ダージリン・マカイバリ紅茶通信

  • ¥0

    無料

本当に心からおいしいと思った紅茶に出会ったことがありますか?ダージリン・マカイバリ茶園より農薬や化学肥料を使わずにつくったおいしい紅茶をお届けします。茶園からのメッセージやインドからの情報も満載です。

著者サイト
 

メールマガジンを登録(無料)

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。
※ 各サービスで登録しているメールアドレス宛に届きます。

メールマガジンを解除

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
 
 
メルマガ名
ダージリン・マカイバリ紅茶通信
発行周期
不定期
最終発行日
2018年06月14日
 
発行部数
1,836部
メルマガID
0000072500
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
グルメ・レシピ > お店からの情報 > お取り寄せ・通販

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

メールマガジン最新号

ダージリン・マカイバリ通信 432号
              <創刊 2001.07.27>
              

               2018年6月14日発行

マカイバリジャパンURL: http://www.makaibari.co.jp

<++++++ ◎ ブ ロ グ 連 載 中 ! ◎ +++++++>

“紅茶専門店スタッフのブログ:マカイバリ紅茶日記”
   ↓    ↓    ↓    ↓
   http://makaibari.tea-nifty.com/blog/


●アッサム・ハティクリ茶園
&ダージリン・マカイバリ茶園訪問記 
 
(VOL-1からVOLー11まで11回分あります。)

★TBSテレビでカジランガ国立公園が
放映されました。

上記ブログVOL-5にてカジランガ国立公園
訪問記を書いています。
http://makaibari.tea-nifty.com/blog/2018/06/vol5-2018-aa2f.html


ハティクリ茶園はカジランガ国立公園に
隣接しています。

名前の由来は、ハティ(象)クリ(頻繁に)。

国立公園から象が頻繁に茶園にやってくるので
ハティ(象)クリ(頻繁に)と命名されました。


【番組詳細】

・2018年6月10日(日)午後6時~6時30分 
http://www.tbs.co.jp/heritage/archive/20180610/

・TBSテレビ 「世界遺産」

・カジランガ国立公園
http://www.tbs.co.jp/heritage/feature/2018/201806_01.html

           



 ▼東京officeより▼  
::::::::::::::::::::::::::::::::

紫陽花の花の紫が日ごとに深まる今日この頃です。

梅雨入りをしてから、雨の日が多くなりました。

じめじめとした湿度の高い日が続きますので、

体調を崩されませんようにお過ごしくださいませ。


マカイバリ茶園より2018年摘み夏摘みセカンド
フラッシュが入荷しました!

先月、マカイバリ茶園を訪問していた時に
茶摘みされ、製造された茶摘み時期5月の
セカンドフラッシュです。

最近では最も早い入荷時期になります。


届いたばかりの茶葉はフレッシュな香りが
あたり一面に広がります。

今年は天候にも恵まれ、夏摘みの時期は
日中の温度があがり、夜に雨が降り、朝は
霧が出るといった紅茶には最適な気候条件
でした。

是非、フレッシュな夏摘みセカンドフラッシュを
お試しくださいませ。



::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
夏摘みセカンドフラッシュ入荷!
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

マカイバリ茶園では昨年のストライキ以降、
人々は団結して良い紅茶をつくるために
一生懸命働きました。

シュタイナーのバイオダイナミック農法の
土づくりや肥料づくり、紅茶の苗木や様々な
木々を植えたり、工場のメンテナンスなど。


ラジャ・バナジー氏が「おいしい紅茶は80%は
自然が作り出すもの。そして残りの20%は人間の
技術によるもの」とよく言っていました。


2018年は幸いにも恵まれた天候、そして人々の
努力の両方の条件がそろって、美味しい紅茶が
つくられました。

3月末にラジャ・バナジー氏がマカイバリ茶園を
離れた後はマネージャーのサンジャイ・ダス氏が
ラジャ・バナジー氏から学んだことを誠実に
継承しています。

特に日本市場向けには第一優先で、良い紅茶を
つくって送ってくれました。


入荷したのはシルバーティップス、
ヴィンテージ・マスカテル、
そしてクラシックです。


★2018年夏摘みセカンドフラッシュ・
シルバーティップス 50g 2,700円~

新芽を中心に摘み取り、特別な製法で
つくられたマカイバリ茶園の芸術品!
http://www.makaibari.co.jp/shopping/tea/natsusilvertips.html?2018


★2018年夏摘みセカンドフラッシュ・
ヴィンテージマスカテル 100g 2,700円~

マカイバリ茶園の名前を有名にしたのが
ヴィンテージ・マスカテルです。

グリーンフライが葉を齧(かじ)ることに
よってマスカットフレーバーをつくりだします。
http://www.makaibari.co.jp/shopping/tea/natsuvintage.html?2018


★2018年夏摘みセカンドフラッシュ・
クラシック 100g 1,800円~

毎日飲まれる方におすすめのグレードです。

オーガニックならではの優しい味です。
http://www.makaibari.co.jp/shopping/tea/natsuclassic.html?2018
 

春摘みの爽やかさとは変わって、夏摘みの
特徴である熟成さ、そしてフルーティーな
マスカットの香りが出ています。

味にも力強さが出ています。

同じ葉であるのに季節の違いによる変化に驚きます。

春摘みとの飲み比べも是非、お試しください。



::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
編集後記
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

前回お知らせしましたインド・マンゴー
(チョウサ種)ですが、入荷は6月下旬から
7月上旬を予定しています。

日本の検疫官が6月20日に現地入りする予定です。

インドから日本へマンゴーを輸出するときは、
マンゴーにつくミバエなどの害虫の幼虫や卵を
殺滅処理することが義務づけられています。

出荷前にマンゴーをVHTの機械の中に入れ、
果実が高温障害にならない範囲内で、
内部温度を上昇させて害虫を殺滅させます。

薬品は使用しません。

日本からは検疫官が立ち会って、
最終チェックを行います。

そのため成田では農薬チェックのみです。

厳しい検疫チェックで合格したマンゴー
だけが日本に届きます。

今年も日本、及びインドご駐在の皆さま
からたくさんのご注文をいただきまして
誠にありがとうございます。


入荷次第、順次発送させていただきます。


もう少し入荷までお待ちいただけ
ましたら幸いです。

マンゴーのご注文はこちらのページから
↓    ↓    ↓    ↓
http://www.makaibari.co.jp/india-mango2018/index.html



★最後まで読んでいただきましてありがとうございます。




________________________________
有限会社マカイバリジャパン(マカイバリ茶園アジア・日本総代理店)
〒165-0025 東京都中野区沼袋4-38-2
Tel:03-5942-8210 Fax:03-5942-8211
Mal: tea@makaibari.co.jp
Hp: http://www.makaibari.co.jp

★ニューデリー駐在員がお届けするインドの「今」★
紅茶専門店スタッフのブログ:マカイバリ紅茶日記
http://makaibari.tea-nifty.com/blog/
メルマガ全文を読む
 

▲ページトップへ

▲ページトップへ