mレポート新刊案内

  • ¥0

    無料

不定期発刊の「mレポート」の新刊概要を掲載しています。mレポートとは、モバイル関連市場の調査レポートで、これまでに携帯電話やPHS事業者、端末、基地局関連メーカ、海外市場などの動向をまとめています。

著者サイト
   
 

このメルマガは現在休刊中です

 
メルマガ名
mレポート新刊案内
発行周期
不定期
最終発行日
2012年06月12日
 
発行部数
0部
メルマガID
0000106765
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
ニュース・情報源 > 業界ニュース > IT

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

メールマガジン最新号

┏─────────────────────────────────┓
│【mレポート新刊案内】2012年6月12日号 ~号外~           │
┗─────────────────────────────────┛


◆目次―――――――――――――――――――――――――――――――─
☆ごあいさつ
★「国内スマタブ市場の動向と戦略分析-2011年度-」のご紹介
☆既刊案内
★配信解除の方法
――――――――――――――――――――――――――――――――――─

___________________________________
☆ごあいさつ
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
毎回、【mレポート新刊案内】の購読ありがとうございます。

さて、今回の号外メールでは、株式会社 MCAが発刊する新規調査レポート「国
内スマタブ市場の動向と戦略分析-2011年度-」のご案内をします。

国内スマタブ市場の動向と戦略分析-2011年度-は、今後、主流となっていく
スマートフォンとタブレットへフォーカスし、パブリックデータの収集はもち
ろんのこと、関係者への取材を通じて当該市場を総合的に分析した調査レポー
トになっています。

ご興味がございましたら、Webサイトにて、お申し込みいただければ幸いです。

どうぞよろしくお願いいたします。

「国内スマタブ市場の動向と戦略分析-2011年度-」
~スマタブ時代へ向けたモバイル市場の変化と参加プレーヤの戦略の行方~
http://www.mca.co.jp/pay_contents/FormMail/smart+tab%20report.html

(エムレポート 企画/制作担当:大門 太郎)

___________________________________
★「国内スマタブ市場の動向と戦略分析-2011年度-」のご紹介
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
商品名  国内スマタブ市場の動向と戦略分析-2011年度-
発行   株式会社 MCA
調査   株式会社 MCA
販売   株式会社 MCA
発刊日  2012年6月12日
販売方法 PDFダウンロード
判型   PDFファイル(A4版38頁)
調査期間 2012年5月~2012年6月
通常価格 50,000円(税込、税抜47,619円+消費税2,381円)

【商品概要】

◆調査概要
携帯電話市場は、ガラケー(フィーチャーフォン)からスマタブ(スマートフ
ォン・タブレット)時代へと大きく舵を切り、2011年度のスマートフォン出荷
は前年度の2倍以上となる約2,400万台まで拡大しました。また、タブレットに
関しては、先行する「iPad」を追撃すべくAndroid陣営も新端末投入で対抗し
ていますが、市場的にはまだ規模が小さく、2012年度が成長期に向けたターニ
ングポイントになるとみられています。

スマタブの普及は、セルラーキャリアにとって、ARPU収入の増加という果実が
あります。しかし、スマタブは大容量のトラフィックを発生させるため、モバ
イルインフラの設備増強やWi-Fiへのオフロード対策などが急務となっており、
その点からも新たな時代の競争がはじまったばかりです。

本調査では、以上のような状況を踏まえ、今後、主流となっていくスマタブへ
フォーカスし、パブリックデータの収集はもちろんのこと、関係者への取材を
通じて当該市場を総合的に把握し、ベンダ各社の事業戦略を明らかにします。
さらにスマタブ市場全体の未来像についても明らかにすることも目的としてい
ます。

◆調査レポートのポイント
・スマタブ市場の規模&ベンダシェア
・参加プレーヤ(セルラーキャリア&端末ベンダ)の戦略分析
・スマタブ市場のForecast

◆調査対象
セルラーキャリア
KDDI(au)、NTTドコモ、イー・アクセス(イー・モバイル)、ソフトバンク
モバイル

スマートフォンベンダ
Apple Japan、HTC NIPPON、LG Electronics Japan、Pantech Wireless Japan、
ZTEジャパン、カシオ計算機、京セラ、サムスン電子ジャパン、シャープ、ソ
ニーモバイルコミュニケーションズ、デル、日本電気(NEC)、パナソニック
モバイルコミュニケーションズ、ファーウェイ・ジャパン、富士通、モトロー
ラ・モビリティなど

タブレット
Apple Japan、LG Electronics Japan、サムスン電子ジャパン、シャープ、ソ
ニー、東芝、日本電気(NEC)、ファーウェイ・ジャパン、富士通、モトロー
ラ・モビリティなど

◆調査結果抄録
※レポートイメージはニュースリリース(PDF)をご参照ください。

ニュースリリース(PDF)
http://www.mca.co.jp/ifr/NewsRelease/smart+tab_NR.pdf

4.市場の普及拡大要因・阻害要因
4-1. 市場の普及拡大要因
 4-1-1. スマートフォン
●スマートフォンへユーザを移行させたいキャリア各社のイメージ展開
 スマートフォンの利用イメージをわかりやすく表現したTVCMや広告を積極的
 に展開。

●販売インセンティブや割引サービス、キャンペーンなどで端末価格を値下げ
 キャリア各社は販売インセンティブの積み増しや割引サービスの提供、キャ
 ンペーンの実施などで端末価格を値下げし、価格面でスマートフォンへの移
 行を促進。

●大幅に機種数を拡充し、スマートフォンへユーザを誘導
 2012年夏モデルにおいて、スマートフォン+フィーチャーフォン33機種中27
 機種がスマートフォンとなり、高齢層向けや放射線測定機能搭載などライン
 ナップを大幅に拡充。

●スマートフォン・タブレット向けサービスとコンテンツの提供
 キャリア各社はスマートフォン・タブレット向けに、魅力的なサービスや映
 像コンテンツの提供を開始。

 4-1-2. タブレット
●キャリア各社によるタブレット向け割引キャンペーンの実施
 ユーザのタブレット利用による負担軽減に、端末価格や月額利用料の割引サ
 ービスを積極的に展開。

●ノートPCやネットブックよりも使いやすいタブレットの利便性
 起動に時間のかかるノートPCや、パソコンと同様の操作性のネットブックよ
 りも、タブレットは起動も早く、操作も簡単。

●企業規模を問わず、各種業界でのタブレット導入進む
 キャリア各社の積極的な法人展開により、医療や教育分野など、さまざまな
 業界でのタブレット導入が進行中。

◆調査レポートの内容
1.スマートフォン市場の構図(Snap Shot)
 1-1. スマートフォン市場の構図(Snap Shot)
  図:スマートフォン市場の構図(Snap Shot)

2.スマタブの契約数・出荷台数の推移と予測(2011~2016年度)
 2-1. スマートフォン
  図:スマートフォンの契約数・出荷台数の推移と予測(2011~2016年度)
 2-2. タブレット
  図:タブレットの契約数・出荷台数の推移と予測(2011~2016年度)

3.端末ベンダのシェア(2011年度)
 3-1. スマートフォン
  図:スマートフォンベンダのシェア(2011年度)
 3-2. タブレット
  図:タブレットベンダ(3G)のシェア(2011年度)

4.市場の普及拡大要因・阻害要因
 4-1. 市場の普及拡大要因
  4-1-1. スマートフォン
  4-1-2. タブレット
 4-2. 市場の普及阻害要因
  4-2-1. スマートフォン
  4-2-2. タブレット

5.セルラーキャリアのスマタブ戦略
 5-1. NTTドコモ
  5-1-1. スマートフォン
  5-1-2. タブレット
 5-2. KDDI(au)
  5-2-1. スマートフォン
  5-2-2. タブレット
 5-3. ソフトバンクモバイル
  5-3-1. スマートフォン
  5-3-2. タブレット
 5-4. イー・アクセス(イー・モバイル)
  5-4-1. スマートフォン
  5-4-2. タブレット

6.端末ベンダの戦略分析
  表:国内スマートフォンベンダのキャリア別供給マップ
  表:国内タブレットベンダのキャリア別供給マップ
  表:国内タブレットベンダのタブレット一覧
 6-1. 米Apple
 6-2. シャープ
 6-3. 富士通
 6-4. ソニーモバイルコミュニケーションズ
 6-5. 日本電気(NEC)
 6-6. パナソニック モバイルコミュニケーションズ
 6-7. サムスン電子ジャパン
 6-8. 京セラ
 6-9. LG Electronics Japan

7.今後の市場ロードマップ
 7-1.今後の市場ロードマップ
  表:今後の市場ロードマップ

8.主なスマタブの仕様比較
 8-1. スマートフォン
  表:主なスマートフォンの仕様比較(NTTドコモのdocomo with series)
  表:主なスマートフォンの仕様比較(NTTドコモのdocomo with series/
    docomo NEXT series)
  表:主なスマートフォンの仕様比較(NTTドコモのdocomo NEXT series)
  表:主なスマートフォンの仕様比較(KDDI(au))
  表:主なスマートフォンの仕様比較(ソフトバンクモバイル)
  表:主なスマートフォンの仕様比較(NTTドコモ/ソフトバンクモバイル/
    イー・アクセス(イー・モバイル))
 8-2. タブレット
  表:主なタブレットの仕様比較

___________________________________
☆既刊案内
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
「mレポート」既刊案内
http://www.m-report.net/previously.htm

「mレポート」既刊案内(レポート別)
http://www.m-report.net/grouping.htm
・携帯電話サービス
・携帯電話事業者
・端末メーカ
・基地局関連メーカ
・PHSサービス
・北米市場
・欧州市場
・中国市場
・韓国市場

___________________________________
★配信解除の方法
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
下記のサイトから配信解除をお願いいたします。
本メール・マガジンは、「まぐまぐ(http://www.mag2.com/)」を利用して発
行しています。解除は以下のサイトからできます。
URL:http://www.m-report.net/mailmagazine.htm
URL:http://www.mag2.com/m/0000106765.htm

┏─────────────────────────────────┓
│◇エムレポート 企画/制作担当:大門 太郎(tarod@m-report.net)  │
│◆PC版「mレポート」サイト(http://www.m-report.net/)       │
│◇Mobile版「mレポート」サイト(http://www.m-report.net/m/)    │
│◆固定ピッチフォントで閲覧されることをお勧めします。       │
│◇このメールマガジンの文章を許可なく転載することを禁止します。  │
│◆バック・ナンバー                        │
│       (http://backno.mag2.com/reader/Back?id=0000106765)│
┗─────────────────────────────────┛
メルマガ全文を読む
 

▲ページトップへ

▲ページトップへ