京のおかし歳時記

  • ¥0

    無料

京都生まれの京都育ち、和菓子屋に嫁いで?年のマサコはんが、京都のお菓子にまつわる伝統や行事をおもしろくご紹介します。

著者サイト
 

メールマガジンを登録(無料)

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。
※ 各サービスで登録しているメールアドレス宛に届きます。

メールマガジンを解除

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
 
 
メルマガ名
京のおかし歳時記
発行周期
月刊
最終発行日
2018年01月01日
 
発行部数
1,128部
メルマガID
0000050163
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
アート・文芸 > 文芸 > エッセイ

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

メールマガジン最新号

      御菓子司「中村軒」
    http://www.nakamuraken.co.jp
vvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvv
           京のおかし歳時記
vvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvv

 今月の出店・出品予定は下記の通りです。

    1/31~2/6  洛西高島屋 出店


■■■■■■■■■■■■■エッセイ■■■■■■■■■■■

           第207回 信天翁

あけましておめでとうございます。

今年は犬年です。今は悪魔お祓い子供を守ると言われています。

「お宮参りの時産衣に犬張り子をつけると魔除けになるのんえ」と
おばあちゃんは言わはる。

妊娠5ヶ月の犬の日に安産祈願のお参りをして神社で腹帯を授かってきます。
その時ご近所や親しい方にお赤飯配ります。
昔は産婆さんには必ずお届けしたそうな。

お赤飯は器に軽う入れるのがしきたりで、
お産が軽うすみますようにとの願いです。
お赤飯の赤色も魔除けになると信じられています。

昔の妊婦さんはこれからが大変やったらしい。
特に農村に嫁がはった私のおつれは「お産は病気と違いまっせ」と
働き者の姑はんから言われて「辛抱と堪忍の毎日やったわ」と言うのやけど、
辛抱と堪忍は一緒ちゃうのん。

辛抱はつらい仕事でも我慢して務める、
堪忍は怒りをこらえて相手を許すと辞書にはある。

話は飛ぶけど中村軒のあがりかまちに「堪忍」と書かれた扁額があがってる。
「商売の家は堪忍の額をかけるのが習わしや」おじいちゃんも言わはる。

禅宗の御老師が言わはるのには
「堪忍は無事長久の基
 自分に向かってくるもの全て受け入れていくと
 耐え忍ばなければならなかった苦痛は苦痛でなくなる」

偉い人が言わはることはちゃうな。ごもっともごもっとも。

中村軒の堪忍の字を書かはったんは、明治時代の書家であり政治家の
山中静逸(せいいつ)はんです。
富岡鉄斎の生涯の友やった人です。

明治維新後は石巻の知事にならはった。
農民の幸せを考えた政治をしやはったんで、仏の山中様と呼ばれたはったんやて。

引退後嵐山に対嵐山房という庵(いおり)をむすんで過ごさはった。

この対嵐山房は現在ご清遊の宿らんざんと言う旅館になってます。
お庭に明治天皇行在所(あんざいしょ) 山中邸跡という石碑が立っています。

山中静逸はんは号を信天翁(しんてんおう)という。
山中邸の川をはさんで向こう岸、大悲閣への道しるべに芭蕉の句碑があります。

   花の山 二町のほれば大悲閣   はせを

そばに漢文でこの句を讃えた碑がある。
「明治11年3月 信天翁」としるされていて、この辺りは特にお気に入りやったようや。

信天翁はあほうどりのことで、天に信(まか)せて一日中同じ場所で魚が来るのを
待っている翁(老人)のような白い鳥、ということから付けられたそうな。

地上にあっては足どりつたない鳥やけど、洋上の飛翔能力は鳥類の中で最も高い。
ゆったりと飛ぶ姿を昔の人は沖の大夫と呼びました。

何事にもこだわらんと、天に信かそうと、明治という時代をゆったりと飛びたいと
思っはったんかしらん。

嵐山を愛さはった山中はんは、この辺の土地300坪を地主であった下桂村の風間
八左衛門はんから200年契約で借り受け10円支払うと記録にある。

風間八左衛門はんは桂から京都の街まで出るのに他人の土地を踏まんと行ける
大地主やった。中村軒とは同じ下桂村で昔から親しゅうしてもろてました。

そんなご縁からこの扁額はうちに来たんかもしれん。
一つの扁額から辿っていくと歴史が見えてくるのも楽しいことです。

ご老師が言われるように堪忍は全て受け入れていくやわらかい心。
それを肝に銘じて仕事に精を出す1年でありますように。

今年も中村軒をどうぞよろしくお願い申し上げます。

めでたし、めでたし。

■■■■■■■■■■■■■中村軒より■■■■■■■■■■

あけましておめでとうございます。本年もよろしくお願い申し上げます。

中村軒は元旦はお休み、1/2(火)~8(月・祝)は通常営業ですが、茶店のご予約はできません。
1/9(火)~1/12(金)が正月休みとなりますのでご注意下さい。

1/2には花びら餅や干支薯蕷をそろえ、皆様のお越しをお待ちしております。
茶店も9:30より営業いたしますので、白味噌雑煮などもお召上がり頂けます。

本年も皆様のお越しをお待ちしております。

※お正月休み期間中(1/9~1/12)はインターネットも本店販売・茶店全て
 お休みとなりますのでご注意下さい。


※2018年1/1(月)休業
    1/2(火)~1/8(月・祝)営業 ※1/3(水)も臨時営業です
    1/9(火)~1/12(金)正月休み
    1/13(土)~通常営業
-------------------------------------------------------
京都桂離宮畔 中村軒 http://www.nakamuraken.co.jp/
株式会社 中村軒 京都市西京区桂浅原町61 (075)-381-2650
「京のおかし歳時記」第205回 平成30年1月1日発行
メールアドレスのご変更やメールマガジンの停止は下記ページからできます。
http://www.nakamuraken.co.jp/mag.html
メルマガ全文を読む
 

▲ページトップへ

▲ページトップへ