わかっちゃう! 知的財産用語

  • ¥0

    無料

「特許」,「商標」などの知的財産は大切。でも法律用語や業界用語がわかりにくいのが難点。そんな用語を知的財産の専門家である弁理士が「普通の言葉」で「ちょっと笑える経験談」を交えてわかりやすく説明します。

著者サイト
 

メールマガジンを登録(無料)

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。
※ 各サービスで登録しているメールアドレス宛に届きます。

メールマガジンを解除

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
 
 
メルマガ名
わかっちゃう! 知的財産用語
発行周期
毎月5・15・25日
最終発行日
2016年10月31日
 
発行部数
2,702部
メルマガID
0000098536
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
ビジネス・キャリア > 経営 > 法務・特許

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

メールマガジン最新号

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

    わかっちゃう! 知的財産用語    No.273

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

こんにちは!  わかっちゃう弁理士 西川幸慶です。


 ☆ 本日の知的財産用語


 [特許庁 任期付職員(特許審査官補)]


 特許庁が民間から「特許審査官補」として採用する「任期付の職員」
のことです。



(1)

 採用されると当初は「特許審査官補」に任用され、審査官を補助し
て特許性の判断 などを行います。


 2年間の実務経験を積み、所定の研修を修了すれば、3年目は審査
官に昇任する予定とのことです。


 採用時の任期は5年以内らしいですが、任期満了後に再採用される
こともあるようです。



(2)

 応募資格としては、

 * 原則として技術系の学士号以上の学位を持っている

 * 研究開発業務か知財業務を通算4年以上経験している

 * 日本の国籍を有している

ことなどがあります。


 年齢制限はないようなので、企業を定年退職された方で、在職中に
研究・開発・知財の仕事をされていた方などにもよいかもしれません。



(3)

 筆記試験、人物試験がありますので、応募しても採用されないこと
があります。

「人物試験」というのがどのような試験なのか よくわかりませんが、
「人間性をみる面接試験」のようなものかと想像しています。



(4)

 応募方法、処遇、給与など、詳しくは 下記の特許庁の案内をご覧
下さい。

http://www.jpo.go.jp/shoukai/saiyou/2016ninkitsuki_shinsa-kanho.htm

http://www.jpo.go.jp/shoukai/saiyou/ninkitsuki_qa.htm


      ☆              ☆

[関連事項と経験談]

(1)

 任期付職員には 「特許庁任期付職員(特許審査官)」というのも
あります。

http://www.jpo.go.jp/shoukai/saiyou/2016ninkitsuki_shinsa-kan.htm


 こちらは「特許審査官としての特許・実用新案登録の出願の審査の
事務に従事した経験がある方」を対象としています。


 「特許審査官」の経験者ということなので、一般の人が いきなり
応募することはできません。


 それまでに「任期付職員(特許審査官補)」として採用され、任期
中に特許審査官に昇任した人が、任期満了後に再採用される場合など
は、こちらになるのかと思います。


□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

 「わかっちゃう! 知的財産用語」

  発行   西川特許事務所 ( http://www.jpat.net/ )
       兵庫県西宮市東山台3丁目9-17  
       電話 0797-61-1841、 FAX 0797-61-1821 
  発行人  弁理士 西川 幸慶  pat@jpat.net
   
  ご意見、ご感想 お待ちしてます。
 * このメールに返信いただけば、西川に届きます。

★ 遠方からの「意匠」,「商標」の出願のご依頼承っております。
  まずは Eメール,FAX等で お問い合わせ下さい。

☆「メール相談」 http://www.jpat.net/sodan.htm は「有料」です
 が、出願等のご依頼に伴うご相談は「無料」で承っております。

☆ 「商標救助隊T-Rescue」 http://www.japat.net/

☆日記  http://plaza.rakuten.co.jp/pinnote/
Facebook http://www.facebook.com/#!/yukiyoshi.nishikawa

        ☆             ☆

 掲載された記事の内容を許可なく転載することを禁じます。
 但し、署名を含めて全文転載でしたら転載,転送していただいて
結構です。

  (C) 2016 Nishikawa Yukiyoshi 
 『まぐまぐ』 を 使ってお届けしています。
 本マガジンの解除や配信先メールアドレスの登録変更は
 http://www.mag2.com/m/0000098536.htm  からお願いします。

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

[編集後記]

 ちょっと古い本を読んでいると「骨を発見する」と書かれていて、
最初「えっ、ホネを見つけた?」と戸惑いました。

 文脈から、「要領・ポイント」という意味で「骨」という言葉が
使われていましたので、「ホネ」じゃなくて「コツ」ですね。

 そういえば、「コツ」の語源は「骨」ですか、いきなり出てくると
ビックリします。

















メルマガ全文を読む
 

▲ページトップへ

▲ページトップへ