私の16番ゲージ鉄道模型ライフ

  • ¥0

    無料

趣味としての鉄道模型はいろいろな楽しみ方がありますが、16番中古模型の再生を主体に、安く気軽に模型を楽しんでいるというお話です。模型店情報なども時々織り交ぜながら、隔週刊発行です。

著者サイト
 

メールマガジンを登録(無料)

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。
※ 各サービスで登録しているメールアドレス宛に届きます。

メールマガジンを解除

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
 
 
メルマガ名
私の16番ゲージ鉄道模型ライフ
発行周期
隔週刊
最終発行日
2017年07月21日
 
発行部数
550部
メルマガID
0000079031
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
日記 > テーマ別 > その他

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

メールマガジン最新号



 ★☆ ★☆ ★☆ ☆★ ━━━━━━━━━━━━━━━━ 

 MODEL RAILROAD MAIL MAGAZINE

 私の16番ゲージ鉄道模型ライフ  Vol 327号

     まぐまぐID 0000079031       2017/7/21



 ━━━━━━━━━━━━━━━━ ★☆ ☆★ ★☆ ☆★


★ 今週号の主なテーマは? ★

今号は、去る6月24~25日に行われた、京都ボークス
主催のレールエキスポについて述べさせて頂きます。
昨年はHPだけでのご紹介で終わってしまいましたが、多
少遅くなったきらいもあるものの、今回はこのマガジンで
も感想など述べてみたいと思います。

今回から読者になられた方、ご購読ありがとうございます。
どうぞお楽しみ下さい。


● 第9回レールエキスポ ●

ボークス主催のレールエキスポ、今回で9回目となりまし
た。このイベントに、私が初めて参加したのは2014年
の6回目です。

当時のマガジンにも記しましたが、カツミのHPで知り、
暇な時期?だったこともあり、出かけてみたのがキッカケ
です。
当初は大阪の模型店巡りや観光も兼ねての訪問でしたが、
9回目開催の今回は、このイベント中心の出張となりまし
た。

東京で行われる模型ショー等のイベントと比較すると、規
模の面で少々差が出るかもしれませんが、ヨコハマフェス
タと比較すると、一般客受けする展示よりはメーカー出店
も多く、私のような趣向の人が行っても楽しめる内容とな
っていると思います。

例によって交通手段と宿泊は格安パックツアーの利用です
が、オンシーズンの夏場は、新幹線のぞみ利用のツアーは
追加料金等も必要ということで、京都往復はこだま号利用
となりました。
確かに余分に時間は掛かりますが、車内は空いていて、非
常にゆったり出来るという良さもあります。
行きは京都10時半頃到着、帰りは少し早めに、京都発1
3時過ぎの列車を予約しておきました。

● まっすぐ会場へ ●

ということで、今回は京都到着後すぐに東海道線に乗り換
え西大路駅に直行しました。
すでに何回も通っていますが、やはり会場が駅近かではな
いので、そういう意味では毎回不便さを感じます。会場前
の道路はバスも頻繁に通っている広い通りですが、こちら
も上手い具合に?ボークス近くにはバス停が無く、少し歩
く形になります。
幸い天気には毎回恵まれていますが、雨振りではこの距離
は少々気が重くなります。11時近くに会場入りしました
が、今回も多数のお客さんが来場し賑わっていました。

例年ですと、1階ロビーにもメーカー展示があるのですが、
今回はいつものレイアウト展示運転の他に、今まで7階で
行われていた電鉄関係のグッズ販売に、ジオラマ製作体験
が出来るコーナーや、特価品販売などになっていました。
列が出来ていたので何か?と思ったら、アンケートに答え
ると抽選会に参加出来るとかで、その人たちの行列でした。
とりあえず7階に行くため、奥のエレベーターに急ぎます。

● 注目のフリマへ ●

7階は、いつもの賑わいでした。会場配置図を見ると右手
奥にフリーマーケットのコーナーがあるようなので、まず
はそちらに向かいます。
すでにHPでもご覧頂いておりますが、6組ほどの出店が
あり、16番関係は1店だけでした。とは言え少ない中に
も覗いて見たいお店があったということで、早々に拝見し
ます。

すでに先客がいて、数点抱えていたので、それなりの価格
品もあったのでしょう。抱えた中にフェニックス製京阪3
000のキットなどが見えました。
抱えられていない品ではカツミ製ED70のジャンク品が
5,000円の価格でありました。初期製品だったので、
安いと言えなくもないのですが、すでに手持ちにあるので
パス。

その近くにカツミ製EF71ということで、同じく5,0
00円の品がありました。中をよく見ると品物はカツミ製
でなくフェニックスのものでした。
宮沢系スタイルの交流電機は好きなのですが、ED78の
重連相手としてEF71は欲しくなります。しかし宮沢で
は完成品は発売されず、このフェニックス製キットがあっ
たのですが、台車、特に中間台車などが当時は入手出来ず、
品物自体もそれほど作られなかったようです。

今回見つけた品は台車にカツミ製が付き、床下機器はEF
81用が付いていました。この台車も入手難ということで
大変ありがたいです。
車体も汚い塗りですが、欠品パーツもなくこれで5,00
0円でしたら文句はありません。すぐに確保しました。
説明書も付いていましたが、下回り関係のパーツをどうす
るかの記載は無く、当時は自分で工夫するしかなかったよ
うです。
その他に珊瑚製9600キットなどもありましたが、少々
高めのお値段でした。

3Dプリンタで出力した貨車のキットを販売しているとこ
ろがありました。一応メーカーさんのようでしたが、何故
かフリーマーケットのコーナーに出店していました。
珍しい形式などもあり、全体的には価格も安い品が多かっ
たようですが、まだ試験的な販売のようでした。
ここで3Dによるパーツ製作が出来るかどうか聞いてみた
のですが、どうもそのような受注等は行っていないようで
した。

● ジャンクや中古品をサーチ ●

その後は、物販エリアに移動します。場内は子供連れなど
も目立ち、場所によっては通行に支障が出るところもあり
ました。賑わっています。

とりあえず中古やジャンク品などを扱っているところを探
して歩きます。
ホビーメイトオカで中古や同社製品など、主に私鉄車両が
多数並んでいるのが目に入ります。あまり興味を惹く品は
無かったのですが、箱に入ったジャンクパーツも出ていた
ので見てみます。
主にフェニックス製パーツが多かったですが、私好みの宮
沢やNOBなども混じり、引き込まれてしまいました。
ED74の床下機器や宮沢製胴受けパーツなど見つけたと
きは嬉しかったです。
箱の中はすべて100円均一ということで、ブログでもご
覧頂いていますが、あれこれ買物してしまいました。

毎回中古品を見かける大阪交通資料研究会では、今回も中
古品が並んでいましたが、どうも価格的な点で手が出ませ
ん。
カエル工房で天賞堂80系の6両くらいのセットモノが出
ていましたが、これも高かったです。しかし、同時につぼ
み堂オハユニ61もあり、3,000円の価格は適正だと
思いますが、これもパスしました。

● エンドウの蔵出し貨車も忘れずに ●

昨年は1階ホールでの展示だったエンドウは、今回は7階
に移動していました。
昨年は迷った末に蔵出し品のシキ60始め、レム400や
コンテナなど買い込んでしまいましたが、今回の蔵出し品
は少なめ。ワフ35000とシキ60があったのが目立ち
ましたが、他はチキ2500が1両残っていただけでした。
このチキですが、銀色箱に入っているのが気になっていて、
昨年蒲田での模型ショーで初めて見かけた品です。
3,000円ということで、とりあえず、この残り1両を
確保しました。

数年前から出現しているエンドウ貨車の蔵出し品は、元箱
入りやビニール袋入り、そして銀箱入りなど、いろいろな
種類があるのが面白いです。
イベントのたびに注目していますが、それなりの種類が手
に入っています。
特価販売の車両も蒲田に比べると大幅に少なかったですが、
北斗星やトワイライトの客車などが出ていました。

トーマモデルワークスでナローの車両がプラキットで出て
いるのは少々驚きました。以前からあったのでしょうか?
ナローというと、かなりマニアックな車両が多いと思うの
ですが、それが大量生産向けのプラキットで出ているのは
販売需要を見越したとしても、かなり冒険のような気がし
ました。

ナローというと、アルモデルでもトミックスから発売され
ているナローの車両をベースに、部分的にパーツを入れ替
えることで別タイプに出来るキットの紹介をしていました。

● 工具に注目! ●

さて今回一番お金を使ったのが、ひゃっけん堂です。
基本的にN主体のお店なので、皆様あまり聞き慣れないか
もしれません。
実は毎回、こちらのイベントでミニドリルの展示をしてい
て、とれいん誌にも過去に紹介されたことがある品だった
ので、気になっていました。会場を一巡りして、それほど
買物も無さそうだったので、今回は工具に注目したわけで
す。

早速お店の人に話を伺いますが、なかなか性能的には優れ
モノのようでした。ただし問題は価格です。本体が6,0
00円台に対し、スタンドはそれより高い7.000円台
です。消費税込みで両方とも揃えると15,000円程度
にはなってしまいます。

しかし、特価販売品が1組並んでいて、セットで12,0
00円少々となっていました。
お店にいた方は、てっきりメーカーさんかと思ったのです
が、実はαモデルというところが製造、販売している品で、
ひゃっけん堂は販売協力店ということでした。
何とか安く買おうと、ここでも値切ってみることにしまし
たが、セットで12,000円ちょうどで話が付きました。
わざわざ割引価格等も電卓で表示させつつ説明してくれま
したが、要はぎりぎりの価格ということでした。特価品を
さらに少しですが安くしたのですから、良しとしました。

ドリルは専用品を使うとのことで、0.5と0.6ミリを
別途購入しましたが、これも値切って両方で2,500円
ということで折り合いが付きました。
それぞれのサイズ一袋に2本入っていますので、専用品と
言いつつも、それほど高価なドリルということでもなさそ
うです。
買った品の径は、自分でよく使うサイズという意味合いだ
ったのですが、0.4もあったほうが良かったかもしれま
せん。そのうち何かのイベントで見かけたら買うことにし
ます。

後日、工作で使ってみましたが、電池使用のためか、やや
トルク不足感がありましたが、今までピンバイスで開けて
いた小径穴あけ作業が、遥かに早く楽に出来るのは、それ
なりの導入効果があったと言えます。

● 10回目は無い!かも? ●

さて、先ほど1階で見かけた行列は、アンケートだと前述
しましたが、よく見かけると会場内あちこちに、来年度開
催が危ぶまれるという内容の掲示がありました。
このためアンケートをとり、結果によって次回開催が決ま
るような意味合いでした。
要は今まで無料入場だったのを有料にしようということな
のです。
前回までずっと赤字開催だったというのですが、毎回お客
さんも多く、1階店舗でもイベント中は買い物客が増える
等、赤字だったとは思いませんでした。

私もここ数回で、年一度の楽しみなイベントになっていた
ので、ぜひ次回も開催して欲しいと思いアンケート記入に
協力しました。
ただし、昨年まで参加していたカツミやトミックス、KA
TOと言った大手が参加していませんし、一見するといつ
もと同じ賑わいはあるものの、裏ではそれなりの事情があ
るのかもしれません。
次回開催されれば10回とのことなので、是非とも記念す
べき10回めのレールエキスポに参加したいと思いました。

● 三光堂に寄りつつ奈良へ ●

11時ころに入場し、1階での買い物も済ませて会場を出
たのは1時半を回っていました。今までで一番長くいたと
思います。
すぐ近くのフレンドリーというレストランでお昼を食べて
3時近くになったでしょうか。
宿泊先は奈良駅方面なのですが、そのまま向かうと少し早
い感じです。バスの路線図を見ながら、久しぶりでマツモ
トでも行こうかと思ったのですが、三光堂を思い出しまし
た。

昨年訪問した際にエンドウ製EF81の台車在庫があるの
を見かけたので、もしかしたらと思い寄ってみました。
西大路駅に向かう途中で寄り道した形ですが、予想通り?
在庫がありましたので、他のパーツ数点とともに購入しま
した。
当面EF81を作る予定はないのですが、ダイキャスト製
ながら各部パーツが別付けで出来も良いので確保しておき
ました。
旧価格なので値札は6,000円でしたが、現在のエンド
ウが再生産すれば、こんなものでは買えません。

ということで昨年来の気がかりも解消し、奈良へ向かいま
した。

翌日はツアーチケットが行き同様京都発なので、再度奈良
から京都へ出ましたが、その際少し早めにホテルを出て、
再び西大路まで向かいました。
昨日のホビーメイトオカのパーツが気になったのです。す
でにかなり売れていたようですが、それでも追加で数点購
入したのと、ワールド工芸のブースでオヤ31のインレタ
を見つけ割引価格で購入しました。
フリーマーケットは半分くらいのテーブルが空いていまし
たが、やはり初日が勝負というところでしょうか。

いよいよこれで最後にし、京都駅から帰宅の途に付きまし
たが、今回もイベント見学のみならず、買物や奈良、京都
の風景堪能と観光要素も含めて、満足行く結果となりまし
た。
前述したように次回開催があるか微妙ですが、その前の模
型ショーIN京都も2月にありそうですし、再び京都駅に
降り立つのが楽しみです。



/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

        ● 次号予告 ●

次号は発行時期、内容とも未定です。お楽しみに。


   ★★ お便りをお待ちしています ★★

お便り等は、Kuhane58@js8.so-net.ne.jpまで。
ご意見、ご希望、お問い合わせもお待ちしております。

       
------------------------------------------------------------
このメールマガジンは、インターネットの本屋さん
『まぐまぐ』を利用して発行しています。
http://www.mag2.com/ (マガジンID: 0000079031)
------------------------------------------------------------







メルマガ全文を読む
 

▲ページトップへ

▲ページトップへ