マリタイム ニューズ ―海事業界専門通信社提供―

  • ¥0

    無料

日本の海事業界の主要専門通信社が提供する国内及び海外の海事情報を配信。“速くて、確実な価値ある情報”を掴んでビジネスチャンスを拡大。

著者サイト
 

メールマガジンを登録(無料)

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。
※ 各サービスで登録しているメールアドレス宛に届きます。

メールマガジンを解除

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
 
 
メルマガ名
マリタイム ニューズ ―海事業界専門通信社提供―
発行周期
日刊
最終発行日
2017年09月22日
 
発行部数
1,851部
メルマガID
0000062632
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
ニュース・情報源 > 業界ニュース > 機械・メカトロニクス

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

メールマガジン最新号

---☆★日刊★☆------------------------------------------2017.9.22---------
マリタイム ニューズ 《海事業界専門通信社提供》

----------------------------☆★一般社団法人日本舶用工業会 発行★☆------

本メールマガジンは日本の海事業界の主要専門通信社が提供する国内及び海外の
海事情報を配信。“速くて、確実な価値ある情報” を掴んでビジネスチャンスを拡大。
本メールマガジンは海事プレス社、日刊海事通信社の提供により発行しております。

<<海事プレス>>
プロダクト船プール50隻に拡大
星港ストレイツ社、LR2プール参入

商船三井が海外船社との折半出資でシンガポールに設立したストレイツ・
タンカーズはプール運航するプロダクト船隊を大きく増やし、年初の
30隻強から現在は50隻となっている。

【海運】
◇川崎汽船、LNG船見学会を開催
川重坂出工場に小学生ら160人

◇インフラ海外展開で実証事業
経済産業省

◇海上構造物の特殊曳航を強化
グリーンシッピング、客船代理店業務は堅調

◇全ての港湾施設で「A評価」
東京都港湾局、指定管理者の運営状況

◇3港一元管理案、今年は見送り
「大阪港湾連携会議」発足

◇港湾の技術基準改訂を説明
国際荷役セミナー、港湾局・西尾室長が講演

◇内航総連、7月期建造申請22隻を認定

◇海上保安業務の海外研修生、受入れ500人超え

◇国内貨物船・旅客船の船員最低賃金を審議

◇21日に海上旅客運送業最低賃金専門部会

◇アジアパシフィックマリン、女性の就労支援で国交省から表彰


【コンテナ・物流】
◇7月は5%増の286万トン
日中コンテナトレード

◇地中海/南米東岸航路で新サービス
MSC/ハパックロイド

◇トゥアス地区の施設刷新
郵船ロジスティクス・シンガポール

◇北九州港、5月は6%増の4.4万TEU

◇岡山県でヒアリ確認

◇北九州港でヒアリ確認

◇静岡県でアカカミアリの死骸発見

◇10月に津市で四日市港説明会


【不定期鉄鋼原料輸送への影響は限定的
◇印タタ・独ティッセンの欧州事業統合

◇ケープ市況、再び2万ドル超え
ブラジル出しで高値成約、FFAも続伸


【造船】
◇セブ工場でコンテナ船初建造
常石造船、国内外3工場とも船種多角化

◇イランの海洋プラント商談が破談
大宇造船、総額10億ドル超の案件

◇FSRUの再ガス化システム開発
サムスン重工、部品も国産化

◇中国で全UE機関の製造が可能に
J-ENG、新会社CSEとライセンス契約

◇現代尾浦、LNG燃料推進バルカー進水

◇川崎重工、株式併合で期末配当は30円に

◇1級舶用機関整備士に56人合格


【Information】
◇ 国際物流総合研究所、10月に特別セミナー


提供先:マリンネット株式会社 URL http://www.marine-net.com/
       電話:03‐5157‐8757  FAX:03-5157-8758
     E-mail でのお問い合わせ:info@marine-net.com
     株式会社海事プレス社 URL http://www.kaiji-press.co.jp/
       電話:03‐5835‐4182  FAX:03‐5835‐4190

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
<<日刊海事通信>> 
【外航】
◇アジア/米国、8月往航は初の150万TEU超え 家具・一般電気機器・繊維等が好調

◇欧州航路、7月の荷動き量は過去最高を更新 往航が146万TEU 復航が66万TEU

◇川崎汽船、新造LNG船“尾州丸”の見学会を開催 小学生約150人を招待

◇ツァコス、上期は純利益50%減の2105万ドル 運航コスト増などが影響

◇COSCO、PILとコンテナ船の船腹交換 今月から来年4~6月まで

◇エンスコ社、ドリルシップ1隻の新規掘削契約

◇ケープサイズ市況、主要航路平均が2万ドル台再浮上


【造船】
◇サムスン重工、独自技術でLNG再ガス化設備開発 コスト削減でFSRUの競争力向上

◇J-ENG、CSEとUE機関ライセンス契約締結 中国市場でのUEシェア拡大に弾み

◇洋上風力発電所建設用自己昇降式作業台船船団の建造計画 5社が共同で検討開始

◇造工、「Japan Shipbuilding Digest」第51号発行


【内航・フェリー・旅客船】
◇内航暫定措置事業、9月期建造申請は17隻 油送船が過半数占める

◇アジアパシフィックマリン、女性船員の就労支援 牛山社長「魅力ある職場づくりに傾注」

◇内航総連、海外売船9隻を公表 9月報告分、フィリピン向けが5隻


【港湾・その他】
◇外国籍クルーズ客船の乗船客向けにSIMカード 神戸港で「おもてなし」の実証実験

◇改正物効法に基づく計画認定、関東管内13件 持永局長、拡大に意欲

◇7・8月のプレジャーボート等事故、過去10年で最少 海保庁が速報値公表

◇海保庁職員、メキシコ地震の国際緊急援助隊に参加

◇海保庁、海外の海保機関職員招き救難・環境防災研修

提供先:株式会社日刊海事通信社 URL http://www.kaijitsushin.jp
電話:03‐3432‐4766  FAX:03‐3432‐4772
E-mail でのお問い合わせ:webmaster@fune.co.jp kokusai@fune.co.jp


※お願い※
発行元の一般社団法人日本舶用工業会では、本メール内の各社提供記事へのお問い
合わせおよび情報提供は、いっさい出来ませんのでご了承ください。
記事へのお問い合わせは情報提供先へお問い合わせください。

=========================================================================
【マリタイム ニューズ 《海事業界専門通信社提供》】2017.9.22(日刊)
登録・配信中止・再登録 → http://www.mag2.com/m/0000062632.html
バックナンバー → http://www.mag2.com/m/0000062632.html
情報提供:マリンネット株式会社 http://www.marine-net.com/
     株式会社日刊海事通信社  http://www.kaijitsushin.jp
発 行 元 :一般社団法人日本舶用工業会 http://www.jsmea.or.jp
       E-mail:info@jsmea.or.jp
=========================================================================
メルマガ全文を読む
 

▲ページトップへ

▲ページトップへ