医療と仏教の協力関係をめざして

  • ¥0

    無料

著者サイト

現代社会の日常生活や医療・福祉の領域で仏教的な素養が求められています。伝統的な仏教に仏の心を一緒に学んで見ませんか。

 

メールマガジンを登録(無料)

※ご登録いただいたアドレスは大切にお預かりし、まぐまぐ!メールマガジン配信にのみ利用します。

他のサイトIDでメルマガを登録する

※ 各サイトのリンクをクリックすると認証画面に移動します。
※ メルマガはサービスでご登録したメールアドレス宛に届きます。

このメルマガを解除する

メールマガジンを解除

他のサイトIDでメルマガを解除する

※ 各サイトのリンクをクリックすると認証画面に移動します。

 

メールマガジン最新号

御案内 2017/07 (B.E. Buddhist Era,仏暦2561年)

最近、医師で浄土真宗の教えを受け取っていかれた人の自叙伝を頂いた。

その題名は「一筋の道」(わが生涯は恥多し、されど悔いなし 有り難き)、(丹保

三郎著、整形外科医、北海道、90歳で死去)である。



戦争の時代、福島県出身で軍国少年であった彼は陸軍予科士官学校に入

校、入校した日「立身出世が目的で来たのなら、お門違いぞ。小隊長で戦死で

きるか」と釘を刺された、と言う。その後陸軍士官学校に進み陸士58期生として

卒業。関東軍(満州)に小隊長として配属させられるも、日本防衛のため内地に

移動になる。その後2カ月で突然停戦の命令を受け終戦。「信じられなかった。

ようやくに気が静まってきて、まっさきに思ったのは、『俺は生きておれない』とい

う自責の念であった」という。その時は、連隊長の懇切なる説諭と周到な周囲の

警戒により、幸いにも事なきを得た。



その後紆余曲折があって、日本医科大学予科入学、医学部に進み、同級生

の念仏を学ぶ友(山口県出身)に出合い。友を介して仏教の師に出遇っていっ

たという。

(「遇う」の言葉は出会うはずのないものがたまたま出会ったという時に「遇う」を使います。)

著書の「結語」の文章を紹介します。



軍隊生活によって、自分にはまごころというようなものは微塵もない、為せば

成るという自分を恃(たの)める勇ましい力などもない、この二つのことを骨身に

徹して知らされた。これは、その後人生に立ち向かう際の、大事な心得の基盤

になった。それを知るのが16歳から20歳というもっとも感受性の旺盛な青春期

であったのは、なんという僥倖(ぎょうこう)であったろう。そういう下地があった

ればこそ、比較的すんなりと、念仏を受容できたのだと思われる。さもなければ、

疑い深い私のような者が、いかに熱心に勧められたにしろ、そう易々と、弥陀の

本願を信じ、現在に至るまで脇目もふらず没入するはずはあるまい。

長い闇の夜を彷徨(さまよ)い、その間いくつもの厳しい現実に突き当たり、跳

ね返されたり挫折させられたりした。そうやって身に着けた智慧は、一つや二つ

ではない。



「さるべき業縁の催せば、いかなるふるまいもすべし」(歎異抄)

がそのよい例であり、

「他力の悲願はかくのごときのわれらがためなりけり」(歎異抄)

というのも、逸することのできないご訓戒である。

どうしても自力の世界から脱却できず、絶望しかけたとき、次のようなご和讃に救われたこともある。

「信心の人に劣らじと疑心自力の行者も如来大悲の恩を知り称名念仏はげむべし」

そうやって五百歳、自力の念仏を称えていれば、他力往生が成就するといわ

れるのだった。仕方ない。他に方法がないのだから、五百年待つしかあるまい。

そう諦(あきら)めた。それでも諦め切れない。未練がましく「正像末和讃」を指で

なぞりながら狩猟していると、次の一首が眼に止まる。



「定散自力の称名は果遂(かすい)の誓いに帰してこそ教えざれども自然に真如の門に転入する」



私は我が目を疑った。長年私が探していたのはこれだった。はしなくも、ようよ

うにして、果遂の願に出会うことが出来たのだ。



果遂の誓いと言うのは、本願を信じてここまで来た念仏者は、如来が必ず、

真実報土に往生せしめるとご誓約して下さるのである。自力の信心であろうと疑

念の混じった念仏であろうとかまわぬ。安心して声に出して念仏申しなさいと仰

せになるのである。果遂の願を信じ任せれば、自然(じねん)に、往生させて下

さるというのである。なんと有り難いことであろう。

人は為せば為したで悔い、為さなければ為さなかったことを悔いる。

人はまた、生きるためには、他の生き物の生命を奪い、それを栄養源にしな

ければ生きていけない。生きる限り、人間は一生造悪である。このことを肝に銘

じておかなければならない。決してうぬぼれてはならぬ。

これが最後と思い、何か書いてみたかった。とりとめのないものになったが、

そして同じことの繰り返しも多い。しかし、大事なことは一つしかない。「念仏の

ほかはすべて妄念妄想」これである。立派そうな決意も、賢そうな反省も、あて

にならない。善くも悪くも、すべてはお念仏のタネになる。

この事が、90年かかって、私にはよく分かった。有り難うございました。



この丹医師には20数年前に一度お会いしたことがあったが、その後お会い

するご縁がないまま、90歳で亡くなったとのたよりをどこからともなく聞いて、そ

の後この本を入手した次第です。



浄土真宗が一番大事するお経が「仏説無量寿経」です。そのお経には、法蔵

菩薩が仏法の師に出遇い、仏道を歩み始める。そしてすべての衆生を救う願い

を起こし、それを実現するために「浄土」を建立(こんりゅう)した物語が書かれて

います。浄土を作るために48に本願が説かれているのです。



その17番目は「諸仏称名の願」(第17願)と言われ、諸仏がたが仏の名(南

無阿弥陀仏)を誉めたてることが誓われています。分かり易く言うと、仏法に出

遇った人は仏の名(南無阿弥陀仏、名前となった仏さん、方便法身)を褒めたた

えて、皆さんへ勧めて下さい、と誓っているのです。

法蔵菩薩は迷える衆生を救うために「浄土」を建立しますが、すべての人を無

条件に救えるように浄土を整えていかれたのです。まず、そこに往けば必ず仏

の成ることが出来る。それは皇太子である者は必ず天皇になる、とか、入学試

験合格した者は必ず入学できる、ような意味です。同時に浄土ではあらゆる存

在が菩薩として私を育て、励まし、鍛えて、温かく見守り成仏させるようにはたら

いている場にすると誓っているのです。

その心をさらに訪ねると、我々が理知分別で「渡る世間は鬼ばかり」と対象化

して見ている、迷いを指摘して、仏の智慧の眼では、あるがままをあるがままに

見ると、この世界は「渡る世間は菩薩ばかり」(吉川英治の「我以外皆師」)と見

えます、と教えようとしているのです。(具体的には、いろいろな現実に出合と時、

それを善悪、損得、勝ち負けなどを計算するように見るのは避けられませんが、

同時に「この現実は私に何を教えよう、気付かせよう、目覚めさせようとしている

のかと受け取るのです)

それは我々の理知分別の在り方が、自己中心的に対象化して見て周りの存

在を物や道具としてみている。同時に理知分別がどっぷりと煩悩に汚染されて

いる。その為に物事を正しく見ていないことを指摘するのです。

生身を持つ(煩悩具足)我々は生きている間にこの世では悟りは開けません。

しかし、この世で生きているうちに、「必ず仏になる身に定まる」(正定聚不退転)

のが浄土教の救いの世界です。仏の心を聞かせて頂き、自分の愚かさに目覚

め、素直に仏の心を受け取り、「南無阿弥陀仏」と念仏することが大事です。妙

好人才市は自問自答して「浄土はどこだ? ここが浄土の南無阿弥陀仏」と念

仏が出る時、浄土を垣間見る場に身を置くことを味わっているのです。



平成29年8月(第159回)の例会として下記の如く開催します。

場所: 中津市永添1207  正行寺  電話:0979-22-2304

日時:8月30日(水)午前・午後、講師:田畑正久、

次回:9月29日(金)、10月30日(月)、正信偈に学ぶ会(正行寺)



平成29年8月の例会は下記の如く行います。

場所:別府市南的ヶ浜町1-19 善正寺 電話;0977-22-3871

日時:8月1日(火)、午後6時50分から8時30分まで講師:田畑正久

次回; 9月12日(火)、10月10日(火)、主催:歎異抄に聞く会(別府市)



平成29年8月の例会を下記の如く行います。

日時:8月 休会)、講師:田畑正久,

場所: 法専寺、大分市勢家町3丁目1-34電話;097-534-1367 会費:500円

次回; 9月4日(月)、10月 2日(月)、主催:正信偈に学ぶ会(大分市)



平成29年8月(第354回目)の例会は下記の如く行います。

日時:8月21日(月)、午後8時から9時30分まで 講師:田畑正久、

場所:宇佐市下高家1014番地 円徳寺 電話0978-32-1128 会費:500円 

次回: 9月18日(月)、10月16日(月)、主催:歎異抄に聞く会(高家)
田畑正久
mtabata●cronos.ocn.ne.jp (自宅)
mtabata●sato2hp.or.jp (病院)
m-tabata●let.ryukoku.ac.jp (大学)
http://www13.plala.or.jp/tannisho/(HP)
(@を●と表記しています)
メルマガ全文を読む
 
 
メルマガ名
医療と仏教の協力関係をめざして
発行周期
月刊
最終発行日
2017年06月26日
 
発行部数
222部
メルマガID
0000093340
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
生活情報 > こころ > その他

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

 

▲ページトップへ

▲ページトップへ