バブルはバルブにはならなかった

  • ¥0

    無料

二度と訪れないバブル景気。その真っ只中で企業融資に関わった主人公のほぼノンフィクション裏表話。

著者サイト
   
 

このメルマガは現在休刊中です

 
メルマガ名
バブルはバルブにはならなかった
発行周期
隔週刊
最終発行日
2011年09月10日
 
発行部数
0部
メルマガID
0000064970
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
アート・文芸 > 文芸 > その他

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

メールマガジン最新号

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  金融裏話・バブルはバルブにはならなかった  23/9/10 通算145号
 ───────────────────────────────────
   梅田スペース-1マンション        読者数:822名様
 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
Web - http://perorin.sakura.ne.jp/

拙著の「探偵手帳」「探偵手帳2」「街金狂騒曲」は、大手書店・有名書店
 にてお買い求めくださいませ。アマゾンや楽天ブックス、bk1などでも手に入
 ります。

 「探偵手帳」シリーズは携帯でも読めます! ダウンロード300円です。↓

 http://www.alphapolis.co.jp/book_denshi_list.php


 =-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-

 (PR1)

 サイバーリサーチ&コンサルタントはなくなりました。しかし、調査会社時
 代の仲間が、しっかりした調査業を営んでいます。

 シーカーサービス⇒ http://seeker-service.com/   

 あまり用があっても困ると思いますが、万一の時は御相談ください。
 迅速データ調査(電話番号からの住所割り出し)超格安です!

 別れさせ屋や復縁屋のような、公序良俗に反するおかしな調査や差別調査な
 どは一切受けない、健全な調査会社です。


 =-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-


 1. ■梅田スペース-1(ワン)マンション


 この物語はほぼノンフィクションなので、小説のようなドラマティックな展開
 や感動に涙していただくような内容には及ばないと思いますが、その点どうぞ
 ご理解ください。


 ※「梅田Base-1マンション」は実際603号室で僕が金融業を営んでい
  たわけですが、現在も同マンションは実在し、同室でどなたかがお住まいな
  ので、ちょっとこのタイトルは不都合になりました。タイトルは「梅田スペ
  ース1(ワン)マンション」に変更しています。


 さて、頑張って書いていきます。ご支援願いますね!


  設備投資つぶれ その五


 YK企画のY氏と千里中央駅近くの焼き鳥屋で彼の会社の資金繰りの相談を受けて
 いた。

 このころは毎月儲かってしょうがなかった時期だった。だからY氏が毎月持ち込
 む受取手形は上場手形だったので、ハッキリ言って金利も安くしてやらないと
 いけないし、額面が二百万円位だったとしてもたいした儲けにはならなかった。

 ただ、スポンサーには優良手形は喜ばれた。なぜならリスクが極めて少ないから
 である。それとそのような優良手形を持ち込む顧客を持っているというだけで、
 俺の商売の信用にもなったというメリットはあった。

 だが、三流手形や訳の分からない手形、飛ぶ日(倒産日)があらかじめ決められ
 ているような事件手形などは、その性質上、高金利を客から取るので儲かった。
 つまりハイリスクハイリターンの典型的なものだ。

 「それでその方法とは何でしょうか?」

 Y氏は少しのビールで赤くなった心配顔で聞いてきた。俺はかなり酔っていたが、
 周りの目と耳を気にしながらY氏小さな声で説明を始めた。

 その内容は以下のとおりである。

 先ず、当時は産業機械や事務機器などのリース会社の横のつながりがなかったこ
 とから始まる。

 目下は金融業界は勿論のこと、物販や製造業などの一般企業に関わる仕事とは縁
 がないので、現在の状況は分からないが、昔はリース業界は独立系もあって業界
 のデータベースが構築されていなかったようだ。

 従って、産業機械を購入してリース会社との契約を交わしても、他のリース会社
 にはその顧客情報がなかったわけだ。

 具体的なことを言うと、一千万円の機械を購入して、五年リースで償却する契約
 を交わしたとする。一ヶ月のリース料金は約十七万円、五年後に買取をするか再
 度安価でリースを組みなおすかということになるわけだ。

 ここに悪い奴が入り込む隙があった。(笑)

 今はおそらく業界を守るための膨大な情報がデータベースとしてあるはずなので、
 隙を見出すのは難しいと思われるが、当時は野放図とまではいかなくとも、いい
 加減であった。

 さて、YK企画だが、グラビア印刷機に二千万円ものリース契約があった。目下
 は金利も入れて月額五十万円近くも支払っていた。俺がY氏に提案したのはこの
 印刷機に「再リース」をかけようというものだった。

 このリースはNリースとの契約であった。当然、印刷機のある箇所に「Nリース」
 のシールが貼られていた。これとは別にメーカーのシールや刻印もある。

 だがメーカーのものは別にそのままで良い。問題はリース会社のシールをはがす
 必要があるということだ。そして別の例えば「Sリース」へこの機械の写真や中
 古機械販売会社との売買契約書・支払い見積書・リース契約見込み書などをつけ
 て、持ち込んでもらうわけである。

 つまり産業機械ブローカーが所有する中古の印刷機をYK企画が購入したことに
 するのだ。

 Sリースは特に疑うわけでもなく、写真と添付資料などを自社審査にかけて、こ
 のころは景気もグングン上向いていたので、ほぼノーマークで通っていたという
 寸法であった。

 ただ、ここまでは「ホー、そういう方法があったのか、それは面白いが、支払い
 などはダブルでかかるがどうなるのか?」と普通の頭を持った代表者なら質問し
 てくるはずだ。ここで資金繰りに困っている企業を丸め込む話術と強引さが必要
 なのだ。

 YK企画のY氏はここまで説明すると、不思議そうな顔つきをして「それでは、
 同じ機械に二つのリース会社がリースを組むのですか?そんなことができるんで
 すね。でもNリースの月々のリース代と、Sリースの月々のリース代と倍の支払
 いをしなければならないのではありませんか?」と、当たり前の疑問を持って俺
 に聞いてきた。

 「そりゃあそうだ、当然やろ。二箇所とリース契約を結ぶのだからな」

 俺はY氏に「何を言ってるんだ」という顔で、酒の酔いも手伝ってにらみつけた。
 Y氏は怯んだ表情になって、「そしたら藤井さん、私に何のメリットがあるんで
 すか?」と小さな声で不安そうに言うのであった。

 「それをこれから説明するのですよ。よく聞いて下さいよ」と俺は言った。Y氏
 は真剣な顔で耳を傾けた。

 「先ずね、Yさん。この印刷機に購入時の同額のリース金額を設定するわけには
 いきません。中古機械販売会社が買い取って再度販売したことにするわけですか
 ら、少しだけ設定額が少なくなります」

 「はぁ?」

 「おそらく二千万少々の定価の機械ですから、一千八万円程度の販売価格にする
 でしょうね。そしてそれにリースを組むわけです。すると五年リースの金利も含
 めると二千万円程度の設定金額になります。Yさんはそれを今Nリースに支払っ
 ている要領と同じように毎月支払っていけばよいのです。一千八百万円ほどの販
 売料金はSリースから中古機械販売会社に一括で振り込まれます。その中から、
 販売会社に三割の謝礼、そして私に一割の手数料をいただければ良いのです。分
 かりますか?」

 俺はどうだという顔をしてY氏に言った。

 Y氏はしばらく考えていたが、よく理解していない様子で「それじゃあ藤井さん、
 私の元には六割の金が入るわけですか?」と言った。

 「その通りだ」と俺は答えた。

 二千万円の六割は一千二百万円だ。その金が一度に手元に入ることになるのだ。
 だが、Y氏はそのあと五年にわたって二千万円ほどの支払いをすることになる。
 無茶苦茶な話である。

 だが、資金繰りに困惑している企業の代表者は、目先の金に目がくらんで、分か
 らなくなってしまっていることが多い。Y氏は再び考え込んだ。


 つづく・・・


 ※ご感想お待ちしています 

  E-mail: pero@carrot.ocn.ne.jp 又は nisiki46@hotmail.com


 ※バックナンバーは最新号だけですが、メインWebで追々更新する予定です。

  Web - http://perorin.sakura.ne.jp/


 =-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-

 2. 編集後記

 今日は暑いですね!
 早く快適な秋晴れが訪れて欲しいですね。そして紅葉の季節。

 今年もこれから年末まであっという間です。お体を大切に!


 ※アッと驚く探偵手帳の新たな物語は「清田調査員を偲んで」です。
  しばらく配信が途絶えていますが、できる限り早く配信する予定です。

  http://www.mag2.com/m/0000070585.html
 

 ※twitterやfacebookでは本名・藤井弘司で登録していますので、よけれ
  ば検索してみてください。リクエストをお待ちしています!

  

 ※ 一昨年の年末年始のラオス縦断から中国雲南への旅行がメールマガジンと
  して配信しております。

   興味がお有りの読者様は下記から登録してくださいね! ↓

   http://www.mag2.com/m/0001096903.html


 ※ 海外でもゲストハウスに泊まっている僕は、日本でも目下のところゲス
トハウス暮らしです。

 何故かゲストハウス暮らし → http://ameblo.jp/perorin/ 


 
 ・メールマガジンや拙著・探偵手帳、街金狂騒曲のご感想をお待ちしてお
  ります!

  E-mail: pero@carrot.ocn.ne.jp 又は nisiki46@hotmail.com



 それでは次号までごきげんよう!
  Pero


 Copyright 2001~2011 Hiroshi Fujii All Rights Reserved
 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ◆このメルマガは、以下のメルマガスタンドより、配信しています
 まぐまぐ ID: 64970 http://www.mag2.com/  
 melma ID:34934 http://www.melma.com/
 ★…………………………………………………………………………………………★
 このマガジン内容の転載・複写はご遠慮願います。 
 但し、お知り合い・ご友人へのこのマガジンの転送は自由です。
 Copyright 2001~2011 Hiroshi Fujii All Rights Reserved
 ★…………………………………………………………………………………………★
 購読の解除は各メルマガスタンド或は僕のHPから可能です。

メルマガ全文を読む
 

▲ページトップへ

▲ページトップへ