奇跡を呼び込むS氏の能力開発!

  • ¥0

    無料

25年間で3000人以上の能力開発指導の経験から、日本人の国民性にあった能力開発を指導します。ごくごく簡単な手法で、誰でも本職・サイドビジネス、何でも運命を激変するほど成功してしまいます。

著者サイト
 

メールマガジンを登録(無料)

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。
※ 各サービスで登録しているメールアドレス宛に届きます。

メールマガジンを解除

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
 
 
メルマガ名
奇跡を呼び込むS氏の能力開発!
発行周期
毎日
最終発行日
2017年08月18日
 
発行部数
2,090部
メルマガID
0000115502
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
ビジネス・キャリア > ネットビジネス > その他

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

メールマガジン最新号

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★★☆★☆

『奇跡を呼び込むS氏の能力開発』     

『がんが自然に治る生き方』第258回  

 著者へのご意見・ご質問 → cup369abcde@yahoo.co.jp 

http://www.mag2.com/m/0000115502.html 
     
2017年 8月 18日 発行

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★★☆★☆

  みなさん、こんばんは。


 ◎覚醒、悟り ・根源のエネルギーに至る!その3

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

前回のメルマガでは、意識を微細な素粒子(量子)に向ける
例を紹介しました。

 それは、一般的な物理的解釈でも、究極の「今、ここ」になり
ます。

 限りなくゼロに近い瞬間、限りなくゼロに近い最短の距離が、
「今、ここ」ですから、最小単位の素粒子(量子)になってしまい
ます。

 これは、邪念が入る余地もない今の瞬間になります。
余念や雑念がない「無我無心」の「今、ここ」になるのです。

  
 道元禅師「回向返照の退歩を学すべし」という教えの中にも
「念の発する根本を追及する・・・」というのがあります。

 これは、その念が出てくる根源に意識を向けるのですから、
道元禅師の教えも、意識を微細な素粒子(量子)に意識を向ける
ことになります。

 道元禅師も悟りを開いた高僧ですから参考になります。


 過去のメルマガから、回向返照の退歩に関連した文章を
掲載します。

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 曹洞宗の道元禅師は『普勧坐禅儀(ふかんざぜんぎ)』と
いう本のなかで、 「須(すべか)らしく言を尋ね語を逐(お)う
解行(げぎょう)を休すべし。須らく回向返照の退歩を学すべし。」
と、説いております。

 回向返照(えこうへんしょう)の退歩とは、「ぱっと念が出る。
その瞬間、この念、何処れより来たる、と根本に向かって
追究せよと。その結果、身心自然に脱落して、”本来の面目
現前せん”と、あるのです。

 ”本来の面目現前せん”とは、「本来の自己」が出現して
悟ることができる!というのです。

 道元禅師は、心に浮かんでくる思考や耳元でささやく声に
囚われないで、いちいちその思念について行かないで観察し、
その念の発する根本を追及することで悟ることができると
教えているのです。

 つまり、あらゆる思考・感情・分別の心などの自我の
想念が出てきたらその念に気づいて観察し、「この想念は
どこから来ているのか?」と、自問して、その念が出てくる
根源に意識を向けるのです。そして、その根源に意識を
とどめておくというのです。

 「その念に気づいて観察し」とは、その念に囚われないで、
只(ただ)観察するのです。その念(思考)に焦点を合わせず、
傍観して、流れにまかせるのです。

 私達は、目の前に起きる現象や頭に浮かんでくる想念
を只(ただ)冷静に観察することはできません。

 現実に起きる現象に過去の関連する記憶と結び付けてし
まうのです。思考が反射的に出てきて、無意識に反応する
のです。これが、心の働きであり心の癖でもあります。

 この心の癖があるから観念に振り回されるのです。

 ですから、この自我の思考は仕方がないので、その思考
に気づき第三者の眼で、冷静に只(ただ)観察するのです。

 道元禅師の只管の教えは、自我の思考に「気づく」こと
から始まります。

 「気づき」とは、直観と同じで根源の「本来の自己」からくる
のもです。シンクロニシティも、根源からくるものですから、
「気づき」やシンクロが多くなることは、自我のエゴがそれだけ
少なくなるのです。

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 世界中で実践されているマインドフルネスは、回向返照の
退歩の前半の部分になります。

 
  つまり、あらゆる思考・感情・分別の心などの自我の
想念が出てきたらその念に気づいて観察する。

 その思考に気づき、第三者の眼で、冷静に只(ただ)観察
するのです。

 批判も判断もなにも加えず、第三者の眼で、冷静に只(ただ)
観察するのです。

 これだけでも、エゴの力は弱まりますから、すごいことです。

 道元禅師の教えは、さらに、その念が出てくる根源に意識を
向けるのです。そして、その根源に意識をとどめておくのです。

 が、加えられるのです。

 とにかく、何があっても、感情に振り回されず、常に自分が
観察者であり続け、根源に意識を向けるのです。

  どのような思考や感情に対しても、少し距離をおいて冷静に
「これは自分自身ではない」という第三者の視線で眺めることを
続けるのです。

 このように雑念を切り離していくと、感情に振り回されない穏や
かな心になれます。喜びに満ち溢れる穏やかな気持ちでいられ
るのです。

 さらに、根源に意識を向けると、つまり、微細な素粒子(量子)に
「今、ここ」に意識を向けると、量子的転換(飛躍)=クォンタム・リープ
がおきるのです。

 意識が一氣に上がる意識の変容です。

 私達は、自分の中心の根源から微細な素粒子(量子)に至る
ことにより、量子世界の法則が適用される次元、つまり、五次元の
意識の波動にシフトすることができるのです。



 ありがとうございました。


メルマガ全文を読む
 

▲ページトップへ

▲ページトップへ