天風哲学のすすめ 新風

  • ¥0

    無料

天風哲学には、人が幸せに活きるための、具体的なノウハウが、ふんだんに盛り込まれています。学力倍増法、寝ぎわの心得、ストレス撃退法、眉間呼吸法などなど。ぜひご一緒に、楽しく学び、愉快に実践しましょう。

著者サイト
 

メールマガジンを登録(無料)

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。
※ 各サービスで登録しているメールアドレス宛に届きます。

メールマガジンを解除

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
 
 
メルマガ名
天風哲学のすすめ 新風
発行周期
週2回(火、金)
最終発行日
2018年07月13日
 
発行部数
2,549部
メルマガID
0000089091
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
生活情報 > こころ > 心理学

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

メールマガジン最新号

 ■心に成功の炎を
 誰もが望ましい人生を実現する、心のあり方、生きる心構え、絶対積極、
 天風哲学の結晶「天風訓言」など、魅力の天風哲学をさらに掘り下げて
 伝える「研心の篇」。
 https://secure.jmca.jp/sale/1140?&id=60

----------------------------------------------------------------------
 天風哲学のすすめ 新風  第1008号 2018/07/13 配布数数2,548部
----------------------------------------------------------------------

梅雨明けまじかの大雨大暴れ!!
被災された方々にお見舞い申しあげます。
雨が降り風になやまされるのも大自然の
大きな営みとはいえ、こころが痛みます。
一日も早い復興をいのっております。

さて今日は、木南さんの「経営のこころ」の紹介です。
□ 漫然と         
□ 真己と仮己        
□ 言志録「真己と仮己」補講  


 木南さんは、
昭和54年1月生まれ。兵庫県たつの市在住。
運輸会社の社長というお仕事でお忙しいなか、
地域振興の活動も巾広くされています。
 多くの従業員を束ねて、会社を維持・発展
させるには、創業者以上の気概と人格を必要
とします。
そこを鍵山社長の掃除道をベースにしながら、
自己研鑽にはげんでおられます。

ありがとうございます。
ありがとうございます。


*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*
   経営のこころ152 
漫然と
    木南 一志  
*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

雨も降るし、風も吹くのが当たり前。
 いい天気で暑さも寒さも感じないとしたら、どうだろう。
 平凡に生きていけるのが幸せ。
 そう感じることができるのは、人生が波瀾万丈であるから。
 一度しかない人生をボンヤリ過ごしていたら、どうだろう。
幸せすらも感じることができない。
いい天気ですねと声かけられれても、答えることもできない。
 漫然と生きてはならない。
 行動しよう。
 動けば風が起こる。
 そこからだ。



*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*
 
   真己(しんこ)と仮己(かこ)

 本然(ほんねん)の真己あり、躯穀(くかく)の仮己あり。
 須(すべか)らく自ら認め得んことを要すべし。 
          (言志録122)
*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

われわれには、人間の本性(良心)に率(したが)う
「本然の真己」というものがある。
また、物質的感覚的欲求に従う「躯穀(くかく)の仮己」
というものがある。
われわれは常に「真己」に生きているか「仮己」に
生きているかを自ら識別しなければならない。
             人間学言志録より
 
<解説>
 儒教(じゅきょう)では「本然(ほんねん)の真己(しんこ)」
のことを「道心(どうしん)」、
「躯穀(くかく)の仮己(かこ)」のことを「人心(にんしん)」
という。
 
人間は常に道心をして一身(いっしん)の主人公とし、人心
を家来(けらい)にして、主人公に従(したが)わせるようにし
なければならない。
これが[善(ぜん)]であり、人心をコントロールすることを
「克己(こっき)」という。
  克己(こっき)=欲望に支配されずに自分に克(か)つこと。



*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*
 言志録「真己と仮己」  補講
  木南 一志
*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

日本語の素晴らしさを感じさせられる。自分に克(か)つこと
は試合に勝つことではない。
 私の中に居るもう1人の自分。
天使と悪魔が同居している。どちらが主人公となるかで結果
は大きく変ってしまうことも、50年以上生きた人には充分に
理解できることである。
 しかしながら、「つい」とか「そんなつもりはなかったのに」
といことが起きてしまう。
 いつもなら、決してそんなことはないはずが、悪魔が主
人公になっている自分を見つける。
生まれながらにして人間はふたつの心を与えられているの
である。
 欲望に生きることが全て悪いという訳ではない。
 文明の進化は、「こうならないか」という欲求から現代の
便利な時代へとつながっているのだから、この矛盾をどう乗
り越えられるかが自分に与えられた課題だといえる。
動物や植物の命をいただいて生きていくという現実と同じ
ように片方だけを選択することはできない。
 論語には、
「一日己(おのれ)に克(か)ちて禮(れい)に復(かえ)れば天下
仁(じん)に帰(き)す」とある。
自分の欲に振り回されずに世の中のルールをしっかり実行す
ることで世の中が良くなっていくということだ。
 自分さえ良ければという行動は、世の中を乱していくこと
につながることは、誰もが実感していることでもある。
 政治が世の中を悪くするきっかけを生んでいると思える。
野党の質問は、揚げ足取りに終始して、与党の回答は遠回し
のわかりにくいボヤけたものとなっている。
消費税が10%になろうとしているのだから、ハッキリと分
かり易い仕組みを目指してもらいたい。
サッカーでも野球でも日本人のマナーの良さが世
界の手本になろうとしている時に、政治だけは恥
ずかしくなるようなことが多過ぎるのではないか。
心のリーダが必要となる時代がまもなくやって
くると信じている。
      ありがとうございます。

    <こころ便り 第220号 平成30年7月号より>
 
------------------------
      ∩_∩      *
     (≧∵≦)   \|/
        ∞       ■
------------------------


   ------------------------
播磨掃除に学ぶ会
------------------------
第226回   8月5日(日) 6:30~8:30
第227回   9月2日(日) 6:30~8:3
場所 :    たつの市立 小宅小学校
参加費:    500円(高校生まで無料)
掃除のできる服装で
サンダルか長靴を ご持参ください。
トイレ掃除には見えない隠された力があります。
どなたでも参加できます。
ヨロシク!!


------------------------
 ★ご意見、ご要望はこちらまで また
みなさんの投稿を募集しています。
       → imciwasaki@gmail.com(いわさき)


-------------------お知らせ-------------------------------------------
■メールマガジンは無料です。お友達にもぜひご紹介を!!
■「天風哲学のすすめ 幸せに活きる」もご愛読くだされば幸せです。
■メールマガジンのご購読・解除は http://tempu.typepad.jp/ でお願い
 いたします。
○バックナンバー→ http://backno.mag2.com/reader/Back id=0000089091
----------------------------------------------------------------------
天風哲学のすすめ  新風
発行元:   株式会社アイ エム シー
発行・編集: 岩崎 澄男
       問い合わせ → imciwasaki@gmail.com
無断転載はお断りいたします。
本メールマガジンは下記のサービスで発行しています
「まぐまぐ」 http://www.mag2.com/
----------------------------------------------------------------------
天風会公式HPは
                  http://www.tempukai.or.jp/
----------------------------------------------------------------------
メルマガ全文を読む
 

▲ページトップへ

▲ページトップへ