真面目な落語家、三遊亭らん丈の不真面目日記

  • ¥0

    無料

著者サイト

町田市議会議員であり、落語家(真打、(一社)落語協会)でもあり、はたまた慶應義塾大学生でもある、三遊亭らん丈が、新聞や雑誌で心に留まった記事を引用するメールマガジンです。登録してくださった方には、後悔させません(たぶん)。

 

メールマガジンを登録(無料)

※ご登録いただいたアドレスは大切にお預かりし、まぐまぐ!メールマガジン配信にのみ利用します。

他のサイトIDでメルマガを登録する

※ 各サイトのリンクをクリックすると認証画面に移動します。
※ メルマガはサービスでご登録したメールアドレス宛に届きます。

このメルマガを解除する

メールマガジンを解除

他のサイトIDでメルマガを解除する

※ 各サイトのリンクをクリックすると認証画面に移動します。

 

メールマガジン最新号

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
☆☆☆★☆☆ らん丈のメールマガジン・Ranjo's Electronic Newsletter ☆☆★☆☆☆
『真面目な落語家? 三遊亭らん丈の「不真面目日記」』【'17/3/28】vol.130
     ☆★☆【HP】http://www.ranjo.jp/ ☆★☆
      【Twitter】http://twitter.com/s_ranjo
      【Facebook】http://facebook.com/3ranjo
    【講演実績】http://www.sbrain.co.jp/keyperson/K-5706.htm
mission×passion×action★passion×action×mission★action×mission×passion
---------------------------------------------------------------------------
Carpe diem [ラテン語] 古代ローマの詩人、ホラティウスの詩に登場する語句
この日を摘み取れ、「今日を生きよ」
---------------------------------------------------------------------------
< Pro bono publico=公益のために[ラテン語]=For the public good >
---------------------------------------------------------------------------
ソクラテス
 政治家やその志望者のなかには、政治というものは非常に習得が困難であるに
もかかわらず、訓練もせず、勉強もせずに突然、勝手に政治の達人になれると考
えている者がいる。まことに不思議である。
---------------------------------------------------------------------------
◆◇◆◇生死不二(しょうじふに)=生も死も同じもの◆◇◆◇
---------------------------------------------------------------------------
★ ★ ★ ★ ★ ★ ☆ under the slogan of “liberalism” ★ ★ ☆ ★ ★ ★ ★
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
☆目次☆
◆らん丈の市議会報告◆facebook・twitter!
◇「なかなかに味わい深かった、新聞&雑誌記事&書物からの、一文」◇
≪らん丈の寄席出演ご案内≫
■著名人による、『言の葉』■
-----------------------------------------------------------------------------
Verba volant, scripta manent. 言葉は去りゆくが、書かれたものは残る。
-----------------------------------------------------------------------------
◎パレート(イタリアの経済学者,1848-1923;イタリアに伝わる箴言)◎
 「静かに行く者は健やかに行く 健やかに行く者は遠くまで行く」
───────────────────────────────────────────────
クレメント・アトリー(英国元首相)
「民主主義の基礎は、他の人が自分より賢いかも知れないと考える心の準備です」
-----------------------------------------------------------------------------
W・チャーチル(英国元首相)「議会の目的は殴り合いを議論に変えること」
-----------------------------------------------------------------------------
コリン・ヘイ(Colin Hay、シェフィールド大学)教授
好むと好まざるとにかかわらず、私たちは政治なしでやっていくことはできない。
-----------------------------------------------------------------------------
ベンジャミン・フランクリン
 よい戦争と悪い平和はない。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆らん丈の市議会報告 「自由民主党」会派代表◆
-----------------------------------------------------------------------------
 2017年町田市議会第1回定例会は、2月24日より、はじまり、3月28日には表決
がおこなわれ、平成29年度予算は原案のとおり、可決いたしました。⇒
https://www.gikai-machida.jp/

 2017年度からの5年間の町田市政の実行計画である、町田市5ヵ年計画を審議い
たしました。
 それとももに、本日を以て、らん丈は、文教社会常任委員長に就任いたしまし
た。⇒https://www.gikai-machida.jp/g07_OshiraseView.asp?SrchID=473

 町田市議会では、傍聴を歓迎しており、本会議は当然のことながら、各常任委
員会も傍聴が可能ですので、ご希望の方は、市庁舎3階にある、議事堂にお越し
下さい。
 お越しになれない場合は、町田市議会HPにて、中継(録画もあり)をしており
ます。それが、2015年3月30日より、スマートフォンやタブレットで中継を見ら
れるようになりました。
 詳細は添付ファイルをご確認ください。⇒http://www.gikai-machida.jp/g07_OshiraseView.asp?SrchID=276
-----------------------------------------------------------------------------
 らん丈の、市政報告『はるかぜ』は、こちらをごらんください。
⇒http://www.ranjo.jp/harukaze/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◇「なかなかに味わい深かった、新聞&雑誌記事&書物からの、一文」◇
──────────────────────────────────────────────
「新聞は輿論を運搬する荷車なり」中江兆民
──────────────────────────────────────────────
『近代人は朝の礼拝の代わりに新聞を読む』ヘーゲル(1770~1831年)
---------------------------------------------------------------------------
1、若松英輔『言葉の贈り物』
 文学とは何だろうか。言葉で表せないことを、それでも言葉で書いたもの。

2、神里達博(千葉大学教授)朝日新聞2017.2.17朝刊
 私は以前から、この時代は近代性が弱ってきていて、いずれ中世に逆戻りして
しまうのではないかという不安を感じてきた。杞憂だと良いのだが、最近はその
傾向が強まっているようにも思える。事実の軽視は、言うまでもなく、恐ろしい
結果をもたらしかねない。大きな時代の潮流にあらがうのは容易ではないが、近
代という時代に培ったさまざまなものごとの価値を整理し、改めて確認すべき時
期にあるのではないか。

3、二上達也(将棋棋士)朝日新聞2017.2.18夕刊
 大崎善生さんに、「居酒屋で、他の職員のことでよく怒られた。本人に言えな
いから、私に言うんですね。いつも2万円支払って、おつりは受け取らなかった」。

4、鷲田清一、『折々のことば』朝日新聞2017.2.19朝刊
 哲学とは人があたりまえのようにやってきたことの意味を考え、掘り下げ、人
として生きるために本当に大事なことを探すこと。

5、牛尾治朗(ウシオ電機会長)朝日新聞2017.2.27朝刊
 「土光臨調」で土光さんがこう言っていたのを当時よく思い出した。「(官尊
民卑は)官が尊大だからそうなるのではなく、官に取り入ろうとする民の卑しい
心が官尊民卑を招くのです」。卑しくなるな、との戒めである。

6、亀山郁夫(名古屋外国語大学学長)朝日新聞2017.3.8朝刊
 人生の9割が苦しみとすると、残り1割の喜びを生きるために、人間の命はあり
ます。

7、武者小路実篤『人生論・愛について』
 死んだものはどうせそれを知ることは出来ないが、しかし死んだのち人々が自
分に冷淡でないことを考えることは気持の悪いものではない。

8、藤村俊二(俳優)
 この世でいちばん愉快なことは、何かを持っていることではなく、何かを経験
できる瞬間です。

9、元横綱隆の里
 孤独だが、横綱にしか見えないものがある。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  ≪らん丈の寄席出演ご案内≫
───────────────────────────────────────────────
★「三遊亭らん丈のふるさと町田寄席」in 町田市民フォーラム ★
日時:2017年4月23日(日)午後1時30分開場・午後2時開演(予定)
会場:町田市民フォーラム 3階ホール(サウスフロントタワー町田)
(原町田の30階建てマンション内;原町田4-9-8)tel.042-723-2888
御問合せ・御予約⇒info@ranjo.jp
電話番号(留守番電話対応)/fax共用:042-720-4644
詳細情報・地図参照⇒http://www.ranjo.jp/rakugo_news/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
同志社大学の第2代学長をつとめた、D.W.ラーネッドの愛誦句
“Learn to Live and Live to Learn” 生きるために学び、学ぶために生きよ。
--------------------------------------------------------------------------------------------
◆らん丈が大学及び大学院で単位を修得した科目⇒http://www.ranjo.jp/campuskamoku/
───────────────────────────────────
ドリュー・ファウスト(ハーバード大学学長)
 知こそが21世紀の最も重要な通貨だ。
───────────────────────────────────
チャールズ・ベスト(MIT元学長)
 お金は分けると減るが、知識は分けると増える。
───────────────────────────────────
佐藤康宏(東大文学部)教授、『UP』2013年4月号31頁
 大学がいちばんおもしろいことをやっているんだ、というのが私の実感でした。
そうでなきゃ大学で学ぶ理由なんかないですよね。お楽しみはこれからです。
───────────────────────────────────
苅谷剛彦『イギリスの大学・ニッポンの大学』(中公新書ラクレ)78-79頁
 個別指導によるチュートリアルが教育の根幹をなすオックスフォードでは、
自分がその学生を指導するようになったら、この学生は、その後のハードな
教育内容をこなせるかどうか、厳しい教育と学習を経て将来どれくらい伸びるか
どうか、いい論文が書けるかどうか、生涯にわたって社会に貢献できる
人間になるだろうか、といった観点から、学生の能力や適性を見抜こうと教
師も必死になる。「顔の見える」教育を行うことを前提に、「顔の見えるエ
リート」を選び出し、「教育された市民」に育て上げていこうというのである。
───────────────────────────────────
堀 茂樹(慶應義塾大学 総合政策学部)教授、朝日新聞朝刊2011.6.10
 人文系の場合は特に、すぐに役に立たないことが多い。ぜいたくな場所なんで
す、大学は。
───────────────────────────────────
ハイデッガー
 学ぶということは、既に知ってしまっていることを、あらためて学び直すこと
である。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆著名人による、『言の葉』◆
──────────────────────────────────
アリストテレス『形而上学』第一巻冒頭
 すべての人は、生まれつき、知ることを欲する。

アリストテレス『二コマコス倫理学』
 徳は、それゆえ、その実体に即していえば、またその本質をいい表わす定義に
即していえば『中庸』であるが、しかしその最善性とか『よさ』とかに即してい
うならば、それはかえって『頂極』にほかならないのである。
---------------------------------------------------------------------------
アウグスティヌス
 世界は人間と同じだ。生まれ、成長し、死んでゆく。
---------------------------------------------------------------------------
J.S.ミル著竹内一誠訳『大学教育について』(岩波文庫)106頁
この世界を自分が生まれたときよりも少しでも良いものにしてこの世を去りたい。
---------------------------------------------------------------------------
J.S.ミル
 真に教養ある人間とは、すべてについて何事かを知り、何事かについてすべて
を知るひとだ。
 政治参加することを通して人間は人格を磨き自己発展する。
--------------------------------------------------------------------------
ニコラス・フィリップソン 『アダム・スミスとその時代』(白水社)
アダム・スミス「社会の進歩を決定づけるのは(略)自身の境遇をよくしようと
する個人や政府の努力である」
--------------------------------------------------------------------------
Verba volant, scripta manent.―言葉は去りゆくが、書かれたものは残る。
Words fly away, the written letter remains.
──────────────────────────────────
「学而時習之、不亦説乎、」『論語』学而第一
『学びて時にこれを習う、亦た説(よろこ)ばしからずや。』
[不遇のときであっても]学ぶことを続け、常に復習する。[それは、いつの日
か世に立つときのためである。]なんと心が浮きたつではないか。加地 伸行訳
---------------------------------------------------------------------------
「學而不思則罔、思而不學則殆、」『論語』爲政第二
『学んで思わざれば則ち罔(くら)し。思うて学ばざれば則ち殆(あや)うし。』
「学んでも考えなければ、[ものごとは]はっきりしない。考えても学ばなけれ
ば[独断におちいって]危険である。」 金谷 治訳
---------------------------------------------------------------------------
「子曰、不患人之不己知、患不知人也、」『論語』学而第一
 人に知られないということは、恥ずべきことではない。が、人を知らないとい
うことは、恥ずべきことである。五十沢二郎訳『中国聖賢のことば』
───────────────────────────────────
『老子』第三十一章
■「兵者不祥之器、非君子之器」兵は不祥の器にして、君子の器にあらず■
兵者不祥之器は兵者凶器に同じ。戦争は、人をそこなう、不吉なものである。
----------------------------------------------------------------------------
☆ ☆――――『強くないなら、賢くあれ』アイルランドの古諺――――☆ ☆
----------------------------------------------------------------------------
 人間ならば誰にでも、現実のすべてが見えるわけではない。 多くの人は、見
たいと欲する現実しか見ていない。 ユリウス・カエサル
-----------------------------------------------------------------------------
吉田松陰
 志定まれば、気 盛んなり。
-----------------------------------------------------------------------------
高杉晋作
 おもしろきこともなき世を面白く、すみなすものは心なりけり
-----------------------------------------------------------------------------
レナード・バーンスタイン
 Life can be beautiful.(人生は、美しくすることができる。)
-----------------------------------------------------------------------------
ヘラクレイトス
 魂は深い。どこまで行っても、その限界に行きつくことはできない。
──────────────────────────────────
マルティン・ブーバー(宗教哲学者)
 始めることさえ忘れなければ、人はいつまでも若くある。
──────────────────────────────────
ヴィクトール・E・フランクル
人間が人生の意味は何かと問う前に、人生のほうが人間に問いを発してきている。
──────────────────────────────────
ヘーゲル
 人間は歴史から何も学ばない。それが最大の歴史の教訓。
──────────────────────────────────
マイケル・オークショット「保守主義とは何か」
 保守的であるとは、見知らぬものよりも慣れ親しんだものを好むことであり、
試みられたことのないよりも試みられたものを、神秘よりも事実を、可能なもの
よりも現実のものを、無制限のものよりも限度あるものを、遠いものよりも近く
にあるものを、あり余るものよりも足るだけのものを、完璧なものよりも重宝な
ものを、理想郷における至福よりも現在の笑いを、好むことである。

『政治における合理主義』
 何か手もとにないものを望んで捜し求めるのではなく、手にすることができる
限りのものを利用して楽しみを得ようとする傾向、かつてあったものや将来ある
かもしれないものではなく、現にあるものから喜びを得ようとする傾向である。
──────────────────────────────────
伊藤整(作家)
 真実な人間とは自己の青春を終えることの出来ない人間だと言ってもいい。
----------------------------------------------------------------------------
第16代ローマ皇帝マルクス・アウレリウス・アントニヌス
 自分に何が欠けているのかではなく、何を持っているのかを考えよ。
----------------------------------------------------------------------------
「至人不留行」至人は行いを留めず『荘子』雑篇外物篇第二十六
----------------------------------------------------------------------------
石川啄木
 こころよく
 我にはたらく仕事あれ
 それを仕遂げて死なむと思ふ
---------------------------------------------------------------------------
寺田寅彦(物理学者)
科学が人間の知恵のすべてであるもののように考えることは、一つの錯覚である。
---------------------------------------------------------------------------
齊藤誠(一橋大学 経済学部)教授
 経済学には期待と需要が高すぎて、うぬぼれるところがある。私もそうだった。
---------------------------------------------------------------------------
メルロ・ポンティ
 哲学とは、おのれ自身の端緒がたえず更新されてゆく経験である。
---------------------------------------------------------------------------
THE SERENITY PRAYER
O God, give us
serenity to accept what cannot be changed,
courage to change what should be changed,
and wisdom to distinguish the one from the other.
                Reinhold Niebuhr
ニーバーの平静を求める祈り
神よ、
変えることのできるものについて、
それを変えるだけの勇気をわれらに与えたまえ。
変えることのできないものについては、
それを受けいれるだけの冷静さを与えたまえ。
そして、変えることのできるものと、変えることのできないものとを、
識別する知恵を与えたまえ。
         ラインホールド・ニーバー(大木英夫 訳)
----------------------------------------------------------------------------
スティーブ・ジョブズ(アップルの創業者)
 我々の心を高鳴らせるのはリベラルアーツ(教養)に結びついたテクノロジー
であり、人間愛と結びついたテクノロジーである。
----------------------------------------------------------------------------
ブラウニング(英詩人)
 人間の真価は、その人が死んだとき、なにを為したかではなく、彼が生きてい
たとき、なにを為そうとしたかで決まるのである。
----------------------------------------------------------------------------
小島信夫・保坂和志『小説修行』(中央公論新社)
 「私が生まれる前から宇宙はあり、私が死んだ後も時間は流れつづける」とい
う考えは、人間を突き放すように見えるかもしれませんが、人間が生きる世界を
肯定することで、人間そのものを「自分」などに固執するよりもずっと強く肯定
することになると思っています。
-----------------------------------------------------------------------------
堀江敏幸(早稲田大学文学学術院)教授、芥川賞選考委員
 学びとは、知識が増えるほどに知りたいことも膨らんで「分からない」ことも
増えていく際限のない道のりです。だからこそ楽しくて面白いのです。
-----------------------------------------------------------------------------
魯迅『故郷』
 思うに希望とは、もともとあるものともいえぬし、ないものともいえない。そ
れは地上の道のようなものである。もともと地上に道はない。歩く人が多くなれ
ば、それが道になるのだ。
-----------------------------------------------------------------------------
レオナルド・ダ・ヴィンチ Leonardo da Vinci
 鉄も使わざれば錆び、水も用いざれば腐敗し、あるいは寒冷にあって凍結する。
人の知力もまたこれと同じく、絶えず用いざればついに退化する。

 あたかもよくすごした一日が、安らかな眠りを与えるように、よく用いられた
一生は安らかな死を与える。
-----------------------------------------------------------------------------
パスカル『パンセ』
 人間の弱さは、それを知っている人たちよりは、それを知らない人たちにおい
て、ずっとよく現れている。
-----------------------------------------------------------------------------
柳家小三治師匠
 落語はいいなって思うんです。嘘ついてないってことが気持ちいいよねえ。
──────────────────────────────────────────────────
「権力は腐敗する、専制的権力は徹底的に腐敗する」アクトン卿(英歴史家)
-----------------------------------------------------------------------------
「次の世代のために、毎日の小さな変化を積み重ねていくのが、民主主義」
Norman Mailer ノーマン・メイラー(米国の作家;1923~2007年)
-----------------------------------------------------------------------------
◆◇◆「政治とは可能性の芸術であり、関係性の科学である」ビスマルク◆◇◆
-----------------------------------------------------------------------------
ベンジャミン・ディズレーリ(英国首相;在任:1868年、1874年-1880年)
「16歳で自由党員にあらざる者は、心を持たぬ。
              60歳で保守党員にあらざる者は、頭を持たぬ」
-----------------------------------------------------------------------------
20世紀初めのフランスの首相クレマンソーが、同時代の政治家2人を評して、
「ポアンカレは何でも知っているが、何も分からない。ブリアンは何も知らない
が、何でも分かる」と言ったそうな。
-----------------------------------------------------------------------------
John Fitzgerald "Jack" Kennedy(米国元大統領)
 つながっていればできないことはほとんどない。バラバラならできることはほ
とんどない。

 今日一日、何をしたか。一週間どうだったか。一ヶ月過ぎてみて、何をしたか。
遊びでもいい。仕事でもいい。何でもいい。夢中になったか。幸せとは大きなこ
とを成し遂げることではない。日々の積み重ねの中で、さまざまな問題を乗り越
えながら、築きあげていくもの。
-----------------------------------------------------------------------------
Ronald Wilson Reagan(米国元大統領)
 皆さんが必要なものを何でも与えられる強力な政府は、皆さんから何でも取り
去ってしまう強力な政府ということになります。
-----------------------------------------------------------------------------
Sir Winston Leonard Spencer-Churchill(英国元首相、ノーベル文学賞受賞)
 実際のところ、民主制は最悪の政治形態と言うことが出来る。これまでに試み
られてきた、他のあらゆる政治形態を除けば。
-----------------------------------------------------------------------------
チャップリン
 人生はクローズアップで見れば悲劇。ロングショットで見れば喜劇。
-----------------------------------------------------------------------------
マーガレット・サッチャー英国元首相
 私はイギリス国民にself-discipline(自己統制)を期待する。
-----------------------------------------------------------------------------
マリオ・クオモ(第52代ニューヨーク州知事;1983-94年)
 選挙運動は詩であり、統治は散文である。
-----------------------------------------------------------------------------
阿部齊(放送大学)名誉教授
 政治とは『ありあわせの材料』で『まにあわせの解決』をすることです。
────────────────────────────────────────────────
待鳥聡史(京大)教授、朝日新聞2014.11.18朝刊
 政治とは、様々な意見の対立があるなかで、どれを選ぶかを決めるための争い。
────────────────────────────────────────────────
ヘレン・ケラー
 あなたの顔を太陽に向けよ、そうすれば、あなたは影を見ることができなくな
る。
-----------------------------------------------------------------------------
J・ポール・サルトル『方法の問題 弁証法的理性批判序説』
 理解するとは変わることであり、自己の彼方へ行くことである。
-----------------------------------------------------------------------------
大平正芳(元首相)『旦暮芥考』「変革と対応」1968年3月11日
 人間の歴史には、いつの時代をとってみても、今日と較べて、ひどくよかった
という時代はなかったようです。(中略)いかなる手段にも必ずプラスとマイナ
スが伴うもので、絶対的にプラスである手段などというものはないということで
す。現実にはよりプラスの多い、よりマイナスの少ない手段を工夫することであ
ると思います。
-----------------------------------------------------------------------------
大平正芳
 大国を治むるは、小鮮を烹るがごとし。『老子』第60章
-----------------------------------------------------------------------------
チャーチル英元首相
 築き上げることは、多年にわたる長く骨の折れる仕事である。破壊することは、
たった1日の思慮のない行為で足りる。
-----------------------------------------------------------------------------
井上ひさし(1934-2010)
 難しいことをやさしく、やさしいことを深く、深いことを愉快に、愉快なこ
とをまじめに。
 生命と同じように、智恵にもまた永遠の連続性があるのだ。書物を読むことで
過去は、現在のうちによみがえる。

『組曲虐殺』
 絶望するには、いい人が多すぎる。希望を持つには、悪いやつが多すぎる。

『ふふふふ』
 議会やお役所は、形あるものはなにも作り出すことができない。その代わりに
政治家やお役人はコトバを原料に、なにか国民のためになる価値を作り出す。そ
のために、わたしたちは血税の中から彼らに、安くない報酬を割いている。
-----------------------------------------------------------------------------
小津安二郎
 なんでもないことは流行に従う。重大なことは道徳に従う。芸術のことは自分
に従う。
-----------------------------------------------------------------------------
池澤夏樹『木を片付ける男』
 昔の日本では、一人前の大人がしなければならないことは二つあった。「か
せぎ」と「つとめ」。前者は言うまでもなく生計の維持だが、後者は世間ぜん
たいに対する責務のようなもの。
-----------------------------------------------------------------------------
玄田有史(東大教授)『希望学』東大社研、2009年
Hope is a wish for something to come true by action.
-----------------------------------------------------------------------------
福岡伸一(青山学院大学総合文化政策学部 教授)朝日新聞2010年4月3日
 科学の歴史のなかで、ノーベル賞受賞者や偉人伝に載るような科学者を高い山
だとすれば、山の稜線が高みをもって、美しく見えるのはすそ野や山塊が豊かに
あるからです。何がしかの真実を明らかにしたのに、産業上の進歩に結びつかず、
一編の論文となって図書館の片隅に沈殿したままの研究はごまんとあります。人
間にとって実は、その沈殿の厚み、山塊の豊かさが大事なのです。
-----------------------------------------------------------------------------
池田晶子『あたりまえなことばかり』
 死の床にある人、絶望の底にある人を救うことができるのは、医療ではなくて
言葉である。宗教でもなくて、言葉である。
-----------------------------------------------------------------------------
日蓮上人
 先ず臨終の事を習うて後に他事を習うべし
-----------------------------------------------------------------------------
森 祇晶(元プロ野球監督)野村克也『負けに不思議の負けなし』(朝日文庫)
 ほんとに自分で勉強していこうという気がなかったら、ものを覚えないですよ。
-----------------------------------------------------------------------------
ルソー『エミール』今野一雄訳
 理性、判断力はゆっくりと歩いてくるが、偏見は群れをなして走ってくる。
-----------------------------------------------------------------------------
モンテーニュ
 物識りはただの物識りに過ぎないが、教養のある人は知らないことについても
教養がある。
----------------------------------------------------------------------------
マルティン・ブーバー
 老いても、新しいことを創める。
----------------------------------------------------------------------------
瀬戸内寂聴
 良いことも悪いことも、「すべてあり得る」-本を読んだ人は、その当たり前
のことが、わかるんじゃないでしょうか。
-----------------------------------------------------------------------------
中原中也
 人には自侍があればよい!
-----------------------------------------------------------------------------
チャップリン『ライムライト』
 人生に必要なものは、勇気と想像力、そして少しのお金だ。
-----------------------------------------------------------------------------
アラン『幸福論』
 幸福だから笑うのではない。むしろ、笑うから幸福なのだ。
----------------------------------------------------------------------------
夏目漱石『吾輩は猫である』
 「呑気と見える人々も、心の底を叩いて見ると、どこか悲しい音がする」
----------------------------------------------------------------------------
チェーホフ(医者をやめ、文学に専念するよう忠告する批評家の友人に)
 「僕にはなぜ、二兎を追ってはいけないのかわかりません。猟犬がいるなら、
追えばよろしい。僕はたぶん猟犬を持っていないのですが……」
-----------------------------------------------------------------------------
ローマの初代皇帝アウグストゥスの座右の銘であった。(スエトニウス)
Festina lente. =ゆっくり急げ。
-----------------------------------------------------------------------------
カーネギー
 「図書館は向上心に燃える人に手を差しのべ、世界最高の宝、つまり書物につ
まった宝への道を開いてくれる。」
----------------------------------------------------------------------------
ポール・ヴァレリー(フランスの詩人)『精神の政治学』吉田健一訳
 「我々は未来に後退(あとずさ)りして進んでいく」
----------------------------------------------------------------------------
外山滋比古(お茶の水女子大学名誉教授)
 失敗の経験はのちのち思わぬ力になることに気づいた。
----------------------------------------------------------------------------
藤沢周平
 政治というのは、声が高いわりには非力で、人間を本当に幸福にしたことなど
なかったのではないか。
----------------------------------------------------------------------------
杉山平一(詩人)
 コップに水が澄み透っている
 それを身体に入れて
 もう一ぺん僕は立ち上る
----------------------------------------------------------------------------
寺山修司(詩人、劇作家)
 今日では、標準語は政治経済を語ることばになってしまった。人生を語るのに
は、もう方言しか残っていない。
----------------------------------------------------------------------------
渥美清(俳号 風天)
  山吹キイロひまわりキイロたくわんキイロで生きるたのしさ
  お遍路が一列に行く虹の中
  好きだからつよくぶつけた雪合戦
  エーアイスおせんにキャラの我が青春
  月ふんで三番目まで歌う帰り道
  背のびして大声あげて虹を呼ぶ
  ただひとり風の音聞く大晦日
──────────────────────────────────────────────────
 たのしみは朝おきいでて昨日まで無かりし花の咲ける見る時  橘曙覧
 家は(雨の)もらぬほど食事は飢えぬほどにてたる事なり   千利休
 些事詠んで確かなワザが伴えばそれでいいんだ短歌と言うは  奥村晃
──────────────────────────────────────────────────
  人間に知恵ほどわるい物はなし       上島鬼貫
  学問は尻からぬけるほたる哉        与謝蕪村
  孑孑(ぼうふら)の蚊になる頃や何学士   正岡子規
  朝顔や政治のことはわからざる       高浜虚子
  あやまちはくりかへします秋の暮      三橋敏雄
──────────────────────────────────────────────────
三好達治『いにしへの日は』より
  ひとの世の暮るるにはやく
  もろともにけふの日はかく
  つつましく膝をならべて
  あともなき夢のうつつを
  うつうつとかたるにあかぬ
──────────────────────────────────────────────────
ロバート・ブラウニング(1812-89)「春の朝」上田敏訳『海潮音』より
時は春、
日は朝(あした)、
朝は七時、
片岡に露みちて、
揚雲雀(あげひばり)なのりいで、
蝸牛枝(かたつむりえだ)に這ひ、
神、そらに知ろしめす。
すべて世は事も無し。
────────────────────────────────────────────────
谷川俊太郎「かすかな光へ」 2009.1.1朝日新聞朝刊
  (前略)
  私たちは知りたがる動物だ
  たとえ理由は何ひとつなくても
  (後略)
----------------------------------------------------------------------------
谷川俊太郎、「今月の詩」 朝日新聞2013.3.4夕刊

そのあと

そのあとがある
大切なひとを失ったあと
もうあとはないと思ったあと
すべて終わったと知ったあとにも
終わらないそのあとがある

そのあとは一筋に
霧の中へ消えている
そのあとは限りなく
青くひろがっている

そのあとがある
世界に そして
ひとりひとりの心に
─────────────────────────────────────────────────
ピンチの時のお願い    小林育子

 「つらい時は泣けよ」って
 力強くいって下さい
 無理やりいいとこさがして
 ほめてください
 「あした宇治金時食べよう」
 とか
 ちょっと先の
 未来の話をしてください
 隣に
 しみじみと話をする
 かしこいおばあさんを一人
 座らせて下さい
 なんだってかんだって
 ありのまんまそのまんま
 うけてたつ
 強い奴になりたいのです
 勝手ながらお願いします
─────────────────────────────────────────────────
☆旧約聖書『詩篇』第111篇2節
 主のみわざは大(おおい)なり すべてその事跡(みわざ)をしたふものは之
をかんがへ究む
--------------------------------------------------------------------------
☆旧約聖書『シラの書』第30章21‐24節、新共同訳
悲しみに負けて気力を失うな。あれこれ思い悩むことはない。
朗らかな心は、人を生気にあふれさせ、喜びは長寿をもたらす。
気分を変えて心を奮い立たせ、悲しみを遠くへ追い払え。
悲しみは多くの人を滅ぼした。それは何の益にもならない。
ねたみや、怒りは寿命を縮め、思い煩いは人を老けさせる。
-------------------------------------------------------------------------
☆旧約聖書『詩篇』90章 10編
 われらのよわいは七十年にすぎません。あるいは健やかであっても八十年でしょ
う。しかしその一生はただ、ほねおりと悩みであって、その過ぎゆくことは速く、
われらは飛び去るのです。
-------------------------------------------------------------------------
☆旧約聖書『箴言』 29章 18節
 幻がなければ民は堕落する。No vision, the people perish.
 黙示なければ民は放肆(ほしいまま)にす
「幻の見られる、大きな夢の見られる人間になってほしい」小原國芳
-------------------------------------------------------------------------
☆旧約聖書『伝道之書』1章4‐7節
 世は去り世は来る 地は永久(とこしなへ)に長存(たもつ)なり
 日は出で日は入り またその出し處に喘ぎゆくなり
 風は南に行き又轉(まは)りて北にむかひ 旋轉(めぐ)りに旋(めぐ)りて行き
 風復(また)その旋轉(めぐ)る處にかへる
 河はみな海に流れ入る 海は盈(みつ)ること無し 河はその出きたれる處に復
還りゆくなり

旧約聖書『伝道之書』1章9-10節
 かつてあったことは、これからもあり/かつて起こったことは、これからも起
こる。太陽の下、新しいものは何ひとつない。
 見よ、これこそ新しい、と言ってみても/それもまた、永遠の昔からあり/こ
の時代の前にもあった。

『伝道之書』9章10節
 凡て汝の手に堪ることは力をつくしてこれを為せ
-------------------------------------------------------------------------
☆真理は汝らに自由を得さすべし 新約聖書『ヨハネ傳』 8章32節
-------------------------------------------------------------------------
新約聖書『コリントの信徒への手紙一』13章7節
 すべてを忍び、すべてを信じ、すべてを望み、すべてに耐える。

新約聖書『コリントの信徒への手紙二』12章9節
「わたしの恵みはあなたに十分である。力は弱さの中でこそ十分に発揮されるの
だ」と言われました。だから、キリストの力がわたしの内に宿るように、むしろ
大いに喜んで自分の弱さを誇りましょう。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■Climb every mountain! 映画「サウンド・オブ・ミュージック」での曲
 すべての山に登れ。私はひとつの山に登りました。これから、次の山を目指
します。
────────────────────────────────────
■Think Globally,Do Act Locally.Let's Get Glocally!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
≪Twitter&Social Networking Site≫登録名:三遊亭らん丈
───────────────────────────────────
≪twitter≫http://twitter.com/s_ranjo
≪Facebook≫http://facebook.com/3ranjo
≪mixi≫http://mixi.jp/show_friend.pl?id=504712
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
「悪い政治家をワシントンに送り出すのは、投票しない善良な市民たちだ」
               ウィリアム・サイモン(元米国財務長官)
◇「文学は古くならないニュースだ」エズラ・パウンド
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★ ☆ ★ ~最後までお読み下さいまして有り難うございました~ ★ ☆ ★
□□□□■□□□□■□□□□■□□□□■□□□□■□□□□■□□□□□■□□□□■□□□□■
Vox populi vox dei.民の声は神の声;ローマの民主主義を体現したラテン語
ご意見ご感想を、下記あてにお送りください。お待ち申し上げております。
発行:町田市議・町田生まれの真打!三遊亭らん丈【e-mail】info@ranjo.jp
And that's the way it is. by Walter Cronkite(米CBS元アンカーパーソン)
----------------------------------------------------------------------------
当メールマガジンは、インターネットの本屋さん『まぐまぐ』 を利用して発行
しています。http://www.mag2.com/ (マガジンID: 0000089226)
このメールが御不要な方は、こちらで解除できます⇒https://mypage.mag2.com/mypage/subscribe/SendSubscribeMagazineListMail.do
□□□□■□□□□■□□□□■□□□□■□□□□■□□□□■□□□□□■□□□□■□□□□■
メルマガ全文を読む
 
 
メルマガ名
真面目な落語家、三遊亭らん丈の不真面目日記
発行周期
不定期
最終発行日
2017年03月28日
 
発行部数
178部
メルマガID
0000089226
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
行政・政治・地域情報 > 政治・行政・自治体 > 政治家

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

 

▲ページトップへ

▲ページトップへ