朝らく!海外コモディティ情報

  • ¥0

    無料

コモディティ、FX、金融情報を朝方配信!サクッと読める海外市況で、豪ドル円などの資源国通貨の先行指標、原油・金・銅などの変動理由を短時間で確認できます。相場の役に立つ書籍やセミナーの紹介、くりっく365関連の情報など、日替わりで使える情報も掲載しています。

著者サイト
   
 

このメルマガは現在休刊中です

 
メルマガ名
朝らく!海外コモディティ情報
発行周期
土日・祝祭日を除く毎日
最終発行日
2016年07月29日
 
発行部数
1,132部
メルマガID
0000049479
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
マネー > 各種金融商品 > 先物・オプション

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

メールマガジン最新号

●「朝らく! 最速コモディティ情報」休刊のお知らせ

平素はメールマガジン「朝らく! 最速コモディティ情報」をご愛読いただきまして誠にありがとうございます。

2000年11月20日に創刊して以来、読者の皆様に親しまれておりました「朝らく! 最速コモディティ情報」ですが、誠に勝手ながら2016年7月29日発行号を持ちまして、休刊することとなりました。創刊からおよそ16年間、読者の皆様に支えていただきましたことに心より御礼申し上げます。

弊社はコモディティ情報の配信事業を手掛けておりますが、一旦、本メールマガジンを休止させていただき、戦略分野への資源集中により配信事業の一段のクオリティアップを図ることになりました。

ご期待いただいた皆様には申し訳ございませんが、弊社スタッフ一同、今後もより価値のあるコモディティ情報の配信に尽力して参る所存です。

今後とも何卒、宜しくお願い申し上げます。

(みんかぶ)


海外コモディティ・マーケット・サマリー(7月28日)

--------------------------------------
海外主要銘柄の中心限月の相場表(限月、終値、前営業日比)

NY金  2016/ 8 1332.3 + 5.6 シカゴ大豆  2016/11 978.00 - 8.00
NY銀  2016/ 9 2019.2 + 19.7 シカゴコーン 2016/ 9 331.25 - 4.50
NYプラ 2016/10 1138.9 + 10.7 NYコーヒー 2016/ 9 142.15 + 0.95
NYパラ 2016/ 9 698.65 - 5.25 NY粗糖   2016/10 18.80 - 0.30
NY原油 2016/ 9 41.14 - 0.78 ドル・円   105.32 + 0.09
--------------------------------------
◎NY外為=ドル円は終盤に105.51円まで上昇
 日本時間午前5時過ぎのドル・円は105.32円。ドル円は終盤になって強含み、
104円台から一時105.51円まで一気に上昇した。きっかけはロイター通信の報
道で、日銀は政府からの圧力の下、追加緩和を検討しており、財務省も日銀に対して追
加緩和を打ち出すようロビー活動を実施。日銀の追加緩和決定の際の声明草案まで既に
用意しているという。

◎NY貴金属=パラジウムを除き続伸、FOMCの利上げ見送りを好感
 金は続伸。昨日FOMCで利上げが見送られたことやドル急落をはやし、前日高値を
突破した。米株価指数先物の下落も強材料。ただ、原油の急反落で上げ幅を削った。
 銀は続伸。昨日のFOMC後の強基調を引き継いだあとも、ドル安や金の上昇で前日
高値を突破した。ただ、ドル安一服や原油急落、金の押しで高値から守勢に回った。
 プラチナは続伸。FOMCの利上げ見送りやドル急落、金の急伸で一代高値を更新し
た。ただ、ドル安一服や原油の急落、米株価指数先物の下値追いで守勢に転じた。
 パラジウムは反落。FOMCの利上げ見送りやドル急落、他の貴金属の急伸で一代高
値を更新したが、目標達成感や原油急落、米株価指数先物の下値追いで値を消した。

◎ロンドンアルミ=急伸、FOMCの利上げ見送りを好感
 アルミ3カ月物は急伸。FOMCの利上げ見送りやドル安加速を好感、原油急落や米
株価指数先物の反落で後退したが、銅の上値追いをはやして中盤の抵抗を突破した。

◎NY原油=続落、引き続き供給だぶつき懸念が重し
 原油は続落。エネルギー情報会社が受渡場所となるオクラホマ州クッシング原油在庫
の増加を示すなど引き続き供給だぶつき懸念が重しとなり、期近は4月20日以来の水
準へ一段と切り下がった。

◎シカゴ穀物=大豆は反落、コーンは急反落
 大豆は反落。11月限は、来週の熱波予報で前日高値を突破したが、最近の降雨で土
壌水分が潤沢なことや、熱波は長続きしないとの見方で天候プレミアムを吐き出す流れ
となった。ドル反発や原油急落、飼料穀物の下値追い、輸出成約高の減少も弱材料。
 コーンは急反落。9月限は、来週の産地の熱波予報やドル安で前日高値を抜いたが、
産地の降雨や目先の降雨予報、原油急落、大豆反落で戻り売りが優勢になった。最近の
降雨で土壌水分が潤沢なことから史上最高の豊作観測が広がり、一代安値に接近した。

◎NY粗糖=軒並み下落、下げ基調続く
 粗糖は軒並み下落。10月限は、チャート上での戻りの重さや、ブラジル中-南部産
地の7月の増産観測などが引き続き重しとなり、一時、期近ベースで6月24日以来の
水準へ一段と切り下がった。
                                 (みんかぶ)
メルマガ全文を読む
 

▲ページトップへ

▲ページトップへ