天風哲学のすすめ 新風

  • ¥0

    無料

天風哲学には、人が幸せに活きるための、具体的なノウハウが、ふんだんに盛り込まれています。学力倍増法、寝ぎわの心得、ストレス撃退法、眉間呼吸法などなど。ぜひご一緒に、楽しく学び、愉快に実践しましょう。

著者サイト
 

メールマガジンを登録(無料)

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。
※ 各サービスで登録しているメールアドレス宛に届きます。

メールマガジンを解除

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
 
 
メルマガ名
天風哲学のすすめ 新風
発行周期
週2回(火、金)
最終発行日
2018年01月19日
 
発行部数
2,604部
メルマガID
0000089091
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
生活情報 > こころ > 心理学

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

メールマガジン最新号

 ■成功の実現
 社長は誰でも、自分の描く夢や希望を必ず実現し、人生や事業に成功
 したいと願っている。その想いを、思うがままに実現する―――
 本書は、社長としての生涯の至福を「自ら実現する書」として大反響、
 多くの社長に読みつがれ続けるベストセラー書。 他シリーズ書も…
 https://secure.jmca.jp/sale/1081?&id=60

----------------------------------------------------------------------
 天風哲学のすすめ 新風  第988号 2018/01/19 配布数数2,607部
----------------------------------------------------------------------

 木南さんの「経営のこころ146」です。
□ 自分の顔に         木南 一志
□ 後世の毀誉(言志録89)   木南 一志
□ 努力は かなしみも     三本杉祐輝

 木南さんは、
昭和54年1月生まれ。兵庫県たつの市在住。
運輸会社の社長というお仕事でお忙しいなか、
地域振興の活動も巾広くされています。

木南さんは トラック運転手を束ねて運送業の社長さん。

2代目とはいえ運転手らの従業員を束ねて維持発展させるは
創業者と同等以上の気概と人格を要するはずです。
そこを鍵山社長同様に
掃除道をベースにしながら自己研鑽されています。


ありがとうございます。
ありがとうございます。




*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*
 経営のこころ146 自分の顔に   木南 一志
*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

自分の顔に

鏡をのぞいて、自分に笑いかける。
  ニコリとした顔が映る。

  決して、鏡の自分が微笑んでいるわけではない。
  自分自身に声をかけてみる。
  鏡の自分が何か返事をしたかのように見える。

  四十歳を過ぎれば自分の顔に責任があるとリンカーンは話した。

鏡に映る自分に責任が持てるか。
そんな心構えで生きているか。

自分の顔に語り掛けたい。

しっかり生きよ、と。
一度きりの人生だ、と。





*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*
後世の毀誉 木南 一志

  当今の毀誉は懼るるに足らず。後世の毀誉は懼
  る可し。一身の得喪は慮るに足らず。子孫の
得喪は慮る可し。
    (言志録89)
*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

当世において人に毀(そし)られたり、誉められたりするこ
とはおそれる必要はない。後世何十年か、何百年か
後になって、あの人は立派な人であったとか、あの
人はつまらぬ人であったとかと評価されることは
おそれなければならない。また、今の自分の利害、
得失ということは心配する必要はない。子孫が幸福
になるか、不幸になるかということは終始考えなく
てはならない。
        人間学言志録より
*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

人斬り半次郎と怖れられた桐野俊秋が西郷隆盛
 に「偉い人とはどんな人か?」と問うた。
西郷は「偉い人とは、生前は後ろから拝まれる
   人、死んでからは慕われる人だ。」と答えたという。


西郷南洲が大切にしたという言志録の101ケ条の中で、
私にとって印象に残る一条でもある。

NHKの大河ドラマが始まる。江戸から明治への時代が大
変革した時に大切にしてきたことは何か。

 西郷が立派だと親しく感じられるのは何故なのか。

 自分のことなど考える必要はない。
子孫が幸福になるためを考えて行動すべしと言志録は教えて
くれている。

 西郷は淡々とそれを実行し続けたと言えるのではないか。
朝敵となり、誤解を受けても言い訳けすらせずその命を若者
達のためにと投げ出す。

 官軍として庄内藩を攻めた大将でありながら、庄内藩士か
ら親われ、死後、南州遺訓が刊行された。

 それを手にされた明治天皇が再び西郷に会えたと喜ばれた
そうだ。

 西郷隆盛は、靖国神社に祭られてはいない。

 在野の偉人を知らねばならない。
学問ではなく、憧れとなる人を見つけることで、自らの人生は
全く違うものになり始める。

 手近な先輩をまずは目標にする。
その人が目指すところ、尊敬する人を知ることができると、
行くべき方向が定まる。

 職場でも、趣味のサークルでも、親でも兄弟でもいい。

 目標とする人があれば、自分の足りない所がハッキリとする。

 そこから先は、自分が
「やるか、やらないか」を決めるのだ。
大きなことは、まず目の前の小さな実践の積み上げでしかな
い。

 基本は単純・明快。
  一、あいさつ
一、返事
  一、ハキモノを揃える

 ただこれだけのことでもできない人が、立派な人になるこ
とはない。

 自分が誉められることよりも、未来の子供達が幸せになる
ために、人のお役に立てる行動を重ねていきたい。
何百年か先に合格点がもらえるか。
”志”ひとつだ。

     <こころ便り  第214号 平成30年1月号より>

------------------------




*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*
綿毛にのって(42)  詩 三本杉 祐輝
努力は     かなしみも
*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

努力は

   努力は
いつも自分の思った通りに
報われるわけではない

でも植えた種は
いつか どこかで
花をさかせ 実をつけることもある

だから 人生
   捨てたもんじゃない



------------------------

かなしみも

  かなしみも
  寂しさも
  怒りも
   憎しみも

風呂敷に包んで
背中に背負い
笑顔で今日から
明日へ 一歩




「綿毛にのって」は、三木さんの詩に感動した矢口洋子さん、
詩文を筆文字にした東晴美さんの合作、写真詩集です。
木南さんの支援で出版されました。

写真集ご希望の方は→木南さんまで (寄付 1000円+送料500円)




------------------------
      ∩_∩      *
     (≧∵≦)   \|/
       ∞       ■
------------------------


   ------------------------
播磨掃除に学ぶ会
------------------------

第208回   2月11日(日) 7:00~9:00
第209回   3月11日(日) 7:00~9:00

場所 :    たつの市立 小宅小学校
参加費:    500円(高校生まで無料)


掃除のできる服装で
サンダルか長靴を ご持参ください。

トイレ掃除には見えない隠された力があります。
どなたでも参加できます。
ヨロシク!!



------------------------
 ★ご意見、ご要望はこちらまで また
みなさんの投稿を募集しています。
       → imciwasaki@gmail.com(いわさき)


-------------------お知らせ-------------------------------------------
■メールマガジンは無料です。お友達にもぜひご紹介を!!
■「天風哲学のすすめ 幸せに活きる」もご愛読くだされば幸せです。
■メールマガジンのご購読・解除は http://tempu.typepad.jp/ でお願い
 いたします。
○バックナンバー→ http://backno.mag2.com/reader/Back id=0000089091
----------------------------------------------------------------------
天風哲学のすすめ  新風
発行元:   株式会社アイ エム シー
発行・編集: 岩崎 澄男
       問い合わせ → imciwasaki@yahoo.co.jp
無断転載はお断りいたします。
本メールマガジンは下記のサービスで発行しています
「まぐまぐ」 http://www.mag2.com/
----------------------------------------------------------------------
天風会公式HPは
                  http://www.tempukai.or.jp/
----------------------------------------------------------------------
メルマガ全文を読む
 

▲ページトップへ

▲ページトップへ