暮らしの中の仏教語

  • ¥0

    無料

著者サイト

古津広大寺住職による「日本語の中に多く使われている仏教語」をひとつひとつの言葉を判り易く説明した法話です。

 

メールマガジンを登録(無料)

※ご登録いただいたアドレスは大切にお預かりし、まぐまぐ!メールマガジン配信にのみ利用します。

他のサイトIDでメルマガを登録する

※ 各サイトのリンクをクリックすると認証画面に移動します。
※ メルマガはサービスでご登録したメールアドレス宛に届きます。

このメルマガを解除する

メールマガジンを解除

他のサイトIDでメルマガを解除する

※ 各サイトのリンクをクリックすると認証画面に移動します。

 

メールマガジン最新号

:■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

--------暮らしの中の仏教語 第545話------------

*******今回のお話は「随一 随時 随所 随順」*****************

                     毎月10.20.30日発行
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

=======広大寺からの ご 案 内 ==========
テレホン法話
 毎回皆様にお届けしている
広大寺「暮らしの中の仏教語」の最新のお話を
電話でもお届けしております。
ぜひこの機会にダイアルしてみては如何でしょうか?
 3分弱でお聞き頂けます。
※普通通話料のみご負担下さいませ。

電話番号は  0250-23-1155  こちらまで!

 
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

  第545話 通算1204話 随一 随時 随所 随順
 
「社内随一のやり手」などと使われる随一ですが、
「随一の」部分を「一番の」としたら、
意味はどう変わるのでしょうか。

江戸時代以降、
「随一」と「一番」が殆ど同じ意味に使われるようになりましたが、
本来は違いました。
「随(隋)」は「したがう」意味で、複数のものの何れか一つをとり,
これに随うことが随一です。
比べて順位をどうこう言うことなく、
取り出されたものに思いを致すことが、随一でした。

 随縁と言う語があります。そして、
縁に随って激しく生滅する現象世界を「隋縁真如」と言います。
一方、仏の世界を「不変真如」と言いますが、
仏はこの二つの間を往来し、仏身を法界に充満させ、
縁に随い感に赴いて、
生滅に惑わされている私達衆生を救い続けて下さっています。
仏さまは時・所・縁に随って、
随時・随所・随縁に救済活動をなさっているということですね。

「随時お休みください」などと使われる随時は、
時に随い、時に応じることなのですが、
現国では「何時でも」の意味に変わったようです。
また、随所は所に随うことなのですが、
「随所に見られる」等と使われ、
「あちらこちら」の意味になっています。
「随順」も、「心から仏を信じて随う」意から、
人の言う事に従う事・逆らわない事 に変わりました。

随一・随時・随所・随縁・随順など随の付く言葉を列記しましたが、
随(隋)が「したがう」という意味であることを念頭に置いて、
語句の意味を考えてほしいと思います。
一に随い、時に随い、所に随い、順に随って生きる・・
自然体で生きる。それが大切ではないでしょうか。
国語としての意味は少し違うかもしれませんが、
仏教語としての「随」の意味も、心得ておいて戴ければ幸甚です。 
 
                          終わり

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

編集後記

今年の「梅雨」は、かなり変則的のようです。
みなさま、くれぐれもお体を大切に、お過ごしください。
 
今回もお読みいただき、有難うございました。
                        A.K.
○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●

次回のメールマガジン配信予定日時は、10日後です。
    次回の「暮らしの中の仏教語」更新日も同日です。

  法話サイトにも ぜひお立ち寄りください。
    【サイト】
    http://www.koudaiji.com

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇


    「暮らしの中の仏教語」公式サイト


    広大寺ホームページには
    広大寺住職の法話が、随時更新されております
    ぜひ、皆様お立ち寄りになり、読破してみては
    如何でしょうか?

    暮らしの中の仏教語メールマガジンを読んでの
    ご感想お待ちしております。


    広大寺「暮らしの中の仏教語」公式HP
    http://www.koudaiji.com


    メールマガジンの変更解約などは当サイトよりお願い致します。

    http://www.koudaiji.com


毎日使う言葉の中に「仏教語」が存在しているのはご存知ですか?
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■


















メルマガ全文を読む
 
 
メルマガ名
暮らしの中の仏教語
発行周期
10日・20日・30日
最終発行日
2017年06月20日
 
発行部数
488部
メルマガID
0000090181
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
語学・資格 > 日本語 > その他

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

 

▲ページトップへ

▲ページトップへ