医療と仏教の協力関係をめざして

  • ¥0

    無料

現代社会の日常生活や医療・福祉の領域で仏教的な素養が求められています。伝統的な仏教に仏の心を一緒に学んで見ませんか。

著者サイト
 

メールマガジンを登録(無料)

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。
※ 各サービスで登録しているメールアドレス宛に届きます。

メールマガジンを解除

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
 
 
メルマガ名
医療と仏教の協力関係をめざして
発行周期
月刊
最終発行日
2017年11月30日
 
発行部数
210部
メルマガID
0000093340
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
生活情報 > こころ > その他

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

メールマガジン最新号

御案内 2017/12 (B.E. Buddhist Era,仏暦2561年)  
医療界で、お産の前後を周産期という。それにあやかって、死の前後を周死期と
言う言葉が使われ出しています。周死期を考えるにあたって深く考えさせられる事
例を紹介します。

資料1.『ナンナさんのお心の中に』宮森忠利、崇信;第499号、2012年7月1日発行「巻頭言」
友人と『清沢満之語録』(岩波文庫)の読書会を行っている。その中で、「生死以外
ニ霊存スル」とはどういうことなのかが問いとなり、話し合った。清沢先生は、「吾人
(ゴジン)ハ死スルモ尚(ナ)ホ吾人ハ滅セス。生ノミガ吾人ニアラス、死モ亦(マタ)
吾人ナリ (略) 吾人(ゴジン)ハ生死以外ニ霊存スルモノナリ」)(清沢満之全集第
8巻392頁)と述べておられる。
その時、私は祖母が娘(私の叔母)のことを記した一文(『美知子の遺言』)が思い
起こされた。その叔母は14歳で亡くなったのだが、病の床について、祖母に「母さ
ん読んで」と、「仏教聖典」を読むことを求めた。
ある日のこと、
「母ちゃん、母ちゃん、わたし死んでもなくまっしゃるな」  「何でね」
「わたし死んでも、体無いがになっても、たましいは死なんがや。そんで、何時ま
でも、何時までもナンナさんのお心の中に生かされていくのだから、いつも母ちゃ
んと一緒に居るのだから、泣くまっしゃるな」と語った。それも一度ではなく、「日に
日に衰えていく優しい声で、毎日一度、60日」言ってくれた。祖母はその言葉に、
「こんな大事なお言葉が、どこからどうして出て参るのかと、ただただ驚いた」という。
美知子叔母さんは死を覚悟し、恐れおののいたのだと思う。その時、唯一心に染
みるのは、親鸞聖人の教え(「真宗聖典」)であった。そして、「ナムアミダブツ」と念
仏申し、アミダの心にふれたのだ。私は「ナンナさんのお心と一つになって生きてい
る。一つになって生きていく」。
どんなものもそのまま慈しむ消えることなき真実の世界、真実の心にふれたのだ。 
「母ちゃん、母ちゃん、泣くまっしゃるな」 とはなんと深い慈悲の心であろうか。
祖母は娘が亡くなり、五十年後にこの文を記したのだが、その文を 「ナムアミダ
ブツ、ナムアミダブツ。いつまでたっても私を離れず、まもって育てて居てくれます。
(略)亡き美知子は、仏が私を済度にみえられたのだと、拝ましていただいておりま
す」 と結んでいる。

資料2.西原佑冶著「脱常識のすすめ」(探究社刊)のなかに、門徒Aさんとの出来事を掲載しています。
「Aさんは、6歳の愛児を交通事故で亡くしました。ご両親の目の前での事故、ご
親族の悲嘆にはかける言葉がありませんでした。お通夜の席のことです。
浄土真宗では、お通夜の読経の後、法話をすることになっています。何をお話し
しても、ご両親の悲しみの慰(なぐさ)めにならない状況でした。その時、ふと何かの
雑誌で読んだ話を思い出し、その話をさせていただきました。
『B君が、まだ自然のふところに包まれているときのことだそうです。今度生まれ
ることになっている子供の寿命は、6年しかないことを知った仏様が、B君に語りか
けたそうです。《B 君や、今度生まれることになっている子供の寿命は、6年しかな
いから、もっと長い寿命をもった人の上に生まれてはどうか》。
 その時B君が仏様にこう言ったそうです。《仏様、ぼくはたとえ6年間であっても、
あの父さんと、あのお母さんと、そしておばあちゃんと、あのおじいちゃんと、そして
あの家族のいる家に生まれたい。そして6年間仏様のお仕事のお手伝いをしてき
ます》。
 そして月が満ちて、この世に誕生して6年間、仏様のお仕事をして還って往かれた』
その仏様のお仕事とはなんであったかを聞いていくということが供養ということです。
控え室に戻ってしばらくすると、ご両親が挨拶に来られました。目には涙をいっぱ
いためておられます。そしてご主人が声に力を入れて言われました。≪ ありがと
うございました。Bが浮かばれます。仏さまと受け取ります ≫。
その後、この夫婦は、仏教(阿弥陀如来)とのご縁を強くもたれるようになりました。
法話会がある日には会社を休み、一番前で聴聞し、仏教書や法話の録音に耳を傾
ける。今まで当たり前と思っていたことが、大変な価値のあることであったと、人生
観が一変したと言います。
車の中で、仏さまの話を聞きながら、「こんな世界もあったのか」と涙したとも聞き
ます。3カ月ほど経ったある日のこと。一緒にお茶を飲んでいると、「あの子は、何
が大切かを教えにきてくれた仏さまかもしれません」ともいわれました。

資料3. 宿題(お母さん)  弓削小学校六年  中村 良子  ( 平成3年 )
今日の宿題は つらかった  今までで いちばんつらい宿題だった
一行書いては なみだがあふれた  一行書いては なみだが流れた
「宿題は,お母さんの詩です。」先生は  そう言ってから  「良子さん。」と 私を呼ばれた
「つらい宿題だと思うけど がんばって書いてきてね。お母さんの思い出と しっかり向き合ってみて。」
「お母さん」 と 一行書いたら お母さんの笑った顔が浮かんだ
「お母さん」 と もうひとつ書いたら ピンクのブラウスのお母さんが見えた
「おかあさん」 と言ってみたら 「りょうこちゃん」と お母さんの声がした
「おかあさん」 と もういちど言ってみたけど もう 何も 聞こえなかった
がんばって がんばって 書いたけれど お母さんの詩はできなかった
一行書いては なみだがあふれた  一行読んでは なみだが流れた
今日の宿題は つらかった 今まででいちばんつらい宿題だった
でも 「お母さん」 と いっぱい書いて お母さんに会えた
「お母さん。」 と いっぱい呼んで お母さんと話せた
宿題をしていた間 私にも お母さんがいた

資料4.増田進医師(「沢内村(岩手県)奮戦記―住民の生命を守る村 」1983等で有名)との私信の一部、
あれは古い病院の頃でしたから昭和40年代の後半です。患者は50歳代の女性
でした。隣接する秋田県の病院で横行結腸癌の手術を受け、沢内病院へ紹介され
自宅療養となったのでした。
患者さんは元気になると頑張っていたのでしたが、ふとしたことで夫婦が口論に
なった時、ご主人が「お前はガンでもう治らないんだ」と言ったことがきっかけで、彼
女は地獄の思いに落ちたのでした。往診していた私は「本当にガンか、今まで隠し
ていたのか、治療はしているのか」と責められました。私はありのままを話し、抗が
ん剤を使っていることなどを説明しましたが納得したように見えても元気が失われ
ました。
やがて病状が悪化し入院しました。彼女は「目を開ければ鬼が来る、目をつぶれ
ば地獄が見える」と訴えられたものでした。その時、近くの病室にいたおばあさんが
彼女の枕元に繁く通ってくるようになりました。そして「死ぬのは怖くないよ。お念仏
を称えなさい」と繰り返し言うのです。そのうち彼女はおばあさんのいうとおりお念
仏を称えるようになりました。やがて彼女は落ち着き表情も穏やかになってきまし
た。笑顔も見られるようになって私たちもほっとしたものでした。そして安らかに永
眠(往生浄土)したのです。
そのことを当時の村長に「村長さん(お東の僧侶)よりすごい宗教者がおられまし
たよ」と話した記憶があります。田舎で長く暮らしていますと、ここの人々の生死に
対する達観といいますか素直さを感じ、私はよく「街の人たちはかなわないね」と言
ったものでした。本当に尊敬する村人がいたものです。(2015年)

平成30年1月の例会を下記の如く行います。
日時:1月8日(月)、午後6時50分―8時30分まで 講師:田畑正久,
場所: 法専寺、大分市 勢家町3丁目1-34 電話;097-534-1367 会費:500円
次回; 2月5日(月)、3月4日(月)、主催:正信偈に学ぶ会(大分市)

平成30年1月(第359回目)の例会は下記の如く行います。
日時:1月15日(月)、午後8時から9時30分まで 講師:田畑正久、
場所:大分県宇佐市下高家1014番地 円徳寺電話0978-32-1128 会費:500円 
次回: 2月19日(月)、3月19日(月)、主催:歎異抄に聞く会(高家)

平成30年1月の例会は下記の如く行います。
場所:別府市南的ヶ浜町1-19 善正寺 電話;0977-22-3871
日時:1月12日(金)、午後6時50分から8時30分まで 講師:田畑正久
次回; 2月13日(火)、3月13日(火)、主催:歎異抄に聞く会(別府市)

平成30年1月(第164回)の例会として下記の如く開催します。
場所: 中津市永添1207  正行寺  電話:0979-22-2304
日時:1月29日(月)、午後7時30分より9時まで 講師:田畑正久、
次回: 2月28日(水)、3月30日(金)、正信偈に学ぶ会(正行寺)
メルマガ全文を読む
 

▲ページトップへ

▲ページトップへ