ニュースでマスター!英語フレーズ

  • ¥0

    無料

著者サイト

英語のニュースで基本英単語・英熟語のフレーズを1つずつ紹介します.英会話,TOEICや英検のイディオム・語法,ビジネス英語・時事英語に強くなりますよ.「ビジネス英会話の公式75」(明日香出版社)の著者がお届けします.

   

メールマガジン最新号

こんにちは! Globeです.

長い間ご無沙汰いたしました。またそろそろ始めようと思います。
変わらずお付き合いいただけると嬉しいです。

さて、復活第一回は良い本が出たのでそれにまつわるお話です。
仕事で英語を使う方には、きっとお役にたつ情報だと思います。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

☆ 今回のトピック(書籍)☆

 「忙しい人の TOEIC®テストとビジネス英語の同時学習法」

  (嬉野 克也:クロスメディア・ランゲージ)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

☆ ひとこと ☆

 TOEIC「で」仕事に使える英語力をつけましょう!
 得点は自然についてきます。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

何が残念かと言って、試験のために英語を勉強するほど虚しいことは
ないと思います。

一方で、現実にそうなっている人がとても多いということはさらに
残念なことです。入試で逃げられないので中・高6年間、定期テストの
ためにリーダーの和訳を覚えてすぐ忘れる。

大学の英語はコマ数も少なくてよかったー、と一息ついたのに、
会社に入ったら社内資格のためにTOEICの受験勉強・・・イヤだ。


こんなやり方で、6年やろうと10年やろうと英語は使えるように
なりません。「読む・書く」中心だから使えない、それなら
「聴く・話す」に力をいれればいいという問題ではありません。

学ぶ人自身の目的意識があいまいなまま、大学受験段階でTOEICや
TOEFLを義務付けても、結果は同じことの繰り返しでしょう。


でもTOEICが悪いわけではありません。つい最近出た

「忙しい人の TOEIC®テストとビジネス英語の同時学習法」

は、新しい語学出版社の第一弾ですが、とても面白く役に立つ本です。
   ↓
 http://tinyurl.com/oc5fonf


私なら「同時学習法」というよりも「TOEICで英語を勉強する」という点を
前面に出したいほど、TOEICを上手に活用して、ビジネスに使える実用的な
英語力をつけるノウハウが紹介されています。


つまり、TOEICはそもそも仕事に使える英語力を測る試験なので、問題の
テーマや語彙も仕事に直結しています。それを教材(試験の、というよりも
将来自分が英語を使うための)として使いましょうという、合理的な勧めです。


さらに、単純に覚えるよりも、この本でやり方を説明しているように、
TOEICに出る文や表現を、自分の立場に引きつけて言い換える(一部を
置き換える)練習などすれば、確実に覚えやすく忘れにくいでしょう。


どんな試験でも、そのために勉強すれば大なり小なり得点力は
上がります。そればかり考えると受験テクニックに走りがちですが、
この試験はTOEIC「のための」勉強をしなくても、英語の力が上がれば
得点は自然についてくるようにできています。これは私の実感です。


そういう意味で、「TOEICを受けされられて気が重い」という方に
ぜひ手にとってほしい本です。今英語を勉強する意味(将来の姿)が
見えれば進歩は早いです。


また、使う職場に配属されて、あわてて英語をやり直すということは
きっとなくなりますよ。

「忙しい人の TOEIC®テストとビジネス英語の同時学習法」
 (嬉野 克也:クロスメディア・ランゲージ)

 http://tinyurl.com/oc5fonf



 今回も最後までお読みいただき,ありがとうございました.
 ご意見・ご質問はこのメールマガジンに返信してください.
 必ずお返事します.

==========================================================================
編集後記:
 
 この本にも書かれていますが、ビジネスで使う英語力は、「会話」から
 「文章」に重要性がシフトしています。

 日本で仕事をしていてもそうですが、ちょっとした用事でもEメールを
 使いますよね。業務上のやりとりでは、きちんと理解してもらえて記録が
 残るEメールの方が都合が良いので、日本人としては「読めて書ける」
 能力がより求められることになります。

 そして、文章でカタコト英語は存在する余地がないので、今まで以上に
 きちんとした英語ができないとまずいわけです。

 そういう時に「聴く・話す」に英語教育の重点をシフトするというのは
 時代が見えていないな、と心配です。
 

 では,これからもよろしくお願いいたします。


■Globe の書籍『CD BOOK ビジネス英会話の公式75』
  (明日香出版社)
     ↓
  http://tinyurl.com/oqqhtcm (Amazonのサイトに飛びます)

メルマガ全文を読む
 
  • 殿堂入り

このメルマガは現在休刊中です

 
メルマガ名
ニュースでマスター!英語フレーズ
発行周期
週2~3回
最終発行日
2015年03月31日
 
発行部数
3,178部
メルマガID
0000102232
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
語学・資格 > 英語 > 英会話

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

 

▲ページトップへ

▲ページトップへ