呟き尾形の哲学講座

  • ¥0

    無料

著者サイト

呟き尾形が哲学講座を行う事になりました。講師は発行者の呟き尾形です。生徒はウサギのクニークルスとムーシコス、そして、スペシャルゲストの魔女ッ娘めぐたんです。

 

メールマガジンを登録(無料)

※ご登録いただいたアドレスは大切にお預かりし、まぐまぐ!メールマガジン配信にのみ利用します。

他のサイトIDでメルマガを登録する

※ 各サイトのリンクをクリックすると認証画面に移動します。
※ メルマガはサービスでご登録したメールアドレス宛に届きます。

このメルマガを解除する

メールマガジンを解除

他のサイトIDでメルマガを解除する

※ 各サイトのリンクをクリックすると認証画面に移動します。

 

メールマガジン最新号

呟き尾形の哲学講座・・・196号 デカルト まとめ 6 心身合一の問題
★。.:*:・'゚☆。.:*:・'゚ 。.:*:・'゚☆。.(ノ ̄▽ ̄)ノキラキラワープ☆》v(o^∇^o)v

呟き尾形の哲学講座・・・196号

(*゚▽゚)/゚・:*【祝】*:・゚\(゚▽゚*)(ё_ё)◎(^0^)◎★★★★★★

 哲学するといろんな顔になるよ。
 哲学することは難しい事じゃなくて、人が人である限り、当たり前
の事だから。

2017/5/26

登場人物紹介
『呟き尾形』:講師・・・のはず
クニークルス:奇妙な物言うウサギ。生徒のはず
「ムーシコス」:音楽の好きな少年。生徒。
《めぐたん》:魔女ッ娘。生徒
【フォルス・テッセラ】:オチこぼれ占い師

※各台詞は、名前を囲んでいる括弧の人物の台詞です。

☆ちょっと宣伝
 私、呟き尾形がいろいろ考えた事を記事にしてみました。
 もしよろしければ、遊びに来てください。
 呟き尾形の哲学手記
http://homepage2.nifty.com/SON/hp1_6_5.htm

★★★
『こんにちは。呟き尾形です』
「こんにちわ。呟き尾形の哲学講座の生徒のムーシコスです」
 こんにちわ。同じく、生徒のはず・・・のクニークルスだよ。
《こんにちわ。ゲストのめぐたんなのだ(v^ー゜)》
【こんにちはぁ~。お久しぶりのフォルスですよぉ~】
「前回は、デカルトの神の存在証明についてだったよね」
【今回は、心身合一の問題をお話したいと思います。
 まず、心身合一とは、心と体が一致するということです。
 一見当たり前のことではありますが、デカルトに対して、
公女エリーザベトからの書簡において、デカルトは、自身の
哲学において実在的に区別される心(精神)と体(延長)が、
どのようにして相互作用を起こしうるのか、という質問を受
けたことからはじまった問題です。
 問題になるのは、デカルトは心と体の厳格な区別を説いて
いましたが、精神があり、その延長に体があるのですが、心
と体は明確に区別されるもの
で、その心身二元論の立場をとるデカルトにとって、精神と
肉体の関係の問題は、難しい問題でした。
 アリストテレスのこの考えは、精神と物体を明確に区別す
るデカルトの心身二元論からすれば、自然が目的をもつとい
うことは間違いだと言うことになります
 それに対して、デカルトは、心身合一の次元があることを
認めました。
 これは、精神と肉体がそれぞれ独立して存在することにな
るので、矛盾ではないかと指摘をうけたのです。
 つまり、精神と身体の実在的区別するということは、精神
は身体なしで存在し得るわけで、かつ、身体は精神なしで存
在し得るのは、精神は物質的には存在しないけど、体は物質
的に存在するから関係の持ちようが無いわけです
 これについては、デカルトは人間を精神と身体とが分かち
難く結びついている存在として捉えています。
 つまり、精神が身体とかかわりを持つということです。
 現実問題としては、仮に喉が痛いと感じたとすれば、考え
るまでもなく喉が痛ければ、喉が不調なのは明らかです。
 デカルトはこの事実に妥協し、日常の生と交わりを行使す
ることによってのみ知られる原始的概念として精神と身体の
直接的合一を認め、心身合一を容認したわけです。
 つまり、精神と身体が相互作用を起こすということです。
 デカルトは、生理学的説明だけに留まらず、基本的な情念
を驚き、愛、憎しみ、欲望、喜び、悲しみの6つに分類した
後、自由意志の善用による高邁の心の獲得を説きました。
 あくまで精神が原因で結果として身体との間に相互作用が
あるということです。能動としての精神と受動としての身体
の関係を認めたわけです。
 デカルトとエリーザベトの書簡では、デカルトは哲学の二
元性をあくまでも実践的・実際的問題として捉えて、自由意
志と神の無限性が論理的には両立しないことを認めています。
 とはいいつつも、先ほど言った通り、自由意志の経験と神
の認識が両立の事実を明らかにしていると書いている。
 結論だけ言えば、デカルトは、形而上学的なレベルでは、
心身分離のテーゼを堅持し、日常的な生のレベルでは、心身
合一のテーゼを是認するのですから、心身合一の問題は解決
していないことになります。
 デカルトは、形而上学的概念や科学的概念では理解できな
い精神と身体とのかかわりのありかたとし、実際に「身をもっ
て」体得するほかない者としました
 原始的概念はそれ自体が一つの次元をもち、他の次元と区
別される概念のこととデカルトは説明します。
 つまり、心身合一の次元、つまり日常の生という物理的な
次元をもたせることで心身合一の問題を解決しようとします。
 つまり、心身合一と心身の二元論は別の次元なので、日常
の生という物理的な因果関係からの考察をと、軽視上学的な
視点の心身の二元論とは関係を持たないということです。で
すから、両立しないことで矛盾することはないと、デカルト
は結論付けました。
 これは、数学上の直線は定義できるけど、物理的には直線
は、実際直線を書いてみると、数学上の直線とはちがったも
のになるけれど、別に矛盾はしないということであり、心身
の実在的区別、つまり、数学の論理的な意味ので精神は身体
なしで存在できるし、身体は精神なしで存在できるというこ
とがいえます。でも、それは、あくまでも、論理的な意味で
の分離可能性が論拠であり、実際直線を引いてみて、数学で
定義された直線とは同じとはいえないけれども、それを直線
とするように、精神と身体が実際の分離するという行為とは
別なので、心身合一に矛盾し無いというわけです】
 それじゃ、アルデベルチ。




 
★★★
◇----------------------------------------------------------◇
メールマガジンの感想、ご意見、ご質問等は
メルマガ感想箱
http://form.mag2.com/riteacriac

白い時計塔のある村の伝言板
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/shop/1008/1265492165/l50
 にて書き込みいただければ幸いです。


◇----------------------------------------------------------◇
◎このメールマガジンは、『まぐまぐ』を利用して発行しています。
    http://www.mag2.com/

また、購読登録・解除は
http://www.mag2.com/m/0000062416.htm
または、
http://homepage2.nifty.com/SON/hp1_8_2.htm
で、各自でお願いします。
◇----------------------------------------------------------◇
◆マガジン名 「呟き尾形の哲学講座」
◆マガジンID (0000062416)
◆発 刊 者  呟き尾形
◆H   P http://homepage2.nifty.com/SON/hp1_8_2_bk.htm
◆ご感想等は  ZAN01231@nifty.ne.jp
◆このメールマガジンの内容を無断転用する事を禁じます。

ちょっと宣伝・・・つぶやき尾形のメールマガジン

◇----------------------------------------------------------◇
◆マガジン名 「占いを非科学的だと思う方へ」
◆H   P http://homepage2.nifty.com/SON/hp1_8_3.htm
◆ご質問等は ZAN01231@nifty.ne.jp

◇----------------------------------------------------------◇
◆マガジン名 「呟き尾形の色の心理学」
◆H   P http://homepage2.nifty.com/SON/hp1_8_4.htm
◆ご質問等は ZAN01231@nifty.ne.jp

◇----------------------------------------------------------◇
◆マガジン名 「小説を書こう!」
◆H   P http://homepage2.nifty.com/SON/hp1_8_5.htm
◆ご質問等は  ZAN01231@nifty.ne.jp

◇----------------------------------------------------------◇
◆マガジン名 「心に響く名言集」
◆H   P http://blog.mag2.com/m/log/0000178735
◆ご質問等は ZAN01231@nifty.ne.jp


呟き尾形のサイト 白い時計塔のある村
http://homepage2.nifty.com/SON/index.htm

メールマガジンの感想、ご意見等はこちらへ
白い時計塔のある村の伝言板
http://jbbs.livedoor.jp/shop/1008/


呟き尾形のメモがわりのblog
呟き尾形の雑記帳
http://son.cocolog-nifty.com/tetugaku/

名言や書籍の紹介をしています。
呟き尾形の本棚
http://plaza.rakuten.co.jp/tubuyakiogata/

お気軽、ご気楽、コンビニ哲学
みんなで哲学を語ろう!
http://etphp.hp.infoseek.co.jp/index.html


※著作権とは、作者の表現方法と利益を保護しつつ、文化の発展に利
用することが目的の法律です。
 すべての法律に共通することですが、法律には目的があります。
 その目的を考えれば、私たちは何をして良いか、悪いかなんて分かり
ますよね?
メルマガ全文を読む
 
 
メルマガ名
呟き尾形の哲学講座
発行周期
月間
最終発行日
2017年05月26日
 
発行部数
54部
メルマガID
0000062416
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
教育・研究 > 科学・研究 > その他

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

 

▲ページトップへ

▲ページトップへ