小川町まっぷ

  • ¥0

    無料

埼玉県小川町は、有機農業と自然エネルギーの町。生ごみ資源化や自然エネルギー活用法などのエコロジー情報や小川で暮らしていくのが楽しくなる生活情報を、エコロジーとジェンダーの視点でお送りします。

著者サイト
 

メールマガジンを登録(無料)

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。
※ 各サービスで登録しているメールアドレス宛に届きます。

メールマガジンを解除

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
 
 
メルマガ名
小川町まっぷ
発行周期
日刊
最終発行日
2018年05月21日
 
発行部数
485部
メルマガID
0000102795
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
行政・政治・地域情報 > 地域の情報 > 関東

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

メールマガジン最新号

講演会「女性の貧困問題を考える」
http://www.pref.saitama.lg.jp/withyou/event/list/0522jigyo.html

埼玉県では、今年度、女性の貧困問題支援事業が新たにスタートします!
この事業では、貧困の連鎖解消のため、その根本にある「女性の貧困」に
光を当てます。「女性の貧困」は、これまでも存在していましたが、
見えにくい課題でした。
事業のキックオフとなるこの講演会では、「女性の貧困」が潜在化して
きたこれまでの社会の構造や、それによって生み出されてきた課題を
明らかにします。
また、当センターで行うシングルマザー等への支援事業をはじめとする
事業の全体像もお伝えします。

◆日時 5月22日(火曜日)13時30分~15時30分
◆場所 埼玉県男女共同参画推進センター(With You さいたま)セミナー室
さいたま市中央区新都心2-2(JRさいたま新都心・北与野から徒歩5分)
地図:http://www.pref.saitama.lg.jp/withyou/access.html
◆定員 150名(申込順)
◆対象 どなたでも
◆参加費 無料
◆保育あり 保育申込締切 5月15日(火曜日)
<講師プロフィール>
野依 智子(のよりともこ)さん
国立女性教育会館(NWEC)研究国際室研究員を経て、
2013年より福岡女子大学国際文理学部教授
専門領域は、女性労働史、ジェンダー、社会教育学
主な著書に『近代筑豊炭鉱における女性労働と家族-
「家族賃金」観念と「家庭イデオロギー」の形成過程』(明石書店、2010年)
『シングル女性の貧困-非正規職女性の仕事・暮らしと社会的支援-』
(共編著、明石書店、2017年)がある。
※著書は、With Youさいたまのライブラリーにあります。
◆申込み方法
下記の事項を電話(048-601-3111)、ファックス(048-600-3802)、
Eメール(m013111f@pref.saitama.lg.jp)、電子申請 のいずれかで
お申し込みください。
1)講座名 「女性の貧困」
2)氏名(ふりがな)
3)住所(市町村名のみ、さいたま市の場合は区まで)
4)所属 ※任意
5)連絡先電話番号
6)保育希望の有無 ※有の場合は、お子様の名前(ふりがな)、
年齢(月齢)、アレルギーの有無をお知らせください。
■主催
埼玉県男女共同参画推進センター(With You さいたま)
http://www.pref.saitama.lg.jp/withyou/
男女共同参画推進センター 事業担当
〒330-0081 埼玉県さいたま市中央区新都心2‐2
電話:048-601-3111 ファックス:048-600-3802
<游こめんと>
昨日は、Fesの実行委員会で、その後、『Fesまで○○日気勢会』を
熊谷のパブリックダイナーの屋上で実施。
昨年は霜里農場のグラスフェッドの牛肉でした。
今年は何が出るかな~~とワクワク。
小川の野菜をたっぷり使ったお料理が次々に出てきて、「美味しい」の
連発でした。何が美味しいって。
もちろん、小川の有機野菜とそれを料理された方の腕です。
最後はサプライズで天板サイズのおっきなケーキ。
「OgawaOrganicFes」のプレート付きです。↓
https://www.facebook.com/yuuko.takahashi.98

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
普通の市民が普通の価格で有機農産物が買える
仕組み作りを目指して頑張っています
生活工房「つばさ・游」http://tubasa-u.com/
生活工房「つばさ・游」ブログhttp://blog.goo.ne.jp/tubasayuu
べりカフェ つばさ・游http://blog.goo.ne.jp/seikatukoubou_1953
ツイッター tubasau http://twitter.com/tubasau ogawamap@tubasa-u.com
-----------------------------------------------------------------
このメールマガジンは、『まぐまぐ』 http://www.mag2.com/ を利用して発行
しています。解除はこちら http://www.mag2.com/m/0000102795.htm から
E-mail npoenn@jcom.home.ne.jp
ogawamap@tubasa-u.com
◎小川町まっぷ
のバックナンバー・配信停止はこちら
⇒ http://archive.mag2.com/0000102795/index.html

メルマガ全文を読む
 

▲ページトップへ

▲ページトップへ