癒しの子育て・親育ち便り

  • ¥0

    無料

親子で癒される子育てのコツ・ママのストレスが癒される読み物・抱っこ法の最新情報などを、毎月お送りしています。筆者は、子育て支援の定番サイト「ぴっかりさんの子育て相談室」の管理人で、「育児のまぐまぐ!」の連載も担当しているぴっかりです。

著者サイト
   
 

このメルマガは現在休刊中です

 
メルマガ名
癒しの子育て・親育ち便り
発行周期
毎月15日
最終発行日
2010年11月30日
 
発行部数
0部
メルマガID
0000052223
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
生活情報 > 出産・子育て > 育児

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

メールマガジン最新号

                                   
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
★*,                         2010/11/30号
。・☆      ★癒しの子育て・親育ち便り★第109号
 .。★`*                        毎月15日発行
 ☆・:* ☆ミ      <まぐまぐ版>        総読者数7537人
~~~~~【「まぐまぐ」の“殿堂入り”メールマガジンです】~~~~~~
HOME「ぴっかりさんの子育て相談室」 http://homepage1.nifty.com/pikkari/
携帯サイト http://www.geocities.jp/holding86/k/index.html

※ お久しぶりになってしまいました。(^_^;) m(_ _)m ※
―――――――――――――――――――――――――――――――――――
◇ もくじ ◇
  ◆HOMEサイトからのお知らせ
  ◆わが子に育てたい「10の力」・・・1.傷つく力
  ◆小児科医が教える「こどもの健康・常識の常識」
             ~ 子どもの包茎、亀頭包皮炎 ~
             ~ 誤飲(1) 可溶性物質…タバコ、薬品など ~
             ~ 誤飲(2) 固形物…コイン、おもちゃなど ~
             ~ 伝染性紅斑(リンゴ病) ~
  ★常設相談コーナーのご案内
  ★ぴっかりのつぶやき

―――――――――――――――――――――――――――――――――――
※ 初めての読者の方は、まずこちらを読んでみてくださいね。(^-^) ※
    ●親子で癒される、子育てのコツ
      → http://homepage1.nifty.com/pikkari/kotu/index.htm
    ●子育てのピンチは、親育ちのチャンス!【基本編】
      → http://homepage1.nifty.com/pikkari/chance/index.htm


◆◆HOMEサイトからのお知らせ◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

   ★12月5日(日)に、大阪で、抱っこ法による「子育て相談会&体験
    会」があります。受付に限りがありますので、ご希望の方はお早めに。
    → http://homepage1.nifty.com/pikkari/kouenkai/osakadakko.htm

   ★12月15日に、ぴっかりの実際の相談室(シャローム共育相談室)
    が、千葉県佐倉市から八千代市へ引っ越します。
    → http://homepage1.nifty.com/pikkari/syaroam2.htm#jump

   ★「話が聞けて良かった」「肩の力が抜けて元気が出た」と、各地で大
    好評のぴっかりの講演会。あなたの街にも、ぜひ呼んでくださいね。
   → http://homepage1.nifty.com/pikkari/prof/kouen.htm


――★ぴっかりの超オススメ★―――――――――――――――――――――
~~小学生から高校生・大学受験生まで~6名までの少人数制・個別指導~~
早 稲 田 学 習 教 室
~~中野区で29年の信頼と実績~自慢のプロ講師陣~無料体験授業あり~~
東京都中野区新井2-31-3(JR中野駅から6分) TEL (03)3389-5089
※詳細はWEBで→ http://members.jcom.home.ne.jp/anthroposo/ ※
―――――――――――――――――――――――――――――――――――



◆◆わが子に育てたい「10の力」◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

「子育ての中で、わが子にどんな力をつけてあげたいと思いますか?」と聞か
れたとしたら、あなたならどんなふうに答えますか? 「人の気持ちが分かる
力」とか「最後まであきらめないで、頑張る力」とか、いろいろ思い浮かぶこ
とでしょう。
でも、長年、いろいろなお子さんの相談を受けていると、これからの世の中を
自分らしく生き抜いていくには、意外な“力”が必要なのでは?と思うように
なりました。
「傷つく力」「迷う力」「あきらめる力」「弱音を吐く力」・・・。思いつく
限り並べてみると、10というちょうどよい数になりました。ひとつずつとり
あげて、お話ししていくことにしましょう。

‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐

1.傷つく力

●ひざ小僧のすり傷
昔の子どもたちは、たいてい、左右どちらかのひざ小僧にすり傷がありました。
傷が治りかけると、必ずころんで、今度は反対の足のひざをすりむいてしまう。
そんなことの繰り返しだったからです。
それに比べて今の子どもは、みんなきれいなひざをしています。昔とは道路事
情が違うからでしょうか。私が子どもの頃は、舗装している道路は珍しく、ほ
とんどはむき出しの土でしたので、足が取られることが多かったのかもしれま
せん。
道路だけではなく、昔の社会は“危険”でいっぱいでした。管理の行き届いて
いない空き地や、工事現場などもあちこちにあり、そこは子どもたちにとって、
かっこうの遊び場でした。今よりも悲惨な事故が多かったことでしょう。
そうでなくても、「子どもがケガをする」ということは日常茶飯事だったよう
な気がします。親も慣れていて、「ああ、大丈夫、大丈夫。ツバつけとけば治
る」と動じませんでした。親がそんな態度ですから、子どももわりと平気でし
た。
でも今の子どもにとって、「ケガをする」ということは一大事です。すぐに問
題視する親が多いので、幼稚園でも、学校でも、昔と比べて、「ケガをさせな
いように」とビクビクしています。子どものケガは、「当たり前のこと」「自
然なこと」ではなくなりました。
もちろん、大きなケガは困りますね。でも、傷つくことを通してしか出会えな
いことが、この世の中にはあるのではないでしょうか。

●傷を通しての出会い
うちの子が保育園に通っていた頃のことです。みんなが顔見知りのような小さ
な園だったので、お迎えに行くと、「あっ! ○○ちゃんのパパだ!」と、他
の子も寄ってきます。そんな時、傷テープを貼っている子に、「あれ、イタイ
イイタイしちゃったんだ」と声をかけると、もう大変。われもわれもと自分の
傷を探して、「イタイの~」と見せにきます。なかには跡もわからないほどの
古傷を必死で「イタイの~」と見せにくる子もいて、笑っちゃいました。
でもわかりました。ケガをした時って、友だちが寄ってきたり、先生や親が来
たりして、助けてくれたり慰めてくれたりしますよね。「困った時」というの
は、人と人との関係ができ、心の架け橋ができる時なのですね。
子どもだって、大人だって、「だれも傷つく人がいない」としたら、平和でい
いことだとは思います。でも、人と人とが出会うことがなくなり、案外、寂し
いことになってしまうかもしれません。

●自然な回復力への気づき
昔は、小さなすり傷などは、「ツバでもつけとけ」という大人が多かったので
はないでしょうか。医学的に見れば、「傷にツバをつける」なんて、不衛生き
わまりないことかもしれません。それでもツバで治った(?)のは、人間の体
に備わった自然治癒力のおかげでしょう。
こんな大人の対応に、昔の子どもは、「小さな傷は、ほおっておけば、自然に
治っていく」という人生の真実を、それとなく学んだのだと思います。心の傷
も同じですね。
いろいろな相談を受けていると、心の傷そのもののダメージではなく、「傷つ
いてしまうことへの不安」や「傷が治らないのではないかという不安」のほう
が深刻なケースが多いような気がします。「まあ、なんとなかるさ」という自
然治癒力への信頼感が薄れているのが、現代人が抱える不安の正体なのではな
いでしょうか。「傷つく→いつの間にか回復する」ということを繰り返し経験
することは、人生をパワフルに生きていくための原動力になりそうです。子ど
もも、大人も。

●「傷つかない力」より、「立ち直れる力」を
無用な“傷つき”は避けたいもの。でも、どんなに注意しても、傷つかないわ
けにはいきません。傷には、「避けるべき傷」と「乗り越えるべき傷」がある
のではないでしょうか。むしろ、傷から立ち直る過程でしか、発見できない真
実というものがあるのです。だとしたら、「傷つかない力」より、「立ち直れ
る力」を身につけたいものですね。
「“傷つく”は、“気づく”に通じる。傷つくことでしか気づけないことがあ
る」と、なにかの本で読んだことがあります。まさに、その通りですね。



◆◆小児科医が教える「こどもの健康・常識の常識」◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

― 子どもの包茎、亀頭包皮炎 ―

男の子がおちんちんを赤く腫らし、痛がり、小児科を受診してくる事は日常茶
飯事です。また、おしっこがあちこちに飛び散って困っているという相談も時
々あります。これらは、包茎が原因になっていることがほとんどです。今回は
子どもの包茎とそのケアについてお話します。

●おちんちんの構造
おちんちんの先端が亀頭部で、その先端に尿道口があります。亀頭部を覆って
いる皮膚を包皮、包皮の先を包皮口、亀頭部の根元のくびれた部分を冠状溝と
言います。

●包茎とは
亀頭部が包皮に覆われた状態を「包茎」といいます。亀頭と包皮の癒着により
おちんちんの包皮を根元の方にたぐりよせても、亀頭部先端の尿道口が全く見
えない状態を真性包茎、ある程度亀頭部を露出できる状態を仮性包茎と言いま
す。
子どもにとって包茎は正常な状態で、決して病気ではありません。赤ちゃんの
頃は真性包茎ですが、徐々に亀頭と包皮の間がはがれやすくなってきます。

●包茎のケア不足による問題
包皮と亀頭の間には垢がたまりやすく、そこに細菌が繁殖して炎症が起きると、
亀頭や包皮が赤く腫れ痛くなり、黄色い膿が出ることもあります。この状態を
亀頭包皮炎と言います。包皮をむいて膿を排出させたり、抗生剤軟膏を塗る必
要がありますので、かかりつけ医を受診してください。
自分でおしっこが出来るようになっても、真性包茎で尿道口が包皮の中に隠れ
ていて、おしっこがあちこちに飛び散ることがあります。トイレも汚れますし、
上手におしっこが出来ないで悩む子どももいますので、包茎のケアをしっかり
やってください。

●包茎のケア
赤ちゃんの時期は、亀頭部の粘膜を保護するための包茎ですので何もしなくて
良いです。1歳を過ぎてからは、入浴時おちんちんを洗う時に包茎のケアをし
てあげたほうが、将来的に困ることが少なくなります。
おちんちんを3~4本の指で持って、包皮をおちんちんの根元の方にずらし、包
皮口をつっぱらして少しずつ広げ、包皮と亀頭の癒着をはがしていきましょう。
少しずつ、焦らず、入浴のたびに続けることが大切です。亀頭部の清潔を保つ
ために、出来るところまで包皮をむき、石鹸を泡立てて手でやさしく洗う習慣
をつけておきましょう。
昔は、包茎のケアが上手くいかない子どもに手術も行なわれていました。しか
し、ケアをしっかりやれば真性包茎もむけていきますので、最近は子どもの包
茎手術をすることはなくなりました。


※以下のテーマは、HOMEサイトの方に掲載しています。ぜひ、ご覧ください。
  ★誤飲(1) 可溶性物質…タバコ、薬品など
     → http://homepage1.nifty.com/pikkari/MM/sawai.htm#goin1
  ★誤飲(2) 固形物…コイン、おもちゃなど
     → http://homepage1.nifty.com/pikkari/MM/sawai.htm#goin2
  ★伝染性紅斑(リンゴ病)
     → http://homepage1.nifty.com/pikkari/MM/sawai.htm#ringobyo


※筆者の澤井清先生は、長年のキャリアがある経験豊かな小児科医さんで、千
葉県佐倉市で「さわいこどもクリニック」を開業されています。3人のお子さ
んのパパでもあります。   HP→ http://sawai-kodomo.jp/index.htm
※ネット上の医療情報は「情報の利用は自己責任で」が原則です。混乱を避け
る意味でも、かかりつけのお医者さんの判断を優先させてください。


――★ぴっかりの超オススメ★―――――――――――――――――――――
~~阿部秀雄さんの「癒しの子育てネットワーク」発行のメルマガ~~
し あ わ せ こ そ だ て 通 信
~~毎号、読者の「癒しの子育て体験記」が掲載されています~~
日本抱っこ法協会名誉会長・阿部秀雄さんの連載コーナーもあります。見逃せ
ない読み物がたっぷり。ぜひ、ご愛読ください。(^o^)/【隔週刊】【PC向け】
※無料購読の登録先→ http://www.mag2.com/m/0000256876.html
―――――――――――――――――――――――――――――――――――

◆◆ぴっかりの常設相談コーナー◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
~~みなさんからの投稿、お待ちしています!~~

●『育児のまぐまぐ!』・・・ぴっかりさんの「すくすく道場」
   ・投稿先→ http://www.mag2.com/wmag/ikuji/toukou.htm
   ・過去の相談例→ http://ikuji.mag2.com/pikkarisan/index.html
   ・無料購読登録→ http://www.mag2.com/wmag/ikuji.htm

●携帯サイト「マタニティ&ママ」
   ・アクセス→ http://www.matamama.com/



◆◆ぴっかりのつぶやき◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

うっ、また悪いクセ・・・冬眠(夏秋眠?)状態でした。(T_T) (T_T)
新連載は、せめてものお詫びの印です。(^_^;)

来年こそは、がんばりまっす。m(_ _)m
でもその前に、今年はもう1回、12月15日号でお会いしましょう。(^o^)/

----------------------------------------------------------------------
□■□■□■「ぴっかりさんの子育て相談室」から誕生した本■□■□■□■
●『心を抱きしめると子育てが変わる―ガマンの日々にさようなら―』
   最初に読むなら、この本がオススメ。親も子も共にラクになっていく
   「癒しの子育て・親育ち」のすすめ方を、やさしく解説しています。
    ※詳細→ http://homepage1.nifty.com/pikkari/syuppan/hon.htm
------------------------------------------------------------------
●『子育てと自分さがしが出会う場所
       ―イライラの根っこに、しあわせへのとびらがある―』
   あなた自身が苦しい気持ちでいっぱいだったら、この本。忙しい育児の
   合間にできる「ひとりワーク(癒しのレッスン)」が満載です。
    ※詳細→ http://homepage1.nifty.com/pikkari/syuppan2/hon.htm
------------------------------------------------------------------
●『ちょっと気になる子の育て方
         ―「困った子」がみるみる「いい子」になる方法!』
   育てにくい子の伸ばし方のコツを、すぐに取り組める3ステップで解説
   しました。発達がゆっくりな子の育て方にも最適です。
    ※詳細→ http://homepage1.nifty.com/pikkari/syuppan4/hon.htm
------------------------------------------------------------------
●『いい子に育つ! 6000回のおむつがえ』
   おむつ替えを少し工夫するだけで、母子のコミュニケーションが進む画
   期的な方法。ゼロ歳からできる“癒しの子育て・親育ち”。共著です。
    ※詳細→ http://homepage3.nifty.com/c1project/
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

―――――――――――――――――――――――――――――――――――
  ◇電子出版: ★癒しの子育て・親育ち便り★
  ◇編集・発行者:ぴっかり(萩原 光) ANA60696@nifty.com
    Copyright (C) 2000-2010, Kou Hagihara, All rights reserved.
  ◇HOMEサイト:「ぴっかりさんの子育て相談室」
            http://homepage1.nifty.com/pikkari/
  --------------------------------------------------------------- 
  ◆購読・変更・解除は、こちら↓
       http://homepage1.nifty.com/pikkari/MM/index.htm
―――――――――――――――――――――――――――――――――――

このメールマガジンの配信は、以下の発行システムのご協力を得ています。

「まぐまぐ」( http://www.mag2.com/ ) ID:0000052223
「melma!」 ( http://www.melma.com/ ) ID: m00103348
「めろんぱん」 ( http://www.melonpan.net/ )  ID: 005797
メルマガ全文を読む
 

▲ページトップへ

▲ページトップへ