カエルニュース

  • ¥0

    無料

衆議院議員で小児科医の阿部知子のメールマガジン。あべともこ本人によるティピカルな話題や情勢に関する意見や感想をお送りします(不定期)。

著者サイト
 

メールマガジンを登録(無料)

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。
※ 各サービスで登録しているメールアドレス宛に届きます。

メールマガジンを解除

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
 
 
メルマガ名
カエルニュース
発行周期
不定期
最終発行日
2017年07月05日
 
発行部数
977部
メルマガID
0000058959
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
行政・政治・地域情報 > 政治・行政・自治体 > 政治家

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

メールマガジン最新号

カエルニュース(阿部知子)第422号 異議あり、天皇退位特例法

/~/~/~/~/~/~/~/~/~/~/~/~/~/~/~/~/~/~/~/~/~/~/~/~/~/~/~/~/~/

  衆議院議員・小児科医 阿部知子のメールマガジン
\^o^/「カエルニュース」 422号 2017/07/05 \^o^/
http://www.abetomoko.jp/

/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/


     ★☆ 異議あり、天皇退位特例法 ☆★  

 2017年6月9日、「天皇の退位等に関する皇室典範特例法」が参議
院本会議で成立、16日に公布された。昨年8月8日の天皇陛下のビデ
オメッセージ以降、国会に籍を置く大半の政党・会派の合議の下に
天皇の生前退位に道が開かれたと評価する論評も多くみられたが、
私は大きな違和感を持った。

 天皇のお気持ちを受け止めるか否かが天皇の政治的発言に当たる
とするような指摘はあまりにも形式に過ぎるし、実は天皇のお言葉
は「象徴としてのお務めについて」発せられたもので、国民に対し
て「相携えてこの国の未来を築いていけるよう」、そして「象徴天
皇としての務めが常に途切れることなく安定的に続いていくことを
ひとえに念じて」自らの気持ちを話したとある。

 果して国民に投げかけられた問い「相携えてこの国の未来を築く
」ことと、「安定的に続いていく象徴天皇の務め」は国民の中で十
分に咀嚼され論議されたであろうか?ご高齢故の公務の負担軽減が
前面に出て取りまとめられた有識者会議の結論は、本来の皇室典範
の改正には全く触れることなく、とにかく一代限りの特例法という
結論のみを枠付けして終わった。それに各党・各会派の議論を上乗
せしても国民不在であることに変わりはない。

 そもそも天皇は憲法の第一章に記載され、その一条にはこの地位
は主権の存する日本国民の総意に基づくとある。この国民の総意を
問うためのプロセスは全くなく、主権在民の象徴である天皇の地位
が時の内閣(安倍政権)の提出する法律で決められること自体極め
て問題である。おまけに小泉政権時代には盛んに論じられていた女
性宮家・女性天皇などの新しい天皇像は全く影を潜めて相変わらず
男系重視、即ち皇位継承権を男系・男子に限ることが政府によって
強調されている。

 昨夏の天皇からのメッセージの中には「いかに伝統を現代に生か
し、いきいきと社会に内在し、人々の期待に応えていくか」とある
。あまりにも生き生きとしない今回の一代限りの退位特例法への押
し込めは、本来皇室典範の改正として正面から国民に対して堂々と
「象徴天皇とは?」「退位のあり方とは」と問うべきことを避けた
政治(与野党を問わず)の結果であり、戦後70年積み残されてきた
課題に答えることなく、退位という形式だけを取りあえず整えたに
過ぎない。

 戦前・戦後の天皇像を肌身で知っておられる現天皇の退位の時こ
そ、しっかりと国民的論議と結論が出されるべきであったのに。政
治は主権者国民からはるかに遠い。

               衆議院議員・小児科医 阿部知子

◎○◎○◎○◎○◎○◎○◎○◎○◎○◎○◎○◎○◎○◎○◎○


     ★☆ あべともこ イベント情報 ☆★  

○7月8日(土)
◎国政報告会 in村岡公民館
13:30開場 14:00開演
村岡公民館(藤沢市弥勒寺 1-7-7)
参加費無料
詳しくはこちら↓をお読みください。
http://abetomoko.jp/index.php/kousin/archives/13

○8月5日(土)
◎映画「ひろしま」
18:30開場 19:00開演(上映時間104分)
藤沢市民会館・小ホール
(藤沢市鵠沼東8-1)
入場料:大人・大学生1000円 高校生500円 中学生以下無料
申込制先着順
詳しくはこちら↓をお読みください。
http://abetomoko.jp/index.php/kousin/archives/22


◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
編集・発行: 阿部知子事務所
登録申込・解除、HP : http://www.abetomoko.jp/
ご意見・お問い合わせ:http://form1.fc2.com/form/?id=666864
当ニュースに掲載された記事は自由に転載・再配布できます。
但し、抜粋・改変によるものは禁じます。

◎カエルニュースのバックナンバー・配信停止はこちら
 ⇒ http://archive.mag2.com/0000058959/index.html
メルマガ全文を読む
 

▲ページトップへ

▲ページトップへ