e-doctor ドクタースマートの医学なんでも相談室

  • ¥0

    無料

読者の質問に、内科医であるドクタースマートがお答えするメルマガです。病気・治療に関すること・治療費のこと・健康保険のことなど、何でも相談してください。医者には聞けない事、聞くのが恥ずかしい事など、どんな質問でも、全ての質問にメルマガ上でお答えします。しかし、個別にお答えは致しません。

著者サイト
 

メールマガジンを登録(無料)

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。
※ 各サービスで登録しているメールアドレス宛に届きます。

メールマガジンを解除

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
 
  • まぐまぐ大賞受賞
 
メルマガ名
e-doctor ドクタースマートの医学なんでも相談室
発行周期
週刊
最終発行日
2017年10月28日
 
発行部数
2,748部
メルマガID
0000106985
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
生活情報 > 健康・医療 > 生活習慣病

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

メールマガジン最新号

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

    e-doctor   ドクタースマートの医学なんでも相談室
                              
vol.803(2017.10.25) 

毎週水曜日発行                  発行部数6028部

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★


    まぐまぐ大賞2016を、ドクタースマートが受賞しました。


    まぐまぐ大賞2016のジャンル別賞の健康部門での受賞です。

    
  本当にありがとうございました。まぐまぐ大賞2年連続受賞です。
  1も2も無く、読者の皆様の応援・ご支援・ご投票のお蔭です。
  今年も昨年以上に頑張りますので、よろしくお願い申し上げます。  
  
     
*********************************************************************

ご質問には、年齢・性別・身長・体重・職業・既往歴・現病歴・現在服んでいる薬
などを、かならず書いてくださいますように、重ねてお願いいたします。

(目次)

1)手術の立会い人について教えてください

2)アキレス腱断裂の件で教えて下さい
   

編集後記 「香港の長寿(長寿世界一の香港)の秘密をリサーチしたそうです」


ドクタースマートのメールアドレスが変更になりました。

         drsmart@koujimachi-naika.jp
   
       旧いアドレスに送らない様にして下さい。


メールの件名は、かならず「医学相談」としてください。
件名が「医学相談」でないと、間違って削除してしまうことがあるからです。

興味のあるところ、読みたいところだけ読むようにしてください。


*********************************************************************

1)手術の立会い人について教えてください
独居の66歳男性で、昨年定年退職しました。
将来、ガンなどの大きな手術を受けるようになった場合、医師から手術の立会人を
求められると知りましたが、親族や友人に頼める人がいないとどうなりますか?
手術の同意をする権限のない、(法律専門家である)後見人や代理人の立ち会いでは
意味がないのでしょうか?


(回答)
手術の立会い人について教えてくださいと云うご相談です。

結論から申し上げますと手術の立会い人は、絶対に必要なわけではありません。
立会い人のいない方の手術でしたら、立会い人なしで手術を致します。

独居老人なので、色々なご心配がおありなのでしょうが、立会い人は不要です。


********************************************************************

2)アキレス腱断裂の件で教えて下さい
宜しくお願いいたします。
当方、9/15に海外で転倒し、帰国後9/24に整形外科医を受診しました。
その際は腱周囲炎と診断され、半年後に実は陳旧性アキレス腱断裂と判明し全身麻酔
の手術を受けることになりました。
医師の誤診も問題なのですが、仮に転倒後9日後の初診の際に正しくアキレス腱断裂
と診断されていたら新鮮断裂としての保存療法あるいは手術の対応が可能だったの
でしょうか。
それとも転倒後9日もたってしまえば、どのみち陳旧性アキレス腱断裂として対応の
道しかなかったのでしょうか。

(回答)
アキレス腱断裂の件で教えて下さいと云うご相談です

ご相談には、年齢・性別・身長・体重・職業・既往歴・現病歴・現在服んでいる薬
等をお書きください。全て必要事項です。

一般論としてお答えします。

アキレス腱断裂は、完全断裂と不完全燃焼があります。
この方のは、多分、不完全断裂だったのでしょう。

診察時にMRIでも撮れば、はっきりしたのでしょうが、診察時に不完全断裂を
見落としてしまったのでしょう。

不完全断裂で歩いているので、段々と痛みが出てきたので手術になったのだと
思います。

どちらにしても、アキレス腱断裂は手術しか治療法がありません。
初めの診察で不完全断裂を診断できても、通常は手術にはなりません。
結果は同じだったと思います。


********************************************************************

(編集後記)
今回も最後まで読んでいただき、本当にありがとうございました。
しばらく振りのメルマガ発行でしたので、発行するのを忘れてしまいました。
ごめんなさい。

今日は、香港の長寿(長寿世界一の香港)の秘密をリサーチしたそうです
香港の高齢者の健康状態を調べると、高齢者の身体のある部分が若く保たれている
ことが判明した。その調査結果を分析すると健康長寿のための5つのポイントが見えて
来ました。

香港北部に位置する湾仔は平均年齢が最も高い地区で、高級店が軒を連ねる
ファッションの街として知られるが、そのすぐ裏にはマンションやアパートが
ひしめきあうように並んでいます。

湾仔の公園を訪れるとバスケットボールに興じる人たちを発見。若者に混じって
バスケットボールを楽しむ還暦を過ぎた高齢者の姿もあった。健康のために
それぞれ集まりいつの間にか顔なじみになったそうです。

血管年齢と足腰の筋肉を検査し食生活や運動習慣を問診しました。
51歳から90歳の男女34名を検査したところ最も良かった検査項目が血管年齢。
90歳のレイさんの場合は18歳も若い72歳でした。34人中25人、7割以上の血管年齢が
実年齢より若く、平均年齢67.9歳のところ血管年齢は62.7歳だったそうです。

長寿世界一の香港。60代の高血圧の割合は日本だと59.8%だが、香港は37.6%。
日本に比べ格段に少ない。

香港の人々の健康増進の活動に取り組む行政機関の林さんは「香港では、1999年時点
で65歳以上の高齢者の半分が病院に長期通院していた。2000年から健康増進プログラム
を立ち上げた結果、かつては7割を超えていた高血圧の割合が2013年には37.6%まで
下がった」と話しています。

「毎日運動して身体を丈夫に」をスローガンに公園や体育館などの公共施設を増設。
食生活の改善や禁煙運動など様々な健康意識を高める運動を行ったそうです。

香港の高齢者の生活を東京都健康長寿医療センターの原田先生は「長寿で一番大切なの
が血管の若さ。血管の年齢は、生物学的年齢だと考えても良い」などと話しています。

香港の高齢者の生活を分析。朝8時、公園に多くの人が集まり太極拳をしていた。
太極拳とは中国に約400年前から伝わる武術の1つ。香港の高齢者は朝、太極拳で汗を
流している。これまで主に愛好家が行っていた太極拳だが最近になってブームになって
いるという。膝を曲げての体重移動など運動量はかなりのもの。

原田先生は「太極拳は少し負荷がかかるのがいい。筋肉を保つには少し負荷をかけない
といけない。筋肉がつくと食後の糖を吸収し血糖値の上昇を抑えられる」などと話した。
少し脈拍が上がる運動を日々取り入れると、血管を若く保てる。
 
太極拳を終えた高齢者は飲茶でおしゃべりをするのが定番だという。
香港の飲茶の定番はプーアル茶。運動後の身体、気温も30.9℃と冷たい物が欲しくなる
ところでも熱いプーアル茶を飲んでいた。原田先生は「温かい物は血圧を下げるのに良い。
冷たい物は血圧を上げてしまう。夏でも常温の飲み物を飲むと良い。」などと話した。
プーアル茶の後、料理も登場。料理を見た原田先生は「運動後に肉を食べるのは非常に良い。
筋肉がつきやすくなる。特にお年寄りには大事」などと話した。
 
メンバーの1人が中華料理ではおなじみの食材の「ナッツ」を取り出した。
香港では「ナッツ」はおやつとしても大人気だという。

原田先生は「血圧を下げたり上がらなくする食事の中の代表例が「ナッツ」だ」と話した。
ナッツには動脈硬化を予防する不飽和脂肪酸が豊富に含まれている。

血圧の天敵である「塩分」、高血圧予防の推奨摂取量は6gだが1日の平均摂取量は10g。
塩分の過剰摂取は高齢者に高血圧が多い大きな原因となっている。

しかし調べてみると香港の1日平均の塩分摂取量も約10gと日本と大差なかった。
そこで香港の一般家庭の食事を見せてもらった。香港で暮らす李さんの血管を若く保つ秘密は
夕食メニューの「スープの具材」にあった。李さんは全ての料理に欠かせないという漢方食材
の生姜や陳皮という柑橘類の皮を干した漢方食材を使っていた。

香港では生姜や陳皮などの「漢方食材がスープの命」、気候や身体の調子に応じて多種多様の
漢方を使っており、どの家庭でも漢方食材を常備している。

原田先生は「漢方はミネラル分が一番効いている。血圧が上がらないため血管が良くなる」など
と話した。血管を若くするには、カリウム豊富な食材を摂ると良い。
 
血管を若く保つポイントは
「少し負荷のかかる運動で筋肉をつける」
「温かい物を摂り血圧を抑える」
「運動後のたんぱく質で筋肉維持」
「ナッツ類で動脈硬化を予防」
「カリウムを豊富に摂り塩分を排出」の5つ。


香港って、意外と凄いですね!!
日本も真似するべきところは真似をして、もっと長寿になりましょう。


掲示板を設けております。どうぞ掲示板のほうもご利用ください。
掲示板はドクタースマートのHPからお越しくださるようにお願いします。


ドクタースマートのHPのURLは、下記↓です。
       http://www.koujimachi-naika.jp/
       http://www.koujimachinaika.com/



内容で分かりにくいこと、もっと訊きたいことがありましたら、
遠慮なくメールで質問してください。⇒ drsmart@koujimachi-naika.jp

お知り合い・ご友人の方にこのメールマガジンの購読をおすすめください。

=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=
本メルマガ記載の内容に誤りがあったために生じた損害等についての責任は、
負いかねます。
本メルマガの記事を読んだために何らかの損害等が生じるとお考えの方、
またはお思いの方は、直ぐこのメールマガジンの購読をお止めください。
=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=

このメルマガの退会・解除は
まぐまぐで購読の方は、  http://www.mag2.com/m/0000106985.htm
melma で購読の方は、  http://melma.com/contents/taikai/

------------------------------------------------------------------------
■ドクタースマート医学相談室 ■毎週水曜日配信 ■発行:(株)PRINCESSE
      編集人:ドクタースマート  drsmart@koujimachi-naika.jp
■232-0012横浜市南区南吉田町2-28-402 TEL:045-262-6630 FAX:045-262-6634
------------------------------------------------------------------------
メルマガ全文を読む
 

▲ページトップへ

▲ページトップへ