ウィークリー沖縄-本土に伝わらない沖縄の真実-

  • ¥0

    無料

本土に伝わらないありのままの沖縄をお伝えします。沖縄の県政、米軍基地、自衛隊、安保問題など時事問題、地域経済、文化、歴史、観光、自然、環境、国際性などの話題や情報を週1回お届けします。

著者サイト
 

メールマガジンを登録(無料)

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。
※ 各サービスで登録しているメールアドレス宛に届きます。

メールマガジンを解除

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
 
 
メルマガ名
ウィークリー沖縄-本土に伝わらない沖縄の真実-
発行周期
週刊
最終発行日
2018年07月12日
 
発行部数
688部
メルマガID
0000066872
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
ニュース・情報源 > 一般ニュース > その他

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

メールマガジン最新号

○ ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ ○
   -本土に伝わらない沖縄の真実- 2018.07.12 Vol.743       
〇 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ ○
------------------------------------------------------------------------
■今週の目次
────────────────────────────────────
 ●沖縄コラム= 暴風警報解除で情報が錯綜
 ●沖縄レポート= 秋の沖縄県知事選 自民県連が佐喜真氏推薦
 ●沖縄インフォメーション
────────────────────────────────────
■沖縄コラム
────────────────────────────────────
◎ 暴風警報解除で情報が錯綜

 台風7号は1日夜から2日午前にかけて沖縄本島地方を通過した。本島地方の
暴風警報が解除されたのは2日午前10時31分で、臨時休校なのか、午後から
の登校なのか、情報が錯綜(さくそう)し、混乱に陥った。

 私立中高は早い時間から臨時休校が決まったが、公立の小中学校では教育委員会
と学校で判断が分かれた。

 沖縄本島9市のうち、公立小中学校が休校になったのは、沖縄市、宜野湾市、
豊見城市。ほかの市では、休校を決めた学校もあれば、午後から授業を行った学
校もあり、児童生徒も保護者も戸惑いを隠せなかった。中でも、判断が大きく分
かれたのが名護市だ。各校長の判断に委ねられ、小中21校のうち、10校は休
校、11校は午後登校となった。

 両親が朝から出勤しているケースも多く、名護市の40代の母親は、「子供を
家に残して出勤するのは不安で、心配だった」と話す。暴風警報が10時半に解
除されたとはいえ、時折突風が吹いたり、大雨が降っていた。台風が過ぎ去って
からの吹き返しは強いので引き続き注意が必要だ。南城市では、強風で壊れた傘
を持って不安そうな表情で登校する小さな児童の姿を目にした。

 保育園にも影響が出た。公立保育所で終日休園となった施設はなかったが、
「公共交通の再開から1時間後」など開園時間がまちまちで、「出勤に支障を来
した」「無理言って午後からの出勤にしてもらった」など、困惑する声が噴出した。

 授業時間の確保の問題から、できるだけ休校にしたくないという学校現場の考
えがある。一方で、暴風が収まらない中、家で子供を待機させ、1人で登校させ
ることを不安がる保護者の気持ちもある。今回の混乱は、今後への教訓としてほしい。
(T)

────────────────────────────────────
■沖縄レポート
────────────────────────────────────
◎ 秋の沖縄県知事選 自民県連が佐喜真氏推薦
◎ 「県政奪還不可欠」も態度保留 別の保守系2人も出馬に意欲

 11月18日に投開票される沖縄県知事選で、自民党県連の候補者選考委員会
(国場幸一委員長)は9日、宜野湾市長の佐喜真淳氏(53)に立候補を要請し
た。佐喜真氏は態度を保留している。保守系ではこのほか、日本青年会議所(J
C)元会頭の安里繁信氏(48)が出馬を表明、前南城市長の古謝景春氏(63)
も意欲を示しており、候補者一本化に向けての調整作業が必要となろう。
(続きはウェブサイトで)
http://vpoint.jp/category/okinawa

────────────────────────────────────
■沖縄インフォメーション
────────────────────────────────────
▼第35回 ピースフルラブ・ロックフェスティバル 
14日(土)正午開始、コザミュージックタウン(沖縄市)で
沖縄県最大のロック音楽フェスは35周年を迎え、コザロックを牽引(けんいん)
した紫、かっちゃんBAND、JETなどが出演。韓国のPATiENTS、オ
ーディションバンドも登場する。入場無料。
問い合わせ=ミュージックタウン音市場(電)098(932)1949

▼与那原マリーナ祭り 
14日午前7時開始、与那原マリーナ(与那原町)で
立ち入り禁止エリアを開放し、釣り大会、音楽ライブ、花火、水難事故予防や人命
救助方法の学習など、多彩なイベントを開催。
問い合わせ=与那原マリーナ管理運営共同企業体(電)098(945)8131

▼海洋博公園サマーフェスティバル 
14日正午開始、エメラルドビーチ(本部町)で
ビーチアトラクションやDJ KEIN&前川真悟、jimamaらによるステー
ジライブなどイベント盛りだくさん。最大の目玉は、県内最大規模の花火大会。今
年は「やんばるの森」がテーマで、午後8時より、約1万発の花火が打ち上げられる。
問い合わせ=海洋博公園管理センター(電)0980(48)2741。

────────────────────────────────────
【声の投稿・質問・情報】 okinawa-news@worldtimes.co.jp
────────────────────────────────────
●SNSでも発信しています。フォロー及びいいね!をお願いします。
Facebook:https://www.facebook.com/vpointworld
Twitter: https://twitter.com/vpointworld
●配信ニュースの詳細は、世界日報社のホームページをご覧下さい。
http://vpoint.jp/ ただし、毎日更新しておりますので、一部読めなくなってい
るものもあります。ご了承下さい。
●読めない記事と、記事検索なら、電子新聞で。詳細は、
http://www.worldtimes.co.jp/wtsekai/service/index.html をご覧下さい
●電子メール新聞に関する詳しいお問い合わせは、世界日報社電子メディア部
webmaster@worldtimes.co.jp まで。
────────────────────────────────────
発行元:世界日報社
世界日報社
〒103-0025東京都中央区日本橋茅場町1-5-2-5階  TEL 03-3476-3411(代表)
Copyright(C), 1999-2000 世界日報社.
 「ウィークリーO・K・I・N・A・W・A-本土に伝わらない沖縄の真実-」に掲
載された記事を許可なく転載することを禁じます
-------------------------------------------★ The Sekai Nippo ★--------
メルマガ全文を読む
 

▲ページトップへ

▲ページトップへ