狸のしっぽ

  • ¥0

    無料

「いつも自由で平和な心でいたいなあ」あきれかえるほど、まじめでひたむき。どうしようもないほど、わがままでなんでもあり。そんな私が折に触れ感じたことなどをつづった文章です。

著者サイト
 

メールマガジンを登録(無料)

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。
※ 各サービスで登録しているメールアドレス宛に届きます。

メールマガジンを解除

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
 
 
メルマガ名
狸のしっぽ
発行周期
月刊
最終発行日
2018年02月18日
 
発行部数
37部
メルマガID
0000067097
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
生活情報 > こころ > その他

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

メールマガジン最新号

**********************************************************************

★狸のしっぽ★ (シーズン5) NO.4 2018.2.18

**********************************************************************

   <父とのこと>

2月15日は、父の誕生日である。
この日は、父の入所している札幌の老人ホームに行って麻雀をすることになっていた。
それは父の一番の楽しみだった。

でも、その日を待たずに、2月3日の朝、父は突然、あの世へ旅立った。
私は初めて、喪主というものを体験し、父の死後の色々な手続きをやり続け、13日にひとまず札幌から戻ってきた。

父は、数年前から、いつ死んでもいいように準備をし、その時のことを語りあってもきていた。
それでも去年の暮から、父が体調をくずし入院すると、私の心の中は、恐れと不安で一杯になり何も手につかなくなっていた。

1月15日に、父のお見舞いに行った時、手足にむくみが出て、呼吸を補助するために酸素吸入の管をつけていた。
その後、誤嚥のため心肺停止の状態になり、人工呼吸器をつけたと知らされた時、「それはまずいのでは」と、思った。
病院にいる限り、ずっと延命のための医療が続く。それは父も望んでいないことだった。

しかし、そのおかげで、一命をとりとめた父は、その装置をはずして、様子をみるところまで回復したのだ。
そして、食事がとれるようになったら、病院からホームに移るということであった。

父の亡くなる前日、父に会いに行こうという気持ちが湧いてきて、2月3日の航空券を準備した。
その早朝に父は突然亡くなったのだ。

いつかは訪れると覚悟しながらも、恐れていた事が現実となった。
そして、いきなり、困った状況になった。

まだ名古屋の空港にいる私に、札幌の義妹からの電話で、「仏壇を探したけど、お父さんが生前、本山でつけてもらった法名を書いた紙が見つからない。」
お世話になる予定だったお坊さんは、出掛けていて、葬儀やさんの紹介のお坊さんに別の戒名をつけてもらうしかない。とのこと。

そんなのは嫌だ。と思う。
亡くなった父があの世で、違う名前で呼ばれたら迷うのではないか。
どうしたらいいんだ。と、混乱状態になった。

そして、はっと、我に返る。
そんなこと、どうでもいいんでないの。と思い至る。
死んでから戒名をつけるけど、それって本人が生前に知らない事だし。
そんなことで、私が責任を感じ、罪悪感を感じる必要はない。と思った。
(父も私を責めないだろうと。)

そして、実家について落ちついて探したら、法名を書いた紙が見つかった。
ほっとして、これでもう、すべて終わったような気持ちになった。

でもね、さらにちょっと後悔したこともあった。

札幌は雪だからと、雪靴を履いていって、室内の会場で履く黒い靴を忘れてきたのだ。
父が生きていたら、「何をやっているんだ。」と、怒鳴られるところだ。
だって喪主だよ。みんなちゃんとした靴を履いてるのに。(あー、みっともないなぁ)と思った。

でも、ま、しかたない。これが私なんだ。と、反省しつつも、あきらめる。
ということで、お通夜には雪靴で喪主の挨拶をしたけど、告別式には、姪に靴を借りることができた。

葬儀が終わってから、色々な手続きをしたり、ホームやお寺に行ったりと、やるべき事が目白押しだった。
そんなあわただしさの中で、悲しむ余裕がなかったのかもしれないけれど、心の中に柔らかい明るさがあった。

心不全でなくなったとはいえ、95歳の父の死は、大往生だと思えた。
あちらの世界に行った父が、先に亡くなった、弟や母と再会して喜んでいるような気がした。

そして色々なことが、タイミングよく起こったり、ラッキーなことがあったりして、肉体はなくなったけれど、父の魂がずっとそばにいて、私達をサポートしてくれているということが、実感として感じられたのが嬉しかった。

そして、今回の父とのことで一番印象に残っていることは、通夜の夜のことだ。

15日に、父と麻雀をやる予定だった伯母達が、弔い麻雀をした時に、普通はありえないらしいことが起こった。
娘が、四暗刻のつもで上がり、さらに家人が四暗刻単騎待ちで上がり、どちらも親の役満貫ということであった。

麻雀をやらない人にはわからないかもしれないけれど、それは家人にとっても人生初の体験らしく、息子にメールで知らせろと言ったほどだ。
誰もが、父が参加していたのだと確信し、盛り上がった。

父とは、色々のことがあったけれど、今は感謝の気持ちでいっぱいだ。

**********************************************************************

私は父のことを理解できていなかったな。と思った。
自分の勝手な思い込みで、父に反発していたこともあったし。
色々学んだおかげで、父に対する怒りや誤解がやわらいでいって、最後は、父の愛の深さに気づけて、父に優しくなれたことが、本当に良かったと思う。


心の仕組みについて学び、自分を縛る信念体系を解放していきませんか。
「ああ、そうだったのか。」と腑に落ちる体験を、一度おためしください。

キャラクトロジー心理学1day講座(二日にわけることも可能です)
SAS(セルフアウェアネススキル)レベル1講座
SAS(セルフアウェアネススキル)の個人セッション(電話でもOKです)

(HITキャラクトロジー心理学協会HP http://characterogy.com)

興味のある方は、メールで問い合わせてくださいね。
<メールアドレス> tanukiwakokoni@yahoo.co.jp 

ホームページ 「わたしの応援歌」  http://tanuki.daa.jp

**********************************************************************

このメールマガジンは、インターネットの本屋さん「まぐまぐ」
を利用して発行しています。(http://www.mag2.com/)

登録、解除、バックナンバーは、http://archive.mag2.com/0000067097/index.html    

メルマガ全文を読む
 

▲ページトップへ

▲ページトップへ