蘇州発中国を知り、感じる情報誌「蘇州有情」

  • ¥0

    無料

著者サイト

明清時代中国文化の中心だった水の都蘇州は、知られざる薀蓄とこだわりに満ち満ちています。観光地廻りでは触れることのできない歴史文化・習俗、現地の暮らし、また蘇州・中国のとっておき旅情報、イベントをご紹介。蘇州が、中国が少しづつ見えてきます。

 

メールマガジンを登録(無料)

※ご登録いただいたアドレスは大切にお預かりし、まぐまぐ!メールマガジン配信にのみ利用します。

他のサイトIDでメルマガを登録する

※ 各サイトのリンクをクリックすると認証画面に移動します。
※ メルマガはサービスでご登録したメールアドレス宛に届きます。

このメルマガを解除する

メールマガジンを解除

他のサイトIDでメルマガを解除する

※ 各サイトのリンクをクリックすると認証画面に移動します。

 

メールマガジン最新号

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┏━┳━┳━┳━┓
┃蘇┃州┃有┃情┃ 第223号  2015/04/01
  ┗━┻━┻━┻━┛
  『知る旅、感じる旅 蘇州有情』 http://www.sy-tour.net/
  『とんぼの蘇州万華鏡』http://love-sosyu.at.webry.info/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

今週末4月4日(土)は、
紅満月&皆既月食。
春の花に酔いしれながらの皆既月食は
逃せば、17年後とか。

皆既月食で、満月の日は
祈りが倍増する特別な日なのだとか。
日本時間では20:54~21:06の12分間。

この日はぜひ空に向かって手を合わせてみませんか。
大切な方たちのこと。
そして心豊かに生きることができるように。

力で他者に、己を鼓舞すること
もうそろそろやめにしたいものです。

「小出裕章さんの講演会情報」というサイトで
こんな祈りを皆でしましょうという呼びかけがあります。
http://healing-goods.info/koide/inori/


◇目次◇………………………………………………………………………
【1】上海に春を呼ぶF1レース♪直前格安チケット、どうぞ♪
【3】とんぼの杏本淡ーanpontan 『国家の暴走』読んでおきたい
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━───────
【1】上海に春を呼ぶF1レース♪直前格安チケット、どうぞ♪
────────────────────────────────
春、花が咲き始めると、江南に住む者はこころうづくものがある。
ハイ、マシン好きにはたまらない上海F1。
今年は4月10日~12日!

開催まで、あと10日。
もうチケット販売は締め切っている所も多くなりましたが
ふんばって、間際に来てお安いチケットをお届け!!

2015年、現時点残座席で、おススメ割引チケットはこちら↓↓↓

★A座席スタンド上:2180元→2150元/枚
★A座席スタンド下:1980元→1750元/枚 ♪♪
★H座席:1180元→1100元/枚
★K座席:1180元→1000元/枚 ♪

B、F、J.、C座席は、今年はかなり前から売り切れ~


◎上海F1公式サイト
http://www.f1-shanghai.com/


フアンの皆様、
お電話で至急お問い合わせください。


★締切
上海からチケット他を郵送してもらいますので、
蘇州在住の方は、4月7日(火)正午までが締切!!
他地区の方はお電話でご相談ください。


★蘇州友好国際旅行社日本部(蘇州市十全街南林飯店内)
間際ですので、まず下記までお電話お願いします。
・携帯電話:15862390677(大西)
・info@sy-tour.net

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━───────
【3】とんぼの杏本淡ーanpontan 『国家の暴走』読んでおきたい
────────────────────────────────
■いま特に日本はあからさまに政府がマスコミを使い
世論操作されていますからねとたまに口にすると、
中国ならわかるが、日本はまさかと否定される方は、
日本にいらっしゃる方はもちろん、
中国在住者も多数派だ。

中国に対する評価もどうしてこう判を押したように
疑問もなく同じような評価をする日本人が多いのか。
5年、10年と長く中国に住んでいらっしゃる方でも
マイナス面からのみ中国を高飛車に評価することが
習い性になっておられる方々が非常に目につく。
日本人はいつからこれほどまでに
「小気」かつ無神経さを増長させてしまったのか。

せんだって「報道ステーション」で
官邸より圧力をかけられ
降板させられることになった古賀茂明氏が
裏事情をすっぱぬき、今も賛同派、批判派に分かれ
喧々諤々にぎにぎしい。
が、この騒動によって、
わが政府が何をしようとしているのか
関心を向け、議論する向きが少しは増えたのではないか。

古賀氏が最後に紹介したガンジーの言葉に
あらためてこころを鼓舞された。
まずは、フクシマ、オキナワに自分はどう向き合うのか
問われる1年ではありそうだ。

「あなたがすることのほとんどは無意味であるが、
それでもしなくてはならない。
そうしたことをするのは、世界を変えるためではなく、
世界によって自分が変えられないようにするためである」



◎『国家の暴走 阿倍政権の世論操作術』
http://tinyurl.com/pqmau23

★【IWJブックレビュー】
古賀茂明著『国家の暴走 安倍政権の世論操作術』(角川oneテーマ21)
http://iwj.co.jp/feature/book/archives/811


以下参考まで。ネットではいまいろんな方々の評論が出ているので
まだご覧になっていらっしゃらない方は、検索されて下さい。

☆古賀氏発言に手をついて謝罪…古舘伊知郎に「報ステ」降板説
2015年4月1日
http://www.nikkan-gendai.com/articles/view/geino/158513

☆BLOGOS田中龍作2015年03月29日
古賀茂明氏、単独インタビュー ~テレビ朝日編~
http://blogos.com/article/108969/

☆2015/03/27 【速報】「報道ステーション」終了直後の古賀茂明氏に
岩上安身が緊急直撃インタビュー!降板の内幕を衝撃暴露
http://iwj.co.jp/wj/open/archives/240770#bangumi


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■「地球の歩き方 上海 蘇州、水郷古鎮」、
 「地球の歩き方aruco」等で
  蘇州園林の専門家紹介として登場しています。
  またお目通しくださいね。

 大切なお客様に、ご家族に、じっくり蘇州の魅力を伝えたい。
  そんなときは、どうぞお声かけください。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■「地球の歩き方」で、弊社「園林専門家ガイドと歩くコース」が
  蘇州を知る、現地おススメコースとして紹介されています♪

■年末年始の中国国内個人旅行もお手配開始!
十全街南林飯店内日本人専門デスクにて、
中国各地60箇所余りを廻った日本人スタッフがゆっくりご相談受付中。
要予約。メールでの旅のお問い合わせもOK。
人気のある観光地は、すでに緊迫してきつつありますので、
ご相談、お申し込みは、早めにどうぞ!

電話:0512-65241600
携帯電話:15862390677
メール:info@sy-tour.net

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
蘇州を、中国を、丸ごと楽しむことをめざしています。

皆さんのお友達やお知り合いで、一歩掘り下げて、
チャイナを楽しみたい!!と思っていらっしゃる方に、
このメールマガジンをご紹介いただければ
とてもうれしく存じます(*^^)v
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
雑誌名 蘇州有情
発行責任者 蘇州友好国際旅行社日本部
TEL/FAX: 86-512-65241600
MAIL: info@sy-tour.net
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


メルマガ全文を読む
 
 
メルマガ名
蘇州発中国を知り、感じる情報誌「蘇州有情」
発行周期
隔週
最終発行日
2015年04月01日
 
発行部数
259部
メルマガID
0000109625
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
ニュース・情報源 > 一般ニュース > 国際情勢

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

 

▲ページトップへ

▲ページトップへ