湯けむり通信

  • ¥0

    無料

お風呂に関する生の情報が満載!(株)船井総合研究所の温浴コンサルタントが、お風呂に関する耳より情報や、経営のヒントなどを毎週配信。裏話もあって、温泉やサウナ好きの方から浴場経営者の方まで楽しめます。

著者サイト
 

メールマガジンを登録(無料)

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。
※ 各サービスで登録しているメールアドレス宛に届きます。

メールマガジンを解除

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
 
 
メルマガ名
湯けむり通信
発行周期
週刊
最終発行日
2018年07月17日
 
発行部数
1,043部
メルマガID
0000098085
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
ビジネス・キャリア > 経営 > コンサルティング

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

メールマガジン最新号

┏┏┏  週刊 メルマガ湯けむり通信 2018年7月17日┏┏
┏   ●1822部発行●
http://www.u271.com?utm_source=email_mm052&utm_medium=email&utm_campaign=180717_mm052_u271

─────────────────────────────
  今週のCONTENTS

●コンサルタントの視点
【温浴施設は価格弾力性が高い?!】


●ゆるるん入浴記 更新情報
3月15日
『初めてのコンサルティング会社の選び方』

●編集後記
『温浴チーム 藤原の高貴な後記!』

──────────────────────────────

※大雨等により被災された皆様に
 謹んでお見舞い申し上げるとともに、
 一刻も早い復旧をお祈り申し上げます。


┏┏┏
┏┏  ■温浴施設は価格弾力性が高い?!
┏     
 

こんにちは、海老原です。
今年も半分が終わりました。関東では早くも梅雨明けです?!

皆様の1~6月の計画と実績はどうでしょうか?
これから来る夏休み、そして年末年始は
しっかりお客様に喜んで頂き、客数増!としたいですね。

前回からの業界変化と言えば、
今年もゴールデンウィーク前から新規開業が多く、
また夏に向かっても数多く予定されており、
新規、リニューアルは相変わらず活況です!

その一方で、老朽化が引き金になり閉店も見られます。
喜んでいいやら、、、、と複雑な気分です。


新店、リニューアル店が出てくると既存店は正直大変です。。。
お客様目線からすると、新しくて設備も充実して
使いやすいとなると、そちらを選択するのは当然の流れです。

“集客が厳しい“となると
この業界でよくみられるのは”割引“です。
新規、リニューアルに限らず、予実管理での差が大きくなると
“割引”攻勢をしてくるケースも見られたりします。
実際にあるエリアでは連休のたびに割引が行われています。

割引は手っ取り早く、セルフ式サービスが多い温浴業には
よくフィットします。割引にとどまらず、
入浴料“無料“などをしている施設も見られます。

よく見られるとは、実は効果があるんでしょう?!
でしょう?!としたのは、私は多様しないので
どれだけ効果があったのかいま一つはっきりしないためです。
ただ、効果があるでしょう。

値段を下げて集客が増した、減った幅のことを
価格弾力性といいますが、温浴業は高い方だと推測します。
価格弾力性が高いと、ちょっとの割引で集客効果が高く、
ちょっとの値上げでお客さんを減らしてしまう、ということです。
エリア、時期、施設規模等の同一比較はできないのが
前提となってしまいますが、
1.5~6の範囲で弾力性があると推測してます。

価格弾力性が高いことを有効に活用すればいいですが、
割引が常態となるようなマーケティングはしたくないことです。
さすがに少なくなりましたが、閉店前の回数券乱売など愚の骨頂です。

マーケティングの本来の役割からすれば、
割引ではなくどうやって来店し続けてくれるかを考えることであり、
その仕組みを各施設で取り組んで行き
末永く繁栄できるビジネスモデルでありたいです。


(えびはら)


─────────────────────────────
 
 8月度 8月22~24日
 経営戦略セミナー

【会場】
船井総研 グランドプリンスホテル新高輪

====================
ぜひお問い合わせください!
──────────────────────────────
◆ゆるるん入浴記 ご紹介◆
http://www.u271.com/blog/?utm_source=email_mm052&utm_medium=email&utm_campaign=180717_mm052_blog

臨時更新しています!
ぜひお読みください。


◇3月15日
『初めてのコンサルティング会社の選び方』

◇2月28日
『第118回 温浴施設経営研究会 実施しました!』

──────────────────────────────
【藤原の後記】
いつも温浴メルマガをお読みいただきありがとうございます!
毎朝50分ほど歩くようにしておりますが、
そろそろ熱中症が怖くなってきました。
みなさま、お体ご自愛下さい。
──────────────────────────────
[週刊 メルマガ湯けむり通信]
ご意見・ご感想お問い合わせなどは⇒
onyoku@funaisoken.co.jp

フォームメールはこちら⇒
https://lp.funaisoken.co.jp/mt/u271/toiawase.html?utm_source=email_mm052&utm_medium=email&utm_campaign=180717_mm052_form

編集長:藤原 恵
発行所:株式会社船井総合研究所 温浴ビジネスチーム
〒100-0005 東京都千代田区丸の内1-6-6 日本生命丸の内ビル21階
TEL 03-6212-2223(直通)
──────────────────────────────


──────────────────────────────

業界の最新情報が集まる業種別経営研究会
全国の意識の高い経営者様と一緒に切磋琢磨しながら成長できます。
http://www.funaisoken.co.jp/study/

──────────────────────────────

このメールマガジンは、
お客様によるご登録や名刺交換など、
弊社と何らかのご縁をいただいたお客様にお届けしております。

【メールマガジンの配信停止について】


◆配信停止、メールアドレスの変更は以下のURLからどうぞ
「まぐまぐ」でご登録のお客様
http://www.mag2.com/m/0000098085.html

発行元 
株式会社船井総合研究所
http://www.funaisoken.co.jp/
メルマガ全文を読む
 

▲ページトップへ

▲ページトップへ