おんなのこのキモチ…

  • ¥0

    無料

三層構造になった恋愛メルマガ。毎回ひとつのテーマについて、まず女の子が本音を語り、次に女心の分析、そして男性が補足します。良好な男女関係を築ける人は、ビジネスでも信頼されます! 相互紹介募集中。

著者サイト
   
 

このメルマガは現在休刊中です

 
メルマガ名
おんなのこのキモチ…
発行周期
毎週火曜日
最終発行日
2012年04月24日
 
発行部数
0部
メルマガID
0000117923
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
恋愛・結婚 > 恋愛 > 心理・テクニック

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

メールマガジン最新号

━・━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━2012.04.24. No.446━
♂ ♀ ♂ ♀ ♂
□おんなのこのキモチ…     毎週火曜日発行
□~Do you feel good?~
                 □ http://www.aglia.co.jp/onnanoko/
♀ ♂ ♀ ♂ ♀
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━・━

こんにちは。かなこです。
先日、ノートパソコンのアダプタのコードが切れました。
その瞬間、火を吹いて燃えて、
手に少しやけどしてしまいました。
怖かったです。

アダプタの事故は多いみたいですね。
ノートパソコンを使っている方は気を付けてくださいね。

─── 今週のINDEX ─────────────────────────
1.彼女の話を引き出すには?/大出華奈子
2.話のきっかけに臆病になることなかれ/嘉瀬陽介
3.「また会いたい」と思われる人になろう/嶋津典代
───────────────────────────────────
───────────────────────────────────
          ■1.彼女の話を引き出すには?■
───────────────────────────────────
知人と一緒に、銀座のクラブへ行ったときのこと。私たちの席についたホステ
スのM子さんは、20年以上銀座で仕事しているベテラン。緊張の走るしーんと
した空間から、あっという間に楽しいおしゃべりの場を作り出していました。

M子さんは話がうまいというよりも聞くのが上手。最初、しーんとしていると
きは自分のことや世間話をして、誰かがぽつりぽつり話し出したら、それをう
まく引き出す。話すときと聞くときの変わり身の早さが、さすがでした。

ホステスにはなれなくても、このようなしーんとした空間を打開したいと思う
ことってありますよね。初対面や数回会っただけでは、まだお互いに緊張しが
ち。2人だけだと話すことが見つからずに、しーんとすることも多いのでは? 
基本的には、親しくなるには話すよりも相手に話させることを重視すべきです
が、黙り込むようなら、自分から話をするのも大事ですよね。

そういうときは、最近のニュースの話や自分が行った旅行の話、好きなスポー
ツの話など、自分が話しやすくて、一般的と思えるような話題を振ってみてく
ださい。そうして相手が話しやすそうな話題を探すんです。

ここのポイントは、自慢話にはならないようにすること。そして、女の子が話
しはじめたら、男性は聞き手にまわることです。調子に乗って、話し過ぎない
ようにしてくださいね。(かなこ)

★関連バックナンバー
第267号 他人に興味ない?
http://www.aglia.co.jp/onnanoko/column2/267.html
第374号 自己アピールの前に相手を知る!
http://www.aglia.co.jp/onnanoko/column2/374.html
第406号 話を最後まで聞こう
http://www.aglia.co.jp/onnanoko/column3/406.html

───────────────────────────────────
        ■2.話のきっかけに臆病になることなかれ■
───────────────────────────────────
ボクは、どちらかというとしゃべるのは苦手です。まず、なんの話をしたらい
いのかがわからない。特に相手が女の子の場合、極限の緊張状態に置かれてい
ますからね。頭の中が真っ白です。

できれば相手にしゃべってもらいたい。そして、できればこれに相槌を打つと
いう形でコミュニケーションを成立させてしまいたい。だから、話好きな女性
だと、ほっと胸を撫で下ろします。

困るのが無口な女の子の場合です。一緒に飲みに行ったときのことを妄想する
と、まずは「カンパーイ!」とジョッキを傾ける。その後、会話がない。「あ
のーっ……」と、勇気を振り絞って話しかけてはみるものの、すぐに会話が途
切れてしまう。2人は、まるで別々に飲みに来て、たまたま相席になってしま
った客のよう。いたたまれないです。恐怖さえ感じます。

遅ればせながら気がついたんですけど、はじめからスムーズに楽しい会話をし
ようとするから失敗するんですよね。会話をはじめて、相手に「つまんない」
って思われたくない。だから、話題のきっかけに臆病になる。

よく考えると、はじめから素敵な会話ができるなんて奇跡的なこと。だったら、
いろいろな話題を出してみて相手の様子を探ればいい。まずは話題を振ってみ
て、興味がなさそうだったら、別の話題に移る。その話題にも興味なさそうだ
ったら、また別の話題に移る。

こうして相手の様子を伺いながら、興味を探っていけばいいんです。もし、最
後まで相手が自分の振った話題に興味を示さなかったら、それはもう自分とは
合わない人っていうこと。

これはこれで「話題の引き出し」をいっぱい持っていなければならないから、
すごく大変なことだと思います。ボクも「話題の引き出し」をいっぱい持った
余裕のある男になりたいなあ。 (嘉瀬陽介)

───────────────────────────────────
       ■3.「また会いたい」と思われる人になろう■
───────────────────────────────────
初対面で楽しい会話をしようと考えると、「どういう話題が好きなのかな?」
と悩むことになりがち。それよりも「また会いたい」と思われることを目標に
したほうが、良い結果を生みます。

「また会いたい」と思うのは、牧野さんが何度も書いていたように「楽しく話
すことができたとき」とき。相手に話させるために、話題を探したり、共通項
を探したりする人は多いと思いますが、これよりも簡単な方法があります。

前に書いたように、目に入った情報をネタにすること。「オレンジ色好きなん
ですね」などと着ている洋服の色、柄などで話の口火を切ると、「待っていま
した」とばかり相手が話しはじめることが多いです。ぜひ試してみてください。

第443号 内面をほめよう
http://www.aglia.co.jp/onnanoko/column3/443.html

さて、2003年から配信を続けてきた本メルマガは、今回で休刊することにしま
した。長い間、ご愛読ありがとうございました。(嶋津典代)

---------------------------------------------------------------------
□ご意見、お仕事のご依頼、ご紹介をお待ちしております。
 ode@aglia.co.jp (大出華奈子@音楽家、詳しくはこちら。
http://piano-canon.ciao.jp/ )
 shima@aglia.co.jp (嶋津典代@ビジネス書の編集者&ビジネス誌のライタ
           ー、詳しくはこちら。
             http://www.aglia.co.jp/about/noriyo.html )
□編集・発行…………………有限会社アグライアー(編集プロダクション) 
□バックナンバー…………… http://www.aglia.co.jp/onnanoko/  
LoveLoveメール必勝法…… http://www.aglia.co.jp/love/
□配信解除…………………… http://www.mag2.com/m/0000117923.html
----------------------------------------------------------------------
Copyright(C) 2003-2012 Aglia Inc. All Rights Reserved.
メルマガ全文を読む
 

▲ページトップへ

▲ページトップへ