暮らしの中の仏教語

  • ¥0

    無料

古津広大寺住職による「日本語の中に多く使われている仏教語」をひとつひとつの言葉を判り易く説明した法話です。

著者サイト
 

メールマガジンを登録(無料)

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。
※ 各サービスで登録しているメールアドレス宛に届きます。

メールマガジンを解除

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
 
 
メルマガ名
暮らしの中の仏教語
発行周期
10日・20日・30日
最終発行日
2017年08月10日
 
発行部数
477部
メルマガID
0000090181
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
語学・資格 > 日本語 > その他

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

メールマガジン最新号

:■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

--------暮らしの中の仏教語 第550話------------

*******今回のお話は「大道 小道 小人 小児」*****************

                     毎月10.20.30日発行
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

=======広大寺からの ご 案 内 ==========
テレホン法話
 毎回皆様にお届けしている
広大寺「暮らしの中の仏教語」の最新のお話を
電話でもお届けしております。
ぜひこの機会にダイアルしてみては如何でしょうか?
 3分弱でお聞き頂けます。
※普通通話料のみご負担下さいませ。

電話番号は  0250-23-1155  こちらまで!

 
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

  第550話 通算1209話 大道 小道 小人 小児
 
大道(だいどう・おおみち)とは、大きな幅の広い道路ですし、
小道(しょうどう・こみち)とは、狭い細い道路を言いますね。
しかし、大道・小道が、
違う意味に使われることのある事は、ご存知でしょう。

 仏教では、「大道」を 
1)仏の歩む道  2)偉大なるさとり  3)この世の真理 
等の意味に使ってきました。
三帰依文に
「大道を体解して無上意を発さん」という行があります。
老子の「大道廃れて仁義あり」の大道は、
人の守るべき道という事でしょうが、
仏教の大道は仏道を指します。
大道に対して、つまらない実践法を小道と言ってきました。

坊さんとして未熟な沙弥のことを、
「小道を歩む小人」と呼ぶ地域もあったようです。
優れた道を大道というのに対して、
生計や実用的な事だけを追求する道も、小道と表現されます。
小人は、コビトと読めば背丈の小さい人のことですが、
ショウニンとよむと、まだ大人にならない人を指します。

コドモと読ませる時もありますね。
入場料等で、大人○○円・小人○○円と使われてきましたが、
仏教では、こども(子供・小人)を「小児」と言ってきました。
ショウニと読みます。
医者用語である小児科の児はニと読んでいますね。
児を呉音でニと読むのは、仏教語だった証拠でしょう。
一般なら、児童・乳児などのように、
児は漢音でジと読むのが普通です。

 とにかく、私達は、大道(仏道のこと)
を行く大人(菩薩の別名)にならなければいけません。
御経によれば、大道を体解して大道を歩むことは、
それほど難しくはありません。
 1)善を行い  2)悪をせず  3)皆と仲良くすれば、
それでよいのです。

「何が善なのか」・・
仏の教えに従いつつ、歩むことに致しましょう。
 

                          終わり

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

編集後記


暑い「お盆」になりました。
例年にないほどの、高い温度の日も多いようです。
皆様、くれぐれも健康に注意してお過ごしください。

今回もお読みいただき、有難うございました。
                        A.K.
○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●

次回のメールマガジン配信予定日時は、10日後です。
    次回の「暮らしの中の仏教語」更新日も同日です。

  法話サイトにも ぜひお立ち寄りください。
    【サイト】
    http://www.koudaiji.com

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇


    「暮らしの中の仏教語」公式サイト


    広大寺ホームページには
    広大寺住職の法話が、随時更新されております
    ぜひ、皆様お立ち寄りになり、読破してみては
    如何でしょうか?

    暮らしの中の仏教語メールマガジンを読んでの
    ご感想お待ちしております。


    広大寺「暮らしの中の仏教語」公式HP
    http://www.koudaiji.com


    メールマガジンの変更解約などは当サイトよりお願い致します。

    http://www.koudaiji.com


毎日使う言葉の中に「仏教語」が存在しているのはご存知ですか?
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■


















メルマガ全文を読む
 

▲ページトップへ

▲ページトップへ