ゴルフ◇今日のお客さん

  • ¥0

    無料

毎日ゴルフ場で仕事をしているキャディさんがプレー中に起きるお客さんの様々なドラマを面白おかしく書き下ろすノンフェイクション・エッセイ!読むだけでマナーやルールの勉強も出来る便利なメールマガジンです。

著者サイト
 

メールマガジンを登録(無料)

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。
※ 各サービスで登録しているメールアドレス宛に届きます。

メールマガジンを解除

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
 
 
メルマガ名
ゴルフ◇今日のお客さん
発行周期
週刊
最終発行日
2016年09月10日
 
発行部数
1,617部
メルマガID
0000053168
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
スポーツ・アウトドア > ゴルフ > その他

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

メールマガジン最新号


====================================
 メールマガジン◇今日のお客さん。2016・9・9号    さら@
====================================
ゴルフ競技で実際にあったルーリングです。
罰打と処置を考えてみましょう。


(1)グリーンの手前にあるガードバンカーからプレーヤーが打ったボールが
  ホームランした。そして、グリーンの奥を自動で走行中の乗用カートに
 (キャディさんがリモコンで動かしていた)ボールが当たりOBゾーンに落下
  した。ところが、カートが走行していたカート道はOB杭の外側であった。
  この場合、ペナルティはいくつ付加されるのか?


(2)ティショットがOB方向に飛んで行ったのでプレーヤーは暫定球を打った。
  暫定球はフェアウェイの真ん中に行った。最初の球を確認するとやはりOB
  だったので、プレーヤーは暫定球をプレーすることにした。そして、球を
  打ち、近くにあった別の球を拾ったところ、なんと!拾った球が自分の暫
  定球で、打った球は同伴競技者の球だということが発覚した。プレーヤー
  はあらためて自分の球をプレーすることになるのですが、次に打つのは何
  打目になるでしょうか。また、球はドロップしますか?リプレースします
  か?

====================================
ルール&マナー!ゴルファーのためになるお話
====================================

回答(1)最初の暫定球を打った時点で3打。誤球の2打罰と自分の球を動かし
     た1打罰の合計3打罰を付加して、リプレースをして打ったら7打目
     になります。

回答(2)OBゾーンにある携帯品でも、1打罰+OBの1打罰の合計2打罰が付加
     されます。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

処置をするとき、リプレースとドロップを間違えやすいので確認しましょう。

(裁定集 20-1/1より)

・誤球と思って拾い上げた球が正球であった場合

質問:パッティンググリーンに向けて打った球が誤球であったと思って
   プレーヤーがその球をマークもせずに拾い上げたところ、その球
   がインプレーの自分の球であることが分かった。この場合、どの
   ように裁定すべきか。

回答:プレーヤーは1打の罰を受け、その球をリプレースしなければなら
   ない(規則20-1)。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ゴルフパートナーのwebサイトで連載していた「ゴルフばっか」から・・・

第12回「耳にタコができる」
http://www.golfpartner.co.jp/html/gpcom/ENTAME/EWC110914/EWC110914.html

「キャディさんにしてはいけない質問三か条」。オジサンになると気の利いた
会話も出来ずにキャディさんを困らせてしまう。その代表的な質問がこれから
紹介する3つの質問です。(つづきはリンク先で!)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

さら@目線でゴルフ場を見るレポート☆彡

・八王子カントリークラブ(東京都)
http://plaza.rakuten.co.jp/sara88/diary/201609080000/

茶店が無料って素敵!と思ったら料金に含まれていた!(^_^;)
ビールも何杯でも飲めるそうですよ、お父さん。

====================================
さら@が選ぶ今週のカッコイイお客さん!
====================================

今回は、日本ツアーで9勝されている佐藤信人プロにオリンピックのゴルフを
実際に見てきてどうだったのか、お話を聞いてみました。

その前に、こちらの記事を読むともっとよくわかるオリンピックのゴルフ!

日経BPnetで掲載された「倉本昌弘PGA会長インタビュー」

・ゴルフ界の「常識」はオリンピックには通用しなかった
http://www.nikkeibp.co.jp/atcl/column/16/golfreturn/090700001/?n_cid=nbpbpn_fbed_bpnet

この記事を読むとオリンピックのゴルフ競技がオリンピックの競技の1つと
してどのように運営されて、どういうものであったかよくわります。4年後
の東京五輪を盛り上げるためにも改善したほうがいいところが倉本会長には
だいぶ見えているように思います。


さてさて、倉本プロは日本チームの強化委員長として現地入りされましたが、
佐藤プロはテレビの「解説」というお仕事でブラジルに行かれました。ご本
人がおっしゃるには、、「ブラジルは遠いし、危ないと聞いて、なかなか行
ってくれる人がいなかったんじゃないかな。」そんなふうに謙遜される佐藤
プロですが、海外慣れしてるし、英語しゃべれるし・・・「それが、英語が
全然通じなかったから困ったんだよね」ええー、英語ってどこでも通じるの
かと思ってました。ブラジルって、やっぱりポルトガル語!

わたしのブラジル人の友達が「リオ」と言ってもブラジルでは通じないと言
うので、どうして?と聞いたんです。すると、ポルトガル語では「R」の発音
が「H」だから、「リオ」じゃなくて、「ヒオ」と言うと通じるのだそうです。
その話を佐藤プロにすると、「うわ、ブラジル行く前に会いたかったぁ。」
佐藤プロも知ってるうちのキャディさんです。日系ブラジル人です。ポルト
ガル語、スペイン語、あとイタリア語も少し喋れるそうです。もとがラテン
語の言語はだいたいわかるのだそうです。

ただ、彼女は去年ブラジルに帰省したんですが、自分の親から「危ないから
帰ってくるな」と言われるくらい、ブラジルという国は本当に危ないそうで
す。

佐藤プロに強盗にあったりしませんでしたか?と聞きました。・・・なんと、
2週間の滞在中、初めの1週間はゴルフ場から帰って来るとホテルから1歩
も出なかったそうです。でもそれじゃあ面白くないということで、残りの1
週間はホテルの外に出て食事をしたそうです。「やっぱり外で食べたほうが
美味しかった」そうです。単独で外を歩くと狙われやすいので、行動は常に
数人で一緒にいるように注意したので強盗には遭わなかったということでし
た。

あと、気になるのは「蚊」ですよね。虫対策はしてたんですか?・・・一応
虫よけとか持って行ったけど、全然必要なかった、そうです。ギャラリーの
方たちも携帯用の蚊取り線香などを持って観戦してる人が多くいたそうです
が、たぶん、必要なかったんじゃないかなぁと。ところで、倉本プロの記事
で練習ラウンドでギャラリーが入れないとか、写真はプレー中でもOKとか、
通常のゴルフトーナメントの常識がオリンピックでは通じないと書いてあり
ましたが、そのあたりって、実際どうなんですか?

練習ラウンドが、まったく人がいないから・・・これ明日から大丈夫かな?
っていうのは正直思ったけど、女子もまあまあギャラリーが入って、男子は
それ以上に入っていたから、結果的には盛り上がっていたそうです。オリン
ピックって、結構盛り上げるものなんですか?との問いには、「盛り上がる」
と即答でした。佐藤プロはオリンピックがすっごく楽しかったみたいで、4
年後の東京も関わりたいなぁとおっしゃっていました。ただ、東京だと自分
じゃなくても解説の人材的には他にもいるだろうから・・・とまたまた謙遜
気味。プレー中のカメラ撮影に関しては、本当に本当に大事な場面では選手
よりもキャディのほうが懇願するような顔をして「お願いだから音を出さな
で!」という・・・声には出せないけど、顔で訴えていたそうです。

お土産ですけど、倉本プロも少ないと言ってましたが、本当に少ないんです
か?「買うものがない・・・」ボールマーカーやグリーンフォークがあった
ら佐藤プロも買いたいと思っていたそうですが、そういう商品が、ないんだ
そうです。それに、「そういう文化がないみたい」とおっしゃっていました。
「文化がないとは?」・・・一瞬考えましたが、どうやらグリーンに出来た
ボールマークを直すとか、、そういう「文化」がないらしいとのことでした。
そもそもゴルフ場もすごく少ないですし、、お土産は、Tシャツとあんまり
恰好よくない安っぽいキャップくらい。尚且つ、リオは物が少なくて、帰り
にサンパウロから飛行機に乗ったそうですが、サンパウロのほうがいろんな
オリンピックグッズが売っていたとのことでした。

最後に、欧米の選手たちは本当にオリンピックを楽しんでいて、日本人選手
は真面目だなぁ、と思ったそうです。4年後の東京は世界中から大勢の人が
来るからすごいことになると思うよ、と・・・・以前、長野五輪でオリンピ
ックに携わった人たちも同じことを言っていました。オリンピックバブルが、
すごい勢いでやってきて、終わったらあっという間に通り過ぎて行く感じが
わたしにはなかなか想像できませんが、4年後のオリンピックが開催される
埼玉県の霞が関カンツリー倶楽部では来月の10月にはオリンピックコース
が完成する予定です。霞が関カンツリーにもしものことがあれば、セカンド
コースとして横浜カントリー倶楽部(西コース)が登録されています。

その横浜カントリーでは9月7日に西コース完成のレセプションが行われま
した。コースを改造したのはビル・クーアとベン・クレンショーのチームで
す。世界中で高評価を受けるゴルフコースをいくつも手掛けるチームが横浜
を改造したことでオリンピックコースとしても遜色がないものと思われます。
また2018年は日本オープン、2019年はアジアパシィフィックアマチュアゴル
フ選手権(マスターズ出場権争奪戦)の開催を予定しています。ちなみに、
ビジターがプレー出来るのは9/19以降で、来年5/7まで1日30組(メンバー同
伴)だそうです。

短い時間でしたが、佐藤信人プロにリオ五輪のお話を伺いました。

佐藤信人プロ プロフィール
http://www.jgto.org/pc/PlayerProfile.do?playerCd=2110

ツアー9勝

1997年 - JCBクラシック仙台
1998年 - ブリヂストンオープン
2000年 - ブリヂストンオープン
2000年 - 全日空オープン
2000年 - JCBクラシック仙台
2000年 - 日本プロゴルフ選手権
2002年 - 日本プロゴルフマッチプレー選手権
2002年 - フジサンケイクラシック
2002年 - 日本ゴルフツアー選手権

====================================

~日本シニアオープン、日本女子オープン、日本オープン情報~

http://www.jga.or.jp/jga/html/open_ticket/2016/index.html#anchor_jw

日本シニアオープン
習志野カントリークラブ(千葉県印西市)
9月15日~18日

日本女子オープン
烏山城カントリークラブ(栃木県那須烏山市)
9月29日、30日、10月1日、2日

日本オープン
狭山ゴルフ・クラブ(埼玉県入間市)
10月13日~16日

====================================
あとがき 
====================================
佐藤プロ、日本オープンの解説はしないんですか?

うーーん、NHKはご縁がないんですよ。

アダム・スコットと松山くんが同じ組だったら面白いですよね!
(想像して)うわー、わたし絶対見に行く。

あれ?松山くんがアマチュアで日本オープン(2011年の鷹之台)に出たとき、
佐藤プロは3日が終わって単独首位で最終日、最終組で回ってましたよね。

よく覚えているねぇ。(笑)

わたし、あのときは予選の2日間、見に行きましたから。
そのあとテレビで見てましたよ。
なんていうか、みんなが佐藤プロを応援してた・・・(笑)

ここからが、たぶん誰も(ほとんどの人が)知らない話なんですが、、

実は佐藤プロはこの日本オープンで競技から引退しようと思ってプレーをして
いたそうです。実際に、就職先がすでに決まっていて、それがなんと、ゴルフ
場の支配人に決まっていて、「えええええーーー!その、その就職先のゴルフ
場って、どこだったんですか?」と聞いたら「フェニックス」(宮崎県のフェ
ニックスカントリークラブ)との答えが返ってきて、わたしはびっくり仰天で
開いた口が塞がらなかったんですが・・・。

だって、まさか日本オープンを最終日に最終組で回っている人が、ゴルフ場の
支配人になるって、そんなこと誰も思ってないですから。この話を以前、佐藤
プロから聞いたときは本当に驚きというか衝撃というか・・・ご本人は鷹之台
のクラブハウスでもゴルフ場の従業員が気になって、どういう仕事をしてるん
だろうって、そんなとこばかり見てたと言うんですよ。

「あのとき、2位になって、賞金もらったからまたこうしてゴルフができてる」

プロって、本当に大変な仕事なんだなぁって、このときは心底思いました。

さら@また来週。
====================================

さら@キャディのブログ「隣の芝生が青く見える。」

http://plaza.rakuten.co.jp/sara88/

====================================

ゴルフ◇今日のお客さん

毎日ゴルフ場で仕事をしているキャディさんがプレー中に起きるお客さんの様々
なドラマを面白おかしく書き下ろすノンフェイクション・エッセイ!読むだけで
マナーやルールの勉強も出来る便利なメールマガジンです。

登録と解除はこちらからお願いします。

http://www.mag2.com/m/0000053168.html

メルマガ全文を読む
 

▲ページトップへ

▲ページトップへ