りやすいリスクなど、投資、マネー全般につ
いて、様々なテーマでの取材、執筆依頼をお受けしています。
 お気軽にお声がけください。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 独自配信版について:
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

「ハッピーライフマガジン」は、まぐまぐさん経由でお読みいただく方
法のほかに、弊社(プレコオンライン)より直接配信させていただく方法
があります。

「独自配信版」では、スマートフォンで読みやすく編集された、スマホ
版をお読みいただくことができます。
 また、「トレマガ(有料メルマガ)」のプレゼント配信なども企画して
います。
「独自配信版」のお申し込みは、下記よりどうぞ。

────────────────────────────────
■ご案内■ プレコオンライン独自配信版の登録/解除など:
────────────────────────────────

 このメルマガは「まぐまぐ」を利用して発行しています。
 プレコオンラインからの「自社配信」をご希望の方は、以下よりご登
録ください。スマホで読みやすい「携帯版」も配信しています。
 また、自社配信版には、有料誌「トレーダーズマガジン」の一部記事
の無料配信などの特典があります。

・独自配信版ハッピーライフマガジン、ご登録(配信開始)は...
→ http://preco.co.jp/index.php?go=RAbMeL よりご依頼ください。

・独自配信版ハッピーライフマガジン、登録解除(配信停止)は...
→ http://preco.co.jp/index.php?go=vimTyF よりご依頼ください。

・独自配信版ハッピーライフマガジン、配信先の変更/追加は...
→ http://preco.co.jp/index.php?go=4peRkP よりご依頼ください。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●本誌へのお問合せ/ご意見/情報提供は:E-mail: m@preco.co.jp へ!
●購読解除の作業はご自身で行って下さいますよう、お願いします。
 http://www.mag2.com/m/0000045495.htm から解除できます。
--------------------------------
■提供:「トレーダーズマガジン」の(株)プレコオンライン
 〒509-7202 岐阜県恵那市東野1327-3 Tel:0573-25-9600
■金融商品取引業者 東海財務局長(金商)第123号
■ホームページ http://www.preco.co.jp ■E-Mail: m@preco.co.jp
■取材・執筆・編集:長谷川 雅一(はせがわ まさかず)
■まぐまぐ<http://www.mag2.com> マガジンID:0000045495
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
メルマガ全文を読む
 

▲ページトップへ

▲ページトップへ