読まなきゃ損するIT活用、儲かる仕組みをITで!!

  • ¥0

    無料

経営とITの両分野に通じた専門家であるITコーディネータを中心としたNPO法人ITコーディネータ京都が、経営とITに関わる話や付加価値を生む仕組み作りのヒントなどを発信します。

著者サイト
 

メールマガジンを登録(無料)

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。
※ 各サービスで登録しているメールアドレス宛に届きます。

メールマガジンを解除

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
 
 
メルマガ名
読まなきゃ損するIT活用、儲かる仕組みをITで!!
発行周期
週刊
最終発行日
2018年05月21日
 
発行部数
258部
メルマガID
0000091952
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
ビジネス・キャリア > 経営 > コンサルティング

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

メールマガジン最新号

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
 ITコーディネータ京都のメールマガジン
    読┃ま┃な┃き┃ゃ┃損┃す┃る┃I┃T┃活┃用┃
    ━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛
       儲┃か┃る┃仕┃組┃み┃を┃I┃T┃で┃!┃
       ━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛
■□■[vol.829]■□■□■□■□■□■□■□■□[2018.5.21]■□■□■□■
この春に高校生となった藤井棋士がまたしても新記録を更新しました。
史上最年少で七段に昇段したのです。才能ある若者いや少年が活躍する
ことは気持ちがいいですね。(い)

===■目次=============================================================
【News】
  ☆日本プロジェクトマネジメント協会 関西例会

【連載コラム】
  ☆林住期における私の人生設計についての悩み    坂口 幸雄

===■News===========================================================
☆日本プロジェクトマネジメント協会 関西例会

農林水産省が推進する「6次産業化」の最前線に立つ
「6次産業化プランナー」の実態について紹介する。

◇日 時 2018年6月8日(金) 19:00~20:30
◇場 所 大阪市立 総合生涯学習センター第1研修室
     http://www.pmaj.or.jp/seminar/kansai/A_20170310.html#map
◇定 員 名 
◇参加費 無料
◇内 容 テーマ 「6次産業化プランナーという生き方」
     ~ライフスタイルダイバーシティ(生き方多様性)の時代に向けて~
     スピーカー  中崎 義己/6次産業化プランナー

※ITC実践力ポイント 0.375ポイントが付与されます。

↓詳細および申込みは以下リンク先
http://www.pmaj.or.jp/seminar/kansai/A_20180608.html

===■コラム=============================================================
☆林住期における私の人生設計についての悩み       坂口 幸雄

ITC京都の会員は働き盛りの人材が多く、家族や会社の大黒柱となって働いている。
一方、古希(70歳)を通り過ぎた私は寄る年波には勝てず気力・体力の衰えは隠せな
い。なるべく人の迷惑にならないように大人しく生活をしている。ここでは「システム
設計」ではなく、私の「人生設計」について考えてみた。

私はインドに観光旅行に行ったり、四国88箇所巡りをしているので、「インド人独特
の人生観」には大変興味がある。小説家五木寛之の「林住期」を先月に再読したが、困
ったことにますます人生の迷路にはまり込んでくる。

古代インドのマヌ法典では人生を下記の四住期(4つのフェーズ)に分けて、インド
人独特の人生観がストイックな視点で表現されている。この四住期の中では第3番目の
「林住期」が人生最大のクライマックスとされている。私は丁度そのクライマックスに
いる。

A 「学生期」
  師について心身を鍛え学習する時期で、まだ一人前とは見なされない。
B 「家住期」
  家庭を築き子供を育てる時期で、世俗的な利益(金、地位)を求める。
  大黒柱となって家族や会社のために金を稼ぐ働き盛りである。
C 「林住期」
  人生最大のクライマックスで、真に人間らしく生きる大事な時期だ。
  世俗的な利益を離れて、解脱(世俗の迷いから脱却)を目指す。
D 「遊行期」
  お釈迦様の様に家や家族を捨て、死に場所を求める放浪と祈りの
  余生の時期。世俗的な人生観を持つ俗人には無理な生き方である、 

 私達日本人の生き方で留意すべき点は、Bの「世俗的な利益を求める家住期」 とCの
「解脱を目指す林住期」の間には大きな変節点があることである。この人生の “ヘア
ピンカーブ”のギアチェンジが難しい。俗人的生活に慣れた日本人は林住期を迎えて、
“解脱を目指す”という慣れないストイックな生活へギアチェンジし難い。特にぬるま
湯(快適で便利な世俗的生活)を求め、その生活にすっかり慣れ親しんできた私にとっ
て“インドの禁欲的な生き方“は理想として憧れはするが、実践はとてもできそうもな
い。

 ここでは“働き盛り”の「家住期」と“人生のクライマックス”である「林住期」の
2つの視点からの人生設計を考えてみることにする。

(1)働き盛りの「家住期」は既に過ぎ去った。
 私はITべンダーに長年勤めていた。1991年のバブル崩壊まではサラリーマン生活を
順調に満喫していた。しかし会社の業績が悪化し、リストラにより早期退職を余儀なく
された。退職後は外資系企業や政府系外郭団体で働いた。日本企業、外資系企業、政府
系外郭団体の順に勤めて、それぞれ企業文化や人間関係の構築手法が全く異なることに
驚いた。企業文化が異なる慣れない職場で働くことは、新鮮ではあるがストレスも大き
かった。振り返ると、「低成長時代のリスクを考慮した身の振り方」、「プロフェッシ
ョナルとしての自覚」と「エンプロイアビリティの確立」に対する取り組みが不十分で
適切でなかったと自戒している。いつの間にか「気配りと根回しが上手な便利屋さん」
になってしまっていた。

 日本の企業では、何でも屋の「ゼネラリスト」が重宝され、専門的な知識や特技を持
った「プロフェッショナル」の活躍の場が少ない。バブル崩壊以降は企業間の統廃合や
リストラや廃業などが活発化している。組織や人材は流動化し、ビジネススピードが急
に速くなった。それに伴い仕事は複雑化・短納期化するので、組織はライン型からプロ
ジェクト型になり、そのプロジェクトを推進できる「即戦力のプロフェッショナル」が
求められる。

 これからのグローバルビジネスでは、日本の伝統的企業文化である「年功序列、終身
雇用、企業内組合」や「職能給制度」に安易に安住することは許されない。米国では日
本と違い、会社に必要な人材ならば「定年制度」がない。反対に「employment-at-will
法」という制度があり、いつでも解雇できる仕組みになっている。

(2)私は人生のクライマックスである 「林住期」の最中である。

 吉田兼好法師は方丈記で、「死は前からやってくるのではなく、後ろから突然迫って
くる。ヒトは誰でも死ぬことはわかっているが、自分にはそんなに直ぐにはやってこな
いと思っている。しかし思いもよらない時に突然やってくるものだ」と人生を例えてい
る。

 日本人の平均寿命は順調に延びてきており、「人生100歳」の時代も目の前に近づ
いている。しかし平均寿命が単に量的に延びただけで実質的な生活の質が伴っていなけ
れば、薄っぺらな言葉だけの長寿社会であり、真に幸福な社会ではない。
 
 高齢者人口の伸びはすこぶる順調である。男性の平均寿命は1947年では50歳だが、
2016年には81歳である。そして、高齢者に対する社会保障費「年金・医療・福祉」は、
ひっ迫している。社会保障費は1970年では3兆5000億円だが、2016年には120兆
円となった。

 政府は社会保障費の伸びの圧縮に懸命になっているが、社会保障制度を維持するため
の前提条件が既に崩壊しているのは明白である。パンドラの箱を開けたくない国会議員
は根本的対策を取らずに傍観しているだけである。社会保障制度が破綻したら、全国民
の人生設計は根本から崩れてしまう。国民一人一人は政府に頼らず、自己防衛のために
自分自身で何らかの対策を練る必要があるが、なかなか名案は浮かばない。

 このように周りは非常に厳しい生活環境であるが、林住期は「自分自身のために生き
る人生のクライマックス」である。真に人間らしく生きる大事な終盤の時期だ。「人は
パンのみに生きるにあらず」でもある。世俗的な利益を離れて、解脱(世俗の迷いから
脱却)も少しくらい目指したい。

(3)林住期の人生設計のために必要な前提条件は何だろうか? 

 第1に体の健康、第2に心の健康、第3に金(年金)である。「体の健康」について
は長患いをしたくない。PPK(ピンピンコロリ)を望みたい。「心の健康」も肝心で
ある。頭がボケると何事も上手く行かない。「お金」がないと周りに迷惑をかける。

 私は林住期の理解を深めるために、最近下記の「孤独・老年」を題材にした本を読ん
でいるが、自分の心に迷いが多すぎるためか、なかなか人生のクライマックスにたどり
着いた気分にはなれない。

・五木寛之 : 孤独のすすめ、孤独の力
・曽野 綾子 : 人間の分際、老いの才覚、老いの僥倖
・下重暁子 : 極上の孤独、最後はひとり、家族という病

 私は「自分の老後は、子供や孫の成長を見ながら、のんびりと安定した生活を送りた
い」と内心望んでいる。 しかし人生は「愛別離苦」である。「思い通りに上手く行か
ないこと」、「どうしようもないこと」、「諦めないといけないこと」がたくさんある。

参考資料 私のインド旅行(タージーマハール、ニューデリー・オールドデリー)
     http://ysakaguchi.com/blog-category/77-taj-mahal/
     http://ysakaguchi.com/blog-category/new-delhi/

------------------------------------------------------------------------------------------------------
■執筆者プロフィール

坂口 幸雄
ITベンダ(東南アジアや中国での日系企業の情報システム構築の支援)、
JAIMS(日米経営科学研究所、米国ハワイ州)、
外資系企業、海外職業訓練協会(キャリアコンサルティング)、
グローバル人材育成センターのアドバイザー、ITC京都 会員
趣味:犬の散歩、テレサテンの歌を聴くこと、海外旅行、
お寺回り(四国八十八カ所遍路および西国三十三カ所霊場巡り)
ホームページ:http://ysakaguchi.com/

===【後付】=============================================================
■ITコーディネータ京都
ITコーディネータとは、経済産業省の提言に基づき制度化された資格者のこと
で、経営コンサルタントとシステムエンジニアの知識と技能を併せ持ちます。
京都で活躍するITコーディネータの有志が平成14年4月にITC京都を設立、平成
16年4月ITコーディネータ京都としてNPO法人化しました。
http://www.itc-kyoto.jp/
------------------------------------------------------------------------
■リンク
ITC協会           http://www.itc.or.jp/index.html
電子政府の総合窓口     http://www.e-gov.go.jp/
------------------------------------------------------------------------
このメールマガジンは、『まぐまぐ』 http://www.mag2.com/ を利用して発行
しています。
登録・解除はこちらから
http://www.mag2.com/m/0000091952.htm

コラムのバックナンバーはこちら
<http://www.itc-kyoto.jp/経営とitの話/コラム-バックナンバー/>
------------------------------------------------------------------------
発行:特定非営利活動法人 ITコーディネータ京都
   〒600-8813
   京都市下京区中堂寺南町134番地 京都高度技術研究所ビル8F 8C15

編 集 長:岩本 元
編集委員:富岡 岳司
------------------------------------------------------------------------
メルマガ全文を読む
 

▲ページトップへ

▲ページトップへ