DIGITAL松下村塾~原口一博国会通信

  • ¥0

    無料

原口一博。民主党衆議院議員。国会での出来事を中心に、政治問題・社会問題を鋭く解説。危機意識を共有する全ての人に訴える、日本で一番タイムリーな国会通信。

著者サイト
   
 

このメルマガは現在休刊中です

 
メルマガ名
DIGITAL松下村塾~原口一博国会通信
発行周期
10日に一度
最終発行日
2010年04月02日
 
発行部数
0部
メルマガID
0000053545
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
行政・政治・地域情報 > 政治・行政・自治体 > 政治家

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

メールマガジン最新号

原口一博国会通信2010年90号  2010年4月2日

閣議後記者会見  
「澄んだ瞳に託したい」
★〃。☆〃。☆〃。★〃。★〃。☆〃。☆〃。★
◇地域主権戦略会議――総理から強い指示、義務づけ枠づけ見直し
一括交付金化――ひもつき補助金は基本的に廃止,国民との約束
◇年金業務監視委員会設置を閣議決定
◇総務省新規採用説明会で講演



☆地域主権戦略会議☆
【総務大臣】おはようございます。閣議後の会見を始めさせていただきます。
 私のほうからは、3点です。
 地域主権戦略のこの改革の徹底ということで、総理からも強いご指示がございました。
地域主権戦略会議でも大変、強いご指示でございました。地域主権改革は国と地方の関
係を根本的に変える最重要の改革であり、鳩山政権の一丁目一番地である。改革の工程
表に沿って、本年夏、地域主権戦略大綱を策定する。このため、総理を議長とする地域
主権戦略会議において、個別改革課題の検討を本格化させたところであります。
 
 課題のうち、義務づけ、枠づけの見直しと基礎自治体への権限移譲については各府省か
ら提出された回答結果の状況について先日総理にご報告をいたしましたけども、まだまだ
踏み込みが足りておりません。基礎自治体への権限移譲については、多くの省庁は見直し
の実施が半分にも満たないという状況でございます。仙谷大臣からも政務三役についての
意識の変革といったことが強く指摘をされましたけども、見直しがゼロの省庁さえあります。
できるものはすべて市町村が実施するのが政権の基本的なスタンスです。
総理からも抜本的に考え方を改めるようにというご指示がありました。
 義務づけ、枠づけの見直しについても、できない理由を探すのではなく、ぎりぎりまで
踏み込んで再検討するように。これも各省の要求大臣ではないわけで、まさにマニフェス
ト、国民の皆さんにお約束をしたことについて実施するための変革の推進大臣としての役
割をしっかり認識をしていただきたい。
 一括交付金化についても、ひもつき補助金は基本的に廃止するのがこの政権が国民と交
わした約束です。国が主体的にやったほうがいいとか、そもそも一括交付金化は困難だと
か、中央集権がなじむなどという地域主権改革という政権の基本に照らしていかがなもの
かという発言もあったようだということで、これまでの発想を根本から切りかえて取り組
むように内閣を挙げて実効ある改革の実現に取り組み、政権の一丁目一番地に相ふさわし
い成果を上げる必要があるので、各閣僚において強いリーダーシップを発揮するように総
理のほうから強いまたご指示がありました。これが1点目です。
 それから2点目ですが、きょうの閣議において、年金業務監視委員会を政令で設置する
ことが決定され、7日に発足する予定です。これは私が主催している懇談会を日本年金機
構の実質的な初年度計画が実施される4月より、政令に基づき置かれる合議制の機関に位
置づけるものでございます。委員会の業務は、日本の年金機構の業務の実施状況およびそ
れを監督する厚生労働省の年金業務の実施状況に対する評価および監視に関する重要事項
を調査審議することでございます。この重要事項に関し総務大臣に意見を述べることとさ
れています。現在の懇談会の構成員6名を7日付けで委員に任命する予定です。6名の内
訳は、弁護士、公認会計士、社会保険労務士、学識経験者、地方公共団体職員などです。

 3点目、4月7日、14時半から総務省で開催する来年度新規採用に向けた説明会で私
が講演をします。きのう109名の皆さん、新しく総務省にお入りいただく皆さんに対し
て大臣訓示をいたしましたが、これは平成23年度、優秀な人材を総務省に集めたい。
来年の採用活動に向けては、今回の説明会は官庁訪問までの最終の説明会となります。政
治主導の体制をしっかりと支える公務員の人材確保は重要な課題と認識しています。私も
講演させていただくことで、国の行政システム改革、地域主権改革、情報通信、郵政改革、
行政、消防をはじめ、国民生活に結びついた、深く結びついた行政を担う総務省の仕事の
あり方、あるいはダイナミズムをより多くの方々に、若い方々に知っていただいて、そし
て総務省の門をたたいていただきたいというふうに考えています。
 以上です。

 □□□■■■***お知らせ***■■■□□□
「地域主権改革宣言」・【ぎょうせい 2010年1月29日初版発行 原口一博】が完成しました。
素晴らしい改革の旗手の皆さんとの対談もできました。
http://www.gyosei.co.jp/home/top/index.htmlで求めることができます。

  □□□■■■***ACCESS***■■■□□□

原口一博の国会活動へのアクセスです。ご意見をお寄せください。
総務大臣記者会見 http://www.soumu.go.jp/menu_news/kaiken/index.html
まぐまぐ国会通信 http://www.mag2.com/m/0000053545.html
「YAHOOみんなの政治」 http://seiji.yahoo.co.jp/giin/minshu/000590/
原口一博公式HPhttp://haraguti.com/
携帯メール配信 haraguchi@e-mnet.jpに空メールを送信してください。
 毎朝10時2分に携帯に配信されます。
メルマガ全文を読む
 

▲ページトップへ

▲ページトップへ