京都部落問題研究資料センターメールマガジン

  • ¥0

    無料

京都部落問題研究資料センターより受入定期刊行物の目次速報や人権関係テレビ番組などの情報を週刊でお届けします

著者サイト
 

メールマガジンを登録(無料)

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。
※ 各サービスで登録しているメールアドレス宛に届きます。

メールマガジンを解除

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
 
 
メルマガ名
京都部落問題研究資料センターメールマガジン
発行周期
週刊
最終発行日
2017年09月15日
 
発行部数
511部
メルマガID
0000088471
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
教育・研究 > 科学・研究 > その他

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

メールマガジン最新号

■■■■■■ 京都部落問題研究資料センター メールマガジン ■■■■■■

          2017/9/15 通巻720号

 …目 次…
 ♪定期刊行物目次速報…各刊行物の目次からピックアップしました
 ♪新着図書情報…購入や寄贈などで新しく受け入れた書籍をご紹介します
 ♪催し物情報

□定期刊行物目次速報□

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 解放新聞京都版 1096(解放新聞社京都支局刊,2017.9.20):70円
──────────────────────────────────
◇本の紹介 沖浦和光著『宣教師ザビエルと被差別民』
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 解放新聞東京版 916(解放新聞社東京支局刊,2017.9.15):93円
──────────────────────────────────
◇木下川で出会った人たち 1 今、なぜ「産業・教育資料室きねがわ」なのか
岩田明夫
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 国際人権ひろば 135(アジア・太平洋人権情報センター刊,2017.9):350円
──────────────────────────────────
◇特集 寛容な社会の可能性
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 地域と人権京都 749(京都地域人権運動連合会刊,2017.9.15):150円
──────────────────────────────────
◇今なぜ、「部落差別固定化法」なのか 12 川部昇
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ヒューマンライツ 354(部落解放・人権研究所刊,2017.9):540円
──────────────────────────────────
◇特集 第42回部落解放・人権西日本夏期講座
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 リベラシオン 167(福岡県人権研究所刊,2017.9):1,000円
──────────────────────────────────
◇特集 葉山嘉樹原作の映画「ある女工記」
◇「部落差別の解消の推進に関する法律」の意義とこれからの課題 内田博文
◇明治22年の町村制施行と部落問題について 1―福岡県那珂郡豊平村の創出
経緯― 関儀久
◇水平運動の人々 大鶴儀走氏聞き書き 金山登郎
◇民衆史こぼれ話 片隅に生きた人たち 30 再び村上玄水について 石瀧豊美
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 理論と動態 8(社会理論・動態研究所編刊,2015.12)
──────────────────────────────────
◇差別と生と通俗道徳―闘わなかったある被差別部落民一族の自立― 小早川
明良

*********************************************************************

□新着図書情報□

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 千の命
──────────────────────────────────
植松三十里著/小学館刊/2017.9/670円
◇回生術を広め賀川流産科をうちたてた賀川玄悦の生涯を描く

*********************************************************************

□催し物情報□

  ◆大阪人権博物館 第72回特別展
   「夜間中学生 学ぶたびくやしく・学ぶたびうれしく」

   会 期:10月18日~12月16日
   会 場:大阪人権博物館特別展示室
   開館日・時間等は http://www.liberty.or.jp/
   
  ◆京都部落問題研究資料センター 2017年度 差別の歴史を考える連続講座2

  第1回 10月6日(金)「『職人歌合』にみる職人への眼差しの変遷」        
      講師:家塚 智子さん(宇治市源氏物語ミュージアム学芸員)
      要旨:鎌倉・室町時代に作成された所謂『職人歌合』に登場する職人
         の姿、詞書などを分析し、差別や賤視も含めた認識の変遷を考える

  第2回 10月27日(金)
      「 自死者たちの江戸時代 ─京都東山の寺院日記から読み解く─」        
      講師:高橋 大樹さん(大津市歴史博物館学芸員)
      要旨:清水寺や知恩院などの寺院の日記から、門前町や山林で起こった
         首つりや無理心中など、江戸時代の自死やそれを取り巻く社会状況
         について考える

  第3回 11月10日(金)
      「1920年代、水平社・衡平社との交流を進めた在日朝鮮人
        ―全国水平社の姉妹団体・関西朝鮮人聯盟を中心に―」        
      講師:塚崎 昌之さん(佛教大学・大阪大谷大学非常勤講師)
      要旨:交流の中心は、水平社側では木本凡人、平野小剣、朝鮮人側では
         李善洪、崔善鳴ら、当時はアナ的思想を持つ人物であった

  時 間:午後6時30分~午後8時30分 
  場 所:京都府部落解放センター3階 第2会議室
  参加費:無料
  ~参加ご希望の方は前日までに電話・FAX・電子メールでご連絡ください~
 
*********************************************************************
■9月の休室日は次のとおりです。
日曜日・祝日・16日(土)・30日(土)
■次回は9月20日の発行予定です。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 発  行  :京都部落問題研究資料センター
        TEL/FAX 075-415-1032
 ホームページ:http://shiryo.suishinkyoukai.jp/
電子メール :<qm8m-ndmt@asahi-net.or.jp>
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

☆このメールマガジンは、『まぐまぐ』 http://www.mag2.com/ を利用して発行
しています。
☆解除は <http://www.mag2.com/m/0000088471.htm> からできます。
☆本メールマガジンのバックナンバーは
<http://archive.mag2.com/0000088471/index.html>でご覧になれます。
メルマガ全文を読む
 

▲ページトップへ

▲ページトップへ