メルセデスベンツ情報誌 SEG

  • ¥0

    無料

MBと暮らす決心はしたけれど、どこで治したらいいのかわからない!また、どこへ修理へ出しても「こんなもんですよ」と言われてしまった!しかし納得いっていない方いらっしゃいますよね!そんな貴方にピッタリなのがこちら!

著者サイト
 

メールマガジンを登録(無料)

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。
※ 各サービスで登録しているメールアドレス宛に届きます。

メールマガジンを解除

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
 
 
メルマガ名
メルセデスベンツ情報誌 SEG
発行周期
月刊
最終発行日
2017年06月25日
 
発行部数
684部
メルマガID
0000115970
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
クルマ・バイク > クルマ > パーツ・チューニング・メンテナンス

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

メールマガジン最新号

◎◇◎◇◎◇◎◇◎◇◎◇◎◇◎◇◎◇◎◇

【2003年創刊】メルセデスベンツ情報誌 「SEG」    【2017.06.25】

◎◇◎◇◎◇◎◇◎◇◎◇◎◇◎◇◎◇◎◇読者686

まだ梅雨も空けていませんが
夏の計画ははじまっているのでしょうね。

エアコンガスR12再入荷しました。
毎年入れているひとも、今年からエアコンの効きがよくない人も
ぜひ、この機会に注入してください。もちろんR134のご用意もございます。

旅行の前の身だしなみといったところでしょうか。

それでは第105回のはじまりです^^

■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■■■

サカモトエンジニアリングでは、
クラッシックモデルのメルセデスベンツを中心に修理・整備、
車検整備・定期消耗品の交換や交換部品メンテナンス、
幌やシートカバー制作などレストアご案内、整備プランのご提案、
各種カスタムオーダー、板金塗装などを承っています。
お気軽にお問い合わせください。

ドイツやアメリカからも部品をオーダーいたしますので、
幅広い整備が可能です。ぜひご相談ください。


各種メディアの取材も対応可能です。

★詳細&お申込みはコチラから
>>>http://www.sakamoto.cc/postmail/postmail.html

■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■■■

☆坂本賢次率いる『サカモトエンジニアリング』は、
 無理のないメルセデスベンツライフを楽しむことができるようになるため
 のメルセデスベンツ専門修理を中心とした修理工場です。

☆2004年に発足し、整備件数は30,000件以上。
毎年行われる日常点検講習会も13年を超えています。

☆ご興味のある方は、まずこちらをじっくりお読みになってみてください。
  http://www.sakamoto.cc/column/column.php


----------------------------
■入庫状況のお知らせ
----------------------------
これからの季節水温の上昇が気になりだしますね。
渋滞にはまると水温計の針がグングン100度に近づいてくる。
「いままで、こんなに針の動きが顕著だっただろうか。」
はやく走り出すと水温が下がる、など。

日本特有の高温多湿がメルセデスベンツを試すかのように
水温を上げたり下げたりとします。
本格的な夏を迎える前に、準備はOKですか?

新しいモデルになりますと、水温表示がコマンド入力しないと
表示されないものもありますので、
一度確認をしてみましょう。

現在のご入庫は7月1日土曜日よりご予約が可能です。


<整備のご予約はこちらからどうぞ>
http://www.sakamoto.cc/postmail/postmail.html

■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■■■

◎『Permaluxe』 \3990- 『Permaluxeミニ』 \1058-

「撥水性能は低下する」

コーティングしたての車両は雨が降っても水をはじいてくれますよね。
しかしどんなコーティングをしても、長年使用したり
メンテナンス方法が悪かったりすると、性能が低下して水を
はじかなくなってしまいます。
日々のお手入れで撥水性能を維持し快適に過ごしましょう。
サイドミラーなどにも使うと、この時期は視界が保てて安心ですね。

>>> 店頭にて販売中

■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■■■

---------------------------------------
■カムバックメンテナンス
---------------------------------------
<マフラーから音がする>

触媒が溶けるなんて信じられない話ですが、
オイルの管理が悪いと燃え残ったススなどが触媒に付着し、
普段は街乗り中心だったメルセデスベンツが急に高速などで
エンジンを高回転で回した時にだいたい事件は起きます。
 
遠方にドライブする時はぜひ溜まったススを取り払う為に
エンジンブレーキを利用するようにしましょう。
「普段からDレンジしか利用しないよ」という走りからの卒業です。
 
3速や2速を使用し、エンジンが一番よいトルクで回るように運転することで、
かなりのススを取り除くことができます。
ススが溜まるとエンジンの吹けが悪くなったり、
最悪エンジンがかからなくなる場合があります。
 
ではなぜエンジンが、かからなくなってしまうのでしょうか。

つづきはこちらからご覧いただけます。
>>> http://www.sakamoto.cc/column/49/maf/maf.shtml

---------------------

サカモトエンジニアリングでは、
各企業様からのご依頼のメルセデスベンツの点検・修理をはじめ、
分解整備全般を行っております。点検整備のご依頼はこちらからどうぞ。

>>> http://www.sakamoto.cc/postmail/postmail.html

板金塗装や、事故の修理なども可能です。

>>> http://sakamoto.cc/BtoB/web/btob.html

---------------------

お車修理・見積もりご予約はこちらからどうぞ。
土日祭日のご予約は大変込み合いますので、
お早目のご連絡をお勧めいたします。

★整備ご予約ご相談はコチラから
>>> http://www.sakamoto.cc/postmail/postmail.html

----------------------------
■10年ぶり再販決定「サビ止め」
----------------------------
ご無沙汰致しております。
メールマガジン限定販売のお知らせです。

内陸にお住まいの方は、塩の被害が少ないと思いますが、
海風に当たる、または流れてくる所にお住まいの方々は、
「洗濯物が乾かない」、「窓ガラスやサッシが錆びる」など塩害が日常的におありかと思います。

ガレージに保管し、休日にドライブを楽しむ。そういった方やサンデードライバーの方にも
お勧めいたします。

ボディー表面は、まめに洗い流し、またもっと大切に扱うユーザーは
さらにコーティングをかけたりしていると思います。

しかし、ボディー表面以外にも、潮風やドロ水にさらされている箇所があるのを
みなさんはお気づきでしょうか。

足回りや下回りのサスペンションやフェンダー内側等はまさに、それにあたります。
そして、何よりもアンダーコートをしておらず、小石等が当たって、
キズがついた上に潮風やドロ水がかかると、
錆びが発生してしまうのです。 

毎走行後に真水で全て洗い流せれば、いくらかは良いと思うのですが、
何よりも必要なのは、錆びの発生、進行を防ぐ為に、コーティングにより空気遮断することなのです。

アンダーコーティングをすることにより、下回り表面にクッション性を持たせ、
多少の小石であれば、直接ボディーにあたることもありません。
その為、キズや錆からも防ぐことが出来ます。

通常の使用であれば、1度塗ることにより、
2年位は充分流れ落ちることも無く、安心して、ご使用いただけます。

新車時はは、もちろんの事、使用過程車は、特にサスペンション、フェンダーの内側を念入りに
温水スチームにより洗い流し、乾燥させてから、
約4Kgものサビドメ液を、贅沢な程ふんだんに吹き付けることで、
外部からの空気を遮断し錆を防ぎます。また、ロードノイズも軽減できます。

お預かりからお引渡しまで約1週間かかります。
費用は10万円(税抜き)

ご予約をお待ち致しております。
>>> http://www.sakamoto.cc/postmail/postmail.html

※おまけ動画はこちらからどうぞ
>>> http://www.sakamoto.cc/event/2007/sabidome/sabidome.wmv

----------------------------
■編集後記
----------------------------
サビ止めを今回ご紹介しております。
再びみなさんにご提供できることが本当に嬉しいです。

それと同時におまけ動画を掘り起こし、
いまとなってはYouTubeはあたりまえですが、
当時のWMVにて保存された、フサフサの社長も必見です。


それではまた来月!(^^)!
****************************************

--------------------------------------------------------------------
■【Facebook】サカモトエンジニアリングの整備実績公開中
 https://www.facebook.com/445233045496825
--------------------------------------------------------------------
■ブログ「SEGラウンジ」:ちょっとした悩みはここで解決しましょう。
http://ameblo.jp/sakamoto-engineering
--------------------------------------------------------------------
■メルセデスベンツの維持管理の切り口:
http://www.sakamoto.cc/column/column.php
--------------------------------------------------------------------
■オリジナル品目一覧:
<<商品のご案内>>

◎『日常点検講習会DVD』 \3500 メルセデス初心者に喜ばれる入門編
 >>> http://www.sakamoto.cc/store/dvd/index.html

◎『スティックヒューズと板ヒューズ』 非常に手に入りにくく、量販店にはおいてありません
>>> http://www.sakamoto.cc/store/parts/fuse/index.html

--------------------------------------------------------------------
■メルマガバックナンバー:
  http://archive.mag2.com/0000115970/index.html
--------------------------------------------------------------------
■メルマガ登録・解除:http://www.sakamoto.cc/mail/mail.html
--------------------------------------------------------------------
■ご意見・ご感想は ⇒ seg@df7.so-net.ne.jp
--------------------------------------------------------------------


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【発行元】メルセデスベンツ専門修理工場 サカモトエンジニアリング
     http://www.sakamoto.cc/

     〒254-0012 神奈川県平塚市大神1729-1
     Tel:0463-53-3001 Fax:0463-53-8417
     営業時間: 9:00~20:00(土日祝日は18:00)


■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ Copyright (C) 2017 ■
このメールマガジンの転送はOKですが、掲載された記事の内容を許可なく
転載することを固く禁じます。必ず事前にお問い合わせください。
メルマガ全文を読む
 

▲ページトップへ

▲ページトップへ