水彩画をパソコンで描こう

  • ¥0

    無料

山田みち子がパソコンで描いた水彩画をステップ式にまとめて毎週月曜日直送する「パソコン絵画月曜講座メール」。山田みち子の主宰する電彩アートのゴールド会員が協力し、配信いたします。

著者サイト
 

メールマガジンを登録(無料)

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。
※ 各サービスで登録しているメールアドレス宛に届きます。

メールマガジンを解除

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
 
 
メルマガ名
水彩画をパソコンで描こう
発行周期
週刊
最終発行日
2018年05月21日
 
発行部数
1,306部
メルマガID
0000077683
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
アート・文芸 > 美術・デザイン > 絵画

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

メールマガジン最新号

パソコン絵画月曜講座【電彩アート:ゴールド会員ご協力での配信】

□■□━「パソコン絵画の電彩アート」━ 毎週月曜日発行━□■□
●電彩アートトップページは毎月更新しております。
http://www.densai.com/

☆━「山田みち子の電彩アートでパソコン水彩画を楽しもう」━☆
 西暦2018年  5月 21日(月)
<朝4時配信:パソコン絵画学びの月曜メール>

■1━ ──<皆様 おはようございます> ─────……‥・・
今日も元気で楽しくお過ごしください。

 皆様にお願いがあります。
5月25日から29日まで教材集めに出かけてきます。
その間、皆様のメールにお礼の返信ができません。
課題提出の方、24日以前、または30日にお願いします。
毎月の課題掲載は31日に作成いたします。
どうか、ご協力、ご諒承願います。
 教材集めは今回オーストラリアの予定です。
日本とは真逆の季節。晩秋の風景を取材してきます。
入国がとても厳しい国なので、身軽な荷物にしました。
.....................................................
 2018年度:年間の課題テーマは「風景」です。
風景の基本を一年間でマスターしましょう。
毎週の月曜ステップ教材は「様々なテーマから選んだ作品」
1枚ではなく、風景や花、動物などをいろいろ描いてください。
一年間、楽しく描き、ひと月、1枚必ず送ってくださいね。
 
■2━ <パソコン絵画美術館:ゴールド会員のネット画廊>…・・

★毎月1日、前月のテーマによるゴールド会員の作品を掲載します。
http://www.densai.com/artgallery/

★ゴールド会員の毎月の課題作品集(毎月更新)

http://www.densai.com/artgallery/2018/02gallery/

※ゴールド会員の皆様、作品提出は29日が締切日です。
お名前、作品のタイトル、作品へのコメントを記載して
29日までに山田みち子までお送りくださいませ。
●作品提出先(下記の二つのメールが使用できます)
1102gaay@jcom.home.ne.jp
art@densai.com

■□■□━━━━━ここから学びの講座━━━━━━■□■□

★☆━月曜講座「水彩で描くすてきなパソコン絵画」━★☆
何度も繰り返すようですが、下記をしっかりご理解ください。

◆2018年度のテーマは「風景」
 一年間描いて、しっかり自分のものにしましょう。

◆毎週のステップ教材は「様々なテーマから選んだ作品」
 身近な静物や動物、食べ物その他、ご自分の題材を見つけて
 自由に描いてください。

 毎月の課題提出は「風景」または「様々なテーマから選んだ作品」
どちらでもOK.あるいは二作品提出可能です。
卒業まであと2年。描くことを生活習慣にしましょう。

※ゴールド会員の方はお気軽に質問できます(山田が直接回答)
art@densai.com

■1━<今年のテーマ> ───────────……‥・・・
●教材用の参考写真を下記に掲載しました。
http://www.densai.com/gold2018/2018photo/

<2018年は風景画をマスターしよう>

http://www.densai.com/gold2018/2018text/02/

 5月 清水寺

建物を含む風景画を極めよう! 
まず構図を決め、下絵を大まかに描き、
遠くから近くへと遠近感と光を常に考慮して描きましょう。

建物の陰の部分などはあまりよく見えませんが、そこは想像で奥行きの
ある感じにしましょう。そのときにあまりはっきり描かない。
見る人の想像にお任せしましょう。また写真などにない色も加えると
絵が豊かになります。

■2━<2018年 今週のステップ教材> ────……‥・・・
「様々なテーマを探し、描いてみましょう」
花束を描いておくと、後で便利に活用できます。
ご自分の身近に花束がない時は、教材の花を描いてください。

http://www.densai.com/gold2018/007/

新しいやり方での花の教材お楽しみください。
●電彩アート・花のカラーリング
http://www.densai.com/suisainurie/

■3━<絵画歴史の旅「天才画家と名画」> ────…・・・

 画家とその代表作をお楽しみください。

http://www.densai.com/gold2018/2018art/index08.html

■4━<パソコン絵画質問&絵画>───────…‥・・・
質問:水面の描き方のコツはありますか?

回答:水面といってもいろいろあります。
海、湖、沼、川などによって様々です。
流れがあるかないか、どんよりしているか、
様々です。日本海と太平洋でも異なります。
流れがあると反映が散らばり、静かな広い川では
そのまま建物が逆さまに映っているときがあります。
とにかく、観察してください。ただ見るのではなく、
どのように反映しているのか色や距離なども注意して
観てください。よく見ることが上達への道です。 

■5━<パソコンで使う記号とは?>──────…‥・・・
<分かっているようで分かっていない
パソコンやネットで使われる記号や用語>

_

アンダーバー /
アンダースコア

これも見難い。でも重要。
ホームページのフォルダやファイルの名前に活用します。
慣れてくると使いやすくなります。

■6━<生きる達人への道は絵の達人の道>───…‥・・・

<上を向いて歩こう>
 バカにされたとき、腹を立てないこと。そして、バカにした相手
を見返すのではなく、微笑み返す訓練をする。
 人は、優越感を得たいがため、相手をバカにする。だから微笑み
返すぐらいのゆとりを見せると驚いてやめてしまう。

 すてきな絵を描いて相手にプレゼントしよう。
あなたのすてきな絵を見たら、相手は絶対尊敬します。

■7━<2020年のための一口英会話>──────…‥・・・

07 Why did you come to Japan?
(どうして日本に来たのですか)

■8━<山田みち子の旅日記>─────────…‥・・・
 先日、近い旅ですが上野の国立科学博物館に行きました。
NHKでタモリさんと山中博士で特番で放映したイベント。
二時間待ちの入口から人々が殺到していました。
 早朝に出かけ、一番で入棺。しっかり二時間ぐらい見学、
その後、常設展も見学しました。
 展示会は「人体」歴史の旅、そして「人体」内部の旅。
外国へは旅できますが、自分の体の内部には旅できません。
こんなに自分の中身はすごい奇跡で出来上がっているのか?
そんなことを知るにつれ、自分をもう少し大切にと改めて
反省しました。
 帰宅途中、決意しました。健康のため、絵はもちろん続け
ますが、山登りも週一回、85歳位まで続けようと。
 
 皆様もどうぞ素晴らしいご自分の体を見直してくださいね。

■9━<横浜そごう作品展に関するご案内>──……‥・・・
そろそろ描くものを決めてスタートしてください。
http://www.densai.com/yokohamasai/

━★☆電彩アートをどうやって学ぶの★☆━

電彩アートが好き。だから学ぶ。

■<通学教室:電彩アート公認講師が指導いたします。
http://www.densai.com/top/tuugaku/index.html

-------------------------------------------------------
電彩アート「ゴールド会員」のサポートでこのメールを配信。
--------------------------------------------------
【NPO生涯教育電彩大学】電彩アート 主宰山田みち子
〒243-0431神奈川県海老名市上今泉2-9-17-1
TEL:046-234-5568
http://www.densai.com/
art@densai.com

[電彩アート会員以外の方はこのメールのご使用転用等を禁じます]
メルマガ全文を読む
 

▲ページトップへ

▲ページトップへ